Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アラフォーで国際結婚した私の珍妙なアメリカ生活四コマ漫画アメリカは今日もアレだった 」。日本の実母の認知症・訪販被害・終末医療などなど四コマ「日本だってコレだった 」は750話で終了し、1歳で逝った昔の愛犬(何年も後、今の夫と出会わせてくれました)犬のピピの話 」を始めました。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-30 00:00:50

しっぽの標識

テーマ:犬のピピの話 第三章

 

 

 

 

 

第3章 1月・うんくりん


年は、ピピみたいに、すてきに明けました。
 冬休み、わたしはピピと、ずっとすごせたので、とても幸福でした。
 いとこ夫婦が、男の子をふたりつれて、やってきました。子供たちは、ピピに興味いっぱいでした。きゃあきゃあわらいながら、同時に、ピピをこわがるのです。
 ピピは、はじめ、あいそうよくとびはねていましたが、そのうち、彼らの喧騒(けんそう)におされて、わたしの足もとへ、ひなんしてきました。
 わたしは、そのとき、心のなかで、
(にんまり)
 としたのです。それは、なぜなら、ピピにとって、わたしは「ピピ側」のそんざい、ということなのですからね。 


 ピピのあたまは、はじめ、日本髪のかつらをかぶったように、まっくろでした。
 でも、日がたつにつれて、黒いぶぶんが、すこしずつ、うしろにさがっていったのです。
「ちょんちゃん(・・ちょんちゃん? これも、わたしがかってにピピを呼ぶことばです。)、このまま、はげてしまうのかい?」
 わたしは、ピピのまるいあたまをツルツルなでて、たずねました。
「はげじゃないよ」
 母が、すかさず、弁護します。
「ちゃいろになったほうが、いいよねえ?」
 と、ピピにききます。
 
 昼は、ひましに長くなり、ピピの手足も、ひごとにのびました。顔つきも、「くしゃっ」とつぶれた赤ちゃん顔からぬけて、ずっと、すましたかんじになってきたのです。
「ちょんちゃん、かおだけは、おとなね」
 そのすまし顔で、ピピはだまって、さまざまな探索にうちこみました。
 げんかんのくつを荒らし、庭をほって鼻をどろだらけにし、がんざきぼうきを倒し(がんざき、というのは、竹で作ったくまでのことです)、水まき用のホースをひっぱりまわし、段ボール箱に歯をたてて、びりっとちぎりとり、くちゃくちゃっと食べてしまいます。
 庭のおくのしげみに入りこみ、いったい、なにをしているのか、そのひみつきちから、なかなか出てきません。

 ピピは、けっして、音を出しませんでした。母は、はじめ、ピピが口がきけるのかどうか、あやしんだほどです。
 ピピは、先っぽの白い、じまんのしっぽを、まっすぐに天にむけ、鼻を、じめんすれすれに低くして、するすると、あしばやに歩きました。
 標識か、旗のようなピピのしっぽが、みじかいたけの草むらを、ぴんぴんと、移動していきます。母は、それを見て、
「あそこにおる!」
 と、目を光らせてよろこびました。

 

 

 

 

 

 

 

 

↓応援のおくりっくをいただけるとうれしいです。

人気ブログランキング にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。