マチュピチュ・ペルー旅行はおまかせ! アメリカツアーズ

ペルー旅行、マチュピチュツアーの専門家!アメリカツアーズ。
1983年ペルーの古都、クスコに創業されたペルー現地ツアーオペレーターでもあります。
マチュピチュ、ナスカ、チチカカ湖だけではない、ほんとうのペルーの魅力をお届けします!


テーマ:
蚊にさされて1番イラッとくる箇所 ブログネタ:蚊にさされて1番イラッとくる箇所 参加中

もう、8月も終わろうとしていますね。
日本だと夏の終わり・・

という感じですが、ペルーの山岳地帯では四季が別れていないので、
8月から9月になってもあんまり季節的な変化はないような気がします。

ただ、マチュピチュに行くときに気になるのが、
蚊。

年中、いることはいるのですが、
9月から11月にかけて大量に発生し、
血がまずいのかあんまり蚊に好かれることのない私でも狙われることがあります。

刺されたところが黒い点が残ったり、
ひどく腫れ上がることもあります。

私も一度、村で友達と話をしているときに、左手の甲を蚊に刺され
右手と比べるとまったく大きさが違うほど大きく腫れあがってしまったことがあります。
まるで野球のグローブだな、って思ったりもしました。

蚊は遺跡にも村にもいて、
村のレストランで食事中に刺された・・
なんていうこともありました。

この時期の
マチュピチュに行くときの基本スタイルは

薄手の長袖(陽射しと虫を避けるため)
ロングパンツ(々)
虫除け(スプレーか塗るタイプのもの)

虫除けは手や首、顔のような肌が露出している箇所だけではなく、
ズボンの下の靴下の上のすね辺りにも虫除けをかけたほうがいいと思います。

私は過去に長ズボンに覆われたふくらはぎや脛を刺されたことがあります。
蚊は人の注意が及ばない隠れたところにも忍び寄ってくるのです。

以来、マチュピチュを訪れるお客様には、
「ズボンのすそをまくって、膝下まで虫除けをお願いします」

とお伝えしています。

また、上半身も袖の下や襟周りにもできれば虫除けをかけたほうがいいかもしれません。







PR
いいね!した人

[PR]気になるキーワード