魂からデトックス★NYC発スピリチュアルSPA

セレブ御用達NYと東京在住女性アロマテラピストによるスピリチュアル鑑定とヒーリング


テーマ:

生きていれば誰でも起こりうることだと思います。


私も最近身近な人間から、卑劣で卑怯なでたらめな噂を流されて傷つきました。


NYに住んでいる日本人には気をつけたほうがいいと昔から言われているのはこうゆうことなんだと身にしみてわかりました。NYに住んでいる日本人は精神病を患う人が多いそうです。


その人はありもしないうそで営業妨害をしたのです。


その言いふらしている人は以前精神病院にも入院したことがあるという話なので、こんなばかげたことをしでかしてもしょうがないかと。心を病んでかわいそうな人なんだなと思う。


しかし、あまりにも卑劣なので今回、弁護士にも相談しました。


自分の耳に入らなければ傷つかずにすんだのですが、運悪く聞いてしまったのです。


少しの救いは、その噂を流した人は「信じていた相手」ではなかったことです。


身近な知り合い程度の関係だったので、「信用している相手」にされるよりはダメージはちいさかったものの、ショックは大きかったです。


そのご、友達に相談したり、他のお客様からの嬉しいお言葉をいただいたり、数日の間ですっかり回復しました。


以下、そんな辛いことが起こったとき、どう考えたらよいか、という話です。


あるブログからの引用です。参考にしてみてください。



皆さんの人生の中で信じる人に裏切られてしまった経験は、ありますか?


恋人や夫婦以外でも仕事のパートナー、部下・上司、親子、兄弟、親戚、親友など本当に今まで何の疑いもなくうまく行っていたはずなのに、魔がさしたと言うか、信じられない位に自分を裏切ってどこかに行ってしまった。


自分に何の原因があったのかさえ分からない。


今までベストカップルだった2人や、過去世でもベストカップルだった2人でも、裏切ったり、別れたりもするのです。


それが、魂の修行として同じ時代に生まれ、お互いの魂を磨いていくソウルメイトであっても、今世で別れる事もよくあります!


これは、裏切りじゃなく、この世に生まれて来る時に約束されたバースディープロミスかもしれませんし、お互いが納得して魂の向上の為に約束された事かもしれません。


今世では、一度別れても、来世で又、再び巡り会う事になるでしょう!


「この人しかいない」と思っていた人に去られた時は、今世であなたにもっとふさわしい人が現れる前触れかもしれません。


ソウルメイトの人がいた事で、それに依存しすぎて、今世での目先にいる本当に大事な人を見逃していたかもしれないのです。


ソウルメイトがすべて結ばれる訳ではないのです。


男同士や女同士のソウルメイトもありますし、ソウルメイトがお互いを成長させる為に、自分にとって厳しい立場の人物で現れる場合もあるのです!


又、信じる人に裏切られたと言う事は、波動のズレです。


あなたとその方が、出会った時は、最高に波動が合い共鳴していたのが、時間や環境のズレでどちらかが変化した物だと思われます。


どちらか一人の波動が上がり、まったく世界観が変わってしまうと、もう一人はやはり、それについていけなくなってしまうのです。


だからこそ立ち止まらずに、日々、常に明るく志を高く保つ事が重要です。そのような志でいると、ある日、突然、ドーンと波動の差が開いてしまう事はないはずなのです。


もう1つの理由は、あなたが知らず知らずの間に傲慢になったからです!


その人の事をもっと考えてあげずに、ナァナァな気分でいたからです。


これは、恋人や愛する人の関係だけではありません。

「夫だからいいだろう」、「自分の妻なんだから当たり前だ」、「長年の友人だから分かってくれるだろう」、「自分の部下なんだからいいだろう」、「兄弟なんだからいいだろう」、とあなたの身近にいる人すべてにです。


その人に充分に、愛や優しさを与えずに、自分の都合で行動し、それでもいいだろうと、わきまえもせずその人に甘えすぎていたのです。


どんな身近な人であっても、わきまえの限度を越えてはならないのです。

裏切られたのは、あなたの責任なのです!

裏切られた時点では、もうすでに遅いのです!


その人は、今日や昨日であなたを嫌いになったのではないのです。


もう何年も前から、あなたが気付かないうちに、あなたに対する少しずつの心の変化があり、それがピークになって、ある日、突然あなたから離れてしまう事が、「あなたからの目で見ると裏切る!」行為に見えてしまったのです。


どんな理由にせよ、まずは、その人を許しあなたの心の中から手放してください!


自分の方に引き戻そうと追っかけても無理だと思います!


その行為は、又、相手を苦しめる行動になるのです。


勇気を持って手放す事です!


そして、あなたの波動を変えなくてはなりません。


あなたが変わる事でその人は、戻る事もあるのです!


一人になって色々、自分の行いや心の持ち方を思い直す時間はあなたにとっては、辛い、苦しい時間であっても、一度、魂で経験した学びを、再び繰り返す事はないでしょう。


それは、あなたの傲慢で高飛車な態度を改めさす神様のギフトであったかもしれません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分が生きている間に必ずあってみたい人物の一人だ。

しかし、腹が立つのはテレ朝の遠藤行泰だ。

ダライラマ法王の印象をわるくするようなコメント。この印象操作にはらがたつ。

この男リポーターとして失格なんじゃないか。首にしろ。


遠藤の悪意に満ちたコメントのブログ記事発見。


こいつも自分で考えたんじゃなくて上からそうしろといわれたのかもしれないが、ホント腐ってるな

日本におけるダライ・ラマやチベット問題を侮辱するようなリポートやチベット支援する人物のCM出演をおろしたり。

このブログを見ている人は真実をしって欲しい。

日本のマスメディアの情報操作。


それでもまだまじめに真実を放送してくれるところもあるのは救いですが。


アメリカ、ヨーロッパではFREE TIBET支援が熱いです。

中国人がチベット人にしている残虐さ、ゆるせません。

中国人は本当に残酷ですよ。こんなやつら絶対に許せない。

行く先、日本も心配です。

だけれども、どんなにひどいことをされても「非暴力主義」を通すダライラマの慈悲に涙がでます。

チベットの人たちは中国人にこんな風に人権侵害されています。
女性に対する拷問はひどい。とくに尼さんに対する性的拷問とレイプされるチベット人女性。それだけじゃない。探せば探すほどすさまじい人権侵害に吐き気がします。
http://blogs.yahoo.co.jp/tidori_0410/31777970.html



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




MACからへザレットラインが発売。パーティーは開かれたのは3月25日火曜日だった。



このへザレットラインの発売のため、パリから映像クルーがやってきたのが確か去年の10月くらい??

これがその映像!





こちらへザレットのMAC商品たち。





ホットピンクにちょっとレインボーのホログラムのドットがついてへザレットらしいデザインですね。

もうWEBサイトやおみせでは発売されてる。ここをクリック・



パーティー会場はミートパッキングディストリクトのKISS&FLY。



私はまたコットンキャンディー係りで応援。

NYマガジンにインタビューされ、映像もばっちりうつっております。



パフォーマンスは16歳の新人Teyana Taylor。

いまどきのティーンらしく、グーグル・ミーという歌だったと思う。

彼女のマイスペースはここ。Star Trakの秘蔵っ子らしい。



下手すると親子ほどの年齢差!?

お肌がぴちぴちしているね!

しかもまだ業界擦れがなくてあどけない感じでかわいらしい。











もうすでにNY MAGAZINEのブログにものってる。



YOU TUBEにもでてるの。はやいはやい。





関連写真

1、フィルムマジック

2、パトリック・マックミュランその1





この日本語ニュースのAFPBBの写真はどうやらGETTY IMAGESから購入している模様。

だから、GETTY IMAGESに投稿しているカメラマンに撮影されると、日本語ニュースに報道されやすいというわけ。



今回、私は他のところにはばっちり撮影されて、NY MAGAZINEにもばっちり取材・映像が取られているのにもかかわらず、この日本語ニュースには一枚も写真が載っていない。



前回の写真は掲載されたのにねえ。



まあ、所詮日本とは最近は全く係わり合いがないので、私にとってはアメリカのメディアに出るほうがよほど価値があることなのだ。



それから、日本からNYにきている日本人のフォトグラファーやライターは、あまりNYにいる日本人を撮影したがらないし、取材もしないことが多い。



とくにファッション系はそうだ。



それは日本の雑誌は現地のアメリカ人を求めているからだ。



それと、コーディネーターをする人間もインチキがおおい。



ろくに英語もはなせず、現地の友達もいないくせに偉そうな口を叩いている日本人、

現地のシーンにまったく溶け込んでいないくせにファッション通ぶっている日本人、

であったこともないのにネットかなにかでリサーチしてきて、メールでコーディネイトに協力してくれといい、ギャラはありませんという日本人。



あなたたち、どうゆう神経してるの?



そんな人たち沢山います!はっきりいってうんざりです。ウざいです!



やめて下さい。



だいたいお金を払わないでそんなことをただでさせるということがそもそも問題なんですよ。



いい加減にしろ!といいたい。



こんなことをいつまでも続けているから、日本ではインチキ海外情報が氾濫するんだよ。

とくにファッション雑誌。



大手の出版社なのに、安金でやとってるのかなんだかわからないが、そこの海外ライターなんて人のブログ情報をぱくって書く人もいる。

まったくとんでもない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうやらYOU TUBEにダンスをアップロードしていたはむつんサーブ。
それを見たマドンナが直々に指名し、実現したそう。
新アルバム「ハード・キャンディー」に収録される「フォー・ミニッツ」のプロモーションビデオ(PV)のなかで、赤い車の上で踊る、りきっちょ(31)と、だーよし(27)。コマ送り的な動きが特徴の「アニメーションダンス」スタイルで、数々のダンス大会に優勝。

 マドンナは今回のPV製作にあたり、世界から才能あるダンサーを探していたところ「YouTube」にアップされていた「はむつん―」のダンスを見て一目ぼれ。常々、日本の文化や流行に注目していたマドンナだけに、すぐに直接ラブコールした。2人は驚きながらも快諾し、英ロンドンでの撮影に臨んだ。

 現地ではマドンナに加え、ゲストのジャスティン・ティンバーレイク(27)と対面。2人で練習中はマドンナから積極的に話しかけられたそうで、りきっちょは「彼女はテレビのまま、りりしい、気さくな努力を忘れないクイーンでした。世界一のクイーンPOPスターとの仕事は末代までの栄誉になるでしょう」と大喜びしている。

 マドンナ自身も「はむつん―」のオリジナリティーあふれるダンスを目の当たりにして大絶賛し、2人との撮影をノリノリで楽しんだ。その充実ぶりから、今回だけに限らず今後も継続してPVに起用することも考えるほどだったという。

 日本が大のお気に入りのマドンナ。関係者によると、今回のアルバムでは日本のファンのためにさらなる“仕掛け”を構想中だそうで「はむつん―」とのコラボだけでなく今後の展開も注目される。

 したがそのプロモ・
Madonna - 4 Minutes


はむつんのように、いまやYOU TUBE、セレブも参加してたり、見たり目を通したりしている。
これは使うべきだよね。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
このエキシヴィションのオープニングパーティーのために日本からも沢山のひとがアメリカに来ているの。
日本からのお客さんでこのパーティーに出席する方がいて、私にもご招待をして下さったのだけれど、場所がブルックリンミュージアムと遠く、前の日のパーティで少し体調も優れなかったので、せっかくご招待いただいたのですが、いけませんでした。(すみません)
写真の写真を見ると、もちろんマークジェイコブス、アーティストのTerrence Koh、モデルのEva Herzegovina 、
ここにもでたか!ソーシャライトTinsley Mortimer、セックスアンドザシティーの Kristin Davis 、ヴォーグのアナウィンター、カニエ
ウエスト、モデルのLinda Evangelista など。

私はちなみにこの方たちには、よくパーティーで会っているので、「すっごーい」という感覚はあんまりなかったです。

ティンズリーはどこのパーティーにもいますね。
こんなパーティ三昧してんのならボランティア活動でもしろといいたい。
この人有名になるためにパブリシストに莫大なおかね払っています。だからアメリカのソーシャライトで一番有名なんです。
その金があったら貧しい人に寄付しろとおもいます。矛盾しているよね。尊敬できるようなたいした人間じゃないです。
アメリカにはこうゆう金持ちが沢山います。アメリカの金持ちは品がなくえげつない人間が多い。かねかねかね!ってかんじ。
あと、見せびらかすのもスキみたい。下品な野郎たち。こんな人間を日本企業やメディアは「ヨイショ」しないでほしい。
それにどうやらこの人精神不安定みたいで、多分セラピーとかかよってそう。

picture1
http://www.filmmagic.com/ItemListing.aspx?cgl=311346&evntI=0
picture2
http://www.wireimage.com/GalleryListing.asp?navtyp=gls====311289&nbc1=1

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。