ピッツバーグ郊外の小さな図書館が「ヒロシマナガサキ原爆70周年」を記念して、千羽鶴を折り、日本文化のイベントを開催しました。図書館館長は挨拶で『SADAKO』という絵本を紹介しました。 被爆したサダコは千羽鶴をおり始めますが、千羽に満たずして死にます。館長さん「この話をすると涙が出ます。」

Pittsburgh Post Gazette
Library marks 70th anniversary of Hiroshima and Nagasaki bombings
http://www.post-gazette.com/local/south/2015/07/24/Library-commemorates-70th-Anniversary-of-Hiroshima-and-Nagasaki-bombings/stories/201507170023

シンディ・ダゴスティノ館長「私たちは視野を広げbroaden our horizons、誰もが新しい何かを学べるよう、違う文化を紹介したい。」

NBCニュースでは「日本に初めての原爆が落とされ、日本は降伏した」NPRニュースでは「アメリカは8月6日ヒロシマに、8日にナガサキに原爆を落とした。14万人が死に、市は壊滅した。その2週間後、日本は正式に降伏した」

ちょっとニュアンスが違います。

NY Times
AUG. 5, 2015
Hiroshima Atomic Bomb Survivors Pass Their Stories to a New Generation
http://www.nytimes.com/2015/08/06/world/asia/witnesses-to-hiroshima-atomic-bomb-pass-their-stories-to-a-new-generation.html?_r=0

1面には「ヒロシマその時と今」という題で2枚の写真があります。そして、3ページにはハサイヒロミさん84歳の話があります。ハサイさんは原爆が落とされた時、10マイル離れた弾丸を作る工場に駆り出されていて、市内のクラスメートがみんな死にましたが、皮肉にも命が救われました。

その記憶が平和主義pacifistの基礎になっているのだが、その平和感情sentimentが今著しく試されている。安部首相は連合軍に強制された制限された軍事力規制を緩めるよう働きかけている。彼は、日本はもっと普通の国になる権利がある、と論議する。

綺麗に飾られた千羽の折り鶴は広島に送られることになっています。


お茶のデモ


お琴



森野陽子

下の「国際政治」をクリックしてくださると、読んだ、という点数が加わります。

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
AD

コメント(1)