あめんぼすいすい

無駄に長いのが取り得のブログでございます。
最近は不定期更新という名のさぼり病にかかってます(;´ω`)ノ

虹ユニリーバ東日本大震災クリック募金
 
無料です。一日1クリックを習慣に♡

$あめんぼすいすい-虹


キラキラNew!!キラキラ

地球(世界中の気象状況をビジュアライズ)

※スーパーコンピュータが予報。3時間ごとに更新。

東アジア大気汚染物質濃度分布予想図

気象庁 黄砂情報


カメラ尖閣諸島が日本の領土という動かぬ証拠目目
$あめんぼすいすい-動かぬ証拠
     ↑
出所は字が小さいですが
「世界地図集」1960年4月第1版北京市地図出版発行
尖閣諸島が琉球群島と区分けされて日本のところに載っている。

この画像は水間正憲氏のブログ『水間条項』 から転載したものです。
参考:1972年外務省情報文化局/世界日報


$あめんぼすいすい-ワシントンタイムズ尖閣諸島の地図

この地図はワシントンポストに載っていたものです。
地図の下には英語で説明が書いてあります。
(訳ー大まかな意訳をしています)

1969年に中華人民共和国から発行された機密公式地図、
日本の領土『尖閣諸島』より引用。中国政府は最近になって
「これらの島々はDaiyoutai Island(魚釣島群島)と呼ばれる
中国の領土」だと主張しているが、この地図は
日本が主張する領有権の根拠となる。

ちゃんと『尖閣群島』って中国自ら書いてますよね。
参考:The Washington Times/ Inside the Ring


目目
こちらも。竹島の日Kの古地図の比較動画です。
www.sns-freejapan.jp/2012/02/10/jinken-4/

近年、周囲のならず者国家どもが人海戦術で
世界各国の古本屋から証拠となる古地図を買いあさって闇に葬ったり
また、世界各国の地図や地球儀に書き込みや汚損してまで
地図を改ざんしているのでこういう証拠の動画は
貴重と思われます(要拡散)。
(ただし、Youtubeの幹部がK人と結婚したから
こういう関係の動画もどんどん削除されているらしいけど)

目目
ミコスマ

※このブログに貼った他所からの記事、リンクの著作権ははすべて
出所、リンク元に帰属します。


ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球 NEW !!

スミソニアン博物館の所蔵物約4万点が無料で

http://www.asia.si.edu/collections/edan/object.c

 


テーマ:

字が多すぎて、訪問者減り気味なあめですw

あめ地方はまたあめが降り出したよ…

雪の次はひどい雨…

せっかく、寒さで玉ねぎの病気が抑えられてるのに

ここ数日あったかいみたいだから、雨続くと怖いわ〜。

 

んで、こんなんあった。

毎日新聞平成30年1月16日朝刊記事から抜粋

 

ここでバス会社運営や国の関わりについての内容もあるけれど

そこは今回は置いといて。

 

あめがね、怖いと思うのは、

こういう記事を通して、事故で生き残った人達が

亡くなった人に対して贖罪意識を持つのが

普通、当たり前、そうでないといけない、みたいな

気持ち悪い風潮が植え付けられてるんじゃないかと。

ふとそう思ったのよ。

 

そりゃ、戦争とかで自分の身代わりになって

戦友が撃たれて死んだとか、そういうのなら

そう思うのも解る。

震災とかで、自分を助けようとして逃げ遅れた人、

また年端もいかない自分の子供、

一緒にいたのに、不幸にも条件が過酷すぎて、

結果助けられなかった。そういうのなら解る。

代わってあげたかった、とね。

 

この記事中も一緒のバスに乗ってて友人を助けられなかった

ケースもあるけれど、これも解る。

 

だけどね。

 

顔を見知ってたり、ある程度親しい友人だったかもだけど、

バスに乗ってなかったゼミ仲間までがそういう風になっている。

あめが大学の時のゼミ仲間が、こういったケースで亡くなったら?

と考えた時に、当時のあめが果たしてそう思ったか?

結果、「NO」です。

今の子たちがあまりに純粋で心優しいのか、

それとも、あめが冷たい人間なのか?

あめ的にはーー運命というものは人間の力では

どうしようもないことだってある。

残された者は残された者の意味や役割があるし、

亡くなった人を覚えておいて、

時には記憶の中の友人に会い語らい想う、

それが残された者の務めでもあるーーそう思うんだけど。

自分が生き残ってごめん、助けられなくてごめん、

(このバス事故なんて助けられる状況でもなかったわけでしょうに)

なんて事は亡くなった人には悪いけど、思わないと思う。

 

確かにね、事故で知り合いや友人をなくす事は

想像を絶するくらい辛く悲しく苦しい事だろうと思う。

ましてや、本当は自分がそうなってたかもしれないのだったら。

事故を撲滅する運動でも、命を守る仕事につくのもいいでしょう。

それを機に、人生観や自分の使命や役割を見出したという事

とも考えられ。

立派であるとも思うけれど。

でも、亡くなった人を背負って生きて行くって?

なんか違和感を禁じ得ない、個人的に。

だって、生き残った人のせいでも責任でもない訳だし。

その姿を賛美するのもなんか違うんじゃない?

せっかく生き残ったのに亡くなった人に背負い込まれ

縛られ、人生が制約されるなんて。

 

こういう風潮って、東北震災以降なのかもね。

阪神大震災の時にはあまりなかったような…

中にはあると思うけれど、表立って言われてはなかった気がする。

 

教育の専門家だとかでテレビでも顔を売ってる

こんな影響力のある人が賛美すると、影響が無いはずはない。

なにか別のことへも贖罪意識を持ちやすくするように

誘導してるのかな?とか結構な恐怖心を感じるよ。

穿った見方かもだけど。

 

口では言い表せない靄った感覚ではあるけれど、

不気味な違和感というかね。

あめの気のせいだったらいいんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。