2014-08-05 13:21:23

大嘘つき朝日新聞による反日洗脳報道

テーマ:ぶろぐ

朝日新聞:慰安婦報道を検証 「強制連行」証言取り消す

 2014年08月05日 11時29分(最終更新 08月05日 13時00分)

朝日新聞 は5日付の朝刊で、従軍慰安婦の問題を巡る同紙の報道内容を検証する特集記事を掲載した。「『慰安婦問題は朝日新聞 の捏造(ねつぞう)』との指摘はいわれなき批判」としつつ、特に1990年代初めに、証言や少ない資料をもとに記事を書き続けたと振り返り、「一部に事実関係の誤りがあった」と認めた。「韓国・済州島で強制連行した」との証言について、「虚偽だと判断し、記事を取り消す」としている。

 同紙は1面で、元慰安婦の記事を書いた同紙の元記者が名指しで中傷されている事態などについて、説明責任を果たすため、5~6日付の紙面で特集を組むとした。

 誤りを認めた一部の記事については「裏付け取材が不十分だった点は反省する」と記述。一方で「戦時中、日本軍兵士らの性の相手を強いられた女性がいた事実を消すことはできない」と強調した。

 さらに特集面で五つの論点で読者の疑問に対する回答を掲載。韓国メディアより先に元慰安婦の証言を報じたとする元記者の記事に「慰安婦と挺身(ていしん)隊の混同」があったと認めたが、「韓国でも当時混同が見られ、元記者も誤用した」と釈明した。

 また、「済州島で慰安婦狩りをした」と証言した吉田清治氏(故人)を16回にわたって記事に取り上げた点も検証。同紙が済州島で再取材した結果、証言を裏付ける話が得られなかったことなどから、証言は虚偽と判断した。』



日本人でも朝日新聞の捏造を信じ込まされている(洗脳されてる)人が結構いる

「日本軍に慰安婦が強制的に連行された」という嘘が韓国人には事実になってしまっているが、

戦後韓国ではそういった声は出てなかった。

1990年代に繰り返し朝日新聞が報道した嘘の慰安婦強制連行報道こそが、

その年代以降から強くなった韓国の反日に大きな影響を与えた。

朝日新聞社の捏造報道記事が韓国の反日を大きく育てたと言える。

戦時中に日本大勝と嘘記事ばかり書いた朝日新聞は

戦後も虚偽の捏造報道を繰り返していた。

反日うんぬん以前にマスメディアとしてすでに死んでいる新聞社が朝日新聞です。


以下コピペ↓

朝日新聞が慰安婦特集で「強制連行」証言の虚偽認める

8月5日(火)14時58分配信

朝日新聞は5日付の朝刊で、従軍慰安婦の問題を巡る同紙の報道内容を検証する特集記事「慰安婦問題を考える」を掲載し、これまでの慰安婦報道での虚偽を一部認めた。

 1面で編集担当役員が趣旨を説明し、特集では朝日新聞の慰安婦報道に寄せられた「強制連行」「元慰安婦 初の証言」など5つの疑問に答えている。

「強制連行」については韓国では慰安婦を集める際に軍隊による連行があった資料はなく、民間業者が甘い言葉で誘うことが多かったとした。一方、インドネシアなど日本軍の占領下にあった地域では軍が現地の女性を無理やり連行したことを示す資料があるとした。

 また済州島で慰安婦を強制連行したとし82年から計16回にわたって取り上げた吉田清治氏の証言については再取材の結果「虚偽だと判断し、記事を取り消します」と誤報と認めている。

 慰安婦と工場などに動員される女性を指す「女子挺身隊」と繰り返し混同した記事を書いたことについては「原因は研究の乏しさにあった」と誤用を認めた。朝日では92年1月11日の朝刊で「太平洋戦争に入ると、主として朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した。その人数は8万とも20万ともいわれる」と報じていた。

 一方、当時の宮沢喜一首相が訪韓する直前の1992年1月11日の朝刊1面で「慰安所 軍関与示す資料」と報じたことについては、意図的ではなかったと否定した。

 また慰安婦問題について韓国紙に先駆けて報じた朝日新聞の元記者・植村隆氏については、義母が元慰安婦の裁判を支援する韓国人であることから、事実と異なることを書いたと疑惑がもたれているが「意図的な事実のねじ曲げなどはありません」と擁護。

 植村氏が元韓国人慰安婦・金学順氏の証言記事にて「『女子挺身隊』の名で戦場に連行」などと事実と異なる内容を書いたことについては「韓国でも当時慰安婦と挺身隊の混同がみられ、植村氏も誤用した」とし意図的改変ではないと強調した。』

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2014-08-02 20:09:47

少女時代所属K-POPグループで「反日」表現 差別用語の英字紙使用、原爆投下賛美も

テーマ:geino

『K-POPで「反日」表現 差別用語の英字紙使用、原爆投下賛美も


今月本格デビューするK-POPのガールズグループが、「反日」ミュージックビデオを世界に発信していることが発覚した。華やかに歌う女性の背景に、「ジャップ」や「ニップ」といった日本人の差別用語を使用した英字新聞が使われているのだ。原爆投下を賛美するような内容も含まれており、許しがたい国辱行為だ。

 問題のビデオは4人組の「Red Velvet(レッド・ベルベット)」が歌う「Happiness」。少女時代が所属する韓国の大手芸能事務所・SMエンタテインメントが約2年ぶりに送り出す新人グループで、CDデビューに先駆けてミュージックビデオを公開した。

 動画サイト「ユーチューブ」では全3分46秒のビデオが無料公開されているが、問題は34秒あたりから一瞬、登場する画面。メンバーの女性の背景に米国の新聞を思わせる切り抜きがちりばめられ、「ジャップが原爆でやられた」「連合国はジャップのヒロヒト(=昭和天皇)に服従しなければならないと告げた」などといった見出しが躍っている。

 韓流ライターは、「日本では今も少女時代や東方神起の宣伝に力を入れている事務所だけに、このような表現は信じられない。一方で、K-POPは最近、市場を中国に求めており、ますます日本のファン離れが加速するのではないか」と話す。日本の原爆忌や終戦記念日を控えた時期に合わせた“蛮行”は、退潮傾向にある韓流ブームにとどめを刺す一撃となる可能性もある。』


韓国大好きフジテレビのドラマと同じ手口。


http://ameblo.jp/amenbobank/entry-11763839129.html

小道具小細工フジテレビ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。