2014-07-18 09:55:25

不正・コピペで博士になれる早稲田大学

テーマ:ぶろぐ

早稲田はコピペしても「博士号」が取れる?

小保方さんが「学位取消」にあたらない理由


理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが大学院時代に執筆した「博士論文」に盗用などがあると指摘されていた問題で、早稲田大学の調査委員会(小林英明委員長)は7月17日、小保方リーダーは「不正な方法」を用いたが「学位取り消し」にあたらないとする調査結果を発表した。

小保方リーダーは2011年、早稲田大学先進理工学研究科に博士論文を提出し、博士号(工学)を取得した。ところが、今年1月にSTAP細胞が発表されて以降、小保方さんの研究論文に次々と疑惑が発覚。インターネットなどで、博士論文に文章の盗用や画像の流用などの疑いがあると指摘されていた。

●「心情的にはおかしいと思っても学位は取り消すことができない」

小保方リーダーの博士論文について、調査委は報道向けに配布した資料の中で、「多数の問題箇所があった」「内容の信ぴょう性および妥当性は著しく低い」と痛烈に批判している。それにもかかわらず、なぜ「学位取り消し」にはあたらない、という結論に至ったのか。弁護士でもある小林委員長は記者会見で、次のように説明した。

「学位の取り消しは一つの法律行為なので、その要件に合致しなければ、たとえ心情的にはおかしいと思っても、取り消すことができない性質がある」

その要件とは、いったいどういうものか。早稲田大学の学位規則では、博士号をはじめとする学位授与を取り消す要件として、「不正の方法により学位の授与を受けた事実が判明したとき」と定めている。小林委員長はさらに解説を続ける。

「不正行為のすべてが『不正の方法』になるわけでない。不正の方法の『方法』とは、ある種の計画的な手段という意味なので、過失的な不正行為は、『不正の方法』に入れない。つまり、不正として認識しているものだけが、『不正の方法」にあたるということになる。その意味で、過失による不正行為はここから外される」

このような理屈によって、調査委は小保方リーダーの博士論文のうち、「序章」のなかの6カ所について、他の著作物からの盗用(コピペ)などによる「不正の方法」が用いられたと、認定したのだという。

●「不正の方法」が重要な影響を与えたとはいえない

さらに、小林委員長は、「学位取り消し」に該当するためには、「不正の方法」と「学位の授与」との間に因果関係が必要だと力説する。結局、「因果関係がなかった」と認定されたことが、「学位の取り消しにあたらない」と判断される理由になった。

そのロジックは、小林委員長によると、次のようなものだ。

「不正の方法があったとしても、その『不正の方法』によって『学位の授与』を受けたという要件を満たさなければいけない。つまり、『不正の方法』と『学位の授与』との間に因果関係が必要になる。

因果関係というのは、ある事実があった後にある事実がある、ある事実がなければある事実がない、といった関係のことをいう。つまり、それが学位授与に重大な影響を与えたという場合に、初めて因果関係があるといえるレベルになる。

早稲田大学では、査読付きのジャーナルに受理されているということが学位授与に非常に大きな影響を与えている。それが受理されていれば、あとは指導教員が論文を丁寧に指導すれば、ほとんど学位がとれるということが実態になっている。

今回、小保方さんは査読付きのジャーナルに受理された論文を持っており、それに基づいて博士論文を書いている。そういう状況下で、学位の授与に重大な影響を与えたかを検討した。

最終的には、学位の授与に一定程度の影響を与えたという事実はあるけれど、重要な影響を与えるとまではいかない、科学の論文なので、実験結果の部分で盗用がない以上、重要な影響とまでは言えないという結論になった。

このような議論の末、今回の場合、不正な方法により、学位授与の取り消しにはあたらないという結論に至った」


長々と屁理屈を述べてるが、『不正はあった。でも学位は与える』

と言ってるんだから、「早稲田大学の博士=コピペや不正の上手い人」という事w

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-07-16 15:59:16

天皇の手足を縛って頭を踏みつけたい韓国

テーマ:人物

先の李明博韓国大統領が、
2012年8月31日、韓国SBSテレビ番組で

「たった60万人の在日韓国朝鮮人に支配された1億人の日本人奴隷!」

南北統一費用の件について
「北朝鮮の復興は心配ない、日本にやらせるのだ。
私が日本にすべてのカネを出させる、
我々はすでに日本を征服しているからだ。
奴らのカネは我々が自由にできる、
(中略)
日本にいるのは私の命令に忠実な高度に訓練された私の兵隊だ!」
と、いわゆる「日本征服宣言」を行った。

天皇陛下侮辱発言もあげておこう。
「日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い、
重罪人にふさわしく手足を縛って頭を踏んで
地面に擦り付けて謝らせてやる。
重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話だ。
そんな馬鹿な話は通用しない。それなら入国は許さない。」』

以上コピペ。



確かに、朝日新聞や毎日新聞をあやつる事によって日本を貶める洗脳を施し、

NHKや特にフジテレビを操ってフジテレビ得意のヤラセの韓流を演出することによって、

マスメディアのヤラセによって作られた偽りの韓流ブームに日本人が踊らされ、広まったのは現実だ。

だから『在日韓国朝鮮人によって支配された1億人の日本人奴隷』と

韓国人に馬鹿にされても仕方のない状態だったかもしれない。




しかし韓国大好きで韓国人の為のフジテレビはほっといても、

他のマスコミさえも

『韓国大統領が天皇に謝罪を要求した』

とは書いたが、中身は書いてなかったと思う。
恥ずかしい事に私は韓国大統領の発言内容を知らなかった。



嘘の慰安婦報道を続けて日本人を貶めてきた朝日新聞や、

韓国人大好きヤラセ大好きフジテレビなど一部大手メディアだけでなく、

他国(特に隣国)の国家元首である大統領の発言内容を、

あえて一切報道しないこの国のマスメディアの不気味さ。



あまりにも韓国人の大統領が、国家元首にあるまじき異常な発言をしているからといって、

それを全メディア横並びで隠すのは報道機関として正しいのか。


もし隣人が頭のおかしい人たちであったとしても、その事実をありのままに報道しましょうね。

そうしないと我々も正しい判断が出来ずに、

いつまでも未来永劫に冤罪を背負う事になるのだから。




そもそも、もし日本の政治家が他国の国家元首にこのような事を言ったら、

日本人自身が黙っていない。辞任は必須だろう。

だが韓国人は政治家のトップである大統領がこのような発言をしても、

国民は怒らない。韓国人の多くは反日教育によって既に同じような思想だからだろう。


昭和天皇は連合国によって戦争責任は問われなかった。

ましてや平成の現天皇は第二次大戦に関わっていない。

犯罪者の子供は何も罪を犯してなくても、両手を縛って頭を踏みつけるのが、韓国人の常識なのだ。



誠心誠意謝ればいい。という日本人の常識は日本人相手にはいいが、世界では通じない事が多い。

裏付けも証拠もないのに、ただただ謝った河野談話の深刻さに気が付かない愚かな政治家や

簡単に外国勢力に操作されるマスメディアがある日本は、今後韓国や中国勢と対等にやりあっていけるのでしょうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。