犬、私、生きるということ

日常の小さな奇跡、大きな奇跡、見逃していけないこと、見逃したくない気持ち・想い…
そんなことを温く緩く、気の向くままに。

去年から大きく変わった私の生活・考え方・感じ方…
タイトルも変更して新たに始めます。


テーマ:



6月6日にロイヤルカナン栄養学セミナーにお招きいただいて、参加してきました音譜






犬のトレーナーというお仕事は、単にコマンドを教えるだけではなく、




犬と飼い主さんが笑顔いっぱいに生活していくために必要なことを


ご家庭環境やご家族構成や飼い主さんの性格、そして犬の気質…


全てを加味して考え構成してお伝えしていく。




コマンドのトレーニングだけではなく


ケアの仕方だったりご飯のことだったり、遊び方だったり


様々なことをお話します。




飼い主さんが疑問に思った事や知りたいこと、やりたいことなど


全てにオールマイティーに対応できることだと思っています。






…なんて簡単に言ってみたものの、


それを一人でこなせる様になるの


とーーーーーーーーーっても難しく長い道のり走る人DASH!DASH!DASH!




いつもこれで大丈夫か、足りないな、もっともっと…


と自問自答、後悔と反省と心配の日々あせる




だからこそ、もっともっといろんなことを知って吸収して糧にして前進していかなくてはメラメラ








…長くなりましたが、


そんな理由から皆さんにレッスンを調整してもらい、参加してきました!!






特に『ご飯』に関しては


自身の愛犬 碧 もそうですがアレルギー持ちの仔も少なくなく、


またそうでなくても、我が愛犬に何を食べさせると良いのだろうか…というのは


飼い主さんにとっては頭を抱えさせる永遠のテーマともいえる難問のひとつです。








さてロイヤルカナン…と言えば、


犬を育てている方なら一度は試したことあるんではないか!?というくらい


または商品を目にしたことがない飼い主さんはおらんではないか!?というくらい


長く続いている大手のフードメーカー。






そのロイヤルカナンの歴史やこだわりに触れることができたのは非常に貴重な体験で、


そして新たな収穫でした。








犬、私、生きるということ




マーケティングディレクターの渡邉さんのロイヤルカナンのご紹介に始まり








犬、私、生きるということ



ロイヤルカナン専属獣医師の原田さんによる栄養学の基礎知識。




ちなみに写真は、左上の円グラフのように人にとってはバランスの良い十分な栄養でも


犬にあげたら写真の右下の円グラフのように偏りまくったバランスになってしまう…


ということを示すものです。




特にナトリウム、カリウム(簡単に言うと塩っぱいもの?)




…知ってはいたのですが、改めて見ると驚きますよね。


しかもこれは皆さんに知ってもらうには非常に分かりやすい比較図ですねひらめき電球








犬、私、生きるということ




ロイヤルカナンは真のフード…


犬や猫にとって本当に良いフードとは?を追求し続け、


原材料のこだわり、犬種ごとの特徴に合わせた食べやすさなど


私が言うのもナんですが、よく考えられているなぁ~です。






犬、私、生きるということ




原材料については、コストという経済面と 消化性という犬の健康面と


さらには人と犬の共生という生存競争の面も考慮し


様々な視覚から選別されていることが分かりました。



犬、私、生きるということ




また、これは様々な議論を呼んでいる問題のひとつですが、


酸化防止剤“BHA”について。




いろんなところで、


いろんな専門家の話を聞き、


飼い主さんのいろんな体験談を聞き


自身が大学でそういった系統の勉強をしていただけに


ここの部分については正直まだグレーゾーンではありますが、


それでも実証例や研究成果を拝見し以前より少し安心感は生まれたかな…




まだまだ今後も自分なりに追求していくべき部分だと思っています。



犬、私、生きるということ





そしてそれが私的には結構感動だったのですが、


犬種ごとのマズルの形や食べ方の特徴を把握し


丸呑みしないための形だったり消化吸収しやすい形だったりにしてあるという図。










続いては同じくロイヤルカナンの専属獣医師の五十嵐さんによる


健康な被毛と毛艶のための栄養バランス。






(↓しばらく写真が反転続きます。ごめんなさい。)




犬、私、生きるということ


ロイヤルカナンは新しく“ダーマコンフォート”という


皮膚・被毛のコンディション維持を栄養的にサポートすることを


重視した新しい分野の開拓をしました。






犬、私、生きるということ




超高消化性タンパク質の開発は、今まで吸収性がよろしくないと言われてきた


大豆を加工することで消化率90%を超える原料となりました。




写真左の真ん中の更に右下の表わかります?


グレーのウンコの量が、この加工大豆によってブルーの量に。


つまり約半分のウンコ量になったということ。




大豆にアレルギー反応がなく、でも大便の量が多い仔は試してみる価値ありだなぁと


感じました。








犬、私、生きるということ




食べ物にアレルギーがないのに、痒がる仔は今非常に多いです。


そんなときは、この写真を拡大して反転させて見てみてください(笑)




掻くという行為には、様々な原因があります。


それぞれの原因にそれぞれ適した対応策があるはずで、


それが適しているとき、きっと痒がるのは止めてあげられます。




もしその図を見て原因をひとつずつ消していって


どうにも皮膚の機能異常かも…ということだったら


このダーマコンフォートは試してみるといいかもしれません。




でも、それも早合点せずに信頼できる獣医さんやトレーナーなどの


専門家にちょこっと相談してみて一緒に考えて対策をとっていくといいと思います。









最後は今ロイヤルカナンがHPで新たな取り組みをしていることを


教えていただきました。




その名も『ヘルス ニュートリジョン ラーニング プログラム』です。




犬、私、生きるということ




これは非常に面白そうです!!


飼い主さんが独自で栄養学について学べるチャンスです。


きっと可愛い我が愛犬の健康のためになると思います。


私もトライし始めます。


マスターになると結構すんごいご褒美がありますよクラッカー


ちょっと覗いてみてくださいにひひ








犬、私、生きるということ



この会では、最後になんとダーマコンフォート1ヶ月分を戴きました。


愛犬の状態を事前に聞かれていたのは、このためだったのですね・・・


なんというご褒美だろうか(笑)




碧はアレルギーもアトピーも少しづつ持っています。


そのため食べものは結構気を遣っています。




このダーマコンフォートを全部にする訳にはいかないのですが、


トレーニング中のご褒美として使ったり、手つくり食の中に混ぜる総合栄養食の部分に使ったり。




そのため効果は絶大!!ということは分からないのですが、消化はやはり良いようです。


経過観察中…






…いやはや。




長い長いレポートになりました。






もし読んでくださった方、ご興味持ってくださった方いらしたら


コメントでもくださいにひひ




またロイヤルカナンのHPぜひごらんくださいねグッド!






本当に良い発見と学びがありました。






正義と芯と願いがあって、コンセプトがある。


フードメーカーに限らず何に関しても、誰もがそれを持っている。


私たちは、それらをきちんと見聞き知ることで、正しい判断と意見を持てるようになる。


とても大切なことです。






いち飼い主として、またトレーナーとして


これからも学びを深めていこうと思います。






AD
いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今日はきっとどこもかしこも1年前…という話になるんだろうな。


それは、ある場面においては
とても上っ面で、嘘っぽくて、この後に及んで…というような
何だか鼻をふんっと鳴らせせたくなるような微妙な気持ちになる。


でも。

そう言いながらも
それをきっかけに私は今こうして書いている。


誰かに“私は考えているよ”と言いたいわけではなく
“私ってイイ人間なの”とアピールしたいわけでもなく

日々思っていること、感じていること、言いたいことを
整理するきっかけになったから


逃げがちな混乱しがちな気持ちに
向き合うきっかけになったから


だから書くに至った。



そういう気持ちにさせてくれるのが
時間の節目なのかもしれない。






微妙だな…
あるTV番組を見ていて思いながら、
それにまんまと感化され、
さも私も考えてるのよとイイ人アピールしている人を目の当たりにして、
フンっと思いながらも私もこの一年を思い返していた。




全体的に変わった。




良くも悪くも

仕事も
感情も
行動力も
人間性自体が。


仕事をする環境も
感情を左右する環境も
行動を呼び起こす環境も
人間性が関係する事柄すべてが。


良くも悪くも



大きく変わった。




そしてそれは多かれ少なかれ皆同じなのだろう。







強いってなんだろう

強くなるってどういうことだろう




泣かないこと?

自分をごまかすこと?

弱さを隠して笑うこと?

全てを隠さず曝け出すこと?

ひとりになること?

乗り越えること?





乗り越えるってどういうことなんだろう



忘れること?

切り捨てること?

諦めないこと?

対峙すること?




強くなることと乗り越えることは  イコール  なの?





何度も何度も

乗り越えようと思って


何度も何度も

強くなろうと思って


頑張っても頑張っても

踏ん張っても踏ん張っても

笑えないし
忘れらんないし
捨てらんないし
ごまかせないし
諦めらんないし
曝け出せないし

泣いてしまう…





でもそれでも


ほんの少しだけ

変化していることはあって


ほんの少しだけ

前に進めていることもあって


一週間前とは違う。

一ヶ月前とは違う。

一年前とは違う。




それではいけないんだろうな…

そう思う。



早く強くならなきゃいけない

早く乗り越えなきゃいけない



でも

今はそれが精一杯だ。




何度も何度も

繰り返し思い出して

繰り返し振り返って


自分が動き出せる時がくるまでは

どっぷりハマって

とことんハマって


それしかできない。



でも

ひょっとすると

それが  向き合う  ということなのかもしれない。






強くなったと思って

乗り越えたと思って


禁忌にしていたものに触れてみたんだ。





全然ダメで

全然笑えなくて

泣かずにはいられなかった。



あぁぁ…そう思いながら

でも

また向き合っていくしかないんだなと思った。




どうなるか分からないけど

時間をかけて向き合っていくしかないんだと思った。


そうすることでしか

自分に納得いく答えには辿り着かないだろうから…





あ。
ちょっとだけ曇り空、晴れた。




明日、お天気になるといいな。




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
…ということで、ぱーと2です(笑)

いや~
書き連ねた後プレビューを見たらあまりに長文だった。


とは言え、本文を真っ二つに割ってしまっただけなので、
出来ればパート1からの流れで勢いに任せてお読みください~o(〃^▽^〃)o


ということで、続きをどうぞ ↓↓↓



人と向き合うとき、信じてと求めるだけでは、決して信じてもらうことはできない。

信じてもらいたいと思うときには、それなりの努力が必要だと思うのです。

そして信じてもらう努力と同時に、信じる努力も必要なのだと思うのです。


そうしてみて相手に信じてもらえたとき、
今度は自分の中に“信じてもらえている”という“相手を信じる気持ち”が芽生える。

そうしてみて相手を信じるとき、
今度は自分の中に“信じることができている”という“自分を信じる気持ち”が芽生える。




そしてそれが“心の強さ”に繋がる。


信じられる人がいるという心強さ
信じてくれる人がいるという心強さ
信じることができるという心強さ


それが笑顔に繋がる。


これは、まさにパート1での飼い主さんと犬の変化の中に現れているのではないかと思う。



人が犬(動物)に求めているものって
人に求めているものなのかな…


人が人の心に永遠に求め続けるものを
何となしに一番そばにいる生き物にも求めているのかな…



そして、それが叶ったとき人は笑顔になる。
そして、それが犬の笑顔にも繋がる。




そんな風に思って、またひとつ“ふーーーーーん”と一人考え込むのでした。




終。







ふぉ~長いッッッΣ(=°ω°=;ノ)ノ





           *・゚゚・*:.。..。.:*・゚ お疲れ様でした゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。