輝くわが家のキセキ

乳がん手術から8カ月足らずでまさかの転移。
まだまだ勝負はこれから!!子供達の成人まで頑張るぞ!!


テーマ:

ようやく家に帰って来ました


一度吐血してから退院。その後、また吐血入院。


再び吐血した場合、大量吐血となる場合が多いので


手術そのものには副作用のリスクも高いけど、ぎりぎりの


選択で、食道と胃にある静脈瘤の一部を縛る。



これが前回まで書いたこと。


術後は途中まで順調に回復していたんだけど


徐々に食事量が増えて行った頃からか、腹水がググッと溜まり始めてね。


妊娠してる時のようにパンパンで、苦しくて苦しくって。


一日何も食べなくってもへっちゃらで。


もちろん、そんなことしたら一気に体力が奪われてしまうから


無理からでも口にねじ込む。


そうすると勢いよく吐いちゃう・・・。


それで、腹水を減らすために利尿剤を注射して、口にできる水分も


1日500mlまでに制限。


おかげか、胸水もヒドイ咳で悩まされて、もう普通には横になれず


いつも頭を高くして寝てたんだけど


どちらも楽になってきて音譜



喜んでいたら、血液検査でこれに比例するように


ピレルビン酸という肝臓の一番大事な数字がうなぎ上りで


上がって来てさ・・・





すごい気持ちが元気になれるアップ

ポチっと応援お願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

r />
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

前回のあんなブログを聞いた後、交信が途絶えてしまっているので


たくさんの方々にご心配とご迷惑をかけしました。


コメントやメッセージもそのままになってしまって本当にごめんなさい。


皆さんのお気持ちはしっかりと受け取っていますラブラブありがとうございます♪



前々回のブログにリコメすらできていなかったので、


とりあえず近況だけお知らせしようと救急車の来る前に慌てて前回の


ブログを書いたわけですが、その後更新できなくって


結局かえって心配をあおってしまう形になってしまって


本当に申し訳ありませんでしたm(__)m


元気になってすぐに更新すればよかったんだけど


携帯からのログインパスワードを忘れてしまい・・・ガクリ


色々手を尽くしてみたもののどうしてもマイページに入れなくって・・・汗


結局再登録してみたら、もうさらにどうしようもなくなっちゃって・・・。


携帯の使えない生活がこんなに不便なんて・・・思い知らされました。


それでわざわざお見舞いに来てくれたayayaちゃん、そしてあんちゃんが


自分のブログに書いとくよ~!と言ってくれてアップ 


ようやくそこで一安心できました。


本当にありがとうラブラブ


それから、ayayaちゃんにお見舞いを渡してくださったyannchanさんにQPさん、


本当に驚きました。ありがとうございますきゃー。 お花に癒されまくってます♪


皆さんから頂いたお守りはいつもポケットに入れて守ってもらっています。


全国、いや世界津々浦々の神様に守られて、私、最強ですうれしい





どなたか新しいマイページを作ってしまった場合に、古いマイページに戻る対処法


をご存知の方は是非メッセージからでも教えて頂けると助かります


よろしくお願いします。本当に困ってます(^_^;)






病状の経過は前回の吐血時同様4日ほどICUにいて、今は一般病棟に


移っています。


ただ違うのは前回は「手術も危険性が高いのでできない」


と言われていたんですが


こう短期間での吐血が相次ぐというのはあまりに危険なので


リスクはあるが、食道の静脈瘤を結束する手術をすることになりました。


食道の静脈瘤は結構激しくぼこぼこしていて、全部を縛り上げてしまうと


そこにあったものが行き場を失って、かえって肝臓に負担がかかるらしいので


私の場合はその中でも特に危険そうな箇所を何か所か結束するだけ、らしいです。


なので、本来はこの手術、2、3回にわけてやるらしいんですが


負担も考えて1回でやりきれる範囲でおさめるそうです。


一応来週の火曜日が手術予定です。





昨日と今日、外泊許可が出てるのでパソコンから更新できましたが、


次回の更新は多分退院してからになるかと思います。


出来るだけ早く帰って来ますね



応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

コメントたくさんありがとうございます。
公開遅れてごめんなさい。

今朝、再吐血して、再入院になりそうです[みんな:01]

とりあえずご連絡まで。


iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回は息子が退院したけど体調がイマイチ、と報告してたよね。


なかなかブログを書く余裕がなくって後回しになってしまったけど


7月29日の私の診察では、血小板はだいぶ上がってきているけど


まだいい状態ではないから先生としては、さらに抗がん剤を


延期しようか・・・と言われたの。


でも1か月も抗がん剤していないし、色んな症状が出始めているから


「やりましょう!!!」と私からちょっと強引に再スタート。


飲み薬の抗がん剤ゼロータが再スタートしたの。


それから・・・咳。


これがひどくってさ、とにかく止まらないし


深呼吸なんかをするだけで、気管がムズムズして咳が出ちゃう状態。


ここのところ診察の度にレントゲンを撮っていたんだけど、特に異常は


見られなかったんだけどね、今回はっきり白く映っているし、


肺の下の鋭角でないといけない所が鈍角でさ・・・。


「胸水が溜まり始めてる」と言われちゃったんだしょぼん




胸水とは;肺を包むように存在する胸膜(臓側胸膜)と胸壁の内側に張り付いた


胸膜(壁側胸膜)との間にたまった液体成分。


肺の下部の横隔膜の上にたまった横隔膜上の外側部位で


横隔膜と肋骨による切れ込み部分(肋骨横隔膜角と呼びます)の鈍化と


呼ばれる所見がある。この所見は胸水が150ml以上たまった場合に


見られる。




まさに、レントゲンで肺の下の方が左右で尖り具合が違うガクリ


また一つ悪い所が増えてしまったよ・・・ダウン




・・・と、こういう報告をしようと思ってたんだ。






それが前回のブログを書き終わって、普通に食事して就寝。


そして夜中の1時過ぎ・・・物音で目が醒めてね、


そんなことはよくある話なんだけど


なんだか気持ち悪くって。トイレ行ったりちょっとゴソゴソして、さて寝よう、と


思ったら強烈な吐き気が襲ってきてね。


旦那が吐く入れ物を準備して来てくれて、吐いたら・・・なんと吐血叫び


血、血、血だ~!! とってもヤバイ状況だ!!と思ったら、


なぜか冷静になってね、


きゃー!どうしよう!って泣き崩れる奥さんだとかわいらしいと思うんだけど


旦那が元々血液が大の苦手で慌てていたのが


手に取るようにわかったこともあって


「大丈夫!大丈夫!」って自分に言い聞かせて、


「この状況なら間違いなく入院になっちゃうから、入院の準備してから


病院へ行こう」って言って、パジャマやら靴下等々を準備。


なんともかわいくないない女だよね汗


フラフラして病院まで自家用車で踏ん張れそうになかったので


救急車をお願いして、それを待っている間に主人が長男を起こして


状況を説明。


吐血だけでもびっくりなのに、外は雷を伴った暴風雨。(子供たちは大の苦手雷)


その中を救急車で運ばれる・・・ってことで相当びっくりしたと思うんだ


本当にかわいそうなことしちゃったよ・・・しょぼん


次男も物音で起きて、状況を聞いてみるみる顔が青ざめちゃって。


「大丈夫!ほら余裕でしょニコニコ?」と笑顔で顔をなでながら言うと


ちょっと落ち着いてくれた。


救急車が到着したら長男は起きて雷雨のなか、外まで見送ってくれてた。


きっと色んな意味で怖かっただろうな・・・。不安だっただろうな・・・。


眠れるだろうか・・・。


後ろ髪、引かれる思いで病院へ。




病院に行く途中、何度も変な所を曲がるな・・・と思っていたら


冠水してるところがあるから道を選びながら運んでくれていたみたい。


そんな嵐の中、無事に病院に着いてからが私にとっては本当の嵐の始まり



鼻からチューブを差し込んで(コレが勝手に涙が出るほど激痛だったしょぼん)


胃洗浄。胃をきれいにしてから、次は胃カメラ。


本来なら夜ご飯を食べていたら胃カメラはできないんだけど、緊急事態ということで


人生初めての胃カメラを。



苦しいよ、とは聞いていたけど、ここまでとは思わなかった・・・汗



素直に看護婦さんや先生の言うとおりにすれば楽なはずと思っていて


カメラを飲み込むのはスムーズにできたんだ。


だけど、カメラが壁面に当たるとどうしてもえづいてしまう。


そして、オェっとえづく度に真っ黒なイカスミみたいな血液を吐いちゃってね、


それを見ると余計に気持ち悪くなって、またえづく⇒イカスミ⇒えづく⇒イカスミ


カメラは水を流して見えるようにしながらやってくれてるんだけど


それでも残留物が多過ぎて、顔は先生の方に向けたまま


体の位置を反対にしてとか、顔は横のまま上を向いて、とか


くるくる体位を変えるのがまた苦しくってううっ...


もうイカスミみたいな嘔吐物で顔も首も肩もベチョベチョしょぼん


それを見たくなくって目を閉じていたら


『目を閉じてると余計な力が入っちゃうから、画面見ようか?


今、ちょうど胃の辺りかな?』と看護婦さんが勧めてくれたので


画面を見てみたら、ちょうど白い粒々・・多分お米?だと思うんだけど


それが映っていて、まるでイカ墨のリゾットみたいな画像ガクリ


もう思いっきり気持ち悪くって、激しく吐いたら画像から消えたよ(苦笑)


もう、今後人生でイカ墨のリゾットを食べることはないな・・・(笑)


結局、何のために胃洗浄したの???って感じで終ったんだけど、


胃と食道に静脈瘤が見つかり、そこから出血したんだろうけど


残留物ではっきり見えなかったので、1日したら再検査と宣告ガクリ


もう・・・あんなにやったのに・・・って人生3大ガッカリには入る程ガッカリダウン




その後ははっきり傷口もわからないし、いつ再出血するかわからないので


ICUへ運ばれる。


出血量が多かったらしくヘモグロビン?などの値が低すぎるので


輸血を受けて。


次の日の胃カメラの再検査でも傷口はわからなかったううっ...


多分、もう自然に閉じたんだろうと言われたよ。





問題は、さっき書いた静脈瘤。


先生の話によると、肝臓の機能が落ちてきていて、


肝臓で処理しきれなかったものが


上に上がってきて、胃や食道に静脈瘤ができるなんとかっていう症状らしい。


(症状名は思い出せないあせる)


痛くも痒くもないんだけど、もし大きい静脈瘤が破裂した場合、止血も難しく


半々くらいの可能性で死に至るとか・・・え


健康な状態なら静脈瘤を結んで破裂しないようにして手術するらしいのだけど


肝臓への負担なども考え合せて手術はできないと。


「こんな要因で破裂する」、というようなはっきりした要因もないんだって涙


気を付けようもないってことダウン


つまり、危ない要素をかかえたまま打つ手はナシ。


自然に落ち着いてくれるのを待つのみ。




なんだよ、それ・・・



(進行具合のショックやら無治療っていう事態やら


色んな想いが駆け巡ったよ)




そんな中、


胃カメラの処置をしてくれたのは内科の先生だったんだけど


私のPETの映像やらを見て、もう一人駆けつけてくれた先生と


「末期ですね」って話すのが聞こえてきた。


人生3大ショックに入る言葉だったよダウン


ここに患者がいるっていうのに。


先生としては悪気もなければそんな非常識なことをしたとも思わない。


外科的要因と考え合せての当然の会話。


自分の状況はわかってる、もちろん。


末期かもしれない。


でも周りから末期ですとか、打つ手はありませんとか、言われたくない。


ちょっと今の状況での手術は厳しいから、様子見ましょう・・・とか


思いっきりオブラートに包んで言って欲しかったな。



だって言霊っていうのがあるでしょう?



周りから自分の状況を追い込むようなことを言われて、本当に私がそう思ったら


そういう風にしかならないじゃないパンチ!メラメラパンチ!


そうなったどうするんだよぉビックリマーク


私はまだまだやることがあるから。


ここからが勝負、色んな症状が現れてそんな身体と折り合いつけながら


進んでいくこれからがスタートだと思ってるから。


今まではお遊びみたいなもの。


しぶとく頑張って生きていく理由があるから。


先生は人生を決めつけるようなこと、余計なことは言わないで!


この患者は自分の状況を理解してないな、と思われたっていい。


バカに見え様がなんだろうが、自分に暗示かけまくって


まだまだしっかり歩いていくさ!


末期なんて言葉は私には不要!





3日、集中治療室でお世話になって、流動食⇒3分菜食⇒5分菜食


と、徐々に食べ物の固さを固形化してもらって、


金曜日に一般病棟に移ったんだけど、


せっかくのお盆休みが始まれば家族がいるし、入院していても


退屈なだけなので、無理を言って土曜日に退院させてもらいました。


私にとって、家族と過ごす時間はエネルギーチャージの時間だからねアップ


先生も治療することは何もないから別にいいよ、って。


栄養士さんから食事の指導も受けてバッチリ!


身体をいたわりながら、無理せずボチボチやってきますビックリマーク




それから前回のコメント、ありがとうございましたラブラブ


なかなかリコメできずにゴメンナサイ。今回ばかりはお許しを。


でも何度もしっかり読ませていただきました音譜


本当にありがとう音譜




家に帰ってから、あれほど手伝わなかった長男そのぷーが別人のように


手伝ってくれるし、身体をなでてくれたりする。


そんなことは今までなかったから、なんだか照れくさいというか恥ずかしいドキドキ


でも、この子がここまでするんだから、すごいきもちが詰まってるんだろうな・・・


すごい気持ちが元気になれるアップ


ポチっと応援お願いします♪
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:


今回の息子の入院で再認識したこと。


やはり、「自分の身体は自分の責任で管理する」っていうこと。



というのも、先週の週明けに「抜糸」すると先生に言われていたんだけど


月曜日の朝、7時過ぎにやって来た先生は(早過ぎて私はまだ未到着)


傷口の様子を確認しただけで戻って行ったらしい。


小学6年の息子。大人に向かってペラペラとしゃべるタイプでもないので


「きっとあとからもう一度来て、抜糸してくれるんだろう」と思って


何も言わず、回診が終わったみたいなんだよね




その後、いくら待っても先生は来ない。


結局、私が行った時に看護婦さんにどうなってるのか聞いたら


「先生が忘れていたらしいので、明日抜糸します」ってガクリ


息子も入院生活に飽き飽きしてきていたし、私も病院との往復に


もう限界を感じていたので、早く抜糸して退院するっていうのを


首を長くして待ってたんだよね。


それを忘れてたって・・・ダウン 簡単に言ってくれるなよぉパンチ!




そしてちょうどその日、私の診察もあり、骨治療「ランマーク」の注射をする


はずだったんだ。


この注射は月に1回だけだから先生が毎回忘れがちで、今回も


「先生。ランマークそろそろじゃないですか?」


「あっ、失礼しました~」って。


結局、診察時間が遅かったので注射できず後日出直ししょぼん





それで思ったんだ。


先生もすごくたくさんの患者さんを抱えてる。


一人一人の細かいところまでちゃんと記憶してられないのが現実だなって。


もちろん、先生がちゃんとしてくれなきゃいけないんだけど、特に


私の主治医の先生なんて百人以上の患者さんを受け持ってるんだから


私はこれからどんどん色んな所に色んな症状が出てくる中で、


それを全部把握しといてね、って言うのはとても無理な話だもんね


だから、自分の状態はちゃんと自分で把握して、忘れてるなって感じたら


どんどん自分から訴えていく。


今までも何回も感じてたけど、これからの治療は自己責任!と


肝に銘じておこうと決めました





そして先日息子は無事に退院できましたクラッカー


本当にご心配おかけしてすいませんでした。


たくさんの応援ありがとうございましたニコニコ


これからは週に1度の通院で血液検査とレントゲン、


そして毎回ギプスを外して状態を確認するみたいです。


今の所、骨は順調にくっつきつつあるみたいで、要するに


「傷口から化膿させないこと」が今度の最大の鍵。


普通は週一でギプスは外さないんだけど、


やっぱり入院したこともあって、先生も慎重みたい。




でもね、家に帰って今はまだ完全に傷口の状態が安定していないので


何かあった時にすぐに確認できるように次回の診察まではギプスではなく


今は包帯で固定してるんだけど、足を拭いてやる時にちょっと傷の状態を


覗き見たら、まだ糸が残ってるところがある・・・ガーン


素人が見てもわかるのに、どんな抜糸してんねん!!メラメラ


今度の診察の時にちょっと咬みついてやろうにひひ




息子が入院したとはいえ、両親が手伝いに来てくれていたので


負担は超軽いハズ・・・。


そのハズだったんだけど、体調がガッタガタ。


動きたくても動けないしょぼん本当に動かないんだよ・・・。


たった2週間の入院だったのに。


長くなってしまうのでこのことは次回に。


色々とご心配おかけしました。

応援ありがとうございます音譜

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。