1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年10月06日(火) 14時33分23秒

【7つの習慣をボードゲームに】本ではできない「体験」を届ける

テーマ:├商品の価値をあげる
こんにちは、なかむらです。

先日ご案内した
「7つの習慣ボードゲーム」プロジェクトが、
いよいよ本日からスタートしました!



世界的な名著として名高い
「7つの習慣」の世界をボードゲームの中に落とし込み、
「楽しみながらその世界を体験できる」
という新しい学びのかたちを提案するボードゲームです。

本当にたくさんの声が届いており、
「仲間たちと一緒にやりたい」
「社内のみんなでやりたい」
「子どもにやらせてみたい」
など、色んな可能性を感じています。

フランクリンコビー社と独占契約しており、
本当にすごいプロジェクトだと日に日に実感しています。

ちなみに、私はボードゲームは作れませんw

前回少しご紹介した、私の会社にいるメンバーの
「世界数千種類のボードゲームを知り尽くしているボードゲームの専門家」
が監修・企画・設計をしています。

彼が中心になり、
一緒にこのプロジェクトを進めています。

今回の「7つの習慣ボードゲーム」
を制作することになって気づいたことは

━━━━━━━━━━━━━━━━
ボードゲームは普段の性格がでる
────────────────

ボードゲームってただ遊ぶだけのものだと思ってたんですが、実はそんなことないって知ってましたか?



面白いことに、
ゲームの世界においても、日常の生活においても私たちは同じ選択・決断をしてしまいます。

普段から人の意見に左右されている方はゲームでも左右されやすく、
自分の都合ばかり言う人はゲームの中でも自分のことしか考えなかったりします。

性格がよくでますし、普段の決断・判断力が問われます。

だから、相手の見えない部分が見えることもあったり、
人との距離が近づいたりします。

だからこそ、その逆に、
ゲームを通して得た経験や気づき、学びを仕事や普段の生活の中で活かすことができる。

そんなボードゲームです。

このプロジェクトに携わってから、
「1冊の本で人生が変わる人がいるように、1つのボードゲームで人生が変わる」
という可能性を本当に感じています。

1つのボードゲームをみんなで囲み、時間を共有する。
考え方が変わったり、友人・知人、または社内の人たちとの距離が縮まったり、友達との時間のすごし方が変わったり。



たった1つのボードゲームでも、何かを変えることができる。
そんなことを強く思えるボードゲームが完成しました。

そんな、色々な可能性を感じさせる
「7つの習慣ボードゲーム」
が今日から「Makuake」というクラウドファンディングで公開になります。

クラウドファンディングというのは、
プロジェクトに賛同していただける方をインターネット上で募集する仕組みのことで、
賛同していただける方と一緒にプロジェクトを成功に導くようなイメージです。

そのクラウドファンディングで
「7つの習慣ボードゲーム」を支援してくださる方の募集をすることになりました。

詳細はこちらです。

「Makuake」以外での先行予約や割り引きはなく、
ボードゲームやここでしか手に入らない数々の特典を用意してますので、1度ご覧になってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015年10月05日(月) 16時57分26秒

「7つの習慣ゲーム」がボードゲームになるんです

テーマ:├意識を変える
お久しぶりです、なかむらです。

今日は号外的なお知らせです。

実は、私が経営している「株式会社いないいないばぁ」で
とんでもないビッグプロジェクトが始まることになりました。

世界44カ国で3000万部売れているベストセラー
「7つの習慣」のボードゲームを作ることになったんです。



ウソのような話ですが、ホントのことなんですw

『7つの習慣』は、全世界44ヶ国語に翻訳され、
3000万部を突破している大ベストセラー本です。

でも、本って読んだだけじゃあまり身になっていないことが多いですよね。

私もそうですが、買って読んでいない本が何冊あることかw

人の記憶というのは、頭で覚えているものよりも、
体を使って心に刻んだものの方が鮮明に記憶されます。

つまり「体験」。

読書をすることはお勧めですが、やはり体験、経験に勝るものはありません。

そんな中で、誕生したのが
『7つの習慣ボードゲーム』。

「遊びながら本の世界を体験できる」
という、今までにない、新しい学びのかたちを提供するボードゲームです。

経営者の方や事業主の方々にテストプレイをしてもらったのですが、
「交渉が楽しかった」「負けたけどもう1度やりたい」「なんどもやることで体験が繰り返しできる」
など、様々なコメントをいただいており、今から完成を楽しみにしております。

このプロジェクトは進んでいて、
詳しくは、明日発表になります。

なぜ、この話がきたのかなど、明日詳しくご紹介しますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年07月31日(金) 16時09分11秒

脳を刺激するホームページの作り方

テーマ:├売り上げを増やす
こんにちは、なかむらです。
久しぶりの更新ですね。

今日は
「脳を刺激するホームページの作り方」
をご紹介しますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━
ホームページは作っても意味がない
────────────────

と言ったら驚きますよね。

「え?じゃあ今日の話は意味ないじゃないっすか」
と怒りの声が届いてきそうですが、ちょっと待ってくださいw

正確には、
「ホームページを作ったからと言ってお客さんが増えるわけではない」です。

そうです、
自社のウェブサイト(ホームページ)を作る方の多くは
「ホームページを作ること」に満足しています。

「ホームページができた!これでお客さんが増えるぞ!」

そんな声を何度聞いたかわかりませんが、
残念ながら、世の中にあるウェブサイトの8割は
集客力のないサイトです。

ホームページができた=「商品が売れる、依頼が増える、来店が増える」
ではありません。

現在、日本にどのくらいの数のホームページが
あるかご存知ですか?

日本の人口をゆうに超えています。

1億以上あるホームページと戦わなければいけないのに
「ホームページを作っただけでお客さんが増える」
わけがないですよね。

では、どういったことを注意すべきなのか?

全ては伝えきれませんが、今日は大切なことを”2つ”
お伝えしたいと思います。

-----------------------------
人は50ミリ秒で判断する
-----------------------------


「第一印象」

私たちは第一印象で、ある程度の好き嫌い、
良い悪いを決めていますよね。

そして、第一印象が良いと、
不思議とその人の意見も受け入れてしまう傾向にあります。

これは、人間関係の話だけではなく、
ホームページにも共通しています。

「ホームページの第一印象がいいと
商品やサービスの印象も良くなる」

という研究結果があります。

そして、ここからが面白いのですが、
カナダのカールトン大学の研究者たちが、
ある研究をしました。

「人がホームページを魅力的かどうかを判断するのに
どのくらいの時間がかかるのか?」

という調査です。

結果は、たったの50ミリ秒。
すなわち、「20分の1秒」だったのです。

多くの人は、”パッと見”で印象を決めており、
その印象がホームページの価値に影響を与えている
ということがわかっています。

つまり、
「脳は美しいものが好き」

まず最初に意識することは、
ホームページの第一印象をチェックすること。

これをまずは第一に考える。

誤解しないで欲しいのは、
「デザインがよければ売れる」
わけではないですからねw

カッコよければそれだけで売れるわけじゃないですが、
デザインも重要ということ。

次です。


-----------------------------
想像力を刺激する
-----------------------------


あなたは、お客さんの”購買心理”
について考えてみたことはありますか?

ちょっと例をだします。

たとえば、”飲み会”

きらいな上司と嫌々飲みに行く人もいれば、
友だちみんなでワイワイ飲みに行く人もいますよね。

仮にどちらも飲み代が4000円だったとします。

どちらも同じ4000円を払うのですが、
お金を払うときの『感情』に差が生まれます。

「なんで嫌な上司と飲みにいってお金払うんだよ」
と思う人もいれば、

「楽しかった!またみんなで飲みいこーね!」
と思う人もいます。

同じ飲み会で同じ4000円なのに、
“喜んで払う人”と“嫌々払う人”に分かれます。

人はお金を払うとき、必ず何かしらの
『感情』があります。

逆に言うと、お客さんに感情が
ないと、お金を払うことはありません。

そして、問題なのは
『感情のないホームページになっている』
ということ。

どれだけ素晴らしいホームページを作っても
「全然お客さんがこない!」と嘆くことになる原因のひとつは
これでした。

デザインがいくらよくても、
どれだけ物やサービスが良かったとしても、
「感情」のないホームページでは
お金は生まれないのです。

では、感情を生むにはどうしたらいいのか?

すぐにできる簡単な方法は、
「想像力を刺激すること」

マーケティングの教授である、ジョアン・ペック教授は
こんな実験をしました。

ある男性に

「この商品を持ち帰ったことを想像してください。
それをどこに置きますか?何をしますか?」

と質問し、60秒ほど想像させたところ、驚きの結果がでました。

「所有気分が高まり、商品の価値も高まり、
さらには商品に支払ってもいいと感じる価格まで高まった」

つまり、商品やサービスを使っていることを想像させることは
購入率に大きく影響する、ということがわかっています。


さて、

あなたのホームページでは、お客さんの想像力を
刺激していますか?
商品を使っているイメージ、サービスを利用しているイメージを
させられているでしょうか?

方法は色々とありますよね。

文章で伝えることもひとつですし、
文章が苦手なら写真を使う。

写真で伝わらなければ動画を使う。

スマホ1つで写真も動画も撮れる時代ですから
なんだってできます。

ホームページに「感情」をいれることを意識してみてください。
驚くほど変化が生まれますので。

次回は
「社長がいなくても成長する会社の作り方」
について、ご紹介しようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。