あなたに『社長を勝たせたい』と願う従業員は何人いますか?元・雀鬼が教える墨家経営学の全て!

麻雀から得た心理的なコミュニケーション知識、今までの仕事から学んだ独自の目線で見てきた経営視点、経営者が悩んでいる会社経営で大切な事をブログに綴っています。
会社で起こる様々な事をどう考え答えを出していくのか。あなたの参考になれば幸いです。


テーマ:

北岡です。


本日も私のブログへご訪問いただき
ありがとうございます



もしも、


あなたが「社員に対して」鬼のように
怒り!怒鳴り散らしていたら・・・・・・・・・・


 


「勿論」 彼らは
縮こまってしまい
あなたの傍から一目散に逃げ出すでしょう!



そして、いつも怒って怒鳴り散らしていると、
ふと気づいた時には「優秀な人材」が
周りにいないなんてことがあります。




しかし、


彼らに労いの言葉をかけ、
「感謝」して仕事をしていたとしたら、



 



人材が定着し、育ち組織的な経営をするようになります。



怒りすぎはダメだとお話しましたが、
全く怒れない言えない経営をしていたらどうでしょうか?



あなたはしっかり怒れているでしょうか?


決して怒鳴り散らしているのではありません。


怒ることも言いたい事も我慢して、
経営を圧迫しているなんて事は
ないでしょうか?



もしも、言いたい事が言えない状況を
このまま続けていると、あなたの体調や
現実的な問題として表面に現れてきます。


例えば、我慢は体に良くないと言いますが、
あれは、『本当です!!』

 


我慢が続けば、胃潰瘍になったり、
自律神経がやられます。



私もある時期、怒れない時期がありました。
ひたすら『我慢』して対応しましたが、
ある時、一気に爆発しました。



爆発と同時に言葉のミサイルが相手めがけて
「発射されました」



こんな事になる前に「我慢」せず
しっかり言う事を言っていたら

もっと素敵な人間関係が作れたのだと感じました。




本当に、日々が勉強であり、気付きのチャンスです。



これを言ったら相手は嫌な思いをするんじゃないか?



これって相手の事を思っているように感じるんですが、
ただ自分に怒れない言い訳をしていた事に気付きました。



相手の事を想うのなら、しっかり相手と向き合い、
言うべき事は言う。これが本当の信頼関係にも
つながります。



言ったらどうなるかは、分かりません。



言わなくてあなたが病気になったり、
経営が傾くなんてありえません。


ここでまた一つ例をあげて説明したいと思います。



人間関係に優れている経営者は、部下たちから深い
愛情を持たれ尊敬されています




何故そのように良い関係が作れるのか?
それは、相手に対して、私は偉いんだというのではなく、
密接な関係を持って、部下のものに気を配って働く。


そうする事で確実に、関係は良好になります



もちろん厳しい意思決定を行う場合はもちろん遠慮なんて
しません。(仕事ですから)
しかし、彼らはそんな事で動じなくなります。



それが本当の信頼関係や、人間関係を作れているのでは
ないでしょうか?



 


それでは今日のステップです。


-------------
   ステップ
-------------


・あなたが普段、人に対して感じている事を客観的に
視点を変えて見てみる。



例えば・・・


あいつはいつもあんなんだから、
仕事が出来ない・・・


だからあいつに
仕事は任せない。


ではなく・・・


あいつはここが得意だから
この仕事をやってもらって仕事を任せよう。


聞いている言葉の力も違いますが、
良い関係を作る上で、視点を変える
事は、一瞬で成果を変えるパワーが
あります。


「目標達成」がそれぞれの目標ですが、
お互いが勝つためにプロセスも
大事にしたいものです。


それでは、本日もお読みいただき
本当にありがとうございました。



 

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。