懐かしのテレビ・ラジオ・映画・テレビゲーム等の各種エンターテイメントの回想及び国際情勢・国内のプロ野球を独自の視点で語るブログチャンネルです。新旧記事に関わらずどうかお気軽にお楽しみください。

 日本のお茶の間を結ぶ最高のブログネットワーク。VBC系全国ネット。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月29日(木) 12時00分00秒

名悪役列伝~内藤剛志

テーマ:ヤク者も!Sey You!
味わい深い悪役俳優を語るシリーズ。

今回は内藤剛志さん。『ン?どこが悪役俳優なの?』と捉えるのは早計!

若かりし頃は、悪役も結構ハマっていたものです。

'80年代の刑事ドラマでは犯人役の常連でした。この方の場合、ちょっと頭のキレる頭脳系悪役がハマっていました。夜な夜なアパートの一室で時限爆弾の製造に勤しむ過激派の学生とか、お似合いでしたね。

ただ、過激派学生以外だとあんまりピンと来なかった印象も(泣)まだデビュー間もない頃でしたからねぇ。

この辺りになると、次第に"貫禄系悪役"よりも見た目がスマートでパッと見、悪役に見えないのに実は悪役だった・・・という現在に至る"草食系悪役"が次第に台頭するようになりました・・・イコール、悪役も面白味が無くなっていったと(泣)

ただ、若かりし頃の内藤剛志さんは目付きがギラギラとしていたので『何かしでかしそう』的な雰囲気はありましたね。今時の悪役俳優は、それすら感じられないから悲しい(泣)

内藤剛志さんの悪役は、それ程長くは続かず。その後はバラエティー番組に出演したり、2時間ドラマで刑事役を演じたり・・・。それこそ、「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ」(TBS系)では二代目・十津川警部に就任することに。


すっかりエラくなってしまったものです・・・。





(C)オリコン

「人気者で行こう!」(テレビ朝日系/'97~'01年)の頃の内藤剛志さん。(写真左)こういったはじけた一面も。/(C)oricon ME inc.
AD
2016年09月29日(木) 00時00分00秒

'16秋改編をズバッ斬る!~TBS

テーマ:VNNテレビスクープ!
今秋スタートの新番組をズバッ斬るシリーズ。今回はTBS編!

・おびゴハン!(月~金10:05~10:25)→タイトルが示す通りの料理番組(泣)今秋から午前10時25分開始に枠拡大となる「ひるおび!」までの"繋ぎ"の番組なんだろうけど、別に無理してやらなくてもいいんじゃないのかね?どうせ地方系列局では殆ど未ネットだろうし、既に「キユーピー3分クッキング」(CBCテレビ版)をネットしている局も多いし。20分間の穴埋めなら、それこそ「ポーラテレビ小説」('68~'86年)の再放送でもやってた方がマシじゃないのか?

・逃げるは恥だが役に立つ(火22:00~22:54)→同名マンガのドラマ化。新垣結衣さんの主演で、星野源さん演じる独身男性の家に家事代行として同居するようになり、お互いに恋愛感情が芽生えて・・・という展開。それにしてもタイトルは設定が全然リンクしてねーなぁ。日本テレビの薄っぺらいドラマみたいなタイトル(泣)TBSもだいぶ軽くなったな。

・彼岸島 Love is over(火25:28~25:58)→同名マンガのドラマ化第二弾!吸血鬼がはびこる孤島を舞台にしたサバイバルホラー。ゾンビがはびこる孤島を舞台にした3DOソフト(「コープス・キラー」)ならやったことあるけどね。

・拝啓、民泊様。(火25:28~25:58)→タイトルが示す通り民泊を題材にした深夜ドラマ。深夜ドラマらしからぬテーマだなぁ。むしろこっちをを「火曜ドラマ」枠(火22:00~)でやった方が良かったんじゃないのか?

・コック警部の晩餐会(水24:10~24:40)→柄本祐さんの初主演作!料理が得意な古久警部役を江本さんが演じ、古久警部に振り回される女性刑事・あずみ役をこじるりこと小島瑠璃子さんが演じるという。こじるりの連続ドラマ出演も初めてか?こじるりもTBSと密な関係だな。しっかし、食い物ネタの深夜ドラマも多いな(泣)そんなに今、グルメブームなのか?

・私がモテてどうすんだ(木25:58~26:28)→腐女子が美少女に変身し、モテまくるさまを描くアニメ。腐女子ウケするんだろうか?どーでもいいが「私の何がイケないの?」('11~'16年)を思い出してしまった・・・。

・ガーリッシュナンバー(木26:28~26:58)→売れない声優を主人公に据えた"業界"アニメ。声優系の深夜アニメ、続くなぁ。「それが声優!」(TOKYO MXほか/'15年)もあったよね。

・砂の塔~知り過ぎた隣人(金22:00~22:54)→菅野美穂さんの主演で、マンションの隣人に追い詰められてゆくさまを描いたドロドロ系?ドラマ。やはりTBSの「金曜ドラマ」枠(金22:00~)はこうでなくちゃいけない!「金曜ドラマ」枠にコメディーモノは不釣り合いですよ。

・亜人(金26:25~26:55)→同名マンガのアニメ化で、決して死なない"亜人"なる人と日本政府との戦いを描いたシリーズ第二弾。亜人というと"アジア人"の略称かと思った。

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(日17:00~17:30)→ちょっと前までテレビ朝日系で放送されていたばっかりの「ガンダム」が、再びTBSに出戻り(泣)落ち着きねーなぁオイ!色んな系列局で乱発されまくっているから、もはや区別が出来ん!(泣)

・バナナマンのせっかくグルメ!(日18:30~18:55)→モトをたどれば深夜番組として派生も、最近は日曜午後6時半から穴埋め番組として2回放送された食べ歩き番組が復活!元々深夜向きの企画じゃなかったからなぁ(泣)むしろこの時間帯の方が性にあってる感じがします。

・クイズ☆スター名鑑(日18:55~19:56)→視聴率は悪かったものの、斜め視線で業界人ウケした「クイズ☆タレント名鑑」('10~'12年)がリニューアル!放送時間が1時間繰り上がったのがナニですが、毒味は失わないで欲しいね。特に"芸能人!検索ワード連想クイズ"のコーナーは絶対にやって欲しい!これが無いと始まらない!また清水健太郎とか松島トモ子さんとかネタにされるのだろうか?(笑)"カラオケ歌われるまで帰れません!"で、毎回狂った様に歌いまくっていた女性2人組!お元気でしょうか?ヒッソリとTBSを寿退社した(広島・堂林のサ○マ○)枡田絵理奈さんも、リニューアルして戻ってくるのが何気に嬉しい。

「この差って何ですか?」は火曜午後7時台へ枠移動。結局"7時またぎ"は無意味だったか(泣)

・IQ246~華麗なる事件簿~(日21:00~21:54)→TBSでは久しぶりの織田裕二さん主演の1話完結型のミステリードラマ。織田裕二さんがIQ246の天才に!まさに「キターッ!」ですかね(笑)これはTBS系列局外のABS秋田放送・FBC福井放送・JRT四国放送(何れも日本テレビ系)で一週遅れで時差ネットされるでしょう。スポンサーが違うけど。TBSで織田裕二さんというと、「世界陸上」のイメージが強くって・・・(笑)


※総評

平日午前と日曜の新番組が目を引くか。とはいえ「おびゴハン!」はネット局が限られそう。当局的には、どうしても「クイズ☆スター名鑑」なんだけどなぁ。前作の"毒"が如何なく発揮されていればね。「バナナマンのせっかくグルメ!」は妙にクセのあるグルメ番組なんだよな。終始、番組テーマ曲が流れているので頭にこびりついて離れないんだよ(泣)
AD
2016年09月28日(水) 12時00分00秒

いよいよプロ野球シーズンオフ編成・・・ですが

テーマ:ラジオ聴き語り
プロ野球もいよいよシーズンが終わりつつありますが、ラジオの方もこれに合わせてシーズンオフの編成に入ります。

今季は例年より一週早い?9月最終週から既にシーズンオフ番組が始まってますね。

当地(ABSラジオ)では昨日(9月27日)から午後7時台に「今夜もオトパラ!」、午後8時台に「TOKYO JUKEBOX」、午後9時台に「ラジオアミューズメントパーク」が始まりました。流れ的にNRN~JRN~NRNという流れです。

基本的に平日の帯番組なのですが、全国的に月曜日だけローカル番組を編成しているAM局が多くABSラジオみたいに(火)~(金)ベルトという局も多いと思います。これは月曜日はめったにプロ野球が無いので、安心して毎週ローカル番組をやれる・・・という思いもあったのかと。

今は週末もプロ野球中継をやらなくなってしまいましたが(泣)週末だと勤務の関係上、局員の頭数が足りない場合が多いですからね・・・。

しかし、近年はプロ野球人気も落ちてきたせいか日本シリーズの中継をやらなくなったAM民放局も増えましたね(泣)

今年はどうなるか現時点では不明ですが、在京キー局が大々的に中継する一方、地方のAM局は一切スルー!で在京キー局が全国ネットで放送している番組が地方局向けに"裏送り"で放送されるというケースも増えました。これは在京キー局にとっては負担増になるのでしょうか。

CS(クライマックスシリーズ)の中継もやらないな(泣)当地のABSラジオだと・・・もう何時以来かな?日本シリーズの中継をやらなくなってしまったのは?

テレビと違ってラジオだと在京キー局が裏送りで番組を作ってくれるから良いのですが、テレビだと融通が利かないですよね。

長らくJRN(TBSラジオ)の受け持ちだった週末(土・日)のプロ野球ナイター中継もやらなくなって随分と経ちますが、やがて平日にも拡大されるのではないか?とヒヤヒヤしています。

プロ野球に関心の無いリスナーだと、むしろ歓迎すべきことなのかもしれませんが、長らくプロ野球中継がラジオの花形コンテンツだったことを思うと一抹の寂しさを抱きます。

ただ、改善の余地はあるでしょう。

プロ野球の対戦カードは基本的に(火)~(木)と、(金)~(日)と2つに分けられていますが、地方局におけるラジオ中継だと

(火)→JRN(TBSラジオ)

(水)~(金)→NRN(ニッポン放送)

という組み合わせが長らく続いています。JRNが週末のプロ野球中継から撤退してしまったので、JRNのプロ野球中継は火曜日しかやらなくなってしまいました。

むしろ(火)~(木)をNRN(ニッポン放送)で、(金)のみJRNにしたら良いのでは?

少なくともNRNの方がプロ野球中継に積極的な印象を受けます。JRN擁するTBSは、かつて"よせばいいのに"横浜ベイスターズ(現・横浜DeNAベイスターズ)のオーナー企業になって大ヤケドをしただけで終わってしまったので、これがトラウマか?対するNRN擁するニッポン放送をはじめとしたフジサンケイグループも系列のプロ野球チームとして東京ヤクルトスワローズがありますが、こちらはTBSと違って上手くやっているという印象なので、NRNの中継枠を増やした方が良いかと・・・無理?


プロ野球人気の回復の為にも、ラジオ中継ももっと見直す部分があるのかも?





(C)TBS RADIO

かつてはTBSラジオもプロ野球中継にかなり熱心だった時代もありましたが・・・。(写真はマスコットキャラクターのエキベ~)/(C)1995-2016, TBS RADIO,Inc.
AD
2016年09月28日(水) 00時00分00秒

'16秋改編をズバッ斬る!~日本テレビ

テーマ:VNNテレビスクープ!
今秋スタートの新番組をズバッ斬るシリーズ。今回は日本テレビ編!

・NOGIBINGO!7(月25:29~25:59)→乃木坂46による深夜バラエティー。当地(秋田県)では生駒里奈さんが由利本荘市出身ということだけで、「乃木坂工事中」(テレビ東京系)が日本テレビ系列局のABS秋田放送で時差ネットされていますが、「NOGIBINGO!」シリーズは一度も放送したことないな・・・。キー局の番組よりもテレビ東京の番組ですか。

・ふ~てんサバイバル(火25:29~25:59)→定職を持たない男女7人が山に籠もって共同生活に挑むさまを描くバラエティー。他局で似た様な番組がありませんでしたっけ?「テラスハウス」(フジテレビ系)とか。

・12モンキーズ シーズン1(火25:59~26:54)→一人の男が、過去と未来を行き来しつつ人類滅亡の危機を救うという海外ドラマ。日本テレビはちょくちょく深夜帯に海外ドラマをやるけど、総じて関東ローカルなのが痛いな。「シーズン1」ということだけど、「シーズン2」もやるのかな?

・1周回って知らない話(水19:00~19:56)→これまで単発の特番で好評を博したバラエティー番組を9月から急遽レギュラー化。芸能人の知られざる栄光を紹介するスタジオ公開バラエティーですが、スタジオに居る一般パネラーがバカ過ぎ(怒)欽ちゃん、古舘伊知郎氏の偉業すら知らんバカはテレビに出すな!少しはゲストのプロフィール位勉強してこい!司会の東野幸治さんも言ってたけど、特番だから映えるのであってレギュラーだと厳しいと思うぞ(泣)あと、ちょくちょく「ナイトライダー」(テレビ朝日系/'87~'90年)のテーマを使っているのも耳に引っ掛かったな。やはり日本テレビの番組は肌に合わん!

・地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(水22:00~23:00)→石原さとみさん主演による"業界"ネタドラマ。出版社の校閲部を舞台にしたドラマ。しっかし「地味にスゴイ!」のタイトルが余計だな。よくよく考えてみたに日本語になってないんじゃないか?「地味にスゴイ」って、どんな"スゴイ"なんだ?日本テレビはこういった部分もだらけている気がする。だから好感を抱けないのですが。

・東野・岡村の旅猿10(水25:29~25:59)→深夜~日曜午前~深夜・・・と、タイトルどおり"旅"している感のある(泣)旅番組のシリーズ第10弾!どうせ今回もネット局はかなり限られるんだろうなぁ(泣)かえって日曜午前10時55分からの枠移動で、東野幸治さん出演の「ワイドナショー」(フジテレビ系/日10:00~10:55)が「B面」枠(日10:55~11:15)と晴れて本編と統合出来たという。むしろ喜んだのはフジテレビの方か?

・黒い十人の女(木23:59~24:54)→久しぶり?の船越英一郎さん主演のドラマ。プレイボーイのテレビプロデューサーが妻や愛人ら10人に命を狙われるというコメディー。バカリズムの脚本だからしょうがないけど、これがお笑い要素皆無のシリアスドラマだったら面白いんだけどなぁ~(泣)かつての大映ドラマみたいなドロドロ愛憎劇として観たかった!どうして今時のドラマは、お笑いの方向へ走っちゃうかなぁ~?

・採用!フリップNEWS(木25:59~26:29)→タカアンドトシの司会で、芸人たちが独自情報をフリップで紹介!「テレビ三面記事 ウィークエンダー」(日本テレビ系/'75~'84年)みたいな番組だな・・・。でもBPOが怖いから毒の無い情報しかやらないんだろうな(泣)

・タイムボカン24(土17:30~18:00)→平成に入ってからもしぶとくシリーズが継続している「タイムボカン」シリーズ。今回はシリーズ第1弾をリメイク!「ヤッターマン」ばっかりリメイクしていた印象が強いけど、"全てはここから始まった"からな。そのうち「ゼンダマン」とか「オタスケマン」とか「逆転イッパツマン」とか「イタダキマン」(泣)とかもリメイクするのだろうか?

・THE LAST COP/ラストコップ(土21:00~21:54)→9月の「-episode 0(ゼロ)-」に続いて10月からは正式にレギュラー化!ネット動画放送Huluと日本テレビとの共同制作なので、Huluでの配信も視野に入れているのでしょう。刑事ドラマというと、やはりハードアクションなんたけどねぇ。唐沢寿明さん演じる刑事が捜査中の事故から30年間も昏睡状態になっていた・・・という設定は、シルヴェスター・スタローン主演の映画「デモリションマン」っぽいな。

・レンタル救世主(日22:30~23:25)→沢村一樹さん主演で、電話一本で依頼人の危機を救う救世主のレンタル屋の活躍を描くコメディーモノ。これはセガ・メガドライブソフトの「レンタヒーロー」っぽいなぁ。


※総評

視聴率好調なせいか、改編はあらかじめ話数の決まっているドラマ・アニメや深夜番組が中心。ただ、『どこかで観た』ような企画が目につくね。天下の日本テレビもネタが枯渇しつつあるのか?
2016年09月27日(火) 12時00分00秒

スカパー!を語る~ミュージック・ジャパンTV・釣りビジョン

テーマ:VNNメディアウォッチング!!
スカパー!の数あるチャンネルをサカナに与太話を展開するシリーズ。

まずはミュージック・ジャパンTV。チャンネル名どおりだと邦楽専門の音楽チャンネルと思いがちですが、海外の音楽もお届けしております。

アニソンも取り上げていますが若手声優の音楽番組も多い反面、水木一郎さんや堀江美都子さんといった大御所系は殆ど取り上げられないようです(泣)

当局もかつては「アニぱら音楽館」(キッズステーション)とか観ていましたが、すっかり興味が失せましたね・・・(泣)最近のアニソン歌手や声優はサッパリ分からなくなってしまいました。こういったのって、一度ブランクが空くとなかなか埋められませんね。

"ジャパンTV"イコール"日本テレビ"とも捉えられますか(笑)日本テレビも殆ど観ないしなぁ・・・。当局だと、(日本で唯一日本テレビ系列局が無い)沖縄県に在住していても文句は出なかったかも?まぁでも何らかの"毒"は吐いてたんだろうな。

当局にとって音楽だと、辛うじてアニソンで・・・のレベルでしたが、その"アニソン"もとんと疎遠となりました。かつてはCDも買う程でしたが・・・。

ミュージック・ジャパンTVは月額視聴料432円とリーズナブルな価格なので、取り敢えず音楽に興味のある方なら契約しても損は無いかも?

当局が契約しているCNA秋田ケーブルテレビではサービス外のチャンネルなのもあり、一度も観た事はありません。元々音楽に無関心なのもあるのでしょうが・・・。

お次は釣りビジョン。チャンネル名が示すとおり、釣りのチャンネルです。24時間全て釣り!太公望バンザイ!です。

日本で唯一の釣り専門チャンネルですが、当局は釣りに無関心なのでこれまた一度も観た事が無いという(泣)

しかし、こういった専門チャンネルがあるのはスカパー!ならではですね。かつて「釣り・ロマンを求めて」(テレビ東京系/'89~'13年)もやってましたが、「THE フィッシング」(テレビ東京系)はやらなかったか。当地(秋田県)では、それぞれAKT秋田テレビ(フジテレビ系)・ABS秋田放送(日本テレビ系)で時差ネットされていましたが、どちらも放送半ばで打ち切られてしまいました。

秋田県は割と釣り人口が多そうな印象ですが、釣り番組の需要は低かったようで・・・。

ABS秋田放送では'90~'92年頃に「清ちゃん節ちゃんの釣って釣られて今日もまた」(もしかしたらタイトルの漢字が違うかも?)なる自社制作の釣り番組が月1ペースで放送されていたのですが再放送が日曜午前6時からで、当時この時間のレギュラー番組だった「魔法使いサリー」(第二期)(テレビ朝日系/'89~'91年)が月に1回必ず潰れて放送がドンドン遅れていってしまい、挙句の果てに全88話のうち66話をもって'92年3月いっぱいで打ち切られてしまったという苦い経験がありました(泣)

釣りというと一度だけ海釣りに行った事がありましたが、ずーっと海の波を見ていると亡くなった父の事が思い出されて波に引き込まれそうになりたまらなくなってしまい、以後釣りはやらなくなりましたね・・・。

釣りビジョンは月額視聴料1,296円と微妙なところですね・・・。これなら、釣りに行った方が早いかも?
2016年09月27日(火) 00時00分00秒

'16秋改編をズバッ斬る!~NHK

テーマ:VNNテレビスクープ!
今秋スタートの新番組をズバッ斬り!今回はNHK編!

・連続テレビ小説「べっぴんさん」(総合/月~土8:00~8:15)→実在の人物を題材にし、子供服作りに邁進し独自のブランドを立ち上げた女性を描いた"業界立志伝"もの。「連続テレビ小説」枠も、業界系のものが出てきたか・・・。主演は芳根京子さん。

・旅するドイツ語(Eテレ/月23:25~23:50)→別所哲也さんがドイツを旅しながら、役に立つドイツ語を紹介。旅番組形式にしないと観てくれないのか?(泣)イヤな時代になったな・・・。せめて語学教育番組ぐらいは真面目にやってくれよな。

・旅するイタリア語(Eテレ/月24:00~24:25)→東儀秀樹さんがイタリアを旅しながら、役に立つイタリア語を紹介。旅番組形式にしないと観てくれないのか?(泣)イヤな時代になったな・・・。せめて語学教育番組ぐらいは真面目にやってくれよな。

・にゃんぽー!(Eテレ/火6:40~6:45)→宇宙から来た"にゃんぽー"なるキャラクターの毎日を描いたミニアニメ。低年齢層向けなんだろうな。

・旅するフランス語(Eテレ/火24:00~24:25)→常盤貴子さんがおフランスを旅しながら、役に立つおフランス語をレクチャー。旅番組形式にしないと観てくれないのか?(泣)イヤな時代になったな・・・。せめて語学教育番組ぐらいは真面目にやってくれよな。

・旅するスペイン語(Eテレ/火24:25~24:50)→平岳大さんが北スペインを旅しながら、役に立つスペイン語をレクチャー。旅番組形式にしないと観てくれないのか?(泣)イヤな時代になったな・・・。せめて語学教育番組ぐらいは真面目にやってくれよな。

・発掘!お宝ガレリア(総合/水22:25~22:50)→市川猿之助さんが館長を務める仮想のミュージアムで、世界の様々な"お宝"を紹介!「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)っぽくないか?尚、現在同枠で放送中の「総合診療医ドクターG」は枠移動か?11月以降も続くらしいけど。

・超入門!落語THE MOVIE(総合/水22:50~23:15)→濱田岳さんのナビゲーターで、古典芸能の世界観を紹介。落語を"完璧アテブリ芝居"するという。落語好きならば。

・運命に、似た恋(総合/金22:00~22:50)→原田知世さん主演の純愛ドラマ。北川悦吏子さんの脚本で、高校生の息子と暮らすバツイチのヒロインと一流デザイナーの純愛を描いたもの。NHKでもこんなノリのドラマをやるとは、時代が変わったな・・・。コレ、民放局ライクな設定だよなぁ。

・クラシカロイド(Eテレ/土17:30~17:55)→音楽で町おこしをしようと奮闘する2人の高校生の前に、何故かベートーヴェンやモーツァルトの"クラシカロイド"が現れて騒動を起こすというアニメ。何ですか・・・サンサーンスとかハチャトゥリアンとかも出てくるのか?これはNHK-FMとかのクラシック音楽番組とのコラボにも期待したいね。"○○ロイド"というと当局的にはミセスロイド(白元)だけどな。

・忠臣蔵の恋~四十八人の忠臣~(総合/土18:10~18:45)→武井咲さんの主演による時代劇で、忠臣蔵に隠された"恋"を描くという。浅野内匠頭長矩役に今井翼さんを起用・・・と、放送時間といいかなりティーン層を意識している感じ。ただ、こんな中途半端な時間帯でウケるかねぇ?そもそも忠臣蔵に色恋沙汰なんてあったか?

・夏目漱石の妻(総合/土21:00~22:13)→尾野真知子さんの主演で夏目漱石夫妻の生活を描いたホームドラマ。そんなに放送期間は長くはないと思うけど・・・。題材が"本来のNHK"っぽいね。舘ひろしさんも出られるとか。

・スニッファー 嗅覚捜査官(総合/土22:00~22:44)→10月22日スタートの推理ドラマ。阿部寛さん、香川照之さんらが出演し、"臭い"で難事件を解決してしまうさまを描くという。警察犬じゃないんだから(泣)NHKにしては、おもいッきり垢抜けた設定・・・(泣)

・3月のライオン(総合/土23:00~23:25)→NHK総合では初めて(多分)土曜午後11時台のアニメ。将棋界を舞台にしたアニメだけど、何もこんな夜遅い時間帯にやることもないだろうに(泣)

・戦争と平和(総合/日23:00~23:46)→天下のトルストイ原作の同名小説を恐れ多くもドラマ化!(泣)日本初放送だらしいけど、世界遺産の地でも収録したらしい・・・。恐ろしい時代になったもんだ。


※総評

通常、NHKの番組改編は年に1回(春)ですが、秋も増えつつありますね。ドラマやアニメが殆どですが、土曜午後9~10時台のドラマが目を引きますね。ドラマは総じて"民放局"ライクな印象を受けました。民放局ライクな奇をてらった設定がどう出るか?語学教育番組は、総じて旅番組形式になってしまったのが残念!せめて語学教育番組ぐらいは真面目にやって欲しい。
2016年09月26日(月) 12時00分00秒

ウイークリースワローズ・9/24(土)

テーマ:喝!あっぱれ!スワローズ・御意見番
共産党も喜んだという"赤一色"のマツタスタジアムでの広島戦の所感を・・・。"赤"化はこの球場だけに~。

●9/24(土)広5-0ヤ (負)小川8勝8敗


打っては僅か4安打、投げては(曲がりなりに)エース・小川を立てて序盤に4失点と何一つ良い事の無かったダメ試合!ド喝ですよ!

これで野村には5敗目!何やっとんアホ!何の為に戦略コーチ兼スコアラーの押尾がベンチに居るんや?毎回、同じ選手にやられ続けて・・・。真中監督もてんで危機感が無い!『来年は何とか工夫して攻略しないと』だと?じゃあ今年は無為無策でも許されるのか?喝!だな。

こんな調子じゃ、来年もダメだなこりゃ。『何とか』って、どうやるんだよ?一部上場企業で、上司に対してこんな他人事みたいな対応じゃタダでは済まんよ。

つくづくぬるま湯に浸かってるんだな・・・このチームは。来季もBクラスが確定したようなモノだ。

小川も8月で力尽きたな。まだまだ青い!最後、久古もピリっとせずダメ押しの1失点・・・もういいや!久古は最後までピリッとしなかったな。隔年稼働が板についてきた。

石山が敗戦処理で3回無失点投球だったけど、どうせ勝ち負けの掛かった競った試合だとふるぼっこなんだろうな・・・。

こんな試合でもおカネを支払って球場で声を枯らして応援したり、スカパー!の専門チャンネル等を契約して応援するファンが居るんだということをもっと球団側は真摯に受け止めて欲しい。

二軍は二軍で対楽天戦ナンと4勝16敗!幾ら二軍とはいえ、ヒドいな・・・大喝!ですよ!当然、ドン底最下位なんだけどね。

何せ近年、ドラフトでロクな選手を獲得出来ていないからなぁ~。良さそうな選手を上位指名すれば皆、他球団との競合になって結局くじ引きで破れて外れドラフト1位でロクでもないのしか獲れていないから(泣)

'10年・×菊池雄星(西武)→○中澤雅人

速球派左腕の獲得に失敗し、軟投派の中澤に。1年目こそ曲がりなりに先発ローテ入りし7勝(9敗)をマークも、その後は敗戦処理要員の域を出ず。

'11年・×斎藤佑樹(日本ハム)→×塩見貴洋(楽天)→○山田哲人

斎藤佑樹→塩見貴洋と先発型投手の獲得に立て続けに失敗し野手獲得へ方針転換も、この年はむしろケガの功名だった。

'12年・×高橋周平(中日)→○川上竜平

正三塁手候補として鼻息荒く1位指名した高卒野手の高橋周平を獲れず、それでも同じ高卒野手を1位指名。しかし二軍ですら規定打席到達未満で2割スレスレの凡打製造機だったという大失態!これ獲ったヤツ出てこい!(怒)

'13年・×藤浪晋太郎(阪神)→○石山泰稚

ノドから手が出る程欲しかった先発型右腕として藤波晋太郎を1位指名も獲れず。代わりの石山は1年目こそリリーフで力投もその後はパッとせず。チキンハートなのも難点(泣)

'14年・×大瀬良大地(広島)→○杉浦稔大

大卒右腕として期待大だった大瀬良大地の代わりの杉浦は、エースナンバー(18)を与えるも度重なる怪我と背信投球でエースナンバー失格の活躍ぶり・・・(怒)誰だよ?こんな虚弱体質投手獲ってきたのは?

'15年・×安楽智大(楽天)→○竹下真吾

将来のエース候補として期待大だった安楽智大にとって代わる竹下は、社会人時代に抑えで大活躍していたことから、通算286セーブをマークした高津臣吾(現・一軍投手コーチ)の背番号22を与えるも入団早々左肩を痛めてしまい1年目は一軍登板機会ナシ。2年目の今年、ようやく一軍初登板も極度の制球難で殆ど使いモノにならず。幾ら外れ1位とはいえ、一体何処が良くて獲得したのだろう?ギクシャクした角ばった投球フォームは、いかにも"社会人野球では大活躍!プロでは通用せず"臭が感じられた。

'16年・×高山俊(阪神)→○原樹理

一旦、ドラフト会議ではくじを引いた真中監督がガッツポーズをするも、実は外れクジだったという前代未聞の失態を演じてしまったという。これが尾を引いてか外れ1位の原樹理は開幕から先発ローテ入りもサッパリ勝てず。挙句の果てに肩・肘の怪我で長期戦線離脱となってしまった。明らかに身体に負担が掛かっているであろう突っ張らかった投球フォームの上、大学時代にも散々怪我に苛まれ続けていたという、極度の虚弱体質の持ち主だったという。


これだけ外しまくると、当然一・ニ軍共成績は低迷するわなぁ・・・(泣)
2016年09月26日(月) 00時00分00秒

終了番組に捧げる鎮魂歌

テーマ:VNNテレビスクープ!
今回は、この秋の改編で惜しまれつつ?終了する主な番組を弔います。

【日本テレビ系】
・真相解明バラエティー! トリックハンター→超能力やマジックの"真相"を突くバラエティー。単発の特番からレギュラー化でまずまずの視聴率も更なる"上"を目指して、予告なく8月いっぱいで終了。TBSとかならもっと長続きさせていただろうに・・・。

【TBS系】
・直撃!コロシアム!! ズバッと!TV→元・ytv読売テレビの局アナだった辛坊治郎さんの他局初進出レギュラー番組として鳴り物入りで今春からスタートも、視聴率不振に苛まれ予告なく沈没(泣)毎回、50人以上の関係者をスタジオに呼んでのトークバトルで番組制作費が大幅にかさんだ割に視聴率が振るわなかったのがマズかったようで。やはり"右寄り"の辛坊治郎さんに"左寄り"のTBSは反りが合わなかったか?

・所さんのニッポンの出番!→バラエティー番組の不振が続くTBSにしては、2年"も"続いたのはある意味立派か?TBSで所ジョージさんの冠タイトルの番組をゴールデン帯で放送したのは16年ぶりだったとか。前番組の「Gメン99」('14年)より長く続いたのだけは評価されるのかも?(泣)

【フジテレビ系】
・人気者から学べ そこホメ!?→今春スタートも、殆ど特番(大半が「優しい人なら解ける クイズやさしいね」の2時間SP)で潰れまくり、定時(火曜午後7時~7時56分)で放送されたのが僅か1度だけというあんまりな扱いに終始してしまったという(泣)これでは番組が浸透するワケがない!更に、一部系列局では別番組(大半がプロ野球中継)で潰れまくったという"二重苦"な番組でした(泣)人気者から学ぶ前に終わってしまったという・・・。

・ニッポンのぞき見太郎→強豪番組がひしめく火曜午後9時台のバラエティー番組では最後発だったものの、やはり割り込む余地は無く視聴率は極度に低迷(泣)結果、今秋からは再びドラマ枠が復活へ。ハナから視聴率が獲れなさそうな枠の企画・制作を押し付けられたKTV関西テレビもお気の毒様でした・・・。

・幸せ追求バラエティー 金曜日の聞きたい女たち→元・TBSの人気アナウンサーだった田中みな実さんらが司会の"変わった性癖を持つ女性"らを突くトークバラエティーも、旧・消費税率以下のヒドい低視聴率で知らぬ間に終了していたという(泣)とても"幸せ追及"するところまではいかなかったのが悲しいところ(泣)田中みな実さんにとっては、TBS退社後他局初進出となった「ニュースな晩餐会」('14~'15年)に続く"予告なく終了した番組"になってしまったという(泣)"みんなのみな実"の神通力もTBS以外では通用せず・・・。

・さんまのまんま→KTV関西テレビ制作の長寿トークバラエティーも、とうとう年貢の納め時が来てしまったようで・・・(泣)31年半ですからねぇ。此処を御覧の皆様の中には、まだ生まれる前だったという方もいらっしゃるのでは?ただ、今後は単発の特番として辛うじて放送は続くようですが・・・。長らく関西地区では、月曜午後7時からの放送で常時20%以上の高視聴率を誇っていたドル箱番組でしたが、度重なる枠移動で次第にモチベーションが失われていった感も(泣)

・日曜ファミリア→『年がら年中お正月気分』な特番ラッシュの今、珍しく単発の特番枠として存在していましたがあえなく終了(泣)やはりフジテレビの2時間特番枠は、日曜よりも火曜(午後7~8時台)のイメージが強い!日曜午後7~9時台に1時間モノのレギュラーバラエティー3本立てだと視聴率が獲れない・・・と、当初は3時間特番枠として開始もやっぱり視聴率は獲れず(泣)2時間枠にしても焼け石に水でした・・・。

【テレビ朝日系】
・いきなり!黄金伝説→前身の「ココリコ黄金伝説」も含めるとナンと18年も続いたテレビ朝日きっての長寿バラエティーも低視聴率には勝てず、泣く泣く終了(泣)これも時代の流れか?それにしても随分と長く続きましたね・・・。テレビ朝日のゴールデン帯のバラエティー番組で、これだけ長く続いたのも珍しいのでは?

・極上!旅のススメ→日曜午前10時から11時45分までの大型旅番組も、真裏の芸能情報バラエティーに勝てず(泣)テレビ朝日は他の曜日も午前中に旅番組やってるからねぇ。ちょっと乱発気味じゃない?当たり障りが無いから苦情は少ないかもしれないけど、ちょっと工夫が無かったな。

【テレビ東京系】
・金曜7時のコンサート~名曲!にっぽんの歌~→地上波では今時珍しい演歌・歌謡曲系の音楽番組も、今春の改編で木曜午後8時から金曜午後7時へ枠移動したのがかえって裏目に出たか?(泣)枠移動から僅か半年で打ち切られ、5年続いた番組に幕が敷かれたのは残念・・・。


※総評
今回は、あらかじめ話数の決められていたドラマ・アニメと一部系列局では未ネットの深夜番組を省略しました。やはりフジテレビの終了番組が際立ちますね・・・。何れも低視聴率が原因なのでしょうが、相変わらずフジテレビの迷走ぶりが顕著です。あと、近年ではラテ欄に(終)マークすら付かないで知らないうちに終了していたという番組が増えつつあります。せめて(終)マークぐらいは付けてけじめを示して欲しいものです。
2016年09月25日(日) 12時00分00秒

PHOENIX 3

テーマ:古き良き?TVゲーム
STUDIO 3DOから'95年秋頃、59.95$で発売された3DO規格のソフトを特集しよう。

・・・って、そんなソフト知らんぞ!という方が大半でしょう。このタイトルをご存知ならば相当コアな3DOフリークということになります。ヘタすると、当局以外は誰も知らないタイトルかもしれませんが・・・。

SFモノの横+縦スクロールのアクションゲームと、コクピット視点による3Dフライトシミュレーターの2モードが用意されているアクション+シューティングゲームで、敵の手に落ちた惑星を舞台としたアクションゲームパートでは、出くわすグロい敵キャラ(ロボットやミサイルや爬虫類系の生物)を銃や手榴弾で倒しつつゴールを目指します。

マップは広大かつ敵の攻撃はハードなのでクリアーは難儀ですが、操作性は悪くないのでやりこめば何とか進めるかと。また一定時間動かないでいると、ジワジワと体力が回復するのでこの機能も上手く使うのもポイントになります。

宇宙空間を舞台にした3Dシューティングのシーンでは、宇宙空間を飛来する敵の戦闘機を誘導弾や連射砲で撃ち落とします。

実写画像処理能力に長けた3DOらしく面と面の合間には実写取り込み画像によるビジュアルシーンが展開され、当時売り出し中だった米国人俳優が出演していました。(ティグ・フォング/ドーン・コリンソンほか)

SF映画を観ている様な気分にもさせてくれる本作は、実は日本版の発売も予定されていたものの'96年春先に発売中止のアナウンスが・・・(泣)その後も一部のゲーム雑誌では"発売予定"としてタイトルが掲載され続けたものの、結局発売されず。発売予定元だったSTUDIO 3DOが'96年春先に日本市場から撤退し、結局日本で発売されることはありませんでした・・・。その後、会社そのものも無くなってしまったという(泣)

当局は海外版を入手してプレイすることが出来ました。3DOは他のゲーム機と違い、海外で発売されたソフトもそのまま日本国内の3DO本体でプレイすることが出来たので良かったですね。他のゲーム機ではこうはいきません。


ただ、ビジュアルシーンは全て英語で喋っているので何を言っているのか全然分かりません(泣)日本版が出てたらもっとハマってたんだろうな・・・。






(C)1995 The 3DO Company.All rights reserved.

ゲームのパッケージより。海外の3DOソフトは日本の3DOソフトよりパッケージがかなりデカいですが、所詮紙箱なので作りは貧相です(泣)/(C)1995 The 3DO Company.All rights reserved.






(C)1995 The 3DO Company.All rights reserved.

アクションパートより。戦闘員風のキャラクターを操作して敵キャラを倒しつつゴールを目指します。操作性は良好です。/(C)1995 The 3DO Company.All rights reserved.





(C)1995 The 3DO Company.All rights reserved.

3Dシューティングパートより。画面中央部に表示される"照準"を敵戦闘機に合わせて撃ち落とします。/(C)1995 The 3DO Company.All rights reserved.






ゲーム画面より。(一部携帯電話からはご視聴頂けません)当局、今夢中でプレイしていますが、日本語の攻略サイトは当然無いのね(泣)/(C)1995 The 3DO Company.All rights reserved.
2016年09月25日(日) 00時00分00秒

8月のオリンピック以外のBPOをよむ

テーマ:BPOをよむ
BPO(放送倫理・番組工場機構)に寄せられたご意見の中から当局が『これは』と考えさせられたモノを取り上げるシリーズ。今回は'16年8月に寄せられたご意見の中から、'16リオデジャネイロオリンピックにちなんだモノ以外のご意見を特集します。

・貧困特集で女子高校生が取り上げられていました。パソコンが買えないから、キーボードだけを買って貰って練習しているとして部屋の様子が映されましたが、部屋には沢山の漫画本が有り、物が溢れていました。貧困とは食べ物も満足に食べられず、欲しい物を我慢して堪えていることをイメージしていましたが、彼女の部屋の様子からはその様なイメージは全く感じませんでした。本当の貧困なのか疑わしい内容でした。

→NHK総合の番組だったかな・・・何か、ヘンに問題になったようですね。当局は観れませんでしたが、この女性は漫画本に大金を使い果たしてパソコンを買うカネが無い。だから貧困なんだ!自らが買った漫画本に関してはお咎め無しなんだと。漫画本は薬みたいなものだから、買うのは当たり前なんだと・・・最近、こういった自分にだけ都合良く解釈して自らの行為を正当化しようとされる方、ホンッとーに増えましたね。特に福祉業界に多いんですよ。(経験者は語る)

様は漫画本を買うのを我慢するとか、古本屋に売るとかすればパソコン購入の足しになるのではないでしょうか。当局は実際のテレビ映像は観ていないのでアレなんですけど・・・。

・情報系の番組で連日大きく二世俳優の事件を扱っていますが、番組コメンテーターの中には同業者として、母親である女優の今後を心配するような発言ばかりしている人が居ました。犯罪であるということを忘れたのか、容疑者に対する怒りや被害者への同情は全く聞かれませんでした。芸能人というのは一般人とは違い、マスコミを利用して意見を発信できる立場にあります。一般社会での厳しさに比較して、芸能界は甘いと言われても仕方がないと思います。

→逆に被害者の方ばかり"悲劇のヒロイン"とばかりに取り上げるのもどうかとは思います。この手の犯罪は、出来るだけそっとしておいてあげた方が良いのではないでしょうか・・・。

・1月の不倫問題を起こした女性タレントに対する報道を始め、8月のアイドルグループ解散報道に至るまで、スポーツ新聞の不確かな一方的な情報を垂れ流しで報道する姿勢についてとても不愉快な感情を抱いています。嫌なら見なければ良いという事でしょうが、芸能人とはいえこの様な個人攻撃の内容を放送しているのかと思うと、苛め社会を助長しているに過ぎないのではないかと考えます。このような姿勢が許されるならば、日本は成熟した社会といえるのか疑問を抱きます。せめて一方的な情報だけでなく複数の視点も提示して、視聴者に投げかける様なものにして欲しいです。

→小難しい方だなー(泣)所詮、芸能ニュースなんて昔からこんなモノです。まさに『嫌なら見るな』のフジテレビ方式です。あと、何でもカンでも"苛め"に結び付ける論調はイヤですね。

・ゆとり世代をテーマにした番組では、昭和世代に対するアンケートを基に解説していました。ゆとり世代は"仕事の連絡はLINEで済ませる"・"日本語を正しく使うことができない"・"子供に対する躾が出来ない"等、あらゆる描写が極端でまるで"ゆとり世代に生まれた人間が全員常識はずれ"の様に描かれており、ゆとり年代に生まれた者として非常に不快でした。世代間の考え方や文化の違いは少なからずあるものと理解していますが、特定の世代を一括りにしてネガティブな部分を誇張した内容は如何なものでしょうか?

→"全員"はこの方の誇張でしょうが、実際"ゆとり世代"と"軍国少年世代"を比べたらどうでしょうか?ナンセンスな比喩ではありますが、はるかに後者の方が素晴らしい人材が多かったのではないでしょうか。これも"全員"ではありませんけどね。

・朝のワイドショーの天気予報のコーナーで、気象予報士がかき氷を紹介して食べていました。夏の風物詩という演出かもしれませんが、それでなくても天気予報は時間が短いです。かき氷の説明より天気の解説に時間を使うべきです。

→最近は天気予報もバラエティーショー化が進んでしまい、司会者と気象予報士と掛け合い漫才みたいな事をする番組も出現しました。視聴者によっては"気象予報士に親近感を抱く"という見方も出来るかとは思いますが、余計な演出だという見方も・・・。それもこれも、気象予報士が出てくるニュース・ワイドショー番組の尺が大幅に長くなったのも一因ではないでしょうか。かつての平日早朝のワイドショーだと、せいぜい90分程度で気象予報士なんか出てこなかったワイドショーも多かったものですが、今だと2時間以上もやるでしょう(泣)気象予報士でも出してパフォーマンスでもさせないと、番組が持たないのでしょう(泣)

・猟奇殺人を取り上げるドラマがありますが、過激なシーンが多過ぎるのではないでしょうか?子供達への悪影響を懸念しています。放送するなら時間帯に配慮すべきです。

→こういったクレームを付けられる方って、どの時間から放送しても同じ様なクレームを付けるんでしょうね。こういったクレームが怖いから今のテレビマンは自粛ばかりで、縮こまった番組しか作れなくなってしまうのだと思います。だから『嫌なら観るな』・『子供に悪影響が出ると思ったら、子供にそういった番組を見せない躾をする』です。

皆様もご経験ありません?『子供はこんな番組観るんじゃない!』と親に叱られたことが・・・。当局も随分と叱られましたよ・・・(泣)

・学校が夏休み中の昼間にも関わらず、性器の話や下ネタばかりの卑猥な内容のラジオ番組があり、子供と一緒に聴いていたもののすぐにスイッチを切りました。この様な番組を放送しないで欲しい。

→『イヤなら聴くな』ですかね。ラジオに下ネタは付き物ですが、"物心ついた頃からの欽ちゃんフリーク"の当局は下ネタがキラいで、かつて憧れのあった"美少女モノアニメの水星人"役の女性声優があけすけに下ネタをベラベラ喋りだして途端に嫌気が差して早々にネットを打ち切りました。ただ、下ネタが好きなリスナーも居るので、やはりイヤなラジオ番組は無理してまで聴かない方が無難ですね。NHK系列は下ネタZEROなので安心かと。


BPOもクレーム投稿者の"我"だけしか感じない意見も増えつつありますね・・・。放送局側が委縮しなければ良いですね。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。