テーマ:

ラッシュで色々届きそうですが、先ずは個人的に一番楽しみにしていた、

ロボコップからレビュー致します(*^。^*)









自分がホットを集め出した時には既にプレ値だったんですよね~。

ゲット出来て感無量です(笑)


塗装もとても綺麗で質感も良いですね~。

写真で伝わらないと思いますが重厚感もあります(笑)




所々、グラデーション塗装になっています。


ヘッドのアップ。

計4種類のマウスパーツはバットマン同様、変更できます。





バットマンと異なりヘルメットを外し、交換します。

ちょっとキモいですね(笑)

マウスパーツを付けてからヘルメットを被せれば完成です。


こちらはダメージver



サンプルが公開された時から気になっていたバイザーから覗く瞳。

このカラクリが全く分かりませんでしたが。。。。。。。。。。

ヘルメットの裏側から見える部分だけ貼り付けてあるシンプルな物でした(笑)

でも、これでヘルメットの中まで造り込んであるように見えるんですから、凄いですね~。


胸部アーマーもバトルダメージ仕様に変更出来ます。

ただノーマル仕様の箇所と質感が違い過ぎてMK-42同様、浮いてしまいます。

やはり個人的にはノーマル仕様で飾りたいですね~(笑)


ロボコップの代名詞と言えるオート9。

色が塗り分けされて無い物はダイキャスト製です。

通常版のオート9はポージングで使用、ダイキャスト製は大腿部に収納する時に使用と、

説明書に記載がありました。

通常版はスライドが可動し、マガジンも外す事が可能です。


大腿部の展開はカッコ良いですよ~。


ハンドパーツ

可動ハンドパーツは個体差かもしれませんが、少し保持力が弱い気がします。


スタンド&リモコン


リモコンのボタン電池は付属していましたが、ロボコップ本体に使用する単5電池が無く、

先日注文しました。

てか単5電池って初めて買いましたよ~(^_^;)


ここで可動について少し説明致します。

最近のアイアンマン仕様に似ていますね。

それぞれ引き出す事が可能で可動範囲が広がります。


ただ・・・・・・・・・・。

矢印の箇所、全てにラバー素材が使用されています\(-o-)/

DIECAST素材も少ない&大量のラバー素材・・・・・・・・・・。

これはチョット、ヘコみました(笑)


大腿部を引き出すと可動が格段に広くなります。

自分は今回、ロボコップを単品で購入しましたが、膝関節がラバー素材で、

ドッキングステーションに座らせたままで平気なんですかね~(^_^;)


こんな目立たない個所も可動したりします。


シリンダーは連動します。


以上で仕様説明は終了です。


ここからは、こ。。。。。。。。。。。。こ。。。。。。。。

ポージングになります(笑)












































以上になります。


ダイキャスト名義でありながら、ダイキャスト素材が非常に少ない、なんちゃってDIECAST。

しかもラバー素材も豊富と、突っ込み所が万歳ですが、個人的には満足しています(笑)

かなりフィギュア映えしますし、重厚感もありますよ~。

BDverが楽しみになりました(*^。^*)


ではでは~。


楽天


ムービー・マスターピース DIECAST ロボコップ 1/6スケールフィギュア ロボコップ 単品[ホットトイズ]《発売済・在庫品》

ムービー・マスターピース DIECAST ロボコップ 1/6スケールフィギュア ロボコップ 単品[ホットトイズ]《発売済・在庫品》
AD
いいね!(21)  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。