スモールビジネス起業塾/名古屋

フリーランス、個人事業、個人起業家の売上アップ


テーマ:
「価格設定」で苦労している人がとても多いです。

価格設定で苦労するのは、「どんな人に買ってほしいのか?」をきちんと想定していないからです。

「いくらなら売れるか」という発想から価格を考えることは、「買ってくれるのならだれでもイイ」と言っているのと、とても近いんじゃないでしょうか。

「買ってくれるのならだれでもイイ」という考え方は、価格崩壊、「安ければいい」「安くないと売れない」という状態にまっしぐらに突き進む原動力です。

「どうせお客さんは安くしないと買わない」

と文句をつけている人は、自分が気がつかないうちに「安くないと買わない人」を自分のお客さんとして設定してしまっている、ってことです。

価格をつけるのは、お客さんを選ぶこと。

ワシだって、価格を決めるのには悩みます。

多く売れたらうれしいに決まっています。

だけど「買ってくれるのなら誰もいい」とは思いません。

価格設定は「買ってほしくない人」を想定する作業でもあります。

安くすればするほど「買ってくれるのなら誰でもイイ」という状態に近づきます。


価格を替えると、お客さんが代わる

よく「価格を上げたらお客さんの層が変わった」というお話しを聴きます。

価格にふさわしいお客さんが集まってくる、ということです。

でもこの
「価格を上げたらお客さんの層が変わった」
という状態は、少し問題でもあります。

このコトバの中には「期せずしてお客さんの層が変わった」というニュアンスが含まれていることが多いからです。

お客さんの層を替えるために価格を上げる

のが望ましいですね。

つまり「価格を決める作業は、お客さんを決める作業」だということです。

価格は「積極的に」決める

自分とよく似たサービスが一般的にいくらで売られているのか、ということを気にしますよね。

間違いではありません。

お客さんの中にも「このサービスはだいたいこれくらいの価格」という「相場感」があるからです。

だけど、自分のサービスの価格を決めるのに、周囲ばかり気にするのはよくありません。

価格は

「この価格の価値があると思える人に買ってほしい」

という、売り手側のメッセージでもあるからです。


お客さんを主体的に決める、ということは、価格も周囲に流されすぎず、自分の意志で積極的に決めていく必要があるんですね。

そして「この価格でも買っていただくにはどうすればよいか」ということについて、全力で知恵を絞り、可能な限りの対策をとるわけです。

気持ち的に周囲に押されすぎると、思い切った価格はつけられません。

あなたのことをよく知る人は、あなたのサービスをいくらで買ってくれるか、ということですから、「高く売る」とは、何もゴージャスなホテルのラウンジで自撮りすることではありません。

そんなの、ちょっとよく見ればすぐバレてしまいますからね。

それよりも、自分という存在をよく見てもらうことです。



価格は、自分のサービス、自分自身、そして自分のお客さんに対する自信と信頼のあらわれなんですね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

スモールビジネスコンサルタント(名古屋)高橋 浩士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント