スモールビジネス販促講座/スモールビジネス集客 名古屋

フリーランス、個人商店、個人事業、自宅起業家のかたが小予算で売上アップするための販促についてお伝えしています。ブログコンサルタント、セミナー講師を勤めています。


テーマ:
ネット上の「商品説明」の文章を読んで、「ウソくさいなぁ」と思うこと、ありますよね。

たとえば、こんな文章。
画期的な新製品のお知らせです!

ビジネスの歴史上、今世紀最大の大発明!寝ていても最大の利益がガッポガッポと転がり込む、夢のような究極のビジネスモデル!!

絶大な人気を誇る、この大評判のノウハウをDVD化!
ただいま問合せ殺到中です!!

ゼヒ一度、あなたもこの大富豪だけが知っているビジネスモデルで、夢と大金をゲットしてください!!!
なかなか書き慣れないので、ちょっと苦労しました^^;

うさんくさいでしょう?

これは「文章のみ」ですが、実際の広告ページでは、巨大な文字が派手な色と共に踊ることでしょう。

まぁ「寝ていても利益が」っていう内容もうさんくさいんですが、「文章の書き方」に注目したいところです。

実はこれマンガ「ドラゴンボール」と関係があるんですよ。


【誰がどう見てもドラゴンボール】

ドラゴンボールと「うさんくさい広告文」の共通点

こんなこと言ったら、ドラゴンボールファンに怒られちゃいますかね?

ドラゴンボールと「うさんくさい広告文」の共通点、それはインフレにあるんです。

ドラゴンボールでは、ストーリーが進むにしたがって、主人公の「戦闘能力」がどんどん強くなっていきます。

それに伴って適役もどんどん強くなります。

「以前よりも強い敵だ」ということを示すために、新たな敵は、地面にヒビを入れたり、山をぶっこわしたりします。

すると、次に現れる敵は「山をぶっこわしたヤツよりも強いヤツ」なわけですから、さらなる示威活動をしなくてはいけません。

すると、主人公も適役もパワーインフレを起こし、そのうち山の一つや二つを吹き飛ばしたくらいでは、大して強くないように見えてしまいます。

幼稚でうさんくさい文章には、加減がない

先の「究極のビジネスモデルDVD」の胡散臭い文章も、同じインフレが起きています。

「画期的な新製品」という強いコトバからはじめると、文章でさらに強調したいことがある場合、もっと強いコトバを使う必要があります。

そこで「究極の」だとか「最大の」という、強調語とともに「!」を多用して、なんとか声を張り上げようとします。

書いている人は、強調したいので必死なのでしょうが、読む側はその「必死感」を読み取ってしまい

「必死だなw」

なんて感じてしまうわけですね。

冷ややかになるか、読んでいて疲れてしまうんです。

レイアウトと同じ。強調したいときのポイント

実は、文章でも、レイアウトでも、「目立たせたいとき、強調したいときのポイント」は同じなんです。

それは「強調したい部分を絞り込み、それ以外の部分は抑え気味にすること」です。

すべてを目立たせようとすると逆効果で、結果としてすべてが目立たなくなります。

すべてを目立たせることはできないのです。

目立たない部分があるからこそ、目立つ部分が引き立つわけですね。

レイアウトで目立たせるためのコツとしては、以前にこんな記事も書いています。

文章でも「コトバのインフレ」をおさえて、強調したい部分だけで強いコトバを使うようにします。

すると、読み手も疲れることなく、こちらが強調したい部分を読み取ってくれるようになります。


スモールビジネスの集客や売上アップに役立つ無料メルマガ配信中。
こちらから登録できます。




いいね!(56)  |  コメント(0)