フリーランス集客法「スモールビジネス販促講座」 名古屋

フリーランス、個人商店、個人事業、自宅起業家のかたが小予算で売上アップするための販促についてお伝えしています。ブログコンサルタント、セミナー講師を勤めています。


テーマ:
星乃珈琲の「エッグスラット」を食べながらでないと、思いつかないことがあります(笑



本日のモーニングコンサルでは、いいコンセプトが出てきました。

お相手はこちらのかた。



コミュニケーション改善の専門家、吉田誠さん。
(いまコンセプト再構築中につき、リンクはナシです^^;)

これから短期間集中で、コンセプト固めをします。

新規事業をはじめる人、起業する人のコンサルの場合、ここはけっこう重視しています。

ナゼ、後になってブレるのか?

というのも、最初のコンセプト固めをしっかりしていると、あとでブレることが少なくなります。

結果として、売上が伸びるスピードも速くなります。

後になってブレるかどうかの違いは、どこにあるんでしょう。

一概には言えませんが、これまで多くのスモールビジネスの人たちと向き合ってきて、感じていることがあります。

「誰のためにそれをやるのか?」という命題だと思います。

「たくさん収入を得たい」

「〇〇の業界で活躍したい」

「〇〇として成功したい」

「自分が好きな〇〇を仕事にしたい」

という自分本位で目標を設定した人は、後で迷いが生じやすく、大幅な路線変更を繰り返す傾向があります。

一方で

「〇〇で困っている人たちをなんとかしたい」

「△△な人たちのために自分のスキルを活かしたい」

というような「誰かのために」が決まっている人は、「対象」が変わらないので、基本路線を変更することが少ないんですね。

つまりそれは「問題意識の問題」なのです。

「解決したい世の中の問題」が変わらなければ提供するモノやサービスが変わっても、人はそれを「ブレ」だとか「迷走」とは感じにくい。

ってことです。

自分の好きなことを仕事にしてはいけない、と言っているのではありません。

あなたの好きなことで、誰かを喜ばせたり助けたりできることが大事なのです。

誰のためにが明確であれば人は一貫性を感じやすい

ここで架空の人物を想定します。

この人は「就職できない人をなんとかしたい」と思って起業しました。

そこで最初は「就活生のためのビジネススーツ講座」をサービスとして提供しました。

ところが、仕事としてなかなか軌道に乗りません。

そこで次のようにサービスを展開しました。

  • 企業と求職者の出会うチャンスを提供するビジネスマッチング懇親会
  • キャリアカウンセリング
  • ビジネスマナー講座

この人のやっていることには、一貫性を感じますよね。

それは「対象が同じ」だからですね。

「自分が解決したいと願っている問題意識が変わらない」ってことです。

しかも、ここで提供しているサービスのどれかがヒットすると、最初はあまり売れなかった「就活生のためのビジネススーツ講座」も売れ始める可能性が高いです。

ナゼかというと買ってくれる人が同じだからです。
(ニーズ志向/マーケットイン型)

キャリアカウンセリングを買ってくれた人は、ビジネスマナー講座を買ってくれる可能性も高い、というわけです。

「就職活動に困っている人」がいる以上、何か役立つサービスはあるはずですし、本当に困っている人の役立つことができれば、それはしっかりとしたビジネスになり得ます。

フリーランスに多い「提供できるモノ起点」の考え方

ここで「就活生のためのビジネススーツ講座」から「ファッションアドバイス」を切り口として
  • ママのお出かけファッションアドバイス
  • 社長のためのエグゼクティブ着こなし講座
のように展開していく方法もあります。
(シーズ志向/プロダクトアウト型)

↑実際にはこのような展開をする人が多いです。

これは「コレどこに持って行けば売れるかな」「コレ誰に売ればいいかな」という、売り手の立場から展開がスタートしている点が特徴です。

何か特定のスキルを拠り所としているフリーランスの場合、やむを得ないことも多いです。

でも「ママのお出かけファッションアドバイス」を買ってくれた人が「就活生のためのビジネススーツ講座」を買ってくれる可能性は低いです。

ということは、展開するたびに「新しいお客さん」を求めて集客活動をゼロからスタートする必要がありますね。

フリーランスの人の場合、「今いるお客さん」を注意深く観察して、その人たちが困っていることや求めていることを提供したほうが、これまでやってきた実績に乗っかって業績を伸ばすことができます。

新しいお客さんを探すことに比べたら、今いるお客さんに話をお伺いするほうがはるかにラクですよね。

「誰に何を提供するか?」というスタート時点でつまづいている人って、とくに「ブログ起業」している人たちの中には多いように思います。


「おためし単発」でもコンサル受けられます。
いいね!した人  |  コメント(0)