时尚人生のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
した為に強力な戦力を村に置く必要が無くなったから可能な人選だった。

下見に招待された森鬼は亜空の環境に驚きながらも賞賛し、南方に広がる森について選抜された者らの居住及び自治を許されることになった。それ以外に点在する森については管理が検討されている状態だ。腕時計 ブランド メンズ

今日は予め決められた戦闘訓練の初日。開始時間まで時間はあるが全員が揃い、蜃気楼都市からの観察役、いわゆるお目付けとして同伴する三名を待っていた。

三名とは、即ちライドウ、巴、澪。蜃気楼都市の誇る最強の三名である。この面々がただのお目付けで来る、と本気で考えて訓練の様子を見て驚くな、などと考えている森鬼はある意味で幸せだ。

「おお、流石は厳選されてきただけはある。全員、揃っておるな」

列を成す褐色の一団に最初に声をかけたのは巴。青い髪に、この世界では前例の無い和装をした女性だ。当然、それが武士の物と知る者もいない。ただ、奇抜だ。

「……小粒の面倒なんてやる気でませんわ」

低血圧かと疑いたくなる機嫌の悪さを含む声は澪。黒髪に巴とは違った方向の和装。こちらは着物に分類される。一見して動きやすそうでは無い。訓練の同伴に向いているとは思えない格好だ。

「何で、僕まで来る必要があるのかな。識でいい気がするんだけどなあ」

不満たらたらなのは当地の最高権力者であるはずの真。早くも帰りたそうにしている。彼からすると学園都市への出発を控えているのに無駄なイベントに参加させられている気分であり、朝から何でこんな目に遭うのかと全体的にどんよりしている。

巴以外にやる気の感じられない三人の様子に森鬼が一様に表情を歪める。

「来たな。気の無いのがいるのが気に入らんが、今日は俺たちの自主訓練を見るってことでいいんだな?」

代表格である森鬼の男が到着した三人の来訪者に確認する。全体的に細身の印象がある森鬼からすると、彼の体格は筋肉の主張があり顔からは精悍さが伺えた。言うまでもなく、変態とか師匠とか言われている人だ。

「いや、それは中止じゃ」

「……何だと?」パネライ 価格

巴のあっけらかんとした否定の言葉に変態は不機嫌を隠そうともせずに応じる。

「相変わらず威勢が良いの。確か……モンドじゃったな。名前は上等なのに残念な奴だった」

「喧嘩売ってるか?竜の姉さん」

「まさか。今日は予定を変えてお主らの実力を儂らに示してもらおうと思ってな?一定の基準を超えておるようなら、以後そちらの村の基準のまま選ばれた者を全面的に信用できるし、もし基準以下ならこちらで訓練をしなければならんからな」

一応、最もな感じの理由を述べる巴。しかし顔はニヤけており、モンドが聞いた通り喧嘩を売っているようにしか見えない。

「俺らじゃ不満だって言いたいのか?」

「……モンド、お主らの望みに、むしろ沿うことと思うぞ?これからチーム分けをしてな、儂らと戦ってもらう。その為にわざわざ真様と澪に時間を作ってきてもらったんじゃからな」

「……へぇ」

猛禽の目をするモンド。巴にとってはさした脅威も感じない相手なので、威圧に満ちた筈の目も無意味だが。

「五名ずつにチームを組むがいい。どうせ、モンドと愛弟子二人は同じチームになるじゃろ?お主らは若とやらせてやるとも」

「そりゃあいい!俺らも気になってる所だったよ。一体マコトサマはどれだけ強いのかってのはさ」

「そうかそうか。さて、次に一定の基準だが」

巴もニコニコして説明を続けていく。彼らの口調や、他の者らの口から漏れる悪態にも特に注意しない。どちらかというと澪が密かに目を細めて扇で口元
http://www.watchsrural.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード