时光のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

 夏彦は後ずさる。
 退いてなければ、火達磨にされるところだった。

「ちっ」

 舌打ちをした秀雄に、ライドウが向かう。
 突き。
 普通にヒットして秀雄は吹き飛んだ。どうやら、格闘の方は素人らしい。

「ぬっ」

 だが追撃のため走り寄ろうとしたライドウをけん制するように、ナイフが飛んできた。伏せて避ける。
 ナイフを投げたのは黒木だった。その両手には、更にナイフが一本ずつ握られている。

 睨み合い。動いたら、黒木はナイフを投げて迎え撃ってくるだろう。tiffany usa
 その緊張感の中、そろりと立ち上がった秀雄は、夏彦たちに背を向けないようにしながら、ゆっくりと教室を出て行く。

「あっちぃ」

 ふと夏彦が見ると、秋山も立ち上がっている。どうやら床を転がって消化したようだった。

「くっそ、どうなってんだよ、マジで。あ、秀雄いねえし」

 そうしてナイフを構えている黒木を見つけて、秋山は納得したように頷く。

「なるほど、黒木だっけ、てめぇがしんがりか。まあ、どういうことかはてめえ捕まえて吐かせりゃ済む話だ。まさか、そのチンケなナイフで俺を殺せるとでも思ってるわけじゃねぇよな」ティファニー ペンダント

 そう言って、秋山は両腕を交差させて頭をかばいながら黒木に突進した。筋肉の塊である秋山の突進は、まるで猪か何かに見える。

 黒木なナイフを投げる。ナイフは、秋山の腕に当たると、刺さりもせずに弾き飛ばされた。

「化け物め」

 だが、それと同時に黒木は教室の出口に向かって後向きで飛んでいた。異常な速度、そして異常な跳躍距離。

 秋山の突進を食らうことなく、一跳びで黒木は教室の出口に到達していた。

 そして、そのまま黒木は両手両足を地面につけて着地すると、飛び跳ねるようにして廊下に出る。

「おい、待ちやがれ」tiffany&co ネックレス

 突進が不発に終わった秋山が後を追って廊下に出る。ライドウも、そしてようやく我に返っていた夏彦もそれに続いた。

「なっ」

 それは、誰の漏らした声だったのか。

 三人が見たのは、廊下の床、壁、そして天井までも使って飛び跳ねながら凄まじい速度で遠ざかっていく黒木の後姿だった。


 しばらくは、ライドウと秋山は廊下で忙しく携帯電話を使ってどこかと連絡をとっていた。おそらく、会に今回の事件の報告をしているのだろう。

「報告は済みましたし、とりあえず教室に戻りますか。後片付けしないと」

「そっすね。暴れたんで机はぐちゃぐhttp://www.mulberryemitjp.info/ ティファニー キー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード