最終選考をしていて思うこと


昨日は大阪


{82A66CBE-1449-43A7-9BAA-A615325EF31F}

本日は福岡より。

{3814CDA9-FEAC-48C5-A840-3DBFF7E832C1}


今週から、自社の新卒4期生最終選考が始まりました。

東京、名古屋合わせて最低5名は採用したいです。

最終選考した学生はやはり皆意識の高い学生ばかり。素晴らしいです。


ただ、少し残念なのが、志望度というか会社の理解度が正直甘かったです。

優秀な学生も採用したいですが、恋愛でいえば、相手が好きでいてくれることも重要です。そう考えると志望度が弱く感じました。


志望度が低い学生がダメなのか

志望度をあげられていない会社の問題なのか


企業理解が低い学生がダメなのか

企業理解する機会を作ってあげれてないのか



どちらにせよ、これからさらに更に

内定より、内定承諾、内定承諾より採用、採用より、定着、活躍を見据えて進めなければいけません。


内定を集める内定ホルダー学生もどうなのかなと思う反面、

学生が決め切れる企業であることもとても大切ですね。



『定着業界をニッポンの新基準に』

http://www.take-action.jp


THANKS GIFT サンクスカードをもっと気軽に』

http://thanks-gift.net/


SHAFU-RIKA 日本初!社風を伝えることに特化した採用ページ』

http://shafu-rika.jp/

AD