保険屋は自転車をこぐ。

コミュニティFM「すまいるFM」パーソナリティ。
ほけんに関するご相談、ご利用のお手伝い&講演などを行っている「良次」の活動記録です(^^)


テーマ:
色々とありますが、とりあえずは元気にしております。
本当に・・・健康と元気だけが取り柄で(笑)

そんな風に言ってる人こそ、絶対にしっかりと備えておいて欲しい(^^;)
医療保険のお話でしたね。
もちろん、私もしっかりと加入して備えております。

↓関連記事↓
【医療保険の大前提】のお話
【前置き】生きるための保険と言われる「医療保険」の価値の本質
【医療保険】の種類についてのお話です。
【日額給付型】医療保険の「払い方」と「もらい方」の区別・・・その1


今回は、それぞれの特徴の説明の2回目
【実費保障型】の【医療保険】についてです。

医療関連保険のスペシャリストを目指す私、個人の考えでは、
これぞ正真正銘、最も理にかなった医療保険だと思います。

何しろ、実際にいくら必要になるか分からないから不安な「医療費」を、
契約時に設定した限度額までなら、全額まとめて補償します!という保険なのです。

これさえ入っておけば、
日額いくら・・・とか、一時金でいくら・・・、とかの範囲の中で足りるかどうか?
不安に思う必要は全くなくなります。

日帰り入院で手術して、その請求が50万来ようが、100万来ようが、怖がることはありません。
全額を保険で賄えてしまいます。
これが、日額いくら方式の「収入保障型」の医療保険だったら大変ですよ!
入院日額10,000円という最も一般的な設定なら、10000円しかもらえないんですから・・・

しかも、病院までの交通費や、個室代まで補償してくれる保険もあります。
これぞ、まさしく医療保険!
更に、
そこまで補償してくれるんだから、掛け金も高いんでしょう?と、思ったら間違いです。
むしろ、比較してみたら安くなるケースのほうが圧倒的に多いです。
あくまで私の経験則での話ですので、保証することは出来ませんが・・・(^^;)

ただし、一点だけ。
医療制度は、ここ最近2年くらいの周期で大きく変更されています。
そのため、
保険会社側も一生ずっと同じ「掛け金」の設定で保障し続けるのは不可能なのです。
だから、一生「掛け金」の額が変わらない終身の保険設定がありません。

だいたい10年毎に「更新」が行われ、その年齢での掛け金の設定に変更になります。
年齢が高くなれば、それだけ病気のリスクは高くなりますから、
当然「保険の掛け金」も高くなります。

でも、まぁ
医療制度の変更にともなって、各社の保険も変わります。
更新の時期には、その時に合わせたリーズナブルな保険が発売されているでしょう。

個人的には、医療保険は4~5年おきに見直しするべきだと思います。
それくらい医療の環境は激動しているんです。
「生命保険の更新型」は、最悪の「地獄の契約」ですが、<参照>
医療保険に関しては、「更新型」もアリではないでしょうか。

ニュースを見ていて、保健制度の変更について報じられていたら、
その都度「医療保険の内容」を見なおしてみるのが、本当はベストな姿勢だと思います。

そして、全額実費でしっかり保障される「安心」を手に入れたら、
次は、仕事を休まなければならない間の「収入保障」としての
【日額給付型】医療保険で、必要な収入を賄いましょう。

そして恐らく、日額給付型の医療保険のコストパフォーマンスでは、県民共済に勝るところは無いと思われます。

かく言う私も、
実費保証型の医療保険(富士火災のみんなの健保2)で、医療費の補償を、
埼玉県民共済で、収入保障を確保しています。

加えて申し上げますと、
実は、医療保険で一番大切なことは、いくら払っていくら貰えるかではありません。
【前置き】生きるための保険と言われる「医療保険」の価値の本質
で書かせていただいてます、医療格差への備えを確保しておかなければいけません。

次回、
現在、私の家族がおかれている状況を踏まえつつ、
さらに医療格差と医療保険の本質について、書かせていただこうと思います。

なるべく早いうちに^^;

<過去の注目記事>
◆「がん」と「がん治療」に関するまとめ。◆
◆「ストレスチェック」まとめ~【企業】も【個人】にも非常に重要なテーマです。◆

※このブログは保険コンサルタントである私の活動記録であり、勧誘・募集を目的としたものではありません。

ご意見、ご質問などございましたら、コチラまでお気軽にどうぞ。

 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

岡本 良二(良次/りょうじ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。