ちぇろきーのブログ ~ クローン病でも何とかなるさ ~

クローン病のことだけでなく、日常の出来事、趣味(写真、ゴルフ)、資格試験のことなども書いています。


テーマ:

ちぇろきーのブログをご訪問くださり、有り難うございます。

 

 

 

 

今日は、ちぇろきー村から険しい山山②山②山②をたくさん越えて、5ヶ月ぶりに福岡大学筑紫病院に行って来ました。

 

特に、診てもらいたい事情がある訳ではないのですが、前回(1月)の診察で、紹介状なしで診てもらえる状況を維持する為に、M先生が予約を入れてくださったのです。

 

あと少しで病院に着くというタイミングで、うんちが○門の扉ドアをコンコン、コンコンとノックしたので、慌てましたが、何とか漏洩事件に発展せずに済みました。

 

 

 

 

前回の小腸造影検査(バリウムを飲んで、お尻からシュポシュポ)では、上部小腸から中部小腸までは異常なしだったものの、終末回腸は像が不明瞭で診断できませんでした。

その後、2月末にイレウスになって、地元の病院での造影CTで小腸にも狭窄があることが分かったことや、5月末に地元の病院でやった大腸内視鏡検査と血液検査の結果を説明しました。こちらの病院の検査では明らかな狭窄は見つからず、血液検査では炎症が無いのに、イレウスになったので、M先生は納得がいかない感じで聞いていらっしゃいました。

 

 

今日の検査結果は、こちら↓。

 

項目 結果 単位  
白血球 6.6 103/μL  
赤血球 498 104/μL  
ヘモグロビン 15.3 g/dL  
総蛋白 7.8 g/dL  
アルブミン 4.5 g/dL  
AST(GOT) 34 U/L 高め
ALT(GPT) 26 U/L  
γ-GT(γ-GTP) 62 U/L  
血糖(空腹時) 96 mg/dL  
赤沈(1h) 7 mm  
CRP 0.04 mg/dL  

 

 

以前からそうですが、血液検査で見る限り炎症は無く、正常そのものです。問題は、肛門と直腸の狭窄。それに、2月に発覚した小腸の狭窄。

 

 

狭窄の話から、外科でも診てもらおうという展開になりました。

しかし、外科の予約はありません。しかも、H先生は手術の日。

駄目元でM先生が外科に電話したら、手術の合間に診てもらえることになりましたポーン M先生のねじ込みは、すごいです。

 

 

外科でしばらく待って、診察開始。

外科でやることは決まっています。

 

 

必殺!グリグリの刑滝汗

あぶら汗が出ました。

 

 

去年の12月にグリグリされた後も、効果が感じられなかったので、予想はしていましたが、元に戻って狭くなっていました。

 

ここで、H先生から、衝撃の提案。

 

「入院できませんか?」

 

拡張しても直ぐ元に戻るので、術場(手術室)で麻酔下で診てみた方が良いという判断です。

 

入院と言っても、2泊3日の検査入院ですが、優柔不断な私は即答できずに、答えを先延ばししてしまいました。

 

場所(患部)が場所だけに、どんなに恥ずかしいことや痛いことをされるのか、妄想を膨らませてビビッています。

 

どうしようかな。。。

 

みなさん、アドバイスをお願いします。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださり、有難うございました。

 

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

 


クローン病 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

ちぇろきーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。