あつの解放ブログ

部落解放同盟が主導する創価学会集団ストーカーターゲットになっちゃった。同和でない日本人(一般人出身者、一般民)と在日コリアンをも動員させにくる。同時に解同は、在日コリアン有名人をも集スト攻撃・・。2015年9月以前の記事は全削除。


テーマ:
全国どこでも、主に部落解放同盟系列の同和、つまり、創価学会を隠れみのに活動する同和による、地域住民への監視や、直接、声を送り、意味不明な命令をしにくる、集団ストーカーと呼ばれる犯罪で、地域住民は、基本、外に出なくなった。警察が、犯人を知り、ややこしい相手と決めつけ、わざと保身のために取り締まらなかったからだ。

で、名目上、創価学会の支配下になっただけの地域住民は、日頃、何をさせられているか。

一つだけ例題を。

毎日とは限らないが、家族の誰か、もしくは、皆が、近所に隠れ住む同和学会員が持つ、音声送信の機械によって、直接、地域住民家族の脳みそに、犯人の声を聞かされる。他の家族にもやっていたり、家族でただ一人だけにやっていたり。毎日バラバラだ。

その声が聞こえたら、たいがいの地域住民は言うことを一応聞く。命令内容は下記に。

犯人は、自分の家の中に、他人の家の様子を覗き見るハイテク機械もあり、地域で、今、暇そうにしている人を適当に、集団ストーカー命令として次のことをやらせる。

一つの例。

車に乗ってスマホでもしながら待機しろ。

家の駐車スペースだったり、はたまた、ちょっと離れた地元スーパーの駐車場まで行って待ってろなど。

で、いつかいきなり、犯人から音声送信の声で、「今、エンジンかけろ」とか、ドアを開け閉めしろ、とか、外に出て買い物を始めろ、指定したモノを必ず買え、などと言ってくる。

なんで、そのタイミングか?

近所の同和学会員だけじゃなく、部落解放同盟の集団ストーカー本体の司令塔は、遠く離れた場所に居て、通信衛星を使って、日本全国の地域住民の行動を空から見ている。

地域住民の中で、一人、部落解放同盟からみて、怖そうな人、部落差別しそうな憎い人、そして実際、同和ともめた人を、集団ストーカーターゲットにし、あらかじめ、地域中のたくさんの住民にこっそり、ターゲットの顔写真をばらまき、「このターゲットはあぶない人物だ」とでも吹き込んでおく。

そのターゲットのことは、24時間毎秒毎秒、近所の同和学会員たちが監視。

そう。
ターゲットの行動に合わせ、ターゲットの行く先々に待機させられている地域住民の脳みそにタイミングをはかって命令、上記の意味不明な行動をとらせてきた。

意味がある。全部紹介。

①タイミングをはかって、あぶない人物となっているターゲットと、あらかじめそう吹き込まれた地域住民とをわざと出くわさせる。偶然と思い込んだ地域住民は、余計、ビックリし、ターゲットを警戒。地域住民同士が仲違いしやすくなる。

②ターゲットの移動先に待機させられている地域住民に物音を出させる。ターゲットがたまたま、その待機住民の目の前を通り過ぎることがあれば、犯人から音声送信の声で、待機住民に、今、外に出ろとか、エンジンをかけろ、と言ってくる。物音をタイミング良く、通りがかったターゲットに聞かせ、ストレスを与えさせる。それを、地域住民にさせることで、互いに誤解、不信感を持たせ、仲違いさせる。

③集団ストーカーターゲットにも、そして、同時に周りの地域住民にも、精神的ストレスや、不安を与えてきたその土地の部落解放同盟系列の同和。解同のない土地でも、他府県からやってきている。創価学会を隠れみの。

その同和の本当の目的は?
そう。
地元民とのふれあい、結婚。 

上記の地域住民同士の仲違いにまぎれて、あたかも、偶然、ニコニコしながら、地域住民に近づいて、友達になる。

地域住民は、ターゲットのほうに気をとられている。同時に犯人は、創価仲間を紹介すると言って、指定された人を地域住民に紹介。やってきた自称創価仲間は、ターゲットを知っており、「ターゲットは、危ない人物だから」とか、「創価学会の敵だから」などと、名目をつけて、連帯感を持たせ、なんとなく友達、仲間になりにくる。

そう。
この創価仲間こそ、部落解放同盟の本体の子供たちだ。近所に隠れ住む同和学会員も犯人だが、姿を現したその子も犯人。

ふれあいが目的なので、地域住民とは仲良くしてくれる。

で、集団ストーカーターゲットとなった我々は、攻撃対象。

しかし。
全国の集団ストーカーターゲットは、気にしなくていい。警察も地域住民も、気づいてた。

だから、私の住む二つ隣の、プレジール岩橋Ⅰの205号室家族は、近づいてきた部落解放同盟和歌山の子を泳がしていた。友達付き合いをし、個人情報を引き出した。

おそらく、警察に解同の子の情報を流しただろう。

警察もわかってて、日頃、いわゆる待ち伏せ型の集団ストーカー攻撃で、部落解放同盟の子とペアを組まされてきた。職務質問形式のやつ。で、実は、ペアが解同の子とわかってて、何気に個人情報を引き出していた。
集団ストーカー攻撃のどさくさにまぎれて、地元警察官にも、ふれあいをしに行く部落解放同盟の子供。

正体がばれていなければ、地域住民にも、警察にも近づく。

で、逆手にとられ、情報を持っていかれた。


問題は、部落解放同盟が、違法に通信衛星を使った犯罪を、政府が特定秘密保護法を部落解放同盟の命令で作り、国民が毎日犯罪に悩んでいるのを、警察も黙殺していたこと。

捜査できないじゃなく、わざと、しないだった。


で、政府、マスコミ、警察は、同和情報を腐るほど持っているから、影で対策がとれる。解放同盟と付き合わない。

なんでもそう。

お上は、すべてわかってて、国民を犠牲に時間稼ぎをしていた。


芸能人の正体をわかってて、芸能リポーターは対応。同和と在日コリアンが仲悪いのをわかってて、片方のことを、仲悪いもう片方にわざとインタビュー。両者の批判コメントを引き出して笑ってた。

このことを私が、ブログに記載してから、この手のインタビューが少し減った。

教育無償化の話を、わざと在日コリアン芸能人にだけ話題をふっていたマスコミ。批判コメントをするのをわかってた。そう。これは、日々、集団ストーカーをやる部落解放同盟本体や地域にまぎれた同和学会員に、無償で大学に行かせる内容なのだ。
努力しない生活保護の同和学会員にタダで税金をあげたら、余計、同和は努力せず、怠け、アホばかりが増える、と在日コリアン芸能人が多数コメント。人の心理や本質上、怠けるのは、アタリだと正直私も思った。同和社会のために言う。

このようにマスコミは、あらかじめ在日コリアン芸能人が誰かわかってる。だから、同和学会員芸能人には、教育無償化の話題をふってない。

集団ストーカーを泳がせた警察と同様。芸能人を泳がせてきたマスコミ。

芸能人たちが、集団ストーカー本体の権力者をバックに持つこともわかってた。

なのに、国民を護ってないのが不思議。
保身に走るのが早すぎ。



ただし、芸能人の正体をわかってて、差別しない人もいる。同和とも在日コリアンとも楽しくお酒を飲み、情報をもらう。
差別する人は、同和の話を、在日コリアン芸能人にわざとふらせたりする。

で、それを隠すため、最初から知らない体で接したり、若手のリポーターなら、本当に正体を知らなかったりするだろう。なぜなら、若いリポーターにも、そろそろ、隠れ同和が居てもおかしくない時代。


マスコミは、誰が在日コリアン芸能人かわかってる。もう、部落解放同盟の集団ストーカー部隊は、在日コリアン芸能人を暗殺できないね。







テーマ:
テレビの芸能人だけは、どっちもバックに権力者がついてるから、互いに誰が同和で在日コリアンか、両者、把握できている。

その中に同和、または在日コリアンと血縁関係を持った一般民が特別に芸能人の仲間入りをしてるだけ。テレビで活躍するには、血縁関係を持つしかない。そうでなければ、メジャーデビューをしても、武道館やさいたまスーパーアリーナで、ライブとか一生無理。
漫才もね。グランプリで決勝のスタジオには一生行けない。お笑いでも声優でも、養成所から、テレビで有名なお仕事をもらうのは、無理。権力者と血縁関係を持たないと。(名門家だけ特別)

でも、権力者にも至らない面がある。

一般社会に紛れてる同和や在日コリアンの把握、ならびに、彼らと仲良くしている一般民の把握だ。

解同は、特に、自分に関わらなかった残りの同和住民のことなど、興味すらなくし、把握すらあきらめた。まともなほうの同和ほど、実力と誠実さが実り、一般民とお付きあいをしまくっていたが、固定観念のままの解同が気付くはずもなく。
当然、解同に依存して、安心しきって何も考えなくなった同和学会員も同じ。

これがもし、解同がすべての同和社会の面倒を看る、ってなってたら、どの同和住民がいつ、一般民と仲良くし、結婚したか、まだお付きあいの段階か、報告がもらえただろう。足並みがそろい、間違って同じ部落民や、仲良くしてくれた一般民を攻撃しなかった。

これと同じことが在日コリアンにもないかな?

ちょっと前、滋賀県で、ジム経営者が、練習生に汚物を飲ませて殺したが、その後、警察に捕まり、厳しくしぼられて、犯人が自殺した。汚物を飲ませるのは、同和は、やらない。消去法で在日コリアンだろう。その彼が、警察が理由で自殺するわけがない。
予想だが、自分達が殺してしまった練習生は、解同関係者、もしくは、解同関係者と仲良くし、血縁関係を持っていた一般民だった可能性が高い。

これだと、解同に、在日コリアンは、囲まれ殺される。警察にも解同系同和、つまり、形だけ創価の同和警察職員がいる。同和学会員。

最初、過去に勤めてた会社に居た在日コリアンが、私を追い出そうと集団ストーカーをしにきたが、もし、私が解同関係者だったら、彼は、やられてたことになる。

彼には、言っておきたい。
安易に解同和歌山関係者を、集団ストーカー攻撃に誘うべきではなかった。

案の定、解同和歌山は、在日コリアン単独のせいに見せかけにきた。何度も。

私が、解同関係者と、在日コリアン関係者の区別と把握ができたから、ブログに書けた。

混在社会で生まれ育った私と同じ経験を積めている同和や在日コリアン権力者がいるとは、とうてい思えない。権力者だけで、すべてが把握できるとは限らない社会だ。

たまたま私的な経験だけで、テレビの芸能人を見抜けたし、街ロケで偶然紹介される店も偶然じゃなく、創価系、在日コリアン系、これから支配する、または、すでに支配した日本の老舗だとわかった。(鹿児島市にある城山観光ホテルとか)

街ブラロケの通行人も、ほぼ、創価支配下となった一般民や、あらかじめ仕込まれていた在日コリアン。
つまり、芸能人の行き先に、あらかじめ配置されていた、集団ストーカー命令と同じ要領で外に出ていた人たち。

その人たちは、偶然、芸能人と出くわす確率があがるわけ。だから、偶然じゃなく、仕込み。

普段、地域住民は外に出ないから。
ロケの時だけ、地域住民がわんさか出てきて、地域とふれあえている番組自体、創価系とばれている。ロケ芸能人も。

それでいて「あまり、人が居ませんね~」とか、途中で言っちゃうと、その芸能人の正体がばれるってわけ。

集団ストーカー被害に私も遭ったから、東京や神奈川の川崎市で、在日コリアンタレントが街ブラロケ中に、解同から集団ストーカーを受けても、私がこれを見破り、教えることができた。
なんにも知らない世間は、いまだに、東京や川崎市の集団ストーカーは100%在日コリアンのみ、と固定観念で決めつけていた。

決めつけが、やたら多く、固定観念から抜け出せない。

経験が偏っているか、少ない。

スタジオのスタッフやテレビ局の職員に、自力で就職した、権力のないほうの同和もいるし、その同和の親戚に、結婚してくれた一般民家族もどこかにいる。

それを知らない同和学会員芸能人やフリーアナウンサーが、局関係者に、強く当たっている。

これまでは、そんなことが起こっても、解同は、開き直ってきた。自分達だけが解放できたらいい~と。
でも、それが世間に、結婚お断りの大義名分を与えるとわかったら、把握していくだろう。

解同のほうから、合わせることも出てきた。頑張る方に合わせる、という例だ。


 





テーマ:
困ったのが、心の余裕がなくなった同和の勝手な判断や思い込み。

2006年以降、これ一つで私の人生も転落した。

咳払い攻撃をやりにくる同和ほど、一般民からの差別を再び恐れている。

だから、街中でも彼らは、街行く人たちを一人一人勝手に判断しながら通る。

彼らの代表的な判断。

自分を追い越す人は、一般民に違いない。


同和は、基本、2006年以降、一般民に背中を向けることを怖がるようになった。背中越しに、一般民から、咳払いや、物音を出されて、必要以上に気にしてしまったら、部落民とばれる、と思っているからだ。
同じ部落民だったら、街中で通行人をそう簡単に追い越して、自分から相手に背中を向けないはず、というもの。
逆に、自分を簡単に追い越す通行人は、一般民のはず、という固定観念だ。

これで、私は疲れた。

全国各地で、一般民が、同和を知らずに追い越して、咳払いをくらいまくったようで、私は、和歌山市で、同和からも、同和に警戒し出した一般民の、特に高齢者からも咳払いをくらいまくる羽目に。

過去、働いていた会社の、腕っぷしが強く喧嘩も強すぎる一般民従業員が、敷地内を自転車で移動。移動しているたくさんの、他の会社の労働者たちの中にいた同和従業員の前を知らずに追い越した。

その同和従業員は、双子の男性二人。池田鉄○という下請けで、一般民や在日コリアンにまぎれて働いていた。

たしか、記憶では、イワモト兄弟だったかな。背が低く、柄が少し悪い。

その双子が、自分達をたまたま追い抜いた一般民男性をチラリ。

咳払いしそうな感じだったが、本能で怖そうと思ったんだろう。何もしなかった。

ただし、同和のほうから、一般民を追い越したい時は、一度、一般民に咳払いをし、びっくりさせてから、追い越す。

私は、イワモト兄弟から何度も咳払いをくらった。私の顔が、たまたま、典型的な、一般民!に見えたからだ。

あ、こいつ、一般民に違いない!と判断したら、同和は、すぐ警戒、咳払いする。私は、人生、1994年以降、この顔一つで、同和によって転落させられた。

しかし、咳払いをしないケースが。
彼らが創価に入ったら、創価支配下の一般民には、警戒心が勝手に薄まる。咳払いはさほどしなくなる。

創価仲間なら、同和のことを世間は在日コリアンと誤解してくれる、という心の持ちようが働く。
堂々と創価支配下の一般民に姿を現す。

正体が隠せてる、と思えば同和は、咳払いをしなくなる。

テレビに映る同和芸能人は、形は創価支配下の創価仲間。だから、街ロケで一般民とふれあえる。楽しく会話をし、お店で食事をする。こわもての一般民のおっちゃんらに、お店で酒の勢いでからまれても、変に警戒しない。
ばれてない、と思えたら、普通に一般民と、すぐ仲良くなれる。


ただ、私が言いたいのは、もう少し、余裕を持っても良いんじゃないかということ。


隠れ同和もいる時代。

同和が同和を街中で追い越したい時もある。追い越される時もある。


互いに解同の支配下、つまり、裏では形だけ創価学会に入ってる同和、入らず、解同の世話にならなかった同和もいる。

色んな行動パターンを持った一般民と同和が増えている。

過去の、こんな固定観念一つで、通行人を判断するのは止めよう。

同じ同和に咳払いをしたり、同和と血縁関係を持った一般民に咳払いをしたら、どう償う?

いつまでも、余裕のない者ばかりが、考慮される時代ではない。自分からも、そろそろ、同じ部落民や一般民に考慮していく、そういう協力と努力がいる。

イワモト兄弟は、喧嘩っ早い態度が見られた。
花王の敷地内では、喧嘩を起こさない方がいい。他の同和学会員まで、警戒されていく。それに、誰が一般民で、同和か、隠れ同和か、わからんだろ?

ちなみに、上記の状況では、私は、イワモト兄弟二人の真後ろに、たまたま居た。だから、彼らが、喧嘩の強すぎるその一般民従業員に咳払いをしそうになったシーンを偶然見れた。

いつまでも余裕を持とうとしない同和が、一般地区で育った別の同和を攻撃しても、同和と仲良くしてた一般民を攻撃しても、結婚を将来、断られる大義名分につながる。

余裕のない方ほど、解同の世話になり、創価学会で集団ストーカーや、争いを起こしていく。色んな行動パターンの同和や一般民が増えたことを知らない同和が、解同に依存した瞬間、すぐ安心してそれ以上考えなくなるから、努力が止まる。で、気付かず、咳払い。


かえって正体がばれる。

咳払い=同和と世間が認識中。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。