本当は何が食べたいですか?

栄養士歴20年!
現役栄養士の私だから伝えられる事がある

食はマインドで決まります
あなたは本当は何が食べたいですか?
ちゃんと心の声を聞いていますか?


テーマ:
私が反抗期に突入したきっかけ

それは

夫の私に対しての言葉と態度でした


詳しい内容は割愛しますが

その夜は
絶妙にいろんなことが合致した日だった


運悪く
転職して1ヶ月半の夫は新しい仕事場に慣れるのに疲れてたこと


また運悪く
夫が飲み会で帰りが遅く早く寝たいと思ってたこと


またまた運悪く
その上次の日も仕事で早起きしないといけなかったこと


またまたまた運悪く
しこたま飲んで酔っ払ってたこと


そして締めに
またまたまたまた運悪く
いつもは絶対にしない引き出しの整理整頓を私がしていたこと



この奇跡のような合致が

「あるはずのものが
あるはずの場所にない」

「結果、寝るのが遅くなり次の日のこと考えてイライラした」

となり
夫がいつも言わないようなキツイ言葉を私に投げかけることになる



結局は夫の早とちりだったんだけど



最初から「私に非がある」と決めつけた言葉に
私はとてもムカついたしショックを受けた


そのことを伝えもしたけど


酔いの醒めた夫は
平謝りに謝ってくれて
いろんなことが重なっちゃったからこうなっても仕方ないよね?って話になり



確かにそうだよね
疲れてるし酔ってたし私が片付けしてたし
勘違いしちゃうの仕方ないよね
いいよいいよ
私は大丈夫
寝よ寝よWハート




いつものように夫の腕枕で寝たわけです



したらよ



次の日の朝ですよ

私の腹の底から
マグマのように怒りがグツグツと煮えたぎってるのを感じて
頭にきすぎて朝起きられなかった


その中で湧き出てきた言葉は



ぜんっぜん良くない!!
いいよいいよってなんだよバカ!!
何がどうなったらあれがいいんだよ!!

ふざけんなーーーーー!!!
そんな風に言っちゃった私の
ばかやろーー!!



っていう自分への怒りが爆発怒


ショックや悲しみの裏には必ず怒りがある


それを知ってはいたけど(つい最近知ったてへ
怒りが表に出るのには
まだまだタイムラグがある怒り初心者の私苦笑


一晩たって
ショックだった気持ちから怒りへ感情が移動した


そこからが私の夫に対する
ひどいひどい反抗期の始まりでしたムンクの叫び


つづく*花*
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ほんの数ヶ月前まで



怒りがわかりませんでしたムンクの叫び




人には人の自由な想いがある




そう思ってたから
どんな言葉を投げつけられても
怒りを怒りとして受け取らなかったのかも




だってね


その人が私に暴言吐くのも
辛い仕打ちをするのも
せっかくの場をめちゃくちゃにするのも

その人の自由じゃん?ニコ

そう思ってた

普通にそう思ってたの



その人はそれを
その時したかったんでしょう?
それを言いたかったんでしょう?


何を言うのも
何をするのも
その人の自由だし

自分の想いを出せてるんだから
それでいいじゃん?って思ってた



だから怒りにはならなかった




ただね

とてもとても

悲しかった

とてもとても

ショックだった




けど
その悲しみさえも

なんとなく紛らわせ
時間が経てば薄れていったから


それで良かった


また元気で明るい
いつもの私に戻って
笑っている自分になるキラキラ
いろんなことがあるけれど、それでも私は元気です!
(魔女の宅急便風)


キラキラーンキラキラ的な
そーんな綺麗事を思ってた私だけど


ところがどっこい


腹の底では

ぜーーんぜん良くなんてなかったんだよね

実は

怒り狂ってた

ふざけんな!って思ってたってことに

この言葉で気がつくことになったの




その言葉とは


悲しみと怒りは表裏一体

悲しかったりショックな想いの裏には

必ず

必ず

怒りが隠れている




まーじーでーすーかーなっ・・・なんと!





目からウロコがポロポロ落ちて

想いを過去に馳せる私



「えーーーーー!
ってことは
悲しかったあの時も
ショックだったあの時も
全部私
ってたんかーーーーーい!!」


自分が怒ってたことに気がついて
きょどる(挙動不審)私。。





「私情でその場の空気を悪くする人が
一番嫌い」



いつも母親はこう言ってた

これは父親のことなんだけど

私はそれを徹底的に守った



「私だけの想いで周りの人を
嫌な気分にしてはいけない」




私は怒りを出してはいけない
無意識にそう決めていたんだと思う



これをきっかけに
悲しいと思った時に
その裏に怒りが隠れているというヒントがわかったので
怒りを見つけやすくなったら


んまー
私ったら
とんでもねー怒りンボさんだったよてへ


そしてそんな中で起こった事件がきっかけで
私の中で大きな変化につながることになりました



つづく*花*




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
わたくし
ただ今
絶賛反抗期中ですなっ・・・なんと!



反抗期には
2歳児頃の反抗期
思春期の反抗期がありますが

2歳児頃の反抗期って
意識してないけどほぼみんなやってきてるんじゃないでしょうか?


性格や成長速度が大きく影響すると思うので
「イヤイヤ」「ダメダメ」「自分で自分で」が大きく出るタイプと
ぽわわーんとしてる間に過ぎてく子もいたりする



問題は
思春期の反抗期



親がいなければ生きてこれなかった時期から
自分で生きられるんじゃね?ってことに気がつきだすのが思春期


親と自分は個人だという意識が芽生え
親から自立したくなる


だから
親にあーだこーだ言われるとムカつくし
相談もせずに自分で決めて自分で行動を起こしたがる時期


この時期に
親の方が子供のことが心配で

まだ手をかけてあげなければこの子が失敗する
とか

悲しい思いをする
とか

痛い目にあう
とか

とか

とかで

手や口を出し続けてしまうと


精神的に自立したい子供は
自立させてくれない親がうっとうしくてブチ切れる


反抗期の子供は
とっても理不尽で
とってもワガママで
自分勝手で
相手の気持ちなんかおかまいなしで



そりゃーもー
ひどいことこの上ないムンクの叫び


中1の初め頃に長女が反抗期に突入した時
どどどどどどーーーしたんすか???ってびっくりしたもの





そんなことを
今夫に私がやってますえ


超絶理不尽でワガママで自分勝手な言動や行動を
ばっかんばっかん出してますダッシュ



私は
子供の頃親に口答えしたことが1回もありません

お母さんの言うことは絶対に正しいし(と思ってたし)
お父さんには怖くて口答えなんて到底無理!(ちゃぶ台ひっくり返すの普通にやる人でした)

だから反抗期の時期は「だんまり」を決め込んでいました


出すべく時期に出せてなかった反抗の言葉たち


遅ればせながらにもほどがありますが(ただ今46歳てへ
2ヶ月ほど前から爆発しておりますジャック
(現在進行形)



どうして今頃こんなことになったのか?


その時期自分の負の感情に蓋をしていたことで
怒りが感じられない不感症の大人になってしまっていた


そしてその流れの中で不思議なことも起こりました


そんなお話を
少しずつブログに書きながら
私の中の心の整理もしていけたらなって思ってます







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ごうまん【傲慢】
思い上がって横柄なこと。
人を見下して礼を欠くこと。また,そのさま。


これ
私のことです


私はどこまでも傲慢な女でした
昔からずっとそうだった

けど
それを認めたくなくて
「人のために」
「あなたのために」
って程でしてきた行動全てが「傲慢」そのものだった。


上から目線で物を言い
「どうせあなたには答えがわからないでしょ?」
とでも言うかのようにアドバイスする


それが私。


頭だけでは理解してた気持ちになってた「思考のカラクリ」


自分の周りの人が言う言葉や行動は
私自身の投影だから
私が私に言いたいこと、伝えたいことのメッセージである



どんなに辛いことが起こっても
思考をそこに持っていけば誰に対しても怒りが湧かなかった


だってこの人の口を使って私が言わせてる言葉でしょ?
そこに必ず意味があるんでしょ?


そう思ってたからなんともなかった


はずだった


けどね


その奥にある私の感情はいつも置いてけぼりだったことに気がついた時
猛烈な怒りや悲しみ辛さが湧き上がった


そして
その怒りの矛先の相手に対して出た言葉が


傲慢極まりなかったんだ



相手のこと微塵も信頼してないのに
自分は信頼して欲しかった



自分は好き勝手やっていいのに
相手にはそれを許してなかった



自分が置き去りにしてた感情から湧き出た言葉で
初めて気がついた


私はなんて傲慢な女だったんだろう


そう思った瞬間


とっても不思議なんだけど


まるで自分の背中に羽が生えたみたいに自由になれた気がした

世界中の人に愛を叫びたいくらい愛が溢れてきて止まらなくなった

実際に叫んだけど(笑)



そうそう
私は傲慢極まりない女で
そんな言葉や態度をとる

それが私

変えようのない私自身

それでもこんなに愛されてて幸せだ。



今までもこれからも
私の「傲慢」な態度は変わらない
変えられない


本人は傲慢だと思ってなかったけど
きっとだだ漏れだっただろうし(笑)

近しい人は
「そんなのずっと前から知ってるし、それが百合ちゃんでしょ?」
なんでしょう^^:


違うのは
私がそこを認めたから
私が私にブレなくなったから
私に会って「ざわざわ」する人が減るんじゃないのかな?


自分と違う人になろうとしてる人に「ざわざわ」するもんだからね。


「ただの自分で生きる」って
フワフワと優しく柔らかい印象があるけど

いやいや
なかなかどうして

自分の一番痛いところを受け入れる激痛を伴うものなんだって思ったし
そこに向き合うために一番必要なのは
「キレイにまとめた思考のカラクリ」なんかじゃなくて

置き去りにしてる自分の感情に向き合う勇気

これに尽きる!

そして
「傲慢」を認めたからこそ
「ただの自分で生きる」を認めたからこそ
人を信頼出来る

それを味方につけて
私にしか出来ないお手伝いが出来る気がする
誰に対してか
それが何なのかは分からないけど
そんな気がする。


私の感情を炙り出してくれた愛すべき人達に
その時寄り添ってくれた愛すべき人達に
心からの感謝を♡

本当にありがとう♡





















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちぐりす こと福島千種さん主催のスペースUイベント新企画

[Talk! YTJ(トーク!祐天寺)]  Vol.01


なんと!
この私が第1回目のゲストとして招かれました!



今まで
MBBや楽式ダイエットのメソッドを
お伝えすることはしてきたけれど



「ただただ私自身のお話をする」

ということは初めて!



えっと。。
私の話を聞きたい人いますかね?^^:
と、ちぐりすにお伺いを立てたら


ちぐりす曰く

 「百合ちゃんの引き寄せの強さの秘密を知りたい人いると思う!」

「百合ちゃんが「楽しいから一緒にやろー!」って声掛けると
あっという間に人が集まる集客の秘訣もお話して~」

と。



5年前の私が
まさかこんなことをオファーされるなんて
想像できただろうか?



誰からも見て欲しくなかった5年前の私


とにかく、目立ちたくなかった。


壁と同化してる目立たない色の服ばかり着て
人の目を見て話すことすら苦手だった


なぜなら目をそらされるのが怖いから


きっと私ではなく他の人と話をしたいんだろうと
傷つくのが怖かった。


自分の外見にコンプレックスしかなかった
自分が大嫌いだった頃の私に
たった5年後にこんなことが起こるなんて
夢にも思わない。




私の活動拠点の宮前サロン
そこに集まるみんながこぞって参加してくれた
トークライブ

えっと。。。
みんな私の色んな話
すでに知ってるよね??^^:
なんで来たの?(笑)

しかも、実の姉まで参加。。
まるで参観日(笑)



ちぐりす誘導の元
質問形式でトークライブは進められ

私の根底の想いがあぶり出される


「いい意味で自分を諦める」


もうすでにみんな幸せで
もうすでにみんな思い通りに生きてる

それが違うと思うのは
あなたが自分と違う何者かになりたいから


もうそこ諦めちゃおう!
他の何者かには絶対になれないんだよね。


自分の持つエネルギーを諦めて認めよう!!

そんな想い。




2年半前に私は私をいい意味で諦めた

大嫌いだった父親にそっくりな自分を諦めて受け入れたら

びっくりするほどの豊かさが入ってきた
お金も愛情も人間関係も
サラサラと心地良く流れ出した

引き寄せ力や集客もその一環。

そんな循環のお話や

前日まで行っていた沖縄旅行で私が感じた

構えないで受け取るとだけ決めていたら
自然とサポートしてくれる人や環境が現れる

そんなお話もしました。


トークライブのお話が
参加してくれたみなさんの
どこかに引っかかってくれたら嬉しいです^^


初めてのトークライブを
まるで宮前サロンでお話してるかのような環境で
リラックスして開催することができたのも


ニュートラルな環境を作ってくれた
ちぐりすとスペースU
そして
私の新たな旅立ちを見届けるという気持ちで参加してくれた
私の愛するみなさんのおかげです。

本当にありがとう♡



































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。