昨年6月、アルバイト、中村隆志さん=当時(25)=を拉致して覚醒(かくせい)剤を打ち山中に放置して死亡させたとして、強盗致死や営利目的誘拐などの罪に問われた無職、吉松徹被告(22)と増田弘樹被告(22)の裁判員裁判の判決公判が16日、東京地裁で開かれた。藤井敏明裁判長は両被告にそれぞれ懲役23年(いずれも求刑懲役25年)を言い渡した。

 藤井裁判長は注射した行為は、被告が強盗犯人として捕まらないための強盗に伴う行為だったとして、強盗致死罪が成立すると述べた。被告側は起訴内容を大筋認めた上で、強盗致死罪について強盗罪と保護責任者遺棄致死罪を適用するよう主張していた。

 判決によると両被告は無職、橋本遥被告(24)=強盗致死罪などで起訴=らと共謀、昨年6月27日夜、東京都渋谷区の路上でバイト先に向かっていた中村さんを車で拉致。車内で暴行しキャッシュカードなどを奪って28日未明、埼玉県秩父市内の山中に放置して死亡させた。

【関連記事】
時効直前逮捕の強盗致死事件で遺族が検審申し立て 水戸地検
強盗致死の被告が控訴「予想より刑重い」
時効直前の強盗事件で男ら3人逮捕 茨城
男7人を強盗致死容疑で再逮捕 東京・板橋の男性拉致
「遺体を薬品で溶かした」捜索で歯など発見 会社社長強盗致死
20年後、日本はありますか?

強風でバッグネット倒れ母子が下敷き 神奈川(産経新聞)
<「捜査怠慢」訴訟>警視庁が上告の方針(毎日新聞)
囲碁女流名人戦第2局へ(産経新聞)
子ども手当法案衆院委可決「買収だ」…自民総裁(読売新聞)
<自民党>松田岩夫参院議員を除名 離党届は受け付けず(毎日新聞)
AD