自民党の山本有二元金融担当相、鴨下一郎元環境相、村上誠一郎元行政改革担当相が9日、谷垣禎一総裁と党本部で会談し「谷垣体制を支えるという声は若手中心にだんだんなくなってきている。その原因を謙虚に考えなければならない」と述べ、執行部体制を一新するよう申し入れた。そのうえで、月刊誌で新党結成に言及した与謝野馨元財務相への厳しい対応を求めた。

 山本氏らは「(与謝野氏に)英雄になって離党されては口惜しい」と述べ、谷垣氏が10日にも与謝野氏に直接真意をただすよう要請。「執行部が与謝野新党問題にどういう態度で臨むかは、党の結束にかかわる」と訴えた。谷垣氏は「言いにくいことをよく言ってくれた」と応じた。

 一方、谷川秀善参院幹事長は9日の記者会見で「(谷垣氏の就任から)まだ5カ月しかたっていない。『冗談じゃないよ』と思う」と党内の執行部批判に反論した。伊吹文明元幹事長は記者団に「自分が世話になった党をおとしめることを外で言ったのでは、自分の足元が崩れる」と語り、名指しは避けつつ与謝野氏に苦言を呈した。【木下訓明】

【関連ニュース】
自民:総裁辞任求める声続々 党勢低迷、参院選に恐怖感
自民党:与謝野氏が新党結成の可能性に改めて言及
自民党:与謝野氏「新党結成辞さず」…執行部批判続々
与謝野元財務相:確定申告相談会を視察
首相公邸:改修費は474万円 鳩山首相の転居時

<公明>民主と修正協議へ 子ども手当て法案など(毎日新聞)
長谷川等伯展 入場者10万人を突破…東京国立博物館(毎日新聞)
阿久根市元係長の未払い分給与、市側に支払命令(読売新聞)
<しだれ梅>700本が歩道を包み 名古屋(毎日新聞)
「捜査怠慢」めぐり上告=箱詰め女性遺体訴訟で都(時事通信)
AD