小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体に対する東京地検特捜部の捜査についてのシンポジウムが18日、東京都千代田区のホールであった。ジャーナリストの田原総一朗さん、大谷昭宏さんや鈴木宗男衆院議員(新党大地)らが「検察の無理筋捜査だ」と批判した。

 鈴木議員は「検察の横暴。おれたちが国をリードするという思い上がりだ」と指摘。さらに田原さんは、09年3月の西松事件について触れ「検察は西松事件の失地回復のために捜査をしている」と批判した。また「小沢さんも進んで記者会見を開いて説明すべきだ」との意見も出された。

【関連ニュース】
陸山会土地購入:小沢氏資金、「積み立て」記載漏れの疑い
陸山会土地購入:水谷建設社長が辞任 「健康上の理由」
陸山会土地購入:虚偽記載、池田元秘書も容疑認める
陸山会土地購入:小沢幹事長聴取、再び要請 東京地検
資金提供:「元請け5000万円補てん」水谷建設元幹部

オルゴール 医療にも…進化する癒やしの音色 電動、MIDI対応…新世代へ(産経新聞)
小沢幹事長、無言で町村会館を出る(産経新聞)
開業医の再診料引き下げ盛らず 診療報酬改定骨子案(産経新聞)
在留資格不正取得で裏ビジネス=フィリピン人ニューハーフに-偽旅券使い結婚(時事通信)
日教組28万人割れ=新採用者の加入率も低下-文科省(時事通信)
AD