あなたの健痩美寿の人生には、あなたの「腸」の健康が最も大切であることから、より「腸」を正しく知り、生涯、「腸」と親しく優しく付き合う術を磨く必要があります。
 
【大腸の働き】
大腸は、食事の摂取後で、口腔、喉、食道、から、胃、小腸、で必要な栄養素を消化吸収し、その後の老廃物を排泄する最後の器官です。
 
大腸の構成は、1「盲腸と虫垂」、2「結腸は上行、横行、下行とS字の結腸」、3「直腸と肛門」の3部からなり、胃腸の最終部が肛門となります。
 
そして「大腸の機能」は、「植物繊維の発酵と水分と塩素の吸収」など、それら「残留物の排出」です。
 
食の最終工程となる「大腸」は、この老廃物は難消化成分を含み、この「大腸」では、消化酵素は産生されませんので、これら難消化成分の分解は、「発酵」となり、大腸菌と常在菌の担当となり、その老廃物を排泄します。
 
【小腸の働き】
小腸の働きは、外部からの栄養素の消化吸収し、全細胞にそれを補給することと、身体の免疫を担うリンパ球の60%が集結して、ばい菌などの体内の外敵を取り除くことにあります。
 
その「小腸」は、前臓器の「胃」の出口の「幽門」と繋がる、小腸入口部の「十二指腸」と、その大部分を占める「空腸」、そして大腸に繋がる出口部の「回腸」で3区分される、伸縮で3m~6mの最長の臓器です。
 
「十二指腸」は、その長さは約25cm〜30cmです。壁面は粘膜がヒダを形成し、胆のうと膵臓の膵管と結合していて、食物が十二指腸に入りますと、その粘膜を刺激して、膵管から「脂肪の消化酵素」の膵液と胆のうから胆汁を産生混合させて、「空腸」へ送ります。
 
小腸のヒダは、絨毛に張り巡らされている「リンパ細胞」で、このヒダで、消化酵素を産生し消化と吸収を行い、特に、回腸はこの免疫細胞が集中していて、「バイエル版」と言うリンパ組織を形成して、「全身の免疫機能」を担っています。
 
この様に、腸を中心とした消化管は、免疫細胞がびっしりと詰まった人体最大の免疫器官(臓器)であり、更に、テニスコート1面分にもなる腸面積に住み着いた腸内細菌(善玉菌)が、この体内免疫の活性化に深く関与しているのです。
 
腸を綺麗にする事は免疫力を高め、全ての病気から身を守る唯一の方法と言えるのです。
 
                    「ローヤルスムージ―」
 
 
 
AD
「栄養が大切」などと、その言葉を私たちは、常日頃あまりその言葉の正しい内容を意識せずに話又聞いています。
 
「栄養」の定義は、「生物が生命を維持し,生活して行くために,体外から適当な物質、滋養を摂り入れて,身体を成長させ,機能を保ち,エネルギーを得ること。」となっています。
 
一般的には、三大栄養素の「炭水化物」「脂質」「蛋白質」がありますが、五大栄要素は、「ミネラル」「ビタミン」を加えた内容となり、更に、「食物繊維」と「フィトケミカル」を加えて、七大栄養素と言われます。
 
この謂れは、エドワード・ハウエル氏の著書「酵素栄養学」で示した理論がベースとなっている概念と言われています。
 
さて、他の一つは、「分子生物学」と言われるもので、分子生物学、つまり、DNA=遺伝子レベルの栄養成分で、体内での代謝の仕組みを解明して、人の健康を、分子レベルから「栄養」を捉え直す、新しい学問的手法です。
 
これは、体外から摂取の栄養素が、体内で代謝や消化、エネルギーの源とならない物質で、これ等を繋ぐ「酵素」はそれに当たります。
 
故に「酵素」は、栄養学では「栄養素」に当たりますが、分子生物学では、「栄養素」から外れる物質となります。
 
                
               痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」                                                                     
 
 
 

 
 
 
AD
「酵素は生物の生命活動には無くてはならない栄養素であり、これは、加齢によりその生成量が減少しますので、(体内酵素の全てを消費してしまうと生命寿命が尽きる?)不足する酵素を酵素ドリンクや酵素サプリメント等で補う必要がある。とされます。
 
酵素商品の説明には、「消化酵素」「代謝酵素」や食材に含まれる「食物酵素」と言う三分類がありますが、これは、酵素栄養学に起因するものです。
 
この学説は、エドワード・ハウエル氏の著書「酵素栄養学」で示した理論がベースの概念で、生物の一生で使われる酵素の総量は有限としますので、体内酵素が過剰に消耗されますと病気の原因となり、寿命が縮むとする考えです。
 
「酵素栄養学」では、潜在酵素が胎内で作られ、それ以降は、体内酵素の、消化酵素や代謝酵素は、体内潜在酵素から作られるので、加齢とともに消耗し不足するリスクを補うため、不足する必要な酵素量を体外からの食物で補うという考え方です。
 
しかし他方の「分子生物学」では、「人間の生命活動に必要な酵素は、人間の細胞内で遺伝子の塩基配列によって合成されるので、絶対量は定まっていない」とされます。
 
更に分子生物学では、生体内の酵素の種類は多種多様であり、消化酵素、代謝酵素に大別できるものではないというのが分子生物学の見方です。
 
また一般に言われる、代謝を担う酵素よりも消化のための酵素が優先されると説は、化学的に証明されていませんので、消化酵素を節約すれば、代謝に酵素を回せるので痩せやすい体質になるという説明は、その根拠が薄らぐことになります。
 
この双方の学説比較で、酵素は、分子生物学から、たんぱく質からできる化合物であり、栄養素ではなく化学反応を起こすための触媒で、体内で働く酵素は、体内で生成されるため、どんな方法をもっても体外から摂取することは出来ないとするのが、正しいのです。
 
また、体外から摂取の「酵素」は、胃の中の胃酸によって、その殆どがアミノ酸に分解されてしまうために、元の酵素としての働きは失われ(失活)ます。
 
それに食材の酵素は、分解された後でも大きな分子(高分子)であるため、腸管から直接吸収されることもないのです。
 
これ等の結論から、体外から摂取する補給する酵素に効果がないのかと、疑問が生じます。
が、総体的に考えて、酵素の世界は学説的に未解決であり、「酵素」の効果は、臨床にあると言えます。
 
酵素による体質改善の結果は、体内の酵素がスムーズに生成されて代謝が促進されるようなり、代謝の低い身体から、よりは痩せやすくなりますし、酵素ドリンクと呼ばれる植物発酵エキスは、腸内の悪玉菌を抑制して腸内環境を整える働きがあるので、これにより腸内環境が改善されることで、体内酵素の生成が活性化され、代謝がアップされ、時間は掛りますが、結果的に痩せやすい体質へと変るのは、確かです。
 
酵素ドリンクでは、その各商品のダイエット・プログラムで、飲用量等に多少の違いはありますが、毎日の食事を1食、多くても2食を酵素ドリンクに「置き換えるパターン」が、酵素ダイエットの肝となります。
 
酵素ドリンクは、色々と種類があり価格も様々です。
なお、酵素ドリンクとは、その中身は酵素そのものではなく、酵素を補うための材料となる、何十種の植物を熟成、発酵した体内発酵エキスと酵母菌なのです。
 
ダイエット食品として購入を検討する際には、つい手頃な価格なものやメディア等の露出度(話題性)等で選んでしまいがちですが、酵素を選ぶ重要な注意点は、添加物や保存料、人工甘味料、カラメル着色料が入っていないものを選ぶ事が大事です。
 
                     「ローヤルスムージ―」
 
 
 
AD
「断食」は古来より、様々な治療や、若返り、健康法、精神修行など、その時代時代と処で異なる適用がされてきました。
 
古代の食は、狩猟で少量の獲物を捕らえる飢餓の時代から、現代の農耕を加えた飽食満腹の時代に変化した過程で、人の身体は、飢餓時代を経て食分化は進化しましたが、身体は、飢餓遺伝子による飢餓に対応の生存メカニズムがその基本となっていて、少ない食材から体内の必要な栄養素を、酵素や微生物によりを作り出しています。
 
そレに引き換え、現在の「断食」のそれは、太古の常時断食の飢餓状態から、現代の飽食の断食に変化しているため、その断食法を一つ間違えますと、体内のメカニズムは原点ののままの為その対応できず、体調不良や肥満となってしまうのです。
 
さてその為に、現代の断食法が工夫されてきて、その正しい断食方法として、その夫々に名前が付けられるなどで分化しています。
 
が、その方法的には、プチ断食と呼ぶ極短日の完全断食と、少し長めで間欠食のある半断食、そして、小カロリー食を摂りながらの、長めの断食法とに大別できます。
 
 
しかし何れの断食法も、その基本は、外部から食を摂らない又は食制限のもので、生存は、飢餓細胞を活性化した、体内に蓄えた豊富なカロリー源を用いたカロリー消費で保持するために、否応なく減量となります。
 
ただダイエット効果は期待できますが、人各人の体質に違いがあり、このやり方を間違えれば、栄養不足や内臓疲労などで、逆に健康を害する恐れやリバウンドとなるため、個人的に行う断食は、断食のルールを正しく実行することが必須となります。
 
これらの諸断食法は、減量ダイエットは当然のことですが、その大きな効能に、飢餓での本来の機能の、身体を回復させる効果があり、古来よりこの飢餓機能を用いたデトックス(解毒)効果があります。
 
このデトックス(解毒)効果ですが、現代の私たちは、古代と比して、比較にならないほどの有毒環境で生活しており、この解毒に対応する、酵素や様々な微量栄養素が欠乏きたし勝ちとなり、多様の有害物質を蓄積するリスが高まっていることで、このリスク消滅のための、最も良質な栄養を補給して、新陳代謝や解毒・排泄作用を高める、酵素断食ダイエット法が必須となります。
 
酵素断食ダイエット法、最高の体質改善法であり、若返り法の秘訣なのです。
 
               痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」
 
 
 
血糖値スパイクとは、炭水化物や砂糖などの食事の消化後に、糖(ブドウ糖)が血管に急激に溢れる超高血糖状態を言いますが、それは血管内皮細胞を損傷するので、ダイエットは元より、諸疾病の大敵となります。
 
この為血糖値スパイクは、最近医療でも大きな注目を集めて、そのスパイクの出方や防止策の研究がされていますが、最近分かったことは、空腹時血液の血糖値と、食事後の血糖値スパイクの高値との変動幅の差が大きいほど、また、血糖値の急激な変動が交互に生じますと、血管内皮の損傷度が大きくなり、動脈硬化症に進展するリスクが高くなるのです。
 
これらの実験結果、血糖値濃度変動幅の変動は、持続的な高濃度よりも動脈硬化のリスクがあることを示している、とされています。
 
さて、この動脈硬化のリスクの回避は、血糖変動幅(=食後高血糖と空腹時血糖の差)を少なくする必要がありますので、食後の2時間後の血糖値を基準値の、140mg/dl未満に制御する必要があります。
 
 
この一般の対処法として「スーパー糖質制限食」の方法があり、これは、一食分の糖質(野菜+抵糖質の炭水化物など)量を、20g以内の摂取で、血糖値高は正常範囲内に抑えられるという優れた食事療法です。がしかし、個人でこの食事法を守ることは難しいと言えます。
 
同様の糖質制限のダイエット法に、期間断食と間引き間欠食の断食法(ファスティングダイエット)がありますが、この断食法は、一定時の食事が断たれますので、断糖の優れたダイエット法でありますし、且つ、一時的デトックス効果も期待できますが、他方に、栄養不足や空腹を来たし、その後の食の摂取で、空腹からの急激で大きな血糖値スパイクを生じることから、リバウンドや血管損傷に繋がりますので危険な方法となり要注意です。
 
このような断糖や断食の糖質制限をする場合は、その間に酵素ドリンクを用いることが、栄養補給と血糖値スパイクの平坦化となり、優れた「痩健美ダイエット法」となります。

                 痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」
 
 

 
ダイエットを行うために、従来の医学では、ダイエットの「カロリー」と「体重」を「敵視」していまた。
 
この「ダイエット常識」が今変わりつつあります。
 
それは、「糖」と「脂肪」が、その持つ「カロリー値」が高いために、その視点から食事制限などの「摂取カロリー値」の削減が要請されていたことです。
 
この医学的常識は、最近の研究で、肥満の[高カロリー」敵視の視点から、「健康」の「食の在り方」の視点に移行しています。
 
                                  痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」
 
どういう事かと言いますと、「高カロリー食」であっても、「食の在り方」で「体脂肪への摂り込み」をしないと言うことです。
 
従来のカロリー値の視点では、摂取食事の[総カロリー値<消費カロリー値]=[体重の減量]=「痩せる」の考え方が「正しいダイエット法」でした。
 
現在の「正しいダイエット法」は、第一に「血糖値スパイク」を低く平坦に抑えることです。
 
「血糖値スパイク」を抑えるには、低糖職を取ること、糖質食と低糖食材を合わせて又は、混合した料理で摂ること。総摂取カロリー値の視点を外し、食事の栄養素は、「脂質」や「タンパク質」を摂り、それらより高い「血糖値スパイク」を生ずる「糖質」(炭水化物)の摂取を抑えること。食事は「血糖値スパイク」を平坦にするため、3食を基準とすること。「糖質」を摂る前に、食物線維を摂ること。など、「食の在り方」が大事なのです。
 
なお、「痩健美」ダイエット成功の極意は、食事制限をせずにダイエットを行うことで、それには、炭水化物を他の脂肪とタンパク質で摂取することです。
 
この食事法は、低糖食法、断糖食法、とも言われ、空腹を補い、活動のエネルギー源を、糖質に代わり、体脂肪で、そして、たんぱく質で行うため、どんどん体脂肪が消費されるのです。
又、空腹のストレスや、栄養不足からくるリバウンドも消滅する優れたダイエット法です。
 
此処での留意点は「痩身」が徐々に行われてるのですが、あなたの体質は、筋肉質の「燃焼体質」に変化して行き、肥満し難く老化し難い「壮健体質」をつくると言うことです。
 
これこそが、「痩健美ダイエット」の目指すところです。
 
                                     痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」
 
 
 
あなたのダイエットの悩みは、リバウンドの継続ではないですか?
ダイエットとリバウンドの悪循環の過程で、体調を崩したりしていませんか?
 
リバウンドの要因の殆どは、ダイエットの食制限とその開放の反動によるものです。
この悪循環が続く限り、あなたのダイエットの成功はありませんね。
 
この「痩健美」ダイエットは、単にモデル体型の「痩身」を追及するものと異なることをお話してきました。
 
ここでは、ダイエットとカルシウムの関係について掘り下げて見ます。
 
ダイエットは一般に、肥満体の解消であり、それは、体脂肪の削減です。
体脂肪の削減は、代謝酵素による体脂肪の消費です。
 
ダイエット法で、「糖質」の摂取は、他の栄養素と比べてエネルギー源のみで使われますが、その時の血液中の「高い血糖値スパイク」を吸収するインシュリンを多量に量産させて、血管の糖の余剰分を汲み上げて、体脂肪倉庫に蓄積します。
 
即ち、体脂肪を増やし。肥満の膨張原因を作ります。
 
この時、血液は、糖(ビルビル酸)と酸素で乳酸を作り、「酸性」に傾きますので、血液を中和し中性に保つために、血中の重炭酸イオンが消費されますが、この不足で、骨のカルシウムを抽出します。
 
肥満は、食生活で「糖質」摂取が習慣化していることと、ダイエットでの悪循環の継続で、急速に「骨粗鬆」が進行します。
 
また糖質は、エネルギー物質生成のために、解糖系代謝や、酸化系代謝で、多量の「酵素」が必要で、その代謝に、補酵素のビタミンB群が多量に消費されますので、十分なビタミンB群も必要となります。
 
カルシウムへの影響は、角砂糖1個(0.75g)で、牛乳7本分のカルシウムが消費されてしまうと言う恐ろしさです。
 
甘味清涼飲料水(50g)やコーヒーのスティックシュガー(3g)など、要注意です。
これでお分かりの通り、糖質食と骨粗鬆の距離は、当に、至近距離にあるのです。
 
 
                                    代謝を支える「ロイヤルスムージー」
 
 
 
 
 乳酸は、運動のエネルギー源に、筋肉内のグリコーゲンやブドウ糖などが使われますが、この過程で同時に 乳酸が生成され蓄積することで、普段は中性である筋肉が酸性に傾き、運動に悪影響を及ぼすことから、この「乳酸を疲労物質」として、スポーツの大敵としての悪名が付けられたのです。
 
しかし最新の運動生理学は、乳酸はエネルギー源であり、逆に疲労回復の役割を担っているして、善玉物質に逆転したのです。
 
                                   代謝を支える「ロイヤルスムージー」
 
「乳酸」は、体内で解糖系と言う、酸素を使わない「糖質の代謝系」=「乳酸系」で生成され、エネルギー源となりますが、このエネルギーは、高エネルギーで1~2分の短期間に消費されますので、その生成(補給)効率が低下しますと、酸素を使用する「酸化系」=「TCA回路」に移行し、酸素で酸化されて再度エネルギー源となります。
 
「乳酸」が「酸化系」で、酸素と結合し完全燃焼されますと、水と二酸化炭素が生ずるだけで体外に排出されますので「乳酸の生成」はありませんが、その「酸化系」に余剰分がでますと、その乳酸は筋肉中に蓄積されて行きます。
 
そして、筋肉中のその蓄積濃度が一定値を超えるますと、著しく筋肉収縮機能が低下して、運動能力を激減して中止させることになります。
 
即ち「乳酸」のプロセスは、糖質を解糖系代謝で分解して乳酸をつくり、更に、乳酸を酸化系代謝で酸化して、運動のためのエネルギーを産むもので、[解糖系代謝>酸化系代謝]=「乳酸」となり、「乳酸」が蓄積されるエネルギーの仕組みです。
 
なお、乳酸や乳酸菌飲料を飲むことは、健康に良いことが証明されていますが、乳酸と乳酸菌飲料は全く違うものです。
 
乳酸菌とは糖類を餌にして乳酸に変える細菌の総称で生き物ですが、乳酸は生き物ではありませんので、乳酸菌を飲むことで、乳酸が増えることはありません。

                                   代謝を支える「ロイヤルスムージー」
 
 
栄養素の「核酸」と、その重要性をご存知ですか?
 
                代謝に必須「ローヤルスムージ―」
 
六大栄養素の炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維に、加えて、第七の栄養素は「核酸」で、その重要性についてお話します。
 
「核酸」とは、その種類に「DNA」と「RNA」の2種類あります。

「DNA」は遺伝子の本体で、親から子へ、細胞から細胞へと伝えられる遺伝情報はDNAに書かれています。

 

「RNA」は、「DNA」の設計図の指示の元に、「たんぱく質」を作り、人間の体を構成する約60兆個の全ての細胞の数ヵ月で生まれ変わりを行うことで、健康な体や、若々しい肌を保つために不可欠な成分なのです。

 

当の「核酸」は、日本食品標準成分表」にも記載されていない成分で、従来の栄養学では、核酸の必要量は、他の栄養素から体内で合成できるために、最近まで殆ど注目されなかった栄養素で、特に食物から摂る必要もなく、しかも、摂り過ぎは痛風の原因とされていました。
 
ところが、1976年にアメリカのDr.ベンジャミン・フランクが、自らの臨床経験の患者に核酸食を多く食べさせたところ、老化防止や病気の改善に大きな効果があり、核酸食の必要性が注目されたのです。
 
その後日本でも、小越博士(高知医大・外科)グループが、術後の、通常の食事を摂れない患者に、核酸成分を点滴に入れて投与したところ、腸壁の萎縮や免疫力の低下を防げることが発見されたのです。
 
因ってこれらの研究から、人間の健康にとって核酸はデノボ合成(核酸を肝臓で合成)だけでは足りず、食物の成分にある核酸からも積極的に摂る(サルベージ合成)必要があることが明らかになったのです。
 
なお、痛風の原因についての「核酸」は、ここ十数年間に行われた多くの研究の結果で、その原因とはならないことが判明して、この核酸の栄養学的価値が見直され、現在では「第七の栄養素」と言われる栄養素として、その必要性が認められたのです。
 
今や核酸は、肌トラブル、髪の毛の健康、疲労、冷え性、肩こり、骨粗鬆症、がん、動脈硬化、高血圧、糖尿病や合併症、肝臓機能、免疫力を高める、基礎代謝を高める、など、多くの身体障害の改善の効能が報告されています。
 
「核酸」は、全ての細胞の元となる成分で、新陳代謝や基礎代謝を促し体脂肪を分解する成分で、健康を基とする「痩健美」に欠かせない成分なのです。
 
この大切な「核酸」は、魚介類や肉類、海藻と豆類、干ししいたけ、に多く含まれています。
 
                 代謝に必須「ローヤルスムージ―」
 
 
 
                                 痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」
 
日本の国民病として認知されたものには、厚生省の「五大疾病」がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病に、最近、精神疾患、が加えられましたが、何故か、国民の1/3を占める高血圧症は、この中に含ませていません。
 
世界には、高血圧を知らない民族がいます。

それは、極寒の地大陸北限諸島に住む、グリーンランドの「カラーリット民族」やアラスカの「イヌイット民族」、カナダの「エスキモー」、アフリカのサバンナに住む「マサイ族」、モンゴル草原に住む「遊牧民」です。又、欧米人も高血圧の少ない民族です。
 
これらの民族の共通点は、その主食が「肉」にあることです。
さて、高血圧となる主な原因の1つは、血管が硬くなって弾力性を失うことで生じます。
 
一般に、加齢からの「老化」が、その大きな原因と言われますが、実は、その「老化」の最たる原因の1つが「糖」なのです。
 
「老化」では女性の、特に顔の「しわ」が気にされますが、このしわは、「糖」が、3重のらせん構造のコラーゲン繊維に絡まり(酸化)、皮膚の線維の伸び縮みができなくなり、柔軟性や保水性を失って硬くなった状態のことです。
 
これが皮膚ではなく血管に起これば、血管のコラーゲン繊維に「糖」が絡まり硬くなる「動脈硬化」という症状となって現れます。
 
硬くなってしまった血管は、血流に抵抗となりますので、血圧を上げる大きな原因になります。
即ち、老化も動脈硬化も「糖」がその主要な原因となっているのです。
 
さて、先に述べました「高血圧を知らない民族」の主食が「肉」にあると言いましたが、これらの民族の食生活では、「糖」をほとんど口にせず、獣肉や、魚肉が主食となります。

それに引き換え日本人は穀物の、特に「米」を主食とする民族ですので、「糖」の摂取が
多くなっている為なのです。
 
これらから、「糖」による「酸化」が、諸病の根本原因となっているのです。
 
高血圧の正しい治療法は、「断糖食」にあります。

1.血管を硬くなる「動脈硬化症」の主要な原因の「糖」をカットする。
2.血管が狭く細くなる「血管狭窄」の主要な原因の「ビタミンB12」を補充する。
3.「体を酸性にする」主要な原因の「糖」をカットする。
4.自律神経失調となる「インスリン抵抗性」の主要な原因の「糖」をカットする。
 
なお、「ビタミンB12」は、肉類(特にレバー)、魚介類、いくら、乳製品、などの「動物性食品」に多く含まれ、「植物性食品」には、発酵素による、醤油、お味噌、納豆などの他は、殆ど含ませません。「菜食主義」者は、特に要注意です。
 
                                痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」