体内時計と痩健美ダイエットの関係

人の身体には、1日の身体リズムを刻む、体内時計が、時計遺伝子として細胞に備わっていて、体内各所にある体内時計のリズムが、人の24時間の生理活動を調整しています。
 
この体内時計の役割りは、人が進化する過程で、人の脳を休ませる必要から、備えられていると言われています。
 
体内時計は、目から光が入りますと、脳の中心部にある視交叉上核(神経細胞約20000個の集団)の「松果体」と呼ばれる部位(場所)が覚醒し、そこから、「時計ホルモン」=「睡眠ホルモン」の「メラトニン」の分泌を停止し、一日24時間刻みの体内時計をリセットします。
 
リセットされた体内時計は、その後、14時間から16時間が経過しますと、徐々に「メラトニン」を分泌して、深部体温(内臓など)を低下して眠気を誘い、睡眠を誘導して行きます。
 
 
「睡眠ホルモン」のメラトニンは、抗酸化作用により細胞の新陳代謝を促進と疲労解消に関わり、病気や老化の予防に効果があります。
 
しかしこの「メラトニン」の分泌量は、10代をピークに40代で最低値となりますので、50代以降は、睡眠量も代謝量もそれなりに減少します。
 
即ち、体内時計の役割りは、1日の人の睡眠、覚醒、血圧、体温、ホルモン分泌、免疫機能、消化機能、の開始と停止で、体内の内臓に従属する時計と連携して、体内の生体リズムを統合し制御しているのです。
 
痩健美ダイエットは、体内時計の生理的リズムを活用して、起床から睡眠の、身体の「活動と休憩」に留意することで、消化、吸収、代謝、排泄の一連の生体リズムに規則性を持たせた生活をすることが大切となります。
 
 
                       「ローヤルスムージ―」
 
 
 
 
 
AD
「CS19ペプチド」とは、カルピスを作る過程で、脱脂乳にカルピス菌を加えて発酵させたものが、乳酸菌飲料の元となる「カルピス酸乳」ですが、2009年に、その「カルピス酸乳」の研究から発見された成分が「CS19ペプチド」で、この酸乳成分が、認知機能改善に関わる成分であることが明らかとなりました。
 
ペプチドとは、食品タンパク質は20種類のアミノ酸分子でできていますが、そのタンパク質を体内で吸収するために、酵素などで細かく分解され生成された、各2個以上のアミノ酸同士が、「ペプチド結合(-CONH-)で繋がった構造のアミノ酸」のことをいいます。
 
「CS19ペプチド」は、このアミノ酸19個が連なった構造の成分となります。
 
さて、何故ここで「CS19ペプチド」かと言いますと、このペプチドが、前記の研究から人とマウスの「認知症改善」に効果があることが分かったからです。
 
では、その「CS19ペプチド」が脳の認知機能改善に繋がるメカニズムとは、認知機能に重要な役割を担っている神経伝達物質のアセチルコリンと、加齢によって神経細胞の成長・維持、保護に関わっている、BDNF(Brain-derived neurotrophic factor:脳由来神経栄養因子)の生成量の減少を、「CS19ペプチド」を摂取することで、脳内のアセチルコリンや、BDNFの量を増加させることができ、「アーバンス神経心理テスト」で、物忘れ、記憶障害、学習記憶向上、の夫々に認知機能を改善させる効果の有効性が確認されたのです。
 

                            痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」
   
 
 
AD
痩せるために、断食などの食事制限をすることは、一時的に痩身となっても、その間の空腹がストレスとなって、その後に、リバウンドに繋がるとが多々あります。
それは、空腹感が身体の危険信号となり、飢餓遺伝子を起動して、生存に必要な栄養やエネルギーを蓄えようとするためです。
 
この飢餓遺伝子は又の名を、長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)と呼び、この遺伝子がONになると細胞内で指揮者のような働きをし、体内のおよそ百にも及ぶ老化要因を抑える効果があると考えられています。
 
この作用で、飢餓遺伝子(長寿遺伝子)は「若返り遺伝子」とも呼ばれます。
さて、この飢餓遺伝子とダイエットの関係ですが、最近の研究で、空腹状態を長くすることで、血糖値スパイクの上昇を抑えられることが分かり、そのため、内臓への糖の取り込みが減少します。
                       飢餓遺伝子ON右側
その結果、血糖値スパイクの平坦化で血糖値も低下し、体脂肪の増加が抑えられて、ダイエットに繋がることになります。
 
それを利用したのがダイエット食事法で、この食事法は、夜食から朝食までの空腹時間を可能な限り長く空けることです。
 
理想的には、20時まで夕食を済ませ、早起きのジョギングなど軽い運動を入れた後に、最低10時間の空腹時を挟んで、糖質を控えた朝食を摂ることが良いと思います。
 
断食ダイェットと異なる点は、普通の食事をしながらのダイエットが出来ることです。
 
 
 
AD
「ペプチド」は、肉や魚、大豆など、様々なたんぱく質食品から作られますが、なかでも今注目される健康効果の高いものに、大豆ペプチドがあります。大豆は植物性たんぱく質のなかで「畑の肉」と呼ばれるアミノ酸の栄養価が高く、且つ、体内で合成することができない必須アミノ酸をバランスよく満たしている食材です。
 
この「大豆ペプチド」には、痩健美に、次の効果が期待できます。
 
[疲労回復]
「大豆ペプチド」は、そのバランスの良く高い栄養価と必須アミノ酸が、「脳」と「筋肉」の疲れを、素早い疲労回復作用で癒酢、大きな効果が期待できます。
 
[免疫力の強化]
「大豆ペプチド」の免疫力のアップは、免疫力を高める「アルギニン」と「グルタミン」があり、「アルギニン」は、体内に侵入したウイルスに対して、免疫細胞のマクロファージを活性化てし、共に攻撃します。
また、ウイルスが大量に進入してきた場合は、「グルタミン」が免疫細胞を生産して、大量の敵を撃退します。
「風邪を引いたかな?」と思われた時は、この大豆ペプチドを飲んでおけば、早期の回復が期待できます。
 
[二日酔肝機能向上]
お酒を飲んだ翌日に、頭痛や関節痛、胃もたれなどで悩むことの原因は、体に残った前日のアルコールが代謝し切れないことにあるので、大豆ペプチドに含まれる「アルギニン」や「グルタミン」、「アラニン」が肝機能の代謝力をアップするので、悪酔いの毒素「アセトアルデヒド」の分解を助けてくれますので、早期な二日酔の回復が期待できます。
 
[美肌美体効果]
「大豆ペプチド」には、「リジン」「メチオニン」「アルギニン」「リパーゼ」の脂肪燃焼作用と「サポニン」のブドウ糖が脂肪の合体を抑制し、「植物繊維」や「オリゴ糖」、「カリウム」が、老廃物の排斥を活性化するなど、そして、美肌ホルモンの「エストロゲン」が、肌の水分調整とコラーゲンの生成を促進し、肌弾力の向上やシワの軽減、更に、抗酸化作用、血行促進の「ビタミンE 」、美肌成分の「イソフラボン」などが複合して、ダイエットと美肌づくりの効果を高めます。
※ ペプチドとは、たんぱく質食品が、胃腸で酵素により細かく分解され、2個以上のアミノ酸分子が連なった分子列の状態を言います。
 

                               痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」
 
 
 
腸内フローラの「腸内細菌のバランス」は、痩健美に益々その重みを増しています。

「腸内細菌のバランス」の良し悪しが、様々な体調不良を招く要因であることが明白となっていますので、この「腸内細菌のバランス」を整える注目の成分「枯草菌C-3102株」についてお話します。
 
バランスの良い大腸からの排便の特徴は、

表面が滑らかで柔らかい。
形はバナナ状か蛇のどくろをまく形状。
排便はすっきりと出る。
便は軽いので水に浮く。
 
のようになるのが理想で、この理想便の水分量は75%前後で、これらより硬い便か、柔らかな便かは、便の水分量の差となります。
 
さて、主題の「枯れ葉菌C-3102」ですが、この菌は、自然由来の菌で、納豆菌も枯草菌の一種で、日本人になじみのある食品と関係が深い菌です。
 
乳酸菌やビフィズス菌は、胃酸や熱の影響を受けますので、大腸まで届くのはほんの一部と言われますが、この「枯れ葉菌C-3102」は、芽胞と呼ばれる天然の丈夫な皮で包まれ、胃酸や熱にも強く、その99%が大腸まで到達します。
 
 
「枯れ葉菌C-3102」の効能は、
 
腸内の善玉菌を増やし育てることが出来ます。
腸内環境を改善し、便秘症状の改善や有害菌の減少改善ができます。
消化不良、下痢症状が改善します。
 
即ち、「枯れ葉菌C-3102」のこれらの作用から、善玉菌ビフィズス菌を増加して、腸内環境を整える効果があることです。
 
ただ、この腸内善玉菌を増やす「枯れ葉菌C-3102」の摂取は、市販のサプリで摂ることとなります。
 

                                痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」
 
 
 
あなたは、人の「脳」が「腸」から進化したことをご存知ですか。?
生活にストレスを感じますと、「胃」が痛むとか「下痢」をするとか言われます。
 
さて、昨今のニュースなどで、腸内フローラについては報道され、多くの人の知識となっており、多種の乳酸菌が市販され、愛飲されています。
 
この腸内フローラとは、私たち人の腸内に、数百種600兆個以上の多種多様な細菌が生息しており、特に小腸から大腸にかけて、これらの様々な細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、腸の壁面に棲んでいることから、これがあたかも腸内の「お花畑」の様で、この名が付けられましたが、この腸内細菌の種類や数は、食事や生活習慣・人種・年齢などにより異なりますので、『腸内フローラ』も人それぞれに異なります。
 
これらの腸内細菌は、医学的に、「善玉菌」「悪玉菌」と、そのどちらにもなる「日和見菌」に3分類されて、人の理想的な健康の維持には、この各々のバランスが、[2:1:7]の割合が必要と言われています。
「善玉菌」の代表格は「乳酸菌」で、乳酸菌は腸内で乳酸・酢酸をつくり、腸の運動を正常にし、悪玉菌がつくる有害物の定着・増殖を防いで、下痢や便秘などを改善して整腸作用を高め、おなかの不調を予防します。
 
さて冒頭の、「脳」と「腸」の関係は、「腸」は「第2の脳」と呼ばれ、脳と腸が、神経で深く係わる「脳腸相関」があることが分かってきたのです。
 
それは、多くの人々が近年の社会環境の変化での、ストレスによる「体調不調」です。
 
昨今、不眠症に悩む人は5人に1人と言われ、それも年々増加の傾向にあり、現代のストレス社会を象徴する国民病になったと言えます。
 
これらの「体調不調」は、腸の緊張(ストレッサー)で腸のバランスの崩れから生ずるもので、この崩れが過度になりますと、めまいや頭痛・吐き気、自律神経失調症や睡眠障害、IBS(過敏性腸症候群)と言った「ストレス症候群」が現れるのです。
 
さて昨今、善玉菌「C-23ガゼリ菌」に、整腸作用とストレスによる、不安感の緩和、睡眠の質の改善、の有効性についての「脳腸相関」が確認されたのです。
 
心身のバランスの崩れが、腸内フローラのバランスの崩れと、大きな「脳腸相関」があることを認識して、あなたの体調を管理することが大切となります。
 
                                 痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」
 
 
 
あなたはさつま芋が好きですか。?

冬になると、焼きいも~・・。焼きいも~・・。と、熱いさつま芋が売られています。
焼きいもは、甘くて美味しいので、つい食欲が働いてしまいますね。
 
そこで今回は、このさつま芋とダイエットとの関係を覗いてみましょう。
 
さつま芋の特徴のその1は、その成分に、沢山の食物繊維があることです。
食物繊維は栄養価はありませんが、糖質による血糖値スパイクの抑制、腸の不要物固まりを柔らかくし、整腸作用を活発にして腸を掃除しながら排便を促しますので、便秘の解消となります。
 
その2は、さつま芋にはビタミンが豊富なことです。
ビタミンは、脂質代謝に必要な補酵素となる「ビタミンB群」が多いことで、脂肪燃焼を促進してエネルギーに変換してくれします。
また「ビタミンC」は、ダイエット中の栄養バランスが崩れて起こる、肌荒れの悩みをカバーしてくれる成分です。
こうした健康に役立つ成分が豊富に含まれているため、さつまいもは美味しく食べながらもダイエットをしようとする人の大きな力となってくれるのです。
 
その3は、ミネラルのカリウムです。
カリウムは細胞内液に存在するミネラルで、体内のカリウム量とナトリウム(塩分)量のバランスを調節保持して、その余剰分を、ナトリウムと共に物質代謝や成分調整を行い、体力の源となる筋肉細胞の働きを保ち、排尿や排便、汗で排出する働きをしています。
 
このバランスが崩れて、体内のナトリウム濃度が過剰になりますと、のどの渇きから水分が欲しくなり、これが手足や顔のむくみを生じます。また、カリウムの不足は、ナトリウム濃度を高めますし、これはまた、高血圧、脳卒中、骨粗鬆症のリスクが高まります。逆にカリウムの過剰は、心臓麻痺のリスクが高まります。
 
そま4は、ダイエットの大敵は糖質(白砂糖)にあるめ、ダイエッとは辛い断糖食思考となりますが、この断糖食ダイエットの隙間を埋めるのが、カロリーの少ないさつま芋です。ので、さつま芋を主食の米飯に変えるとか、間食のスイートに使うとかすることで、満腹中枢を満足させると同時に、栄養バランスも得られるダイエット食となります。
 
なお、さつま芋は、特に皮の部分に整腸成分の「ヤラピン」があり、その他の栄養が多く含まれていますので、皮まで食べられるような調理をお薦めします。
 
この様なことから、ダイエットとさつま芋は相性が良く、ダイエットの親友と言えるのです。
 
                 痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」
 
あなたはダイエットをしながらアルコールを吞んでいるのですか_?

アルコールは脂質の消費カロリー1gで9Kcalの次に高カロリー飲料ですよね。
 
ビールをよく飲む人は、下腹部が膨らむ「ビール腹」の人が多く、ビールはアルコーるに加えて、糖質も含み、ダイエットの大敵と言われます。
 
アルコールのカロリー量は、1gで7Kcalとなりますが、ビールのアルコールのカロリー量は、1gで4kcalですから、生中は500mlならば、そのカロリー量は200Kcal前後となります。
 
そこでビールのダイエットへの影響は??
 
この肥満との関係を、イギリスの臨床実験医学研究所の研究で、ビールを飲む人と飲まない人の群に分けて約2000人のチェコ人の肥満度を調査した結果は、ビールと肥満の関係は証明できませんでした。
又アメリカの女性19.220人を対象とし、13年に亙る研究では、アルコールを全く飲まない女性の方が、ビールやワインを飲む情勢と比して、太りやすいと言う、驚きの研究結果が出ているのです。
 
これらから、ダイエットに対するビールによる肥満は否定され、その結論は「嘘」と結論付けされたのです。
 
ダイエットとアルコールの悪影響は、アルコール依存症など飲み過ぎによる肝臓障害にあると言えます。
 
 
                              痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」
 
 
 
健康ダイエット「痩・健・美」に、医療や製薬会社、報道メディアで広く、脂質のコレステロールは悪玉とされて、今や消費者の健康生活の常識となっています。
 
この問題は、私が医療データを調べていた20年ほど前から疑問視してて、この関係データから、肥満度のBMI標準値を24程度を推奨していましたが、最近では、長寿の研究データなどから、医師の間で、肥満度基準のBMI標準値判定を、22から24程度に若干拡大されるなどの変化が生じています。
 
しかし、この公的標準値の見直しには医療側の猛反対があり、未だ、コレステロール値については、疑問符を持ったままです。
 
中部大学の武田教授は、この現象を、病院と製薬会社の利権確保と語っています。
「コレステロールの嘘」は、脂質や卵などの摂取でコレステロールが増加するとする弊害を広めたことですが、2年前に厚労省は、これらの摂取では「コレステロールは変化しない」と発表しています。
 
なお「コレステロール」は、食事摂取での不足分を、肝臓で合成しますので、これを食事で除外しても、身体に必須な栄養として、補給されるのです。
最近の研究では、低コレステロールでのがんと認知症となるリスクが増えると報じられています。
 
即ちダイエットには、食事の食材ではなく、過剰摂取が問題なのです。
 
なお「コレステロール」は、動脈硬化の原因となることで、「血圧値」とも絡み、血圧の基準値130を超えると、降圧剤を処方するのが一般的療法ですが、これも「コレステロール値」と「血圧値」の基準値で、健康診断をしていますので、医師としては、この基準値が無くなりますと、治療も薬の投薬指導も出来なくなるわけで、医師と製薬会社のデメリットが大きいのです。
 
                  痩身美容研究所【痩・健・美
 
 
「満腹感が得やすいダイエット食は痩せやすい」とはどんな食事でしょうか?
 
「痩せやすく満腹感が得やすい食」があるならば、ダイエットをしているあなたは、
高い関心を持たれたことと思います。
 
それを考えて見ますと、その食を摂取することでお腹が膨らみ、お腹持ちの良く
糖質の少ない食の、それは「食物繊維」であると予想が出来ます。
そこでスムージーの登場です。
 
 
スムージーは、野菜の葉や芯も、果実の皮も芯も全てブレンダーで攪拌しますから、
細かく濃縮された「食物繊維」を多量にとることが出来ます。
 
スムージーダイエットは、水を加えていない一日1リットルのスムージーを飲む
必要から野菜の量にしますと可成りの量となり、普通では食べきれない量です。
 
即ち、スムージーを飲むだけでで、簡単に、大量の「食物繊維」をとる事ができます
ので、健康にとても良いドリンクとなります。
 
なお、野菜のうまみや成分も全て残っていますし、果汁など水分のジュースだけを
搾り出しているものではありませんので、スムージーは、野菜や果物に含まれている
食物繊維もそのままですから、食物繊維の働きで、体内の脂肪の吸収を抑える働きで、
体重が減ることや体脂肪が減ることにつながります。
 
また、便秘にも効果的であり、スムージーダイエットは優れた効果が得られるのです。
それに、なにより食物繊維が膨張して、満腹感があることが特徴です。
 
他の多くのダイエットは、カロリー制限のために、食事を制限しないといけませんが、
途中でお腹が空いてしまい、ついつい間食をしてしまうことになります。
 
しかしスムージーのダイエットは、満腹感が続く為に、食事制限が無理なく出来る
メリットがあるのです。
 
この点が、他のダイエットとは大きく違います。
 
スムージーダイエットでは、一日分のスムージーを小分けにして何度も飲んでもいいですし
一度に1リットルを飲んで食事の置き換えにしてもよいでしょう。
 
即ち、「満腹感が得やすいダイエット食」スムージーは痩せやすいのです。
 
スムージーを毎日の食生活に取り入れて、ダイエットを成功させましょう。
 
季節の野菜をふんだんに使って美味しいスムージーを作ってください。