「ポテトチップス」は、マックなどでのフライドポテト同様に、多くの人が好みとしていますし、市販でもスナック菓子としての人気があります。
 
しかし、この「ポテトチップス」がダイエットの難敵であることを忘れている人が大半です。
1袋が60gとしますと、このカロリー量は、330Kcalと試算され、この消費に、2時間の
ウォーキングが必要です。
 
また、「ポテトチップス」は、依存性の食品、マイルドドラッグに属します。
 
 
マイルドドラッグ食品には、ジャンクフードやファーストフードがあり、この代表格は、砂糖、塩、化学調味料、炭酸飲料、甘いお菓子、スナック菓子、インスタントラーメンなどで、マイルドドラッグ食品は、『肥満、生活習慣病、老化、アルツハイマー』などの原因になるものばかりです。(ジャンクフードとは、高カロリーで栄養価が低く、添加物の多い食品を差します。)
 
更に、「ポテトチップス」は、その使われている揚げ油に、酸化してできる悪玉コレステロールの「過酸化脂質」が含まれいていますし、ジャガイモは糖質なので、これとアミノ酸を含む物質を加熱しますと、アクリルアミドと言う、毒性の高い、発がん性の化学物質が多く含まれているのです。
 
即ち「ポテトチップス」は、身体を酸化させ、カロリーが高く、肥満と老化、依存(中毒)性を進める、反「痩健美」の食品と言えるのです。
 
 
                                          痩健美【ロイヤルスムージー】
 
 
 
 
 
AD
「不眠」は軽度の「睡眠不足」から重度の病的な「不眠症」まで、色々の種類がありますが、何れもダイエットの難敵です。
 
不眠の解消は、その諸々の原因を解決しなくてはなりませんが、ここでは、「不眠」とダイエットの関係について述べています。
 
人に睡眠が必要な理由は、その日の細胞の疲労を解消して、新しく健康状態にリセットすることにありますが、体内はこの時間で、基礎代謝と呼ばれる新陳代謝を行います。
 
この基礎代謝は、その日の全代謝量の70%を占める大きなもので、健康増進の大きな作用となります。

不眠のある人は、当然にその睡眠時間が短くなりますので、基礎代謝時間も不足し、基礎代謝不良となって、細胞の老化から、肥満や疾病を誘発して、ダイエットは諸々の悪影響を受けることになります。
 
肥満は、余剰摂取カロリーが原因ですが、総代謝カロリーの70%を消費する睡眠時間が
不足しますと、カロリーの消費不足となりますので、「不眠」は、ダイエッとの難敵なのです。
AD
朝食に食パンは定番メニューとなっている人が多いと思います。

精製された小麦粉を使った食パンは、柔らかくそして甘さもあり、
朝食の美味しさを与えてくれます。
 
この美味しいさで、一枚の食パンでは足りず、つい2枚となっていませんか?
食パン一枚には、白米1膳分よりやや程高い260kcalの熱量があります。
更に、食パンにバターやジャムなどを塗り、コーンスープで脂肪を摂ったりで、
ソーセージなどで、大いにカロリーを上げていませんか。
 
お分かりと思いますが、食パンは炭水化物の糖質であり、消化もかなり早いため、
急激な血糖値上昇(血糖値スパイク)が生じ、多量のインスリンが抽出されて、
血液から糖を多量に取り込みを行いますので、逆に血糖値が下がる現象が生じます。
この低血糖値で空腹ホルモンを出し、脳は、空腹と勘違いをして、食欲ホルモンを
出しますので、食べて直ぐに空腹感を生じてしまいます。
 
 
「食べると逆に腹が減る」それが、ダイエットの難敵なのです。
 
この難敵の空腹感に耐えられず、更なる糖質の食事や間食で、大食や過食となり、
肥満地獄に陥ることになるのです。
 
この研究は、精製小麦の食パンを食べる人と食べない人での、肥満になる確率は、
食べる人が40%も高い結果が出ています。
 
日頃の食習慣が糖質食に偏っている人ほど、糖の依存性が強く現れますので、
その悪循環から、肥満の拡大となり、ダイエットから遠ざかってゆきます。
 
たかが1枚の食パンなのですが、この摂取は、大きな脳のリバウンドの血糖値
スパイクとなりますので、食パンは、全粒粉を使ったものとしましょう。
 

                                      痩健美【ロイヤルスムージー
 
 
 
 
AD
あなたは甘いものはお好きですか ?
毎日のスイーツの摂取は、避けられない誘惑となっていませんか ?
 
日本ではお茶のお伴に甘いものが、昔からもてなしの定番メニューとして培われてきた食文化がありますが、戦後は、洋食文化の高まりで、ファーストフーや喫茶店など、外食でディザートがセットの定番メニューとなって、甘党にはうれしい限りの食と癒しの環境が揃い、広がっています。
 
特に、甘いものに目の無い人は多数派は女性で、お茶会などでは欠かせないものと言えます。
 
さて、この甘いものの中でダイエットにとって強敵であり宿敵の筆頭は、白砂糖です。
「白砂糖」は、身体にとって異物であり「屈強の害」であることを知っていますか ?
 
それは「白砂糖」が胃腸に入りますと、胃腸の筋肉は、その弾力性と活動性を失い、胃の消化活動が停止する「糖反射」障害を起こし、この胃の停止症状は、数十分から1時間以上継続するのです。
 
この作用で、摂取の食物は未消化となり、腹部膨満感、胃腸不良、むかつき、胸やけ、肩こりや手足、身体の冷え、疲れ、便秘、胃下垂、下腹部の肥大、胃潰瘍、鬱、頭痛、貧血、心疾患、脂肪肝、呼吸障害、記憶障害、過食、早産、湿疹、アレルギーなど諸々の諸障害を起こすことが分かっています。
 
 
この「糖反射」は、角砂糖5分の1、キャラメル4分の1個程度の僅かな量で作用します。
 
また白砂糖は、脳の神経伝達物質のドーパミンを多量に分泌させ、快楽物質のセロトニンを放出して、幸せ感や満足感の快感が得られますので、精神的に優しい感情が得られますが、しかし、この過剰な血糖値は血糖値スパイクを起こし、この抑制に多量のインスリンを放出して低血糖を誘発、これによる脳の神経伝達物質のアドレナリンが分泌されて、逆作用の、思考力の低下、怒りや憎しみ、恐怖などの感情や、思いやりの心が消えて、身勝手になり、強いては、自律神経失調症も引き起こすことが知られています。
 
イギリスの脳神経外科医で救急医療医代表でもあるジョン・ワトキンス博士は、「白砂糖がこの世から消えれば、全ての精神病がなくなる」と断言しています。
 
更に白砂糖のショ糖は、真菌や悪玉菌、ウイルスの餌となるので、これらの影響で体調に更なる悪循環を起こすことになりますし、白砂糖の消化には、消化酵素や補酵素のビタミンB1が、そして血液の酸性中和にカルシュウムが、大量に消費されますので、これら栄養成分に不足が生じます。
 
そしてなお、この白砂糖のドーパミンの快感効力(魔力)が消えますと、気持ちに不安定な感情が起こり、更に糖分を欲する依存性の悪循環が生じます。
 
如何ですか。白砂糖は、全く栄養の無い酸性の異物で、身体に様々な悪影響を及ぼしますが、それとは裏腹に、脳は快感を覚え、麻薬性の甘み依存性を高めて、ダイエットのみならず、身体に最悪と言える難敵なのです。
 
 
飲酒で食欲が増す理由は
お酒を飲みながら、つまみや食事が進む体験はどなたにもあると思いますが、お酒を飲んだ後も、尚、ラーメンやアイスクリームが食べたくなるのも同様の現象です。
 
アルコールは高カロですから、カロリーが増えれば飢えは満たされ満腹中枢が働き、食欲が減るのでは、と考えがちですが、逆に食が進むのはどうしてなのでしょうか。
 
酔ってきますと飲み過ぎや食べ過ぎを防ぐ抑制心が働かなくなる説がありますが、この理由を確かめる実験を、英フランシス・クリック研究所のグループが行いその原因を突き止めました。
 
そのれは、マウスにアルコールをある期間与えて、その食べる量を観察したもので、アルコールを与えられたマウスの食べる量が、通常より約1~2割増えることを確認したことです。
(英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版)
 
このマウスのアルコールを与えた時の脳を調べたところ、ふだんは飢えによって食欲が増す時に働く神経細胞が活性化していることがわかったことで、人為的にこの神経細胞の活動を抑えると、アルコールを与えても食べる量は増えない結果となったことです。
 
食欲の増加は食欲中枢の「摂食中枢」からや、抑制は「満腹中枢」のホルモンや液性因子の「食欲制御物質」で制御されていますが、飲酒(アルコール)は、食欲促進因子の(グレリン ガラニン オピオイド)分泌が促進され、食欲制御系因子の(レプチン インクレチン)分泌が抑制されることで、更に食欲が増すこととなるのです。
 
これが、ダイエットの難敵、お酒を飲むと過食しやすい理由で、しっかりと自覚しておく必要がありそうだ。
 
 
 
 
 
肥満の難敵はダイエットの難敵でもあります。

現代の社会は、あらゆる分野が複雑で速度が速くなり、常時ストレスに晒されていると言えます。

ストレスが、自律神経を狂わし、体調不良や過食などに影響してメタボとなり、なかなかダイエットが進まない現実があります。
故に現代人は、ご自分のストレスを上手に扱うことが、健康管理に大切となります。
 
このストレス解消には、多くの方法がありますが、これらを簡単に言いますと、その時点の気分を変えることが必須であります。
 
そこで、ここでは代表的なストレス解消方法の、米国の有名なコンサルタントのリー・ミルティアさんが提唱する、具体的な方法をご紹介します。
 
ストレス解消の6つの方法
1.1人になれる場所を想像します。
心の理想郷、林や山頂やウォーターフロントなど自分が一番好きな場所や静かで落ち着いた場所を想像します。
デラウェア大学が行った研究では心の中で自然溢れる静かな光景を想像すると、ストレスが急激に緩和されるという結果が証明されました。
 
2.何回も深呼吸すると、自分の感情をコントロールできます。
心配のあまり心臓がドキドキしてきたら深呼吸をしましょう。
心拍数がゆっくりとなり気持ちが落ち着きます。
筋肉をリラックスさせるにも深呼吸は効果があります。
 
3.考えるからストレスを強く感じます。
だから、ストレスを感じたらリラックスしようと頭の中で考えます。
こんな事を自分に言い聞かせるのもいいでしょう。
「どんな状況にいても、私は落ち着いて冷静でいられる」。
「自分の人生は、自分がコントロールしている」。
「自分でストレス解消し、自分でリラックスできる」。
「自分の思考や行動を自分がコントロールしている」。
「ストレスを感じる場面でも、自分は効率よく有能でいられる」。
「自分が好き。自分を大切にしたい」。
「私はポジティブな、考え方をしているのでどんな状況でも何とかやっていける」。
時間を作って、心を高揚させてくれるCDを聞くと自分が持っているパワーを思い出せます。
エクササイズもまた、気分を変えるには良い方法ですし長期的な効果もあります。
 
4.自分が元気になれるプレゼントを自分にしましょう。
自分は特別な人間だと感じさせてくれる力を与えてくれるものを自分にご褒美としてあげましょう!
嫌な日はそう長くは続きません。これを忘れない事。
心が自分をコントロールするのではなく自分の考えで自分の感情をコントロールします。
自分を大切にしましょう。嫌な日などあっという間に過ぎていきます。
 
5.今の暮らしの中で良い事を思い出し、それに感謝しましょう。
どんなに今が辛くても、感謝する心があればポジティブに生きていけます。
今の暮らしで上手くいっている事に気持ちを集中させると上手くいっていないことなど
気にならなくなります。
どんなに今が辛くても世界にいる誰かが皆さんをラッキーだと思っています。
日々の暮らし中の良い事を思い出せば幸せになれます。
普遍的真実:「自分がフォーカスする事が、広がっていく」
自分の人生で「有難い」と思えることに、気持ちを集中させましょう。
 
6.フラストレーションを抱えているときは自分や自分の家族ために、自分が今後作っている明るい未来や素晴らしい冒険を考えましょう。

健闘を祈ります!
リー・ミルティア
 
 
腸は健康の基本となる、消化と排便を司る器官(腸管)で、この器官の機能が停滞しますと、
便秘症状から腸内に毒素が滞留して、身体に対する肌荒れやニキビ、食欲不振、吐き気、胸やけ、そしてガンなどの、色々の悪影響が生じることはご存知の通りです。
 
肥満もこの器官の不調から生じるものの一つで、肥満の解消は、便秘の解消が急務となります。
 
この腸管の排便不調は、腸の蠕動運動(ぜんどう)の低下を生じますが、この原因を今一度確認しましょう。
 
腸の蠕動運動(ぜんどう)は、副交感神経で活発になります。

副交感神経は、夜の22時ごろの就寝後から朝の起床時に活発となりますので、朝の食事と排便は効果的な習慣となります。
 
食事には、食物繊維の摂取することで、この蠕動運動が高まります。
食物繊維の多い食材は、葉菜や根菜、果物、きのこ、海藻、豆類、麦、玄米、などがあり、同様に、水分の補給が大切です。
 
蠕動運動は、有酸素運動も活発にします。
起床時の寝床のままの、ゆったり屈伸運動や、朝の30分程度の、ウオーキング、ストレッチなどが効果的です。
 
次は、腸のマッサージ効果です。
このマッサージは、気持ち良い程度のきつさでリラックスの状態で行うことです。
大腸は、小腸と繋がる回腸を通して、右下部に位置する盲腸から上に伸びる部分の上行結腸(じょうこうけっちょう)から、次に左横への延びる部分を横行結腸(おうこうけっちょう)となり、そこから下へ下る部分を下行結腸(かこうけっちょう)、そして最後の直腸に繋がる部分をS状結腸と呼びますが、この大腸の右の上行結腸と、左の下行結腸の両脇腹の下に、に枕などを当てて、1分間ほど反対の手で脇腹を持ち上げ、それを交互に行い、腸を圧迫刺激することで、腸の蠕動を高めることが出来ます。
更に、仰向けで下腹部を両手で1分間ほどさすることで直腸が刺激されます。
最後は、うつ伏せとなりお腹を圧迫し、深く呼吸します。
 
これらは、ご自分で仰向けになり、身体の屈伸や足を直角に曲げて、背中を中心に左右にひねり停止(8秒)する。ことなども同様の効果があります。
そして最後は、ストレスの防止です。

先に述べましたように、腸の蠕動運動は、副交感神経が優位で活発となります。
ので、ストレスがありますと交感神経が優位になって腸管の働きが抑えられてしまいます。
ストレスを感じるときは、その時に適応するご自分のストレス解消法でリラックスさせてください。
 
一般に効果的な方法には、複式深呼吸をおすすめします。
 
 
 
 
 
「酵素類」については前記に既に詳しくご説明しましたので省略し、体内の潜在酵素の不足を補完する、酵素錠剤と酵素飲料についてその特徴をお話します。
 
酵素の摂取は、体内の潜在酵素を補完するもので、市販されていますその補完(サプリ)酵素の摂取する形は、錠剤系と粉末系の固形タイプと練り系カプセルと、紙チップ(ケース)、飲料系の液体タイプの、2系統に大別されます。
 
それらのいずれのタイプも生酵素と熱処理されたものがありますので、その中身に気を付けて摂取することが必要です。
 
酵素は、熱処理しますと酵素が死滅しますので、当然ですが、生きたままの生酵素を体内に摂取することが大切です。
 
従いまして、生酵素は、生野菜や新鮮な果物の「酵素」を豊富に含む食材の摂取が大切ですし、また、それに加えて、摂取の酵素が有効に機能する手助けをする「補酵素」の、ビタミンA-B群、C、D、E、カルシウム、ナトリウム、マグメシウムなどの摂取も合わせて摂ることが必要となります。
 
最近市販の酵素商品は、野菜や果物の酵素と補酵素が豊富に含まれているものも多く、それらを同時に摂ることが出来るようになりましたが、しかし商品には各種のばらつきがありますので、それらの種類や含有量、摂取カロリー量などを調べて、貴方に合う、貴方が必要な酵素商品を選択することが大切です。
 
昨今流行の「グリーンスムージー」野菜果実スムージーやジュースは、酵素と補酵素をたっぷり含む商品が人気となっていますが、これは、液体型にすることで飲み易く、消化にも良く、消化酵素の浪費を少なくすることができますので、その分、潜在酵素を代謝酵素に活用できる利点がありお勧めです。
 
液体型でない生酵素の粉末やカプセルの個体型は、その持ち運びができることで、都合の良い場所と必要な時に酵素を摂ることと、その継続性に利便性があり重宝です。
 
 
 
 
 
痩身美健康ダイエットは、一時的なものではなく、貴方の健康で長寿の人生をご自分で作り上げることを目的としています。
 
その為これまでは、ダイエットに対する基本的な知識やダイエット成分、基礎代謝とダイエット関係機能の要点、痩身美健康の標準身体指標、生活習慣とその食習慣の考え方、食事法、ダイエット法のモデル、食品ダイエット法、ダイエッ食材の食べ合わせ等、ダイエットの全般について説明してきましたが、これらの知識や方法は、あなたの日常生活に選択し取り入れることで、よりあなたに適合するダイエットを見つけ、楽しく気楽に行位、成功の手助けとなります。
 
しかし、人はそれぞれの生活環境があり、また、加齢による身体消化、代謝機能、潜在酵素の低下、不自由な身体や経済面などで、買い物や料理、運動など日常活動の内容に制限が生じ、全ての人が最適なダイエット法を取ることができないことが多くあります。
 
外部ダイエット環境は、このようなダイエット推進の制限を補完活用するためのものです。
外部のダイエット補完環境には、民間の運動環境やその指導環境があり、専門機関の指導や治療があり、
その他に、市販のダイエットサプリや専門的薬品、健康食品、など多々があり、これらを自分のダイエット補完活動に適合させて実施することで、その成功が促進されます。
 
なおこれから、これら全般に共通のダイエット法を強化補完する、酵素ドリンクダイエット、「スムージー」について紹介いたします。
 
 
 
 
ダイエットのリバウンドは、そのダイエットを懸命に努力して、それなりの効果を上げた人が、その後に、依然と同様の肥満に、ないし、それ以上の肥満となる現象ですが、、
それは、ダイエットの途中又は中断の後に、その反動として多く見られるものです。
 
その原因は色々と考えられますが、その原因を一番知っているのはご本人なのです。
 
一般的にリバウンドの大半は、本人の性格に合わない方法で、無理にダイエットを
していることによります。
 
無理なダイエットは、大きく二つに分かれます。
一つは、運動きらいな人がエクササイズダイエットに挑戦することです。
二つは、ストレスを感じる食事法や、即効性ダイエットサプリに挑戦することです。
 
これらのダイエット法は、本人に無理な方法となり、ストレスを貯めて長続きが出来ずに、
ついつい、本人の従来の生活習慣に戻ってしまうためです。
 
従いましてダイエットの成功は、ご自分の性格の好みに合うダイエット法の選択が
一番大切なこととなります。
 
しかし一般的に共通する、無理が少なく継続して行えるダイエット法の王道は、、
「酵素ダイエット」と「マイクロプロテインダイエット」をお勧めします。
 
「酵素ダイエット」は、食にバランスを欠き、栄養に偏りがある人で、食欲の強い人、
「マイクロプロテインダイエット」は、日々ある程度の肉体的活動を継続している人、
にお勧めのダイエット法です。
 
これらのダイエット法は、緩やかで健康的なダイエット法で、即効性、劇的なダイエット法より
確りとした体質改善をしながら「痩身健康」ができ、太り難い体質のダイエットが出来ます。
このダイエット法を柱として、諸々のダイエットに効果のある知識を活用しての、
それなりの食事や運動を無理の無い範囲で補完することで、更に相乗効果を得ることが
出来ます。
 
リバウンドレス・ダイエットには、精神的ストレスの少ない「スローダイエット法」を
取り入れる事で、確かな効果を感ずることが出来るでしょう。