ダイエットの難敵便秘の解消

テーマ:
腸は健康の基本となる、消化と排便を司る器官(腸管)で、この器官の機能が停滞しますと、
便秘症状から腸内に毒素が滞留して、身体に対する肌荒れやニキビ、食欲不振、吐き気、胸やけ、そしてガンなどの、色々の悪影響が生じることはご存知の通りです。
 
肥満もこの器官の不調から生じるものの一つで、肥満の解消は、便秘の解消が急務となります。
 
この腸管の排便不調は、腸の蠕動運動(ぜんどう)の低下を生じますが、この原因を今一度確認しましょう。
 
腸の蠕動運動(ぜんどう)は、副交感神経で活発になります。

副交感神経は、夜の22時ごろの就寝後から朝の起床時に活発となりますので、朝の食事と排便は効果的な習慣となります。
 
食事には、食物繊維の摂取することで、この蠕動運動が高まります。
食物繊維の多い食材は、葉菜や根菜、果物、きのこ、海藻、豆類、麦、玄米、などがあり、同様に、水分の補給が大切です。
 
蠕動運動は、有酸素運動も活発にします。
起床時の寝床のままの、ゆったり屈伸運動や、朝の30分程度の、ウオーキング、ストレッチなどが効果的です。
 
次は、腸のマッサージ効果です。
このマッサージは、気持ち良い程度のきつさでリラックスの状態で行うことです。
大腸は、小腸と繋がる回腸を通して、右下部に位置する盲腸から上に伸びる部分の上行結腸(じょうこうけっちょう)から、次に左横への延びる部分を横行結腸(おうこうけっちょう)となり、そこから下へ下る部分を下行結腸(かこうけっちょう)、そして最後の直腸に繋がる部分をS状結腸と呼びますが、この大腸の右の上行結腸と、左の下行結腸の両脇腹の下に、に枕などを当てて、1分間ほど反対の手で脇腹を持ち上げ、それを交互に行い、腸を圧迫刺激することで、腸の蠕動を高めることが出来ます。
更に、仰向けで下腹部を両手で1分間ほどさすることで直腸が刺激されます。
最後は、うつ伏せとなりお腹を圧迫し、深く呼吸します。
 
これらは、ご自分で仰向けになり、身体の屈伸や足を直角に曲げて、背中を中心に左右にひねり停止(8秒)する。ことなども同様の効果があります。
そして最後は、ストレスの防止です。

先に述べましたように、腸の蠕動運動は、副交感神経が優位で活発となります。
ので、ストレスがありますと交感神経が優位になって腸管の働きが抑えられてしまいます。
ストレスを感じるときは、その時に適応するご自分のストレス解消法でリラックスさせてください。
 
一般に効果的な方法には、複式深呼吸をおすすめします。
 
 
 
 
 
AD
「酵素類」については前記に既に詳しくご説明しましたので省略し、体内の潜在酵素の不足を補完する、酵素錠剤と酵素飲料についてその特徴をお話します。
 
酵素の摂取は、体内の潜在酵素を補完するもので、市販されていますその補完(サプリ)酵素の摂取する形は、錠剤系と粉末系の固形タイプと練り系カプセルと、紙チップ(ケース)、飲料系の液体タイプの、2系統に大別されます。
 
それらのいずれのタイプも生酵素と熱処理されたものがありますので、その中身に気を付けて摂取することが必要です。
 
酵素は、熱処理しますと酵素が死滅しますので、当然ですが、生きたままの生酵素を体内に摂取することが大切です。
 
従いまして、生酵素は、生野菜や新鮮な果物の「酵素」を豊富に含む食材の摂取が大切ですし、また、それに加えて、摂取の酵素が有効に機能する手助けをする「補酵素」の、ビタミンA-B群、C、D、E、カルシウム、ナトリウム、マグメシウムなどの摂取も合わせて摂ることが必要となります。
 
最近市販の酵素商品は、野菜や果物の酵素と補酵素が豊富に含まれているものも多く、それらを同時に摂ることが出来るようになりましたが、しかし商品には各種のばらつきがありますので、それらの種類や含有量、摂取カロリー量などを調べて、貴方に合う、貴方が必要な酵素商品を選択することが大切です。
 
昨今流行の「グリーンスムージー」野菜果実スムージーやジュースは、酵素と補酵素をたっぷり含む商品が人気となっていますが、これは、液体型にすることで飲み易く、消化にも良く、消化酵素の浪費を少なくすることができますので、その分、潜在酵素を代謝酵素に活用できる利点がありお勧めです。
 
液体型でない生酵素の粉末やカプセルの個体型は、その持ち運びができることで、都合の良い場所と必要な時に酵素を摂ることと、その継続性に利便性があり重宝です。
 
 
 
 
 
AD
痩身美健康ダイエットは、一時的なものではなく、貴方の健康で長寿の人生をご自分で作り上げることを目的としています。
 
その為これまでは、ダイエットに対する基本的な知識やダイエット成分、基礎代謝とダイエット関係機能の要点、痩身美健康の標準身体指標、生活習慣とその食習慣の考え方、食事法、ダイエット法のモデル、食品ダイエット法、ダイエッ食材の食べ合わせ等、ダイエットの全般について説明してきましたが、これらの知識や方法は、あなたの日常生活に選択し取り入れることで、よりあなたに適合するダイエットを見つけ、楽しく気楽に行位、成功の手助けとなります。
 
しかし、人はそれぞれの生活環境があり、また、加齢による身体消化、代謝機能、潜在酵素の低下、不自由な身体や経済面などで、買い物や料理、運動など日常活動の内容に制限が生じ、全ての人が最適なダイエット法を取ることができないことが多くあります。
 
外部ダイエット環境は、このようなダイエット推進の制限を補完活用するためのものです。
外部のダイエット補完環境には、民間の運動環境やその指導環境があり、専門機関の指導や治療があり、
その他に、市販のダイエットサプリや専門的薬品、健康食品、など多々があり、これらを自分のダイエット補完活動に適合させて実施することで、その成功が促進されます。
 
なおこれから、これら全般に共通のダイエット法を強化補完する、酵素ドリンクダイエット、「スムージー」について紹介いたします。
 
 
 
 
AD
ダイエットのリバウンドは、そのダイエットを懸命に努力して、それなりの効果を上げた人が、その後に、依然と同様の肥満に、ないし、それ以上の肥満となる現象ですが、、
それは、ダイエットの途中又は中断の後に、その反動として多く見られるものです。
 
その原因は色々と考えられますが、その原因を一番知っているのはご本人なのです。
 
一般的にリバウンドの大半は、本人の性格に合わない方法で、無理にダイエットを
していることによります。
 
無理なダイエットは、大きく二つに分かれます。
一つは、運動きらいな人がエクササイズダイエットに挑戦することです。
二つは、ストレスを感じる食事法や、即効性ダイエットサプリに挑戦することです。
 
これらのダイエット法は、本人に無理な方法となり、ストレスを貯めて長続きが出来ずに、
ついつい、本人の従来の生活習慣に戻ってしまうためです。
 
従いましてダイエットの成功は、ご自分の性格の好みに合うダイエット法の選択が
一番大切なこととなります。
 
しかし一般的に共通する、無理が少なく継続して行えるダイエット法の王道は、、
「酵素ダイエット」と「マイクロプロテインダイエット」をお勧めします。
 
「酵素ダイエット」は、食にバランスを欠き、栄養に偏りがある人で、食欲の強い人、
「マイクロプロテインダイエット」は、日々ある程度の肉体的活動を継続している人、
にお勧めのダイエット法です。
 
これらのダイエット法は、緩やかで健康的なダイエット法で、即効性、劇的なダイエット法より
確りとした体質改善をしながら「痩身健康」ができ、太り難い体質のダイエットが出来ます。
このダイエット法を柱として、諸々のダイエットに効果のある知識を活用しての、
それなりの食事や運動を無理の無い範囲で補完することで、更に相乗効果を得ることが
出来ます。
 
リバウンドレス・ダイエットには、精神的ストレスの少ない「スローダイエット法」を
取り入れる事で、確かな効果を感ずることが出来るでしょう。
 
日本には、食文化研究家の桜沢如一氏考案の「健康長寿法」マクロビオティックと呼ぶ、
当時の食生活の「玄米菜食」で、「玄米」を主食とする菜食、海草の「薬膳」食事法です。
 
これは、食材にはその特性を大別して、体を温める「陽」の食材と身体を冷やす「陰」の食材、
その中間の「中庸」の食材がありますが、食は「中庸」を主とし、「陽」「陰」を調和して
食することが、この「痩身健康長寿」となります。
 
従いまして、陰陽食材からの食べ合わダイエットは、その摂取に食材の中庸、陽、陰、の食材
を知ることが大切です。
尚、陰陽の食材では、「極陰」「極陽」共に、その過食は害となります。
 
大まかな陰陽食材の判断は、寒い地では、「陽性」、暑い地では、「陰性」の食材が多く、
「中庸」でも、土の中で育つものは「陽性」、土から地上へ育つものは「陰性」と言えます。
 
陽性食材とその順位
鶏や家畜の肉、卵、精製塩、チーズ、魚介類。
 
陰性食材とその順位、
乳製品、コーヒー・紅茶、アルコール、添加物食品、香辛料、豆腐、精製糖、白米、冷凍食品、
缶詰、熱帯果実。
 
尚詳しくは、下記の日本CI協会の「食べ物陰陽表」をご覧ください。
 
健康ダイエットは、体温を平温に保ち、代謝力と免疫力を円滑にした生活が必要ですので、
陰性の食べ物は、適宜、温めるなどして体温の低下に注意することです。
 
 
 
 
ダイエットの食事の基本は、食の摂取カロリーとその代謝にありますが、
その相互関係は、[摂取カロリー<代謝]でなくては、ダイエットになりません。
 
が、摂取カロリーの少なくするには、その摂取量を少なくするか、その摂取量を
上回る代謝が必要となるわけで、ここで考えるべきは、[消化酵素+代謝酵素=1(一定)]
と言うことなので、自ずと「消化酵素量」<「代謝酵素量」の摂取が必要となります。
 
この関係が崩れ、[摂取カロリー>消化酵素量]となりますと、消化不良となって
肥満に傾きますし、[代謝量>酵素量]となっても、代謝不足となって、肥満に傾斜しまます。
 
ダイエット法は、多くの方法がありますが、従来の食習慣を、効果的に踏襲しながら、
徐々に細身体質に改善することとなりますが、それは、健康を維持する、効果的な栄養の
摂取を継続することが大切となり、この一つが、食材の食べ合わせです。
 
ダイエットに、食べ合わせが大切なのは、当然に健康に効果のある食、食材の相乗効果で、
更なる健康強化がもたらされる組み合わせ食の摂取が必要で、これが間違えますと、
体調を崩して、ダイエットに大きな影響を及ぼし、ダイエットの中断や断念に繋がるからです。
 
太古からの知恵で、食べ合わせは伝承されていますが、中には、その良し悪しに疑問なものも含まれていますので、ここでは、代表的な組み合わせを紹介して、ダイエットの成功を期します。
 
最近の栄養学や医学で、伝承的な「食べ合わせ」の可成りのもの良否が解明されています。
 
 
健康スムージー
 
 
 
ダイエット食は、痩身健康を高める基本要素の、「栄養素、酵素、ミネラル、免疫力、食物繊維」を、適切量摂取することが必要です。
 
従いまして料理は、これらを豊富に含み、消化と代謝のバランスを考えた食材のより効果的な
組合せをおこないます。
 
なお、昨今の40代の人はタンパク質の摂取が不足していて、加齢による老化が懸念されています。

蛋白質は、身体を創るアミノ酸の原料ですので、この不足は、代謝の悪い疲れやすい身体を作ることに繋がります。
 
また、たんぱく質は、動物性+植物性の、それらが持つ互いの不足栄養素を補完し、また、相乗の良さを活かすために、双方をバランスよく摂取することが大切です。
尚、食べ合わせの悪い食に注意することは当然なことです。
 
さて、本題に戻り、食べ合わせ食材の代表例を確認します。
「たんぱく質」食材 =「アミノ酸」+ビタミンなど。
とんかつ+千切りキャベツです。→脂質分解でアミノ酸と糖質、脂質の吸着。
酢豚+パイナップル→たんぱく質の分解と消化酵素で、アミノ酸。
肉+ワサビ→たんぱく質の消化促進でアミノ酸と疲労回復。。
生ハム+メロン→たんぱく質の消化促進と塩素の排出。
牡蠣+豆乳→糖質・脂質の分解と代謝促進。

青魚+抹茶→疲労回復と脳の老化防止。
うなぎ+梅干し→疲労回復。
魚+大根おろし→消化促進と代謝。
納豆+しらす→アミノ酸とカルシュウムの吸収。
納豆+卵→老化防止と免疫強化。
アーモンド+レモン→免疫強化。
ビール+青汁→栄養バランス。
 
これらはほんの一例ですが、蛋白質、糖質、脂質の三大栄養素食材と、それらを分解吸収する酵素や補酵素の含む食材、それら栄養素をさらに吸収や代謝を促進する食材との食べ合わせと、又、ダイエッとは体温の維持が大切ですので、陰性食材に陽性食材を加えるなどの工夫が大切です。
 
 
 
 
現在、女性に人気のダイエット法の一つに、「ヨーグルトファースティングダイエット」があります。
 
ここでヨーグルトの摂取は、「腸内フローラ」の改善に、乳酸菌の酵素活動を活性化し、善玉菌を増やし、血液の浄化と整腸作用を円滑にして排便を促して、代謝と免疫、老廃物を排出を高めるて、結果として、ダイエット効果が期待できます。
 
このヨ―グルトの整腸デトックスに、ファスティング(断食)を取り入れたダイエット法が、「ヨーグルトファースティングダイエット」で、このダイエット法は、過食や、偏食、間食の依存症、習慣がある人に効果があります。
 
ただし、「ファースティングダイエット法」本格的な「断食法」と、通常の食事の胃に負担の掛からない食事に、朝食にヨーグルトの摂る、又は、夕食にヨーグルトを摂るなどのプチ断食から入り、必要に応じてその増減を行う方法、とがありますが、本格的な「断食法」は、外部の「断食道場」や「合宿」などの専門治療所で行われることをお勧めします。
 
 
ただ、プチ断食には、水分が不足しがちとなりますので、この補給に気をつけましょう。
また、脂肪燃焼効果を高めるために、炭酸水(レモン)を、コップ1/3を数回に分けて、野菜ジュースなどと共に飲まれるとよいでしょう。
 
「ヨーグルトファスティング(プチ断食)法」は、ならこれまで様々なダイエットを試してみてもいまいち効果がなかった人が、「痩せられた」と答えていますし、ダイエット後のリバウンドが少ないことも、このダイエット法の人気の理由となっています。
 
ヨーグルトダイエットにおけるヨーグルトの選択は、
「プロバイオティクス」と記載のヨーグルトを選ぶ。
「プレーン」ヨーグルトを選ぶ。
甘さが必要な人は、「オリゴ糖」を混ぜて飲食します。
 
ヨーグルトが健康や美容によいことは一般的によく知られていますが、これに断食を加えることで、今まで休みなく使われていた胃腸を休ませて、胃腸の機能回復をすること、断食の空腹感をヨーグルトとスムージで補えること、これらで摂取カロリーの減とデトックスにより、ダイエットに大きな効果があります。
 
                                              ロイヤルスムージー
 
 
 

黒酢ダイエット法

テーマ:
黒酢ダイエット法は、普段の生活にお酢を取り入れるだけの簡単な方法で、食事制限や運動が強要されないため、今日から直に実践できる手軽なダイエット方法と言えます。
 
昔から、黒酢が体によいことはよく知られていますが、ただし、黒酢は「独特な味や香り」から飲みにくいという方も多いのではないかと思います。
 
特に、お酢が苦手な方は「お酢を飲むなんて考えられない」と思われるかも知れませんが、近年はお酢の持つ健康・美容効果が話題になり、黒酢にも様々な種類があり、ロイヤルゼリーなどを含有した飲用のお酢が販売されるなど、以前と比べて飲み易くなっています。
 
黒酢は、熟成するまでに1~3年ほど寝かせることで発酵が進み、通常のお酢には殆ど含まれないアミノ酸が含まれています。
 
 
また、酸味の元となるクエン酸も含まれていることから、健康管理には勿論ですがダイエットにも非常に有効な食品なのです。
 
なお、お酢には、カルシウムの吸収を高める効果があるのですが、近年の研究ではカルシウムには脂肪の吸収を阻害する働きがあることがわかっており、お酢を摂ることでカルシウムの吸収率が上がり、結果、脂肪の蓄積を防ぐことができるのです。
 
カルシウムは日本人に足りない栄養素とよく言われますが、大事なのは摂取量だけではなく、摂取後の吸収率も大切で、お酢を摂ることは、カルシウムを上手に取り入れることに繋がります。
黒酢の摂取法は、基本的に時間を決めなくても、1回10mlずつ3回にに分けて、1日30mlの量を摂取しますと、お酢の効果を長く保つことができると言われています。
 
また、お酢をそのまま飲むのはつらいという方は、サラダのドレッシングに混ぜるとか、牛乳などの飲み物に入れて摂る方法もお勧めします。
 
先に、黒酢ダイエット法は飲むだけのダイエット法で簡単な方法ですが、この効果の鍵は継続することで、肥りにくい体質をつくります。
 
勿論、ジョグングなどの有酸素運動を加えることでより効果的なダイエットが出来ます。
 
 
 

ダイエットの成分一覧

テーマ:

ダイエットの成分には、その主成分と成分の複合で活性化する成分、

間接的に作用する成分など、多種の成分がありますが、その主成分を記載します。

この主成分名を主とする、ダイエット法やダイエット商品が通例です。

 

例えば、「カプサンシン燃焼ダイエット」などです。

 

下記の記号 〇=有効、※=摂り過ぎ要注意、△=食材

 

ダイエット成分には次のようなものがあります。

 

ギムネマ()〇炭水化物(糖質)抑制。※鉄分不足、低血糖。妊娠。△ハーブ名

サラシア〇糖質抑制、整腸。※低血糖。妊娠不可。△ハーブ名

 

コレウスフォルスコリ〇脂肪燃焼、代謝、糖質抑制。△コレウスフォルスコリ(植物)

カプサンシン〇脂肪燃焼、代謝、血行。※胃痛、刺激。△唐辛子。

オルニチン〇脂肪燃焼。アルコールの代謝。※蓄積されない。△しじみ。

カルニチン脂肪燃焼、抗酸化、善玉コレステロール。※吐き気、胃痛。△豚肉。

ナイアシン〇脂肪燃焼、血行、神経の機能、皮膚、粘膜、アルコール※神経過敏、頭痛。△豚肉

シトラスアランチウム〇脂肪燃焼、、※めまい、震え、頭痛、△だいだい。

キトサン〇脂肪制御、排泄促進、血圧、コレステロール抑制。※アレルギー。

ラクトフェリン〇脂肪抑制、善玉菌、鉄分吸収、骨粗鬆。※貧血、あれるぎー。△乳製品。

ガルシニア〇脂肪制御、食欲抑制、※心臓、精巣。△ガルシニア(果実)

 

セレニウム〇抗酸化、ミネラル解毒、更年期障害、生理不順、脳血栓、心筋梗塞。※胃腸、末梢神経、爪、脱毛。△魚介類。

αリポ酸(補酵素)〇消化、代謝、抗酸化、疲労、老化。※低血糖。△炭水化物、

ビール酵母〇整腸、便秘、生理不順、ストレス、△発酵食品、酒類、漬物、調味料。

メリロート〇むくみ、高血圧、コレステロール抑制、抗酸化。※肝機能、頭痛。△ハーブ名。

 

                          

                                痩身美容研究所