ビタミンCの新知識

テーマ:
ビタミンCは一般的に、「老化防止と美容」に欠かせない栄養素として知られていますが、最近の研究で、体内でその多様な効能が発見され、ビタミンCの新常識として注目されいます。
 
これらの効果を背景に、従来の厚労省推奨のビタミンC摂取量100mg/日では不足とする学説が多くなっています。
 
「老化防止と美容」に欠かせない物質は、抗酸化栄養素と呼ばれていますが、これは、体内の錆(酸化)を抑える機能物質で、一般では、アンチエージング物質と呼ばれます。
 
体内の酸化とは、化学的には、体内の1細胞が酸素原子が増えること、又は逆に水素原子が減ることを言います。
 
ビタミンCは、酸化された細胞に水素原子を戻して、細胞を正常に戻す「還元」(レドックス)作用を行います。これが抗酸化作用というのです。
 
さて、本題ですが、ビタミンCの研究が進むにつれて、この抗酸化力は全身の酸化を防ぐ抗酸化と、身体の活性酸素を還元して無害化する機能で、身体の多くの細胞と組織をまもることで、単に、一般的な「老化防止と美容」にという概念の幅と奥行きが広がり、悪玉コレステロールの抑制、血管や筋肉、皮膚や骨などの細胞を結合するコラーゲンを合成する補酵素として、抗ウイルス作用のインターフェロンの活性化で免疫力の強化、神経伝達物質や抗ストレスホルモンなど副腎ホルモンの分泌と合成、白内障の予防、鉄の吸収を助けて貧血の予防改善など、全身の健康を守る栄養素として見直されたのです。
 
生活のストレスは、不安やプレッシャー、緊張などの精神的なストレスに加えて、寒さ・暑さや睡眠不足、騒音、喫煙、激しい運動時や、病原菌の感染などもストレス要素であり、これらで、通常よりビタミンCの必要量が増加します。
 
故に日常、ストレスにさらされやすい環境で生活をしている方は、確りと、ビタミンCを摂ることが大いに大切です。
 
ビタミンCは、野菜や果物に多く含まれていますが、熱に弱く水に溶けやすいので、その摂取方に工夫が必要となります。
 
 
 
AD

牛乳を有害とする根拠

テーマ:
今や日本の牛乳は国民の栄養とカルシウムの飲料として愛飲されています。

が、牛乳が健康に悪いとされる議論は、既に半世紀に亘って続いていて、牛乳摂取の良否が私たちの注目する課題です。
 
それでここに、牛乳を否定する研究機関の論拠の主なものを述べて見ますので、牛乳摂取の判断の参考にして頂きたいと思います。
 
「牛乳に、骨粗しょう症の予防効果はない」
「牛乳をたくさん飲む人ほど寿命が短い」→「D-ガラクトース」を指摘。
「女性に至っては骨折率まで上昇する」→動物蛋白質のこ過剰摂取。
スウェーデンのウプサラ大学研究チーム
米国のハーバード大学医学部教授ウォルター・ウィレット医学博士
アメリカ国立衛生研究所
 
「牛乳の糖質は、消化器症状を引き起こす」→レニンとラクターゼの消化酵素が必要。
「牛乳のたんぱく質は、アレルギー体質をつくり易い」→カゼインを指摘。
「日本人は世界一乳糖不耐症が高い」→遺伝的体質。→消化不良。
「子供たちに牛乳を与えないほうがいい」
ジョンズ・ホプキンス大学医学部小児科部長のフランク・オスキー医学博士は
小児科医ロバート・メンデルソン医学博士。
「牛乳の脂質は、心筋梗塞、脳卒中、がんのリスクを高める」
ボストン州立大学のG・バークリー博士
お茶の水クリニックの森下敬一博士。
 
これ等から「牛乳」は、「カルシウム源として不適切」とする、様々な健康被害の実態が明らかになってきたことが分かります。
 
さて、これらの世界の医学界の権威の長年の研究でありますが、当然に、その反証も多く存在します。
 
そこで、これらの研究の受け止め方ですが、この殆どは、「過剰摂取」がキーワードとなっていますので、結論的には、例外の遺伝体質を除いて、牛乳1日360cc程度の栄養バランスを考えた食事での生活であれば、安全であると言えます。
 
 
                                   痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」
 
 
 
AD

健痩美寿と睡眠の科学(2)

テーマ:
健痩美寿と睡眠の科学(1)では、睡眠と「睡眠ホルモン」の学説、「アデノシン」と「メラトニン」についてお話してきましたが、ここでは、睡眠と疾病について基本的な関係をお話します。
 
[必要な睡眠時間]
人が健康に生活するための最適睡眠時間は、8時間です。
先進国6ヶ国の、25~55歳までの成人の睡眠時間国際調査で、日本は、6時間22分で最下位国です。
 
[日光と睡眠]
人は、強い光(青色)で、日を統制する大元の脳の体内時計を「メラトニン」でリセットし、身体リズムの刻みを始動し、睡眠に備えて「メラトニン」の分泌を抑制して、睡眠帯の「体」と「脳」と「心」の蘇生メインテナンスを行います。
 
[朝食と睡眠]
朝食の摂取は、内臓時計を制御し、体温や血圧を正常に高めて、睡眠時の真夜中の「メラトニン」量をピークとして、心身の修復と回復に作用します。
又、朝食後の12時間後には、身体の体温が低下し始め、睡眠の準備を開始しますが、朝食抜きの場合は、12時間後の体温は上昇を始め、睡眠の阻害要因となります。
 
朝食抜きのダイエットは、睡眠帯のズレや、睡眠時中の「メラトニン」の分泌の分散などしてピークが低く小波となるなどが生じ、良好な身体の抗酸化による修復ができないために、身体の老化や精神の不安定、高血圧、肥満、糖尿病、など他、諸疾病の要因リスクが蓄積されてゆきます。
 
良い睡眠は、これらを背景として、1.頭を良く使うこと。2.肉野菜の朝食をとること。3.就寝前2時間までに体温が高くなっている(お風呂や軽い運動)こと。4.吸う呼吸は交換神経、吐く呼吸は副交感神経を使うので、吸う息の時間を短く、吐く息を長くして、副交感神経を優位にすることで睡眠に誘導する。
 
尚、メラトニンは、体内で、トリプトファン(必須アミノ酸)→セロトニン→メラトニンと生成されますので、食材のトリプトファンを摂取が必要で、それは、肉類や魚介類などに多く含まれています。
これらを意識して、良い睡眠に繋げることです。
 

痩身美容研究所「ローヤルスムージ―
 
 
 
AD
貴方の健康を支える「痩健美」ダイエットは、その「痩健美」で長寿であることです。
この「痩健美」に一番大切なことは、「腸の健康」です。
 
痩健美の基本は、これらを含め、腸内細菌「腸内フローラ」のバランスを崩さないことで、それが、人の身体の自律神経を整え、自然な痩健美を保持する最大の方法となります。

「乳酸菌」を多く含む食品の代表には、「ヨーグルト」「チーズ」「味噌」があり、植物性乳酸菌では、「漬物」「キムチ」などの発酵食品がありますが、これらを積極的に摂取することで、腸内を酸性にし、ビフィズス菌など善玉菌の活性を高め維持し、良い栄養素のビタミンBやK、12を体内に、そして、腸の蠕動運動を正常化して、有害物を体外に排出しますので、便秘解消で美腸を作り、代謝の促進で太り難い身体となることから、「痩健美」体を促進します。
 
さて「腸の健康」で、最近話題の「痩せる乳酸菌」ですが、その痩せる基本とは、快便にあります。
 
乳酸菌「善玉」の代表格は、ビフィズス菌で、整腸作用の働きで、必要なものの吸収と不要なものの排出を積極的に行います。
 
その他には、「ガゼリ菌SP株」があります。「ガゼリ菌」は、小腸内で吸収を助け、体脂肪(皮下脂肪と内臓脂肪)を減らす効果と、発がん性物質を抑える働きがあると言われます。
更に、腸内環境を整える乳酸菌に、「ラブレ菌」「ヤクルト菌」「ブルガリクス菌」などがあります。
 
さて、この乳酸菌の摂り方ですが、摂取の乳酸菌が生きたまま腸に届くには、食事を消化する「胃酸」を避ける必要があります。
 
この為には、胃腸の働きを活性化し、消化酵素を大量に消費する、酸味、辛み、甘み、その他のコーヒーや紅茶、緑茶やアルコールなど刺激物、調味料などの添加物食品を避ける必要があります。
 
胃酸の分泌を抑える食品には、
大根おろし。アミラーゼ、プロテアーゼ、オキシターゼなど、消化酵素他。
牛乳、ワカサギ、コマツナ、ヒジキなど、カルシウムを含むもの。
アーモンド、ヒジキ、納豆、カキなど、マグネシウムを含むもの。
レバー、たまご、サザエ、アワビなどアラキドン酸を含むもの。
と一緒の摂取が望まれます。
 
胃の粘膜を保護する食品には、
ビタミンUを含む、キャベツ、ブロッコリー、レタス、アスパラなどが良い食品となります。
が、日常でこれらの摂取は、難しいものとなりますので、出来るだけ消化の良い食品と、胃酸の少ない環境で、空腹時を避けての摂取がお奨めです。
 
そして、乳酸菌が活性化する温度は、38℃~40℃ですので、温めて摂る「ホットヨーグルト」が良策です。
 
なお、このヨーグルトの摂取時間も、副交感神経が優位となる22時以降の時間帯を考慮し、夕食後の摂取と、継続しての摂取がおすすめです。
 
 
                    「ローヤルスムージ―」
 
 
肥満は、体内脂肪細胞に、中性脂肪が多く蓄積された状態を言います。
 
この体内肥満細胞には、脂肪を合成し、分解し、蓄積する働きを持つ、3種の「アドレナリン受容体」と言われる、主要な遺伝子がありますが、その1つが「β3アドレナリン受容体」で、この(β3AR)は、交感神経の指令で分泌される「アドレナリン」と結合して、その脂肪組織内中性脂肪を分解燃焼させて、中性脂肪の蓄積を防御して、肥満を防止します。
 
しかし、この「β3AR」に異常が生じますと、当然ながらその働きは異常となり、中性脂肪の分解、燃焼は低下又は停止しますので、カロリー代謝は出来ず、脂肪細胞が蓄積されて肥満に進みます。
 
日本人に見られるこれら肥満遺伝子の異常は、「β3アドレナリン受容体」異常者で、1/3人、「脱共役たんぱく質1」(だつきょうえき たんぱくしつ 1)異常者で、1/4人、「β2アドレナリン受容体」異常者で、1/6人、と言われ、
 
「β3アドレナリン受容体」異常者は、「内臓脂肪型」(リンゴ型肥満)に、
「脱共役たんぱく質1」異常者は、「皮下脂肪型」(洋梨型肥満)に、
「β2アドレナリン受容体」異常者は、「痩身型」(バナナ型)に、
なる傾向が多いと言われます。
 
ただ、肥満遺伝子の異常は、ダイエットで要留意事項ですが、これら肥満遺伝子異常よりも、生活習慣が、内臓脂肪自体を酸化させ、脂肪細胞が異常になることで、より「肥満」に影響すると言われます。
 
※肥満遺伝子の異常が気になる方は、インターネットなどで、肥満遺伝子の検査キット(検査セット)を、 3万円ぐらいで購入することができます。

尚、脂肪細胞には、余分なカロリーを蓄積する「白色脂肪細胞」と、食事や体内のエネルギーを燃やして体温を維持しする「褐色脂肪細胞」の2種がありますが、肥満は、脂肪細胞の99%を占める「白色細胞」がその主体です。
 
他の1%しかない「褐色脂肪細胞」は、首の後ろ、肩甲骨(けんこうこつ)の下部、心臓の大動脈の周り、腎臓の周り、などです。
 
                           
                                   痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」
 
 
あなたは、O-157に罹った子供と罹らなかった子供の違いや、アレルギーやアトピーなどに罹る人、罹らない人の違いが、人の出生初期の健康な「腸内細菌」と「免疫体質」にあることを知っていますか?。
 
メタボ症候群の起因は、生活習慣病にあると言われ、その重大な一部が、食生活があることは広く知られています。
 
人の食欲は、あなたの好みがその質を決めますが、それを人はその食を「身体が欲している」と言います。
 
この食の欲望が、「肥満と痩せ」の欲望であり、その大半は「腸内細菌」が欲しているのです。
さて他方に、「腸内細菌」と無関係と思われる精神疾患のうつがありますが、うつは、脳内セロトニンの不足から発症するとされています。
 
しかし、脳のセロトニンは、体内のそれの僅かに5%しかなく、そのセロトニンの95%が腸内で生産され存在します。
 
腸はまた「第二の脳器官」と「最大の免疫器官」であり、腸内の免疫細胞は、腸壁にリンパ組織を形成して、腸内に入ってきた物質を良いか悪いかを判断すると同時に、それらをパターン化して記憶し、それらを吸収するか排泄するかの仕組みを持つほか、脳内の神経伝達物質「セロトニン」の95%が腸で作られているのです。
 
更に腸には、多くの血管や神経が集まっていて、腸内細胞で産生される様々なホルモン(ペプチド性ホルモン=脳内ペプチド)や、酵素、ビタミンB6、B12、K、やタンパク質を合成して、血液を通して全身に分泌します。
 
これら腸の働きは「腸内フローラ」と呼ばれ、その種類が約500~とされる「腸内細菌」が司り、この機能は生後、僅かに1年でその殆どが備えられて、その「腸内細菌」が生涯を共生して、これらの大切な整腸機能と作用を行っているのです。
 
故に、生後1年の幼児の「腸内細菌」の育ち方が、人の痩せや肥満、アレルギーや精神疾患の体質の基盤となることから、共存する「腸内細菌」の質とその管理が、痩健美ダイエットを行う上で、極めて重要であることの認識が必要です。
 
 
                                   痩身美容研究所「ローヤルスムージ―」
 
 
 
「血糖値スパイク」の予防対策をしていますか?

あなたは、ダイエッとの難敵であり、成人病の原因ともなる、「血糖値スパイク」を、どうしたら防げるのかご存知ですか?
 
「血糖値スパイク」とは、食後血糖値の急上昇のことです。
(詳しくは、「血糖値スパイク」をご参照ください。)
 
この食後血糖値の急上昇は、肥満に繋がる事はよく知られています。
そのため、食後血糖値を緩やかにする様々なダイエット法が提唱されいます。
 
この「血糖値スパイク」の代表的予防対策 に、食事は「食べる順番」と、運動は「食後の運動」のダイエット法があります。
 
■食べる順番
以前にも「食べる順番ダイエット法」が注目されましたが、ダイエットに限らず血糖値の急上昇を防ぐ健康法として、食べる順番が重要です。
 
その順番は、食物繊維(野菜)→2.タンパク質(肉・魚)→3.炭水化物(ごはん)です。
この順番の要点は、「糖」の吸収を緩やかにするために、食物繊維を最初に摂る方法です。
食物繊維は腸内環境を整えるにも有効なので積極的に摂るのがオススメです。

しかし他方、最近では、肉や魚などのタンパク質を最初に食べたほうが良いという専門家もいます。
 
この提唱は、肉や魚などに含まれる、インクレチンというホルモンが放出され、その働きで胃腸の動きが遅くなり糖の吸収が遅くなるためです。
 
何れにせよ、糖質の多い炭水化物は最後に食べることです。
これにより血糖値の急上昇を防ぐことができます。
 
■食後の運動
食後に、すぐに動きますと血糖値が速やかに下がることが分かっています。
また、食後は、消化を良くするために横になると良いと言われますが、血糖値スパイクの予防についてば、食後はすぐに体を動かすことがオススメとなります。

この運動で血流が筋肉に取れられ、胃腸消化の動きが低下して、糖の吸収に時間が掛かり、これにより、血糖値の急上昇を抑えることが出来るとです。
 
■1日3食
血糖値スパイクの予防には食事の回数も重要です。
最近は、朝食抜きや1日1食の人も増えているようですが、血糖値スパイクの予防については、規則正しい生活習慣の1日3食が良いのです。
 
例えば、朝食抜きや昼食抜きなど、空腹の時間が長ければ長いほど、血糖値の急上昇値が高くなることが、臨床実験で明らかになっています。
又、インスリンの働きも弱くなりますので、血液中の糖の量も増加し、ドロドロ血流のリスクが高まります。
 
 
 
ダイエットの成功の大きな要素に、食(栄養・ミネラル)、感情(ストレス)、運動(軽運動)がりますが、これらの三要素は互いに密接に係っています。
 
ここではその一つ、ダイエッとの難敵「運動嫌い」について述べます。
 
一般的に肥満の人は、「運動嫌い」の人が多くいます。
 
この「運動嫌い」の肥満の人は、身体の活動量が少ないため、体内の消費カロリーも少なくなり、食事や間食で摂取したカロリー量に対する消費カロリー量の不足となります。
 
飲食の過食カロリー分の消費カロリー量の不足は、即肥満化に進んでゆきます。
この事は、今や巷の常識と言えることですが、尚ここで大事なことは、食に対する体内の酵素不足が加齢とともに減少することで、体内は過食状態となること、それに加えて、「運動嫌い」は、更に体内の代謝機能能力を低下させることです。
 
昨今、太ももの筋肉が動くことで、全身の細胞を活性化するホルモンが照射され、細胞の代謝を高めることが分かってきています。
 
即ち、太ももの筋肉を動かさない、「運動嫌い」の人は、運動する人に比較して、筋力も低下しますし、更に、消化と代謝の酵素不足を生じて、身体の総合的な代謝機能と能力が著しく低下することになり、肥満の解消は困難となるわけです。
 
 

ダイエッとの難敵「便秘」

テーマ:
貴方は便秘にお悩みではないですか?

便秘は、ダイエットをしている方に多いと言われます。
それは何故でしょうか?
 
ダイエットをしているから便秘となるのか、それとも、便秘から肥満となるのか?
考えさせられますね。
 
その答えは、何方も正解なのです。
 
故に、ダイエッとの難敵は、「便秘」であり、便秘とダイエットは、体内で「負」の
悪循環を作ることになります。
 
ダイエットによる「便秘」は、ダイエット法の間違えで、食の制限などで、栄養やミネラルなどが不足し、腸内の悪玉菌の増加し優勢となって整腸作用が崩れて生じます。
 
他方の「便秘」は、既に腸内の悪玉菌が優勢となっている状態にあり、更に、整腸作用を不調にし、頑固な便秘となってゆきます。
 
この「便秘」を改善するには、腸内の「善玉菌」を優勢にすることが必須となります。
 
そして、その対策は、便を柔らかくする水分の補給と、「善玉菌」を増やす「水溶性食物繊維」のりんご、みかんなど果実、キャベツ、イモ類、アボカド、オクラ、きのこ類、海藻類、こんにゃく、やまいも、ごぼう、納豆などの摂取が必要です。
 
加えて、「不溶性食物繊維」の代表格は。大豆、ゴボウ、小麦ふすま、穀物、シリアル食品などです。
 
ただし、一般に言われる食物繊維には、水溶性と不溶性繊維の双方が含まれていますので、「便秘」には食物繊維と言われているのです。
 
「便秘」改善の機能は、「水溶性食物繊維」で便を柔らかくして、「不溶性食物繊維」で、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を高めて整腸作用を整え、ダイエッとの難敵、「便秘」を解消します。