ダイエットの成分一覧

テーマ:

ダイエットの成分には、その主成分と成分の複合で活性化する成分、

間接的に作用する成分など、多種の成分がありますが、その主成分を記載します。

この主成分名を主とする、ダイエット法やダイエット商品が通例です。

 

例えば、「カプサンシン燃焼ダイエット」などです。

 

下記の記号 〇=有効、※=摂り過ぎ要注意、△=食材

 

ダイエット成分には次のようなものがあります。

 

ギムネマ()〇炭水化物(糖質)抑制。※鉄分不足、低血糖。妊娠。△ハーブ名

サラシア〇糖質抑制、整腸。※低血糖。妊娠不可。△ハーブ名

 

コレウスフォルスコリ〇脂肪燃焼、代謝、糖質抑制。△コレウスフォルスコリ(植物)

カプサンシン〇脂肪燃焼、代謝、血行。※胃痛、刺激。△唐辛子。

オルニチン〇脂肪燃焼。アルコールの代謝。※蓄積されない。△しじみ。

カルニチン脂肪燃焼、抗酸化、善玉コレステロール。※吐き気、胃痛。△豚肉。

ナイアシン〇脂肪燃焼、血行、神経の機能、皮膚、粘膜、アルコール※神経過敏、頭痛。△豚肉

シトラスアランチウム〇脂肪燃焼、、※めまい、震え、頭痛、△だいだい。

キトサン〇脂肪制御、排泄促進、血圧、コレステロール抑制。※アレルギー。

ラクトフェリン〇脂肪抑制、善玉菌、鉄分吸収、骨粗鬆。※貧血、あれるぎー。△乳製品。

ガルシニア〇脂肪制御、食欲抑制、※心臓、精巣。△ガルシニア(果実)

 

セレニウム〇抗酸化、ミネラル解毒、更年期障害、生理不順、脳血栓、心筋梗塞。※胃腸、末梢神経、爪、脱毛。△魚介類。

αリポ酸(補酵素)〇消化、代謝、抗酸化、疲労、老化。※低血糖。△炭水化物、

ビール酵母〇整腸、便秘、生理不順、ストレス、△発酵食品、酒類、漬物、調味料。

メリロート〇むくみ、高血圧、コレステロール抑制、抗酸化。※肝機能、頭痛。△ハーブ名。

 

                          

                                痩身美容研究所

 

 

AD

豚肉ダイエット

テーマ:
豚肉でダイエット??とは、肉類の中でそのカロリーも253kcal/100gと高く、驚かれる方もおられると思います。
 
では何故「豚肉ダイエット」なのか。
 
「豚肉ダイエット」で使用する肉は、豚肩ロースを使います。
 
豚肩ロースは、筋肉や酵素の材料の材料となる蛋白質と活動エネルギーとなる単位カロリー量の高い脂質の成分が豊富に含まれています。
 
肥満は、糖質と脂質の過剰摂取でもたらされますが、豚肩ロースの糖質量は、100gあたり0.1gと糖質が極めて少なく、残るは「脂質」カロリーですが、豚肉には、体脂肪を燃焼させる「カルニチン」が豊富に含まれています。
 
 
この「カルニチン」はコレステロールの掃除屋の、善玉コレステロール量を高めて、肝臓や心筋への脂肪の蓄積を抑制します。
 
また、「セレニウム」が、牛肉の約5倍、鶏肉の約2倍も含まれていて、体の免疫力を高めてくれますので、細胞の老化を防ぎます。
 
更に「ナイアシン」とビタミンB1の含有量が高く、ビタミンB群の一つ「ナイアシン」は、体内で酸化還元酵素となり、糖質や脂質を燃焼エネルギーに変え、この脂質を燃焼します。
他にも、神経の機能維持や、皮膚、粘膜の保持で、美肌効果などがあります。
 
また、牛肉や豚肉の脂肪に含まれるアラキドン酸は脳内で「アナンダマイド(アナンダミド)」という物質に変化して、「アナンダマイド」は、脳の幸福ホルモンの「満腹中枢を活性化させることで、食べた満足感を高め、食べ過ぎを防止となります。
 
以上、豚肩ロースに含まれるこれら諸成分の働きと、糖質が少ないことで、炭水化物を制限する「糖質制限ダイエット」の相乗作用で、「豚肉ダイエット」は、健康長寿と美容ダイエットに大きな効果があると言えるのです。
 
                                           
                                           ロイヤルスムージー
 
 
 
 
 
AD

わかめダイエット

テーマ:
「わかめ」ダイエットは、海草類を多く摂りいれて、ダイエッと効果を期すものですが、海草類を代表する「わかめ」には、ビタミンB群、ビタミンA、カルシウムやヨウ素、カリウム、食物繊維が豊富にふくまれています。
 
わかめの食物繊維は、その作用で、炭水化物や脂質の吸収を遅らせて、血糖値の上昇を緩やかにしてくれますので、その結果、体脂肪が付きにくくなります。
 
ヨウ素は、基礎代謝を活発にして、血中のコレステロール値を下げて、肥満の予防に繋がります。
 
 
食物繊維の成分「アルギン酸」は、水溶性食物繊維で、大腸を活性化して、便秘や大腸がんを抑制します。
 
カリウムは、体内に蓄積の塩分を体外に排出し、むくみや高血圧を予防します。
その他のビタミン類は、代謝とその補酵素として作用し、新陳代謝を促進します。
 
わかめダイエットの主効果は、食材そのもののカロリーが低く、一日の7割を占める代謝となる「基礎代謝」に、ヨウ素の基礎代謝を高める効果が有効活用されることです。
 
 
 
 
 
 
 
AD

にんにくダイエット

テーマ:
昔からにんにくは、元気の元となる滋養強壮食材として知られています。
 
にんにくの中には、にんにくの匂いの成分の「アリシン」が、糖質を分解してエネルギーに変えるビタミンB1の吸収を高める作用があり、このエネルきーが元気を作り、脂肪の燃焼を高めてくれます。
 
「アリシン」の更なる活性化には、ビタミンB1食材の、豚肉、大豆などの豆類、海草類などと共に摂取することです。(豚肉には脂肪燃焼成分のカルニチンが豊富)
尚大豆には、コレステロールを下げるリノール酸やサポニン、ビタミンB2、ビタミンE、カルシウムや鉄、カリウムも豊富に含まれています。
 
 
更に「アリシン」にはその強い殺菌作用と抗酸化作用で、風邪や感染症を予防や、ピロリ菌やO-157菌からの胃潰瘍、胃がんなどの予防、整腸作用で便秘予防、血管拡張作用で血圧の低下、血液のサラサラで、コレステロールの抑制などの効果が謳われています。
 
米国の国立がん研究所の研究データで、ニンニクががん予防に最も効果の高い食品としています。
 
ただ、にんにくの食後の匂いが気になり敬遠されがちです。
にんにくの匂いの元の「アリシン」は、硫黄(イオウ)化合物なので、体内で分解され、匂いを発します。
 
この匂いの解消するには、牛乳のたんぱく質、緑茶、青汁のカテキン、リンゴのポリフェノールと酵素、その残臭は発汗、水飲み入浴などが効果的です。
 
 
 
 

時間ダイエット法とは、一般的には食事内容の制限なし、時間帯の、8時間又は12時間の時間幅を決めて、ダイエットを行う方法ですが、ここでは、その時間帯に、食事に節食制限を加えて、ダイエットを行う方法です。

 

食事の節食制限には、8時間ファスティング法で、3食を2食にする方法がありますが、朝7:00に食事を済ました場合は、2食目は15時までとなりますし、その後は食事なしなので、その後の空腹感に耐えられるかが問題です。

 

この様なことから、11時~19時、又は朝食抜きの12~20時の時間で行うのが長続きするかもしれません。

 

が、8時間ファスティング法は、相当に意思の堅い人以外は、健康ダイエットとしてお勧めできません。

 

なので、ファスティングダイエットは、12時間ファスティングダイエット法をお勧めします。

 

12時間ファスティングダイエット法は、通常の6~21時の15時間帯に比べて、3時間しか短縮となりませんので、少しの努力で行うことが出来ることや、2食の栄養食とそれを補う1食を、酵素スムージーやマイクロ・プロテインサプリ飲料など、昼型と夜型の生活活動に適応する組み合わせの3食摂取で、健康ダイエットの理想的な2+1(ファスティング)カロリーレス・ダイエット法となるからです。

 

だだし、昼型と夜型活動のサプリ食(S)は、その主とする活動に合わせ、最初の食(M)は通常の栄養食事(M)とし、2食目、又は3食目の摂取を(S)食にすることが必要です。

 

主活動時間を起点に、1(M)+2(M)+(S)、又は、1(M)+(S)+2(M)、食とします。

 

   痩身美容研究所 

 

 

 

 

時間ダイエット法 (1)

テーマ:

体内時計と協調の標準的な食事法に関しては、先の健康スリム食事法モデル(1)と体内時計でご説明を致しましたが、一般的ダイエット法に、この時間帯で、様々なダイエット法が紹介されています。

 

ここでは、その代表的時間ダイエット法を紹介します。

 

一派的に知られる時間ダイエット法は、8時間や12時間の時間幅を決めて、ダイエットを行う方法です。

 

 

8時間法は、朝7時から15時まで、又は、12時から20時まで、12時間法は、朝7時から19時までの時間帯内で、ダイエットを行う方法です。

 

8時間ダイエットは、アメリカでブームとなり日本にもテレビで紹介されたものですが、このダイエット法は、夜を除く時間帯での食事制限をすることで、時間帯以外の間食や深夜食を避けるメリットがあり、体内時計を考慮に入れた、合理的ダイエット法と言えます。

 

ただし留意として、この時間帯内での食事は自由ですが、その生活活動は人さまざまですので、当然に、そのダイエット効果には良否が出てきます。

 

カロリー食事制限を嫌われる方には、そのストレスから解放されますので、ダイエット経験として挑戦するの価値があります。

 

時間ダイエットの口コミ

  

痩身美容研究所

 

 

 

ここでは、「スリム(痩身)長寿ダイエット」と「痩せるダイエット」を確認し、その後に、身体の毒と言われる「糖」と、敬遠される「炭水化物」の違いを理解します。

 

これらは共に同じことのようですが、その異なるところがお判りですか。

 

ダイエッとは肥満の解消にありますが、その「痩せる」方法の違いに、

「スリム長寿ダイエット」は、健康診断値やBMIの健康域の健康法であり、

「ガリガリスリムダイエット」は、栄養バランスを無視した不健康域の、単に見た目スリムダイエット法で、それは、大きなの違いがあり、貴方のダイエット法に大きな影響があることを認識願います。

 

その点を再度確認しておくことで、あなたのダイエット法の成功を更に深めることが出来ます。

 

さて次の、「糖」と「炭水化物」の違いは如何でいょうか。

 

「炭水化物」とは、大地から生える植物類の全てが「炭水化物」であり、この「炭水化物」は、「糖」と「食物繊維」を含有しています。

 

「糖」は、この「炭水化物」から「食物繊維」を除き、「糖類」のみを抽出した、砂糖などが純粋の糖質が「糖」となります。

 

さて、この炭水化物が敬遠されて、「糖質制限ダイエット」法が推奨されていますが、日本の食文化は和食が主で、和食の主食や副菜材は、米や麦野菜や根菜、果物などとなりますので、その多くは「糖質」で摂取されています。

 

一般常識では、この糖質の「和食は体に良い」と言われ、他方で和食の「糖質制限ダイエット」が叫ばれるのは、矛盾だと思いませんか。

 

この矛盾の解決が、「糖質制限」です。

 

痩身美容研究所

 

 

 

酵素ダイエットのまとめ

テーマ:

これまで酵素については、深いところまで学習してきましたが、

ここで、これまでの酵素の要点をまとめてみましょう。

 

酵素とは、人の生存に関わる身体活動機能の全てに必須の物質である。

酵素ダイエット法は、酵素食品から摂る方法と、酵素製品かにとる方法がある。

 

酵素の体内酵素(潜在酵素)の機能を大別すると、消化酵素と代謝酵素となる。

体内の酵素は「潜在酵素=消化酵素+代謝酵素」で一定量の有限生成であるので、片方の酵素が消費されると、他方の酵素が不足する。

酵素の潜在酵素量は、加齢30歳から急速に減衰する。

酵素は、高温では死滅するので、一に生酵素、二に低温無添加加工の製品が望ましい。

酵素の働きは、一酵素が一機能となり、その体内酵素の種類は2万種に及ぶ。

酵素は、単独で働くものと、ミネラルやビタミンの補酵素と合体で働くものがある。

 

健康痩身(スリム)ダイエットは、円滑な身体機能の活動で保持される。

然しながら、加齢や肥満などの疾病では、酵素が不足し、その補完が必要となる。

不足酵素の補完は、酵素製品の「酵素サプリメント」と「酵素飲料」で摂取する。

酵素製品に、「酵素粉末」があるが、これもそのまま個体での摂取と、水を混ぜて液体として摂取するものとがある。

 

 

「酵素サプリメント」の特徴は、価格の安さとその扱いやすさにある。

「酵素飲料」の特徴は、生酵素で体の浸透が長所であるが、やや高価となる。

 

酵素のダイエットへの影響は、ドリンク系がサプリ系よりも早いが、総じて、その影響は、1月から3ヶ月を要する。

 

酵素製品の酵素の種類と量は、その製品により、ある種の酵素を補うものと、含有食材の種類で多くに酵素を有するもの、酵素に加えて、酵素と共に働く補酵素のミネラルやビタミンを加えたもの、またそれらに、特別の美容成分やダイエット成分、健康成分を加えたたものがある。

 

酵素製品の選び方は、ご自分の必要な酵素や、他の必要な成分を確認し、精神的にも経済的にも継続するものを見極めて摂取することが望ましい。

 

また、製品を一月間使用しても、ダイエットなど体調に機能しない場合は、他の製品またはダイエット法を選択する。

 

以上が概ねのダイエット法選択での酵素摂取の留意点と活用法となります。

 

  痩身美容研究所

 

 

 

「糖質制限」の理由は、和食で摂取した炭水化物の「糖質」の摂取量が多量ですと、食後に急激な血糖値の上昇(血糖値スパイク)を生じ、インシュリンが多量に放出されて、血液の余剰の糖質を中性脂肪として体内脂肪細胞(皮下脂肪と内臓脂肪)組織に取り込み、肥満を引き起こすことです。

(血糖値スパイクの抑制は、炭水化物の摂取時に食物繊維を同時に摂取することで、この急激な血糖値の上昇を抑えることができます)

 

ここに、糖質過剰摂取の制限「糖質制限」の問題が生じます。

通常食での糖質量に加えて、特に砂糖など「糖」の含有量の多い、お菓子類や甘味飲料などによる過剰な糖カロリー量の体内摂取が禁物であり、この過剰糖の摂取防止が「糖質制限」の量となります。

 

しかし反面、これらの「糖質」は、人の活動のエネルギーに不可欠の成分で、特に脳の神経機能には「ブドウ糖」が必要となりますし、体内細胞では、夫々の代謝の主要なエネルギー源となる大変重要な成分です。

 

なので過剰な「糖質制限」で糖質不足を生じますと、体内エネルギー量が減少して、思考力の低下や身体活動の瞬発性の低下、気力や意欲の低下、ふらふらするなどで、身体活力に大きな悪影響を与えます。

 

「糖質制限ダイエット」は、糖質の摂取過剰分が「脂肪」に代謝され、強いては肥満に繋がることを理解し、栄養ミネラルを豊富に含む肉類とともに、あなたの生活活動量(カロリー消費量)に合わせた、食の摂取量(適正カロリー量)が適切であることが大切なのです。

 

「糖質制限ダイエット」={食の摂取量(適正カロリー量)」-「生活活動量(カロリー消費量)}=0

 

 痩身美容研究所

 

 

 

ここでは、「スリム(痩身)長寿ダイエット」と「痩せるダイエット」の違い、その後に、「糖」と「炭水化物」の違いを理解します。

 

 

これらは共に同じことのようですが、その異なるところがお判りでしょうか。

 

ここでは、「スリム(痩身)長寿ダイエット」と「痩せるダイエット」、その後に、「糖」と「炭水化物」の違いを理解します。

 

 ダイエッとは肥満の解消にありますが、その「痩せる」方法の違いに、

「スリム長寿ダイエット」は、健康診断値やBMIの健康域の健康法であり、

「ガリガリスリムダイエット」は、栄養バランスを無視した不健康域の、単に見た目スリムダイエット法で、それは、大きなの違いがあり、貴方のダイエット法に大きな影響があることを認識

願います。

 

さて次の、「糖」と「炭水化物」の違いは如何でいょうか。

 

「炭水化物」とは、大地から生える植物類の全てが「炭水化物」であり、この「炭水化物」は、「糖」と「食物繊維」を含有しています。

 

 

 

「糖」は、この「炭水化物」から「食物繊維」を除き、「糖類」のみを抽出した、砂糖などが

純粋の糖質が「糖」となります。

 

さて、この炭水化物が敬遠されて、「糖質制限ダイエット」法が推奨されていますが、日本の

食文化は和食が主で、和食の主食や副菜材は、米や麦野菜や根菜、果物などとなりますので、その多くは「糖質」で摂取されています。

 

一般常識では、この糖質の「和食は体に良い」と言われ、他方で和食の「糖質制限ダイエット」が叫ばれるのは、矛盾だと思いませんか。

 

この矛盾の解決が、「糖質制限」です。

 

痩身美容研究所