1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-07 21:53:06

Holidays in Vietnam フエ

テーマ:ブログ

 

ドンホイではビーチに近いゲストハウスに泊まりました。

のんびりできて素敵な場所。

他のバックパッカーと色んな話が出来るのも

ゲストハウスのいいところ。

 

バイクでタイ~ベトナムを周っているスウェーデンの男の子、

自転車で中国から南部に向かっている男の子。

 

宿に泊まっていた中国人とスウェーデンの男の子。

二人は偶然、同じ年だったらしく意気投合、愛ラフのカンフーごっこにも

付き合ってくれる優しい青年たちでした。

 

ちなみに自転車で旅していたこの中国の男の子は

星野源という日本のアーティストに似てるそうで(私は知らないけど)

思春期のアニヤはときめいてました。

 

スタッフのチョウは料理も上手だし、旅の手配もてきぱきとしてくれて

若いのに頼りになる、ベトナム女性の象徴のような女性でした。

縁があるのか、なんだか妹みたいに思えました。

 

 

市場に連れて行ってくれました。

 

マレーシアに住んでると、そんなに目新しいものはないですが・・・

 

 

 

ちなみにベトナムも1月は北部~中部まではかなり寒く、

日本の梅雨みたいな感じ。

ビーチはシーズンオフで誰もいませんでした。

 

翌日は古都、フエへ。

 

ちなみに、ドンホイを出る時に、私が行きたかった洞窟は

フォンニャケバンではなく、パラダイスケイブという洞窟だったことが判明。

フエからも数時間で行けるそうですが、子供達の猛反発を受け断念。

 

フエは京都みたいな古都で、王宮があります。

 

 

 

 

風情があってそれなりによかったのですが、こちらも

子供の心には届かないらしく、早くビーチに行きたい、と強請られ

そうそうにホイアンに向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-03-07 15:08:28

パンコール島

テーマ:

 

週末、近場で穴場なビーチ、パンコール島に行ってきました。

近場と言っても片道約2時間ですが、多摩から江の島よりは近い!

 
パンコールはマレーシア西海岸北部の3つの島の一つ。
ランカウイ島やペナン島のように知名度が高くなく
観光するところもないのでスルーしてたのですが、
知名度が低いからこそ、比較的人が少なく(あんまりガイジンがいない!)
マリンスポーツもリーゾナブル。
 
子供達も放電出来るし・・・
image

 

 

水が比較的きれい。

ランカウイ島よりいいような気がします。

{B8195567-EE2C-49B6-A555-B3A397801EC8}

 

周りの島もなんか重みがあっていい感じ。

{355CAEE1-D3A3-4B45-BD35-1D1752C52460}

 

 

{BF57B097-8DC5-41EA-B240-1877B292390C}

 

 

{B66C492D-671C-42CA-AF37-F9FC4E880485}

 

 

 

東城百合子さんの本で紹介されていた砂浴、

デトックスにいいらしいのでビーチでは取りあえず埋めてもらいます。

 

{6DF86523-F6CC-481A-BED8-558309F4C962}

 

 

人魚型。。芸術的!

{EEB74966-3ABB-4707-B969-BD8C9ADCF04E}

 

 

{5B334349-06F4-4A97-8B62-2F668BD17092}
 
遊びに来て!って何もないからな~と言ってましたが、
多分パンコール島になります。
 
 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-25 18:39:22

Singapore

テーマ:ブログ

シンガポールでレイのクンダリーニの講座に参加してきました。

夜行バスで9時間、バスでの国境越えはちょっとドキドキ、

イミグレーションで入国カードを記入してないと怒られたりしましたが

意外と快適に、時間通りに着きました。

 

クンダリーニのワークは呼吸で一つ一つのチャクラを活性化していくワーク。4番目のハートチャクラまでは順調に変化を感じたのですが、5番目、喉のチャクラから

まったく意識も、エネルギーも動かなくなり・・・

分かりやすくて笑えるような、残念なような、複雑な結果でした。

 

それにしても、海外でのワークって、本当に皆さんの反応が激しいです。

インドでは叫びだすのはもちろん、のた打ち回ったりする人がいて・・・

と聞いていましたが、シンガポールでも周り人たちが

動き回ったり、叫んだり、なので、自分があんまり反応してないのか、

もしくは素直に体の変化を表現出来ないのか・・・と考えてみましたが

まあ、必要なことを経験してるんでしょう。

 

夕食の時、これから、中国の動きはどうなっていくのか、と言う

質問が出たことから政治の話になりました。

 

中国がシンガポールに対してどのような政策を取るのか、

攻撃的になる可能性はあるのか、など。

ベトナムのように国境を合わせていなくても、

脅威があるんだ、とビックリしたのですが

ちょうど疑問に思っていたので、いい機会だと思って

「あなた達は中国人だけど、中国を母国だと思ってる?

それとも、シンガポール人だから関係なくて、

攻めてきたら、中国は敵になり得るの?」と聞いてみました。

 

そしたら、そこにいた人達は声を揃えて、

私達はシンガポール人。中国は母国ではなくて

別の国だと思ってる、と言っていました。

 

でも絶対的な力を持つボスだと思ってる。

だから戦うというよりは追従するしかない、

と言うことも。

 

日系のアメリカ人も、大戦時にはアメリカに

忠誠を誓ったと言いますが、そうなっていくんでしょうか?

(でも収容所に入れられてしまったそうですが)

 

ふと、私も日本が嫌で出たことを思い出しました。

機密保持法だとか、憲法改正だとか、何だか

無力感が増すようなことが多くて、あの空気が

嫌だったのですが、国籍を変える気はなく、

日本はこれからも私の母国で、離れることが

解決にはならないと分かってるけど・・・とつぶやいてました。

 

今、日本にいたら出来ない経験をさせてもらっているけど、

時期が来たら戻って、日本に貢献したいな~。

 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。