1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-18 22:01:05

holidays in Malaysia

テーマ:ブログ


マレーシアに来てから早2週間が経ちました。
マレーシア北部のイポーと言う町に近い、町と言うか、村と言うのか・・・
にいますが、内観にはぴったりかもしれません。
入学テストが終わってからタイの国境に近いランカウイ島と、
東海岸のペルヘンティアン島を廻ってきました。

イスラム教のハリラヤというホリディシーズンだそうで
とりあえず駅に行ってみたものの、当日はもちろん、
北部に向かう電車は数日間満席、と言われて呆然。
仕方なくその場所でホテルを取り、Uberという
タクシーサービスを使って駅からホテルに向かうながら
せっかく2週間も休みがあるからビーチに行きたかったのに
電車もバスも満席で・・・というと、運転手のお兄さんが
明日ペナンの近くに行くから一緒に乗ってく?とちょうどいい
提案をしてくれて便乗、そこからもバスを乗り継げて
無事、ビーチで有名なランカウイ島に到着しました。

久しぶり、というか子連れでは初めての本格的な
バックパッカーの旅。
行く場所も泊まる場所もその場で決めることにしました。

昔と違って、携帯でホテルの予約出来るし、
便利で困ることはありません。


ペナン島は開発されすぎている感じがしたので
ランカウイ島まで足を延ばしたのですが、
かなり人が多くて、あんまり落ち着きませんでした。

1週間ほどのんびりしたのですが、気に入ったのは、
島にたくさんある滝。
滝壺が浅くて、上のほうは水も綺麗で
観光客は水着で、イスラム教徒は服のまま
火照った体を冷やしています。

朝からビーチでシュノーケリング、午後は
滝で体をリフレッシュする、という日々でした。

温泉があって、足湯に入れます。
個室のジャグジーもあるのですが、
なんと1時間199RM・・・5000円超え。
宿代だってそんなにはらっていないので
止めておきました。



海が思ったより透明でなくて少し残念。
東海岸はもっときれいだというので、
とりあえず、コタバルという東の町に行くことにしました。

サイトで長距離バスの時間を調べておいたのですが
ランカウイからフェリーでクアラ・ペリスについて
バス停に行ったら、ホリディシーズンが終わったにもかかわらず、
東に行くバスは全て満席とのこと。。。

取りあえず、近くの都市、アロースターにいけば
本数も多いから、と言われて、そのバスを待つことにしました。
隣に座ったドイツ人の大学生の女の子もコタバル経由で
透明度が高いと噂のペルヘンティアン島に行くということで
一緒に行くことにしました。
海が本当にきれいでプカンと浮かんでいると
本当に色んなものが抜けていく感じ。

島の反対側に出るトレッキングコースがあるというので
山に向かって歩き始めた途端、池からワニのようなものが
ささっと上がって来て、親子三人で硬直。。。

全長1メートル以上あって、しかも素早い動きで
追いかけられたらとてもじゃなく逃げられない・・・。

ということで、すぐにホテルに逃げ帰りましたが、
ホテルのスタッフに聞くと、ああ、イグアナだよ、
攻撃しないから大丈夫、とのことでした。

気を取り直して、山道に戻りましたが、
またすぐに馬鹿でかいのに遭遇。

攻撃しなっていっても怖い!!!
一番、大丈夫そうな愛ラフを前に行かせたものの、
やっぱり怖いらしく、物音がするたびに立ち止まり、
動かないうちに何か所も蚊に刺され(水着のままだった・・・)
結局諦めて、ビーチに戻りました。


カヌーで沖まででると、水が青く透き通っていて
やっと思い描いていた場所に辿りついた!と思えました。


コタバルに一泊して戻ることにしましたが、
コタバルは第2次世界大戦で日本軍がマレー半島を占領する際に
上陸した場所だそうで、戦争博物館があり、ちょうど
ホテルのすぐそばだったので行ってみました。

大きな家を改築したような、小さな建物で、
写真と説明が展示されているだけの簡素な記念館。

イギリスの占領時代、第2次世界大戦で日本軍がイギリス軍を
追いつめ降参させ、それからさらに連合国軍が取り返した、
などと説明されています。

子供達にも出来るだけ分かりやすく
説明していたのですが・・・

戦争の時に、この町から日本軍が侵入して
マレーシアを占領したんだって。

(子供)日本って、そんなことしてたんだ。なんで?

そいういえば、なんでか考えたことなかった私。
戦略的に、アジアから欧米勢力を追い出したかったんでしょうけど・・・
確か、大東亜帝国とか習ったような。(うる覚え)


えーと・・・ここはそもそもイギリスが占領していた場所で。
イギリスはアジアで植民地を広げようとしていて
中国も阿片戦争でほぼ植民地のようになっていたし、
日本も不平等な条約を結ばされて、イギリス人が罪を犯しても
日本人が裁くことが出来なかったりとか、
だから日本だけでなく東南アジア周辺を守ることで
その状況を変えようとしたんだよ。(きっと)


でも、日本は結局、負けて、戦争を起こした人達は
処刑されたんだよ、と言ったら、

・・・じゃあ、なんでイギリスは裁かれないの?
最初に占領してたのに?

えーと・・・そうだね、悪いことはしてたんだけど
戦争に勝ったからね・・・。
でも、そうだよね、おかしいよねえ。。


まともな説明は出来ませんでした。
私ももう少し勉強しないと・・・


コタバルで、翌週から入ることになっている学校から
入学手続きに必要な書類がほしいと連絡が来て
慌てて戻ることになりました。

アパートについて書類を見ると、テストの結果が
よくなかったらしく、特に愛ラフは親の協力が必要・・・と
書かれていました。

小学2年までは面接だけ、ということだったので
まったく準備していなかったのですが、
6歳で文字を知らない、足し算が出来ないというのは
問題外だったよう。

考えてみれば、彼は机に座ることがない、森の幼稚園に
入っていたし、本人が興味がないようなので
ひらがなも教えてなかったのですが、こちらでは
5歳から小学校にはいるし、幼稚園でもABCや
算数もやっているようで、ちょっと場違いな場所に
来てしまった感あり。。。

そういえば、お受験とかって、私も嫌だし、
子供たちにもそんな経験、必要なしって思っていたのに
私立の学校を選んだ時点でその選択をしたことに
今更ながら気づきました。

面接で、足し算や引き算の質問をされた、と言うので
7-3= と書いて、飴で数を数えさせて、答えを
書かせたら、7にまつげを2本付けたような変な文字を
書いたので???となったのですが、どうやら4と言う文字、
知ってるけど書けなかったらしく、我が子のことながら大爆笑。

可愛いので写メでレイに送ろうとしたら、激怒して(一応、恥ずかしいらしい)
紙も鉛筆も投げ出して、手が付けられなくなりました。

先が思いやられます。。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-02 19:23:19

公開チャネリング

テーマ:お知らせ
7月23日(土)に公開チャネリングを開催します。

久しぶりの開催で、また、しばらく開催できないので
興味のある方は是非お越しください。

通訳は宮崎ゆかりさんです。
よく姉妹??と聞かれるのですが、血のつながりはなく、でも星座が
月も太陽も同じ、共通した課題や目的を持っているらしい縁の方です。

※HPには24日(日)と記載していたのですが、変更になりました。



日時:
7月23日(土)14時半~16時
場所:桜美林大学多摩アカデミーヒルズ(多摩センター駅より徒歩10分)
http://www.obirin.ac.jp/access/tama/index.html

参加費:2000円

お申込み:info@ambassadorsoflight.net




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-02 19:06:00

Malaysia, new life starts!

テーマ:ブログ
マレーシアでの新しい生活がはじまりました。
新居は広々、目の前に湖が見えて、いい感じ。
朝食はバルコニーに机をひっぱりだして食べることにしました。


さて、これからどうするのか・・・
子供達、一応、入学試験を受けて、結果待ち。
学校は2週間お休み。
ガランとしたアパートでトランプに飽きるのも
時間の問題なので、マレーシア縦断の旅にでるつもりでしたが
ネットのつながりが悪かったり、惹かれる場所はアクセスが
難しかったりで、旅の計画がなかなか進みません。

ゆっくり自分の時間を過ごすためにマレーシアに来たから、
やっぱりゆっくりしなさい、ってことでしょうか。

とにかく蒸し暑く、ちょっと外に出るだけで汗びっしょり、
帰って昼寝してみたり、とある意味、どっぷり南国風な
生活な気もします。

少しリセットして、年末には日本に戻ります。
気に入れば来年もここに住むことになりますが、どうなるんでしょうね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。