この世の写真はパリで初めてとられ、

1960年頃に55%は対象が赤ちゃんだった。


ネット上ではファイスブックが2割あがっている状態にあり

今までの1割がこの1年で撮られている写真である。

また、インスタグラムを検索エンジンとして検索する人が増えてきている。


買い物する際には楽天の場合、送料とか時間ばかりが表示されていて欲しくさせる情報が少ない為、買いたいものが決まっていないときにはあまり便利とはいえないと感じる。


Google画像検索で調べた場合、文字無く写真だけだが欲しくなるような、見ていて楽しいと思う点が感じ取れる。


欲しい商品がきまっていない状態で、見た目で買うときにはGoogle画像検索から調べるのがオススメである。


また現在は、みんなに売れていないと売れない時代にもなっており、誰かが気に入って投稿した写真等を参考に買い物する人も少なく無い為、使ってみての感想がネット上で多くあがっているので、それを参考に商品選びをしている人もいる。


また、ブサイクな人がきてる可愛い服を買っている人もいて、自分にはもっと似合うと思って買う人もいるそうである。

その場合、「可愛い服ですね」本人に連絡をネット上で取り、商品を探す人もいる様である。


実際に売っている商品のバーコードをスキャンして、ネット上で検索した方が安い場合が多く、その専用のアプリを使って買い物をする人もいる。

また、amazonではバーコードなしで画像検索が出来る様になっていて、会社の方で商品の画像データがあり、認識の際に使える様になっている様である。


ジャパネットたかたのアプリも存在し、番組中の画面を読み取るだけで申し込みが出来る様になっている。


この様に物を知りたいときに画像で検索するアプリも複数あり、clarifaiは動画の物を認識してタグをつけることができて、他にも車や動植物専用のアプリも存在する。


AD