パソコンやスマートフォンからの情報抜き取りはWi-Fi経由で行なわれた場合には、余計な操作をしていなくても気付かずにアプリをインストールさせられたりしてしまうことがあり、設定などからセキュリティ面を意識した使い方をしなければ危険である。
また、パスワードを長くすると乗っ取られづらいが、短かったり、単純である場合も危険である。
詐欺には電子マネーを利用したもので、あらかじめ決済のサイトを作り、リーダーを袖などに忍ばせて財布にかざして引き落とすといった詐欺も起こりかねないので物理的なセキュリティ面も意識しなければ危険である。


パーソナライズといって個人の利用したサイトの傾向から検索結果に出てくる結果が異なってくるものがある。
パーソナライズはシークレットウィンドウを使うことで無効にすることもできる。
パーソナライズといった存在がある時点で、個人の特定がされてしまうといった可能性を持っているといったことが分かる。

IPサーチというサイトではIPアドレス、また、どこから調べているかといったことを調べられることがわかり、
Torブラウザを利用するとIPアドレスを把握されずにアクセスできるようになっている。
また、Exif情報によって位置を特定される危険性もあり、自宅から撮影されたものの場合は危険性も高い為、知らずに投稿していた場合にはExif情報が見られないようにしたほうが特定がされにくくなるので写真投稿には気を付けなければならない点である。
また、インスタグラムなどの投稿した画像は公開されていなくてもExif情報を消しておいた方が良い。

スマートフォンからでもViewExifといったアプリで確認もできるようになる。
GeoSearchToolでは動画のExif情報を使い、場所からのyoutubeの検索が可能である。
LINEでは相手に位置情報を送ることが出来るため
これを使うことによってExif情報を利用せずに現在地を教えることが出来る。
食事などの場合に位置情報の投稿する時にはチェックアウト時にすることでトラブルの回避に繋がる。
ひびの入っている道路の写真を撮り長岡市のアプリに送ることで位置情報を使い、現地を把握することができるようになっているシステムも存在する。


AD