ロボットによって様々の組み合わせでメールアドレスを作り、手当たり次第に送りつけることによって不特定多数にメールを送れるようになっており、
その送られたメールのURLを開いてしまうと、
そのメールアドレスが、送ったメールを開いていることが分かってしまい、送った相手は他の業者にメールアドレスを回してしまう可能性が出てきてしまう。
ロボット等によって不特定多数に送られた迷惑メールといったものは、
Googleの迷惑メールを処理するシステムによってgmailあてに送られる場合には、それらを分別する事を可能にしている。
ユーザーから迷惑メールの報告を集計し、それによって迷惑メールを送っているメールアドレスかを認識し、分別をする事を可能にしている。

複数の知り合いにメールをする場合には、
CC(Carbon Copy)は複数の人に送る際に使われ、
BCC(Blind Carbon Copy)はBCCの送信を他の人に伝えずにメールを送る時に使われているものであるが、
それらを工夫して相手にメールを送る事をしなければ
他の人にメールアドレスが漏れてしまうといった可能性があるため注意が必要である。


AD