アマゾン隊員募集

あなたの夢の実現をご案内いたします !


テーマ:

グランデ・オガワのフィッシング・チーム

2017年度~2018年度・改訂版

 

グランデ・オガワ率いるフィッシング・チーム隊員募集のご案内を改定しました。魚種や環境が異なる5地域を紹介します。

 

シングー、多彩な猛魚・チーム

メシアナ、古代巨大魚ピラルク・チーム

ネグロ河、大型ピーコックバス・チーム

パンタナル、黄金の河の虎ドラード・チーム

南部パタゴニア、巨大トラウト・チーム

 

附:熱帯魚観察チーム

 

グランデ・オガワのツィーター

ブログ「南米・鳥獣虫魚・探遊」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

グランデ・オガワのシングー・フィッシング・チーム

 

★ブラジル高原から南に下るシングー河には、上流、下流、イリリ中流の3つのフィッシング・シチューションがあります。

アルタミラを起点とした釣り場マップ

 

   上流域:ルアー&フライではカショーロ、タライロン、ビックーダ、シングー・ピーコックバス、ブラック・ピラニア、その他がターゲットです。岩場と急流が卓越するシチュエーションで、乾期は岩の上からの陸っぱりが主な釣りとなります。RTC(レッドテールキャット)も多く、エサ釣りで狙えます。

 

上流での陸っぱり

 

   下流域:上流との間に魚族の往来を妨げる激流があるため、魚種ががらりと変わります。ここは、シルバー・アロワナ、ピニーマ・ピーコックバス、モノクルス・ピーコックバス、ブラック・ピラニア、その他がターゲットです。低地アマゾンっぽい湿地帯の雰囲気で、主にボート上からポイントをタイトに叩いていく釣りとなります。

 

下流でのボート釣り

 

   イリリ中流:魚種は、上流にやや似ていますが、タライロンが豊富なことが特筆できます。ボート上からポイントを叩いていく釣りと陸っぱりの釣りの両方となります。

 

イリリでの陸っぱり

 

以上の3つの異なるシチュエーションを釣るチームは、以下の5つのオプションが可能です。詳細は、各項目に飛んでください。

 

A.上流チーム

B.下流+上流チーム

C.イリリ中流チーム

D.イリリ+上流チーム

E.下流+イリリ+上流チーム

 

 

シングー河畔アルタミラの街

 

★上記のチームは、シングー河畔の街であるアルタミラが起点となります。ここに入るコースは、国内線でサンパウロ⇒ベレン⇒アルタミラが一番ノーマルですが、ブラジル発着地をリオ・デ・ジャネイロにすることも可能です。時期によってブラジリアとかマナウス経由も可能です。

 

★グランデ・チームでは、国際線&国内線チケットの手配はやっていません。各個人でフライト手配をやっていただきますが、必要があれば、ブラジル旅行に強いエージェントを紹介することは可能です。

 

★ブラジル入国には、観光ビザが必要です。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

A.上流チーム

上流部で陸っぱり

 

★シングー上流のシーズンは、ほぼ通年ですが、カショーロをバコバコ釣りたいなら増水期の12月~5月がお奨めです。ただし、ピーコ、ピラニア、タライロンなど他魚は減水期ほど多くありません。

 

上流のカショーロ

上流のビックーダ

 

★6月~11月の減水期は、多彩なオール・スターズの時期です。いろいろな魚種の活性の高い時期です。ただし、カショーロは増水期ほど数がでません。

 

上流のタライロン

 

★シングーA.モデル日程……上流10日間(釣り日数:約4日)チーム

 

スケジュールは、以下の感じです。

 

初日:日本発

2日目:ブラジル着。到着地⇒ベレン⇒アルタミラ。空港でオガワと合流。市内ホテル泊。

3日目:港からボートで遡上。午後フィッシング。キャンプ泊。

4日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

5日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

6日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

7日目:半日フィッシング。市内ホテル泊。

8日目:アルタミラ⇒ベレン⇒国際線出発地。ブラジル発。

9日目:機中

10日目:日本着

 

上流のシングー・ピーコックバス

 

●参加費用

 

隊員1名の場合:3200ドル/お一人

隊員2名の場合:2600ドル/お一人

隊員3名の場合:2000ドル/お一人

隊員4名~5名の場合:1700ドル/お一人

 

◎参加費用に含まれるもの:アルタミラ着から発までの食事、宿泊、移動交通、ボート、ガソリン、パイロット、現場助手、グランデ・オガワのガイドとウンチク、その他

 

◎参加費用に含まれないもの:国際&国内エア・チケット、ブラジル観光ビザ、飲みもの&電話などの個人経費、その他

 

★上記は一つのモデルです。参加者の希望によって釣り日数を増やすことも可能です。メールでご相談ください。

 

上流のRTC(レッドテールキャット)

 

●シングーでのフィッシングは、キャンプ泊です。利点は釣り場が至近になること。アマゾンの大自然を満喫できることなど。

 

上流でのキャンプ

 

その他の詳細は、メールでお問い合わせください。

grogbr2008yaoo.co.jp

迷惑メール対策に@を★にしてあります。

 

シングー・チーム・トップへ戻る

アマゾン・チーム・トップへ戻る

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

B.下流+上流チーム

 

下流部のフィッシング

 

★シングー下流のシーズンは、7月~12月ですから、それに合わせての催行となります。

 

下流部のアロワナ

下流部のピニーマ・ピーコックバス

下流部のモノクルス・ピーコックバス

 

減水の時期ですので、上流は、オール・スターズの時期です。

 

上流部のカショーロ

上流部のシングー・ピーコックバス

上流部のマトリンシャン

上流部のタライロン

 

★シングーB.モデル日程……下流+上流12日間チーム(釣り日数:約5日半)

 

●このチームは、まず下流域を2日半攻めます。ターゲットは、シルバー・アロワナとピニーマ・ピーコックバスがメインです。

●それから移動して、上流域を約3日攻めます。ターゲットは、カショーロ、ビックーダ、シングー・ピーコックバス、ブラック・ピラニアがメインですが、タライロンの可能性もあります。

 

基本スケジュールは、以下の感じです。

 

1日目:日本発

2日目:ブラジル着、到着地⇒ベレン⇒アルタミラ着、市内泊

3日目:車両でヴィットリア・ド・シングーへ移動、ボートで出航、午後フィッシング、キャンプ泊

4日目:終日下流域フィッシング、キャンプ泊

5日目:終日下流域フィッシング、キャンプ泊

6日目:車両でアルタミラへ、港から出航、夕マズメのフィッシング、キャンプ泊

7日目:終日上流域フィッシング、キャンプ泊

8日目:終日上流域フィッシング、キャンプ泊

9日目:午前中フィッシング、アルタミラ戻り、市内泊

10日目:アルタミラ⇒ベレン⇒国際線出発地。ブラジル発

11日目:機中

12日目:日本帰着

 

例2.おおむねの参加費用

 

隊員1名の場合:4200ドル/お一人

隊員2名の場合:3000ドル/お一人

隊員3名の場合:2600ドル/お一人

隊員4名~5名の場合:2200ドル/お一人

  

◎参加費用に含まれるもの:アルタミラ着から発までの食事、宿泊、移動交通、ボート、ガソリン、パイロット、現場助手、グランデ・オガワのガイドとウンチク、その他

◎参加費用に含まれないもの:国際&国内エア・チケット、ブラジル観光ビザ、飲みもの&電話などの個人経費、その他

 

★上記は一つのモデルです。参加者の希望によって釣り日数を増やすことも可能です。メールでご相談ください。

 

上流のRTCフィッシング

 

●シングーでのフィッシングは、キャンプ泊です。利点は釣り場が至近になること。アマゾンの大自然を満喫できることなど。

 

その他の詳細は、メールでお問い合わせください。

grogbr2008yaoo.co.jp

迷惑メール対策に@を★にしてあります。

 

シングー・チーム・トップへ戻る

アマゾン・チーム・トップへ戻る

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

C.イリリ川中流チーム

 

 

イリリのタライロン・ファイト

 

イリリ川は、シングーの大きな支流です。シングー本流からも遡上が可能ですが、減水期はたいへんに浅くなるため、遡行でのアプローチは、たいへん時間がかかってしまいます。そのため本チームは、陸路を利用してイリリの中流部に入ります。ここでのメイン・ターゲットは、ずばりタライロンです。

 

イリリのタライロン

 

タライロンは、産卵期の増水シーズンになると狭い水路の奥に入る習性を持っています。雨期には釣りが難しくなるため、本チームの催行は減水期に限ります。おおむね7月~11月がシ-ズンとなります。

 

イリリのブラック・ピラニア

イリリのカマリ・ピラニア

イリリのビックーダ

 

イリリでは、多種の猛魚がルアーを追いますが、激流が少ないためカショーロは、ほとんど釣れません。

 

★シングーCモデ日程……イリリ川11日間チーム(釣り日数:約4日半)

 

基本スケジュールは、以下の感じです。

 

初日:日本発

2日目:ブラジル着。到着地⇒ベレン⇒アルタミラへ。空港でオガワと合流。市内ホテル泊。

3日目:車両でイリリ畔マリベルへ移動。キャンプ泊。

4日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

5日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

6日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

7日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

8日目:半日フィッシング。車両でマリベルからアルタミラ戻り。市内ホテル泊。

9日目:アルタミラからサンパウロへ。サンパウロ発。

10日目:機中

11日目:日本着

 

参加費用:隊員3名の場合:3000ドル/人

★参加費用に含まれるもの:アルタミラ到着から発までの宿泊、食事、ボート、ボート・パイロット、オガワのガイド&ウンチクなど。

★参加費用に含まれないもの:日本からアルタミラまで往復チケット、ブラジル観光ビザ、飲み物などの個人費用など。

 

★上記は一つのモデルです。参加者の希望によって釣り日数を増やすことも可能です。メールでご相談ください。

 

イリリのキャンプ

 

●シングーでのフィッシングは、キャンプ泊です。利点は釣り場が至近になること。アマゾンの大自然を満喫できることなど。

 

イリリでは、タライロンのダブル・ヒットもありだ!

 

その他の詳細は、メールでお問い合わせください。

grogbr2008yaoo.co.jp

迷惑メール対策に@を★にしてあります。

 

シングー・チーム・トップへ戻る

アマゾン・チーム・トップへ戻る

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

D.イリリ+上流チーム

 

イリリのタライロン

 

シングー上流とイリリ川の両方を攻めるチームです。タライロン・シーズンの関係から催行は減水期に限定です。7月~11月がベストとなります。

 

隊員もイリリでタライロン

 

イリリのピーコックバス

 

イリリではタライロンをメインに、上流ではイリリでは難しいカショーロをメインに多魚種を狙います。

 

上流のカショーロ

 

上流のビックーダ

 

上流のコロソマ

 

★シングーDモデ日程……イリリ+上流13日間チーム(釣り日数:約5日半)

 

基本スケジュールは、以下の感じです。

 

初日:日本発

2日目:ブラジル着。到着地⇒ベレン⇒アルタミラへ。空港でオガワと合流。市内ホテル泊。

3日目:車両でイリリ畔マリベルへ移動。キャンプ泊。

4日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

5日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

6日目:半日フィッシング。車両でマリベルからアルタミラ戻り。市内ホテル泊。

7日目:港から遡行。午後フィッシング。キャンプ泊。

8日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

9日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

10日目:午前中フィッシング。アルタミラ戻り。市内ホテル泊。

11日目:アルタミラからブラジル出発地へ。ブラジル発。

12日目:機中

13日目:日本着

 

★上記は一つのモデルです。参加者の希望によって釣り日数を増やすことも可能です。メールでご相談ください。

 

 上流の岩場陸っぱり

 

●シングーでのフィッシングは、キャンプ泊です。利点は釣り場が至近になること。アマゾンの大自然を満喫できることなど。

 

参加費用などの詳細は、メールでお問い合わせください。

grogbr2008yaoo.co.jp

迷惑メール対策に@を★にしてあります。

 

シングー・チーム・トップへ戻る

アマゾン・チーム・トップへ戻る

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

E.下流+イリリ+上流チーム

 

下流のアロワナ

下流のピニーマ・ピーコックバス

下流のモノクルス・ピーコックバス

 

シングーの3つのシチュエーションをすべて盛り込んだ豪華チームです。下流では、アロワナやピニーマ・ピーコックバスを狙います。

 

イリリのタライロン・ファイト

イリリのタライロン

イリリのマトリンシャン

 

転戦してイリリでは、タライロンをメインに狙います。

 

上流のカショーロ

上流のビックーダ

上流のピーコックバス

 

再び転戦して上流へ遡上し、カショーロ、ビックーダ、シングー・ピーコックバスなどを狙います。このチームは、やや期間が長くなります。シーズンは、7月~11月がベストとなります。

 

★シングーEモデ日程……下流+イリリ+上流16日間チーム(釣り日数:約8日)

 

基本スケジュールは、以下の感じです。

 

1日目:日本発

2日目:ブラジル着、到着地⇒ベレン⇒アルタミラ着、市内泊

3日目:車両でヴィットリア・ド・シングーへ移動、ボートで出航、午後フィッシング、キャンプ泊

4日目:終日下流域フィッシング、キャンプ泊

5日目:終日下流域フィッシング、キャンプ泊

6日目:車両でイリリ畔マリベルへ移動。キャンプ泊。

7日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

8日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

9日目:半日フィッシング。車両でマリベルからアルタミラ戻り。市内ホテル泊。

10日目:港から遡行。午後フィッシング。キャンプ泊。

11日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

12日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

13日目:午前中フィッシング。アルタミラ戻り。市内ホテル泊。

14日目:アルタミラからブラジル出発地へ。ブラジル発。

15日目:機中

16日目:日本着

 

★上記は一つのモデルです。参加者の希望によって釣り日数を増やすことも可能です。メールでご相談ください。

 

●シングーでのフィッシングは、キャンプ泊です。利点は釣り場が至近になること。アマゾンの大自然を満喫できることなど。

 

参加費用などの詳細は、メールでお問い合わせください。

grogbr2008yaoo.co.jp

迷惑メール対策に@を★にしてあります。

 

シングー・チーム・トップへ戻る

アマゾン・チーム・トップへ戻る

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

メシアナ島ピラルク・チーム

 

メシアナ・ピラルク・ファイト

 

最近の怪魚ハンター・ブームで、アマゾンの古代巨大魚ピラルクの釣り場がいくつか開発されています。しかし、地球上でもっとも釣れる可能性が高いエリアは、ここメシアナ島以外に考えられません。

 

ここのピラルクは、赤の発色が素晴らしい

 

エサ、ルアーはもちろんですが、ここはフライ・フィッシングでの参加も可能です。

 

フライでもOK

 

大型のシルバー・アロワナも数多く生息しています。

 

メシアナのアロワナ

 

5月ころの水の多い時期は、タンバキー(ブラック・コロソマ)も可能性があります

 

タンバキー

 

グランデ・チームでは、過去の延べ数十人のアングラーを案内していますが、今のところボーズを出していません。貴兄も世界最大級のビッグなゲームに挑戦しましょう!

隊員ゲットのピラルク

 

スケジュールは、以下の感じです。

 

初日:日本発

2日目:サンパウロ空港着。国内便でベレンへ。空港でオガワと合流。ベレン市内泊。

3日目:ローカル空港からセスナ機でメシアナ島へ。午後フィッシング。タボッカ小屋に泊。

4日目:終日フィッシング。タボッカ小屋に泊。

5日目:終日フィッシング。タボッカ小屋に泊。

6日目:終日フィッシング。タボッカ小屋に泊。

7日目:終日フィッシング。タボッカ小屋に泊。

8日目:早朝フィッシング。午前中にセスナ機でベレンのローカル空港へ。ベレン発でサンパウロへ。サンパウロ発

9日目:機中

10日目:日本着

 

●参加人数:セスナ機の関係で3名が理想

 

参加費用:隊員3名の場合:4500ドル/人

 

★参加費用に含まれるもの:ベレン到着から帰路ベレン着までの宿泊、食事、ボート、ボート・パイロット(カヌーの手漕ぎ)、セスナ・チャーター代、オガワのガイド&ウンチクなど。

★参加費用に含まれないもの:日本からベレンまで往復チケット、ブラジル観光ビザ、飲み物などの個人費用など。

●メシアナは、5月~11月がシーズンです。

 

★参加費用などの詳細は、メールでお問い合わせください。

grogbr2008yaoo.co.jp

迷惑メール対策に@を★にしてあります。

 

君も古代巨大魚釣ろう!

 

●上記スケジュールに組んでありませんが、大型ナマズ(主にレッドテールキャット、ピライーバ、ドラドキャットも生息している)を狙うことも可能です。もちろん日数が増えると、参加費用も変わります。メールでご相談ください。

 

隊員募集トップ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ネグロ河ピーコックバス・チーム

 

ビッグ・ピーコックバスに興味のある方は、アマゾン北岸にあるネグロ河に巨大な個体が生息することをご存知でしょう。世界ランカーもここから出ています。

 

現在のワールド・レコード

 

しかし、今までグランデ・オガワ率いる催行では、この河を積極的にチームに組んでいませんでした。理由は、ネグロ河は年によって乾期でも水位が下がらないことが、しばしばあるからです。はっきり言って、水位が高いと納得のいく釣果が望めません。

隊員の釣ったピーコックバス

 

航空券の確保や準備があるため、チーム催行の決定は、実行の半年くらい前に完了せざるを得ませんが、その時点では、果たして水位が下がるか、あまり下がらないかを判断することは不可能です。せっかく高い経費を使って、面白いフィッシングができなかった、という結果に終わっては隊員の皆さんに申し訳がない、というのが本音でした。

条件が良ければ(乾期の水位が下がれば)、このサイズも期待できる

 

そこで貧果を少しでも緩和する予備オプションを加味した新機軸を考えました。基本的には、ネグロ河をキャンプ釣行で攻めます。もしも実行時期にネグロ河が思わしくない状況にあった場合に、バルビーナス湖に転戦してピーコックバスを狙います。自然の気候が相手なので、隊員諸賢には、この件を、ご了解して参加いただきたいと思います。

 

バルビーナス湖の釣り

バルビーナス湖のピーコックバス

 

基本スケジュールは、以下の感じです。

 

初日:日本発

2日目:ブラジル着。到着地⇒マナウス。空港でオガワと合流。マナウス市内泊。

3日目:車両でノーヴォ・アイロンへ。ボートで遡上しながらフィッシング。キャンプ泊。

4日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

5日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

6日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

7日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。キャンプ泊。

8日目:ノーヴォ・アイロンに戻り。車両でマナウスへ。マナウス⇒出発地。ブラジル発

9日目:機中

10日目:日本着

 

★ネグロ河でのキャンプは、簡易タープを張ったハンモックとなります。

 

●予備オプション……ネグロ河が不調の場合、状況をみて4日目ころにマナウスに引き上げ、陸路バルビーナスへ。8日目にマナウス戻りは同様。

 

★シーズンは、12月~2月です。参加費用などの詳細は、メールでお問い合わせください。

grogbr2008yaoo.co.jp

迷惑メール対策に@を★にしてあります。

 

ネグロ河の水位が下がることを期待しましょう

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ピキリ川のドラード・チーム

 

パンタナルのドラード・フィッシング

 

黄金色に輝くドラードは、世界のアングラーの垂涎の魚です。最近は、アルゼンチンやボリビア方面が有名になってきていますが、予約の確保が難しい地域や費用が高めのインフラが多いようです。ブラジルのパンタナル地方には、超大型は少ないですが、そこそこの数がいるポイントがあります。

このぐらいのサイズは多い

 

ドラード以外の魚種も豊富です。夕方に浅場に浮いてルアーを食うピンタードは白眉です。

キャスティングのミノーを食ったピンタード

 

スピナベを食うイエロー・コロソマ(パクー)、ピラプタンガ、GYP(ジャイアント・イエロー・ピラニア)などのネイティブの他、過去に飼育池から逃げて定着したブルー・ピーコックバスも生息しています。

 

イエロー・コロソマ

ブルー・ピーコックバス

 

パンタナル地方がアルゼンチンやボリビア方面と比べて特筆できるのが、その自然環境の素晴らしさです。ここは世界有数の動物の宝庫として知られています。

貴重なスミレコンゴウインコ

河を渡るブラジルバク

岸辺に現れたジャガー

 

ドラード・フィッシングを楽しみながら、無数ともいえる野生動物観察が可能です。しゃかりきな釣りばかりでない、自然愛好派アングラーにお奨めの地域です。

 

基本スケジュールは、以下の感じです。

 

初日:日本発

2日目:ブラジル着。到着地⇒クイアバ。空港でオガワと合流。陸路でトランスパンタネイラを北上。ピキリ・ロッジ泊。

3日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。ロッジ泊。

4日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。ロッジ泊。

5日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。ロッジ泊。

6日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。ロッジ泊。

7日目:ボートで移動しながら終日フィッシング。ロッジ泊。

8日目:陸路でロッジからクイアバ。クイアバ⇒出発地。ブラジル発。

9日目:機中

10日目:日本着

 

★シーズンは、3月~10月ですが、南半球の冬の時期、6月~9月は南極からの寒波が不定期に北上し、それが定着するとパンタナル地方のフィッシング・テンションが極端に下がります。それを避けて、3月~5月と9月を推奨します。

 

君もドラードを釣ってみないか?

 

参加費用などの詳細は、メールでお問い合わせください。

grogbr2008yaoo.co.jp

迷惑メール対策に@を★にしてあります。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。