庄内余目病院のブログ

 当院は、山形県の日本海側に位置する324床の病院です。平成3年の開院以来、先進医療ときめ細かい地域老人医療を大きな柱として様々な活動を展開してきました。
 このブログでは、病院内の出来事やスタッフのお仕事日記、庄内の地域情報などをお伝えしていきます!


テーマ:

6月10日(金)、米沢市勤労者福祉センター”アクティー米沢”において『創傷ケアセンター講演会』を開催しました。平日にも関わらず、置賜地区の病院、医院、各施設から医療関係者71名が参加。
庄内余目病院のブログ-受付2












メインテーマは
『皆で連携して山形県から足切断と褥瘡を無くしましょうビックリマーク


講演Ⅰでは、創傷ケアセンター長である野末院長が、「下肢の切断を回避するためには、疾病の早期発見と早期治療、その為には手遅れになる前に専門施設へ紹介できる良好な連携体制が重要です」と話し、これまで当院で経験した代表的な連携症例を提示。

庄内余目病院のブログ-院長2











講演Ⅱ
では、心臓血管外科部長関井先生が、「慢性動脈閉塞症(PAD)に対する血行再建術の有用性」についてこれまでの症例を提示、特に慢性重症下肢虚血(CLI)に対しては血行再建術が最適な治療法(TASCⅡより
)であることを述べ、早期に専門医へ紹介するべきと話しました。
庄内余目病院のブログ-関井先生2














庄内余目病院のブログ-会場 庄内余目病院のブログ-会場1



講演後も熱心に質問が続きました合格

庄内余目病院のブログ-質問2 庄内余目病院のブログ-質問3




=参加者の感想を一部ご紹介します=

・どんな創傷でも褥瘡でも、あきらめないで治療していただける事に感動しました。

・なんと理想的なチームアプローチ!何かありましたらよろしくお願します。

・以前DMのある患者で下肢切断に至った患者さんがいました。もう少し早くコンタクトできたら・・・と思うととても残念に思います。

・切断される患者さんの気持ちを考えると、切断せずに治療できる喜びは今後の生活に大きく響いてくると思います。専門の治療があり、専門の治療を受ける事ができることがわかり、とても良かったです。


院内連携そして院外連携の大切さをこれからも講演会を通じて広げていきたいと思いますクローバー




庄内余目病院のブログ-syuugou



企画課 遠藤豊喜

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

amarumehpさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。