庄内余目病院のブログ

 当院は、山形県の日本海側に位置する324床の病院です。平成3年の開院以来、先進医療ときめ細かい地域老人医療を大きな柱として様々な活動を展開してきました。
 このブログでは、病院内の出来事やスタッフのお仕事日記、庄内の地域情報などをお伝えしていきます!


テーマ:
5月21日(土)に22回目となる研修医の集いを開催しました。


庄内余目病院のブログ-研修医の集い はじめに研修医を含む6名の医師から症例報告が行なわれました。
そのうち2題は、東北大震災の医療支援活動の経験についての発表となりました。

一つめの症例「出血源不明の腹腔内出血を体験して」は、庄内余目病院のブログ-研修医の集い まだ診断がついていない症例で、詳細なデータと画像を持ち込んだ研修医の報告を聞いた後に全員でディスカッション、その結果、「腹直筋血腫typeⅢ」という診断がつきました。



庄内余目病院のブログ-研修医の集い 庄内余目病院のブログ-研修医の集い




庄内余目病院のブログ-研修医の集い 余目徳洲苑施設長の瀨在幸安先生による特別講演「生命(いのち)と医学」では、医学進歩の軌跡、ご専門の心臓外科の進歩を世界的な視野から述べられ、1970年2月に行なわれた日本初の冠動脈バイパス術に関する貴重な画像も披露されました。また、21世紀の健康に関する課題についても言及されました。

庄内余目病院のブログ-研修医の集い 先生の豊富なご経験から、普通ではなかなかお聴きすることの出来ない貴重なお話を、裏話を交えて聴くことが出来たわけですが、スライドには、クリントン大統領と肩を組んで写された写真なども出てきて、先生のご親交の広さ、深さに圧倒され続けました。

先生は、講演の中で何度も
「感謝」という言葉を口にされました。
「先人・指導者の教え、研究・医療の協力者、患者さんが自分の宝物である」と結び、まわりへの感謝の気持ちを常に抱いて歩まれてきた先生のお人柄がにじみ出るあたたかい講演でした。




庄内余目病院のブログ-研修医の集い 懇親会は病院互助会主催の新人歓迎会と合流、ベルナール鶴岡で行なわれました。
集いに参加した秋田大学医学部のAさんも、壇上であいさつをしてくださいました。

庄内余目病院のブログ-研修医の集い

新人職員による余興には飛び入りのスタッフが乱入ビックリマーク とてもにぎやかで楽しいステージとなりました。


次回の集いは、7月16日(土)14時からです。
医学生さんの参加もお待ちしていますきてね


はなこajisai☆☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

amarumehpさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。