庄内余目病院のブログ

当院は、山形県の日本海側に位置する324床の病院です。平成3年の開院以来、先進医療ときめ細かい地域老人医療を大きな柱として様々な活動を展開してきました。
 このブログでは、病院内の出来事やスタッフのお仕事日記、庄内の地域情報などをお伝えしていきます!


テーマ:

 4月22日(木)当院会議室において『VAC療法』についての職員勉強会を行いました。

 VAC療法とは、日本語で言うと「局所陰圧閉鎖療法」といい、主に

<創の保護> <肉芽形成促進> <滲出液と感染性老廃物質の除去>

に優れている療法で、創傷治癒を促進させると言われています。
庄内余目病院のブログ-桑原Dr.


講師は、

埼玉医科大学形成外科の

手桑原靖先生。キラキラ




庄内余目病院のブログ-会場
 会の前半は慢性創傷について、そのメカニズムと治療方法や薬剤等のお話と、VAC療法がもたらす治療効果とシステムの概要について講義が行われました。

 後半は、デモ器材を用いてVAC療法の実演が行われました。



庄内余目病院のブログ-実演


 実演では、初めての手技にやや戸惑いながらも、楽しく実際を学ぶ事ができました。VAC療法はこの4月から診療報酬改定に伴い算定できるようになりました。治療効果はすでに臨床治験でその有効性が示されています。


庄内余目病院のブログ-実演 庄内余目病院のブログ-実演


 講義を終え、「当院では一日でも早くこのシステムを導入し、難治性の創傷で苦しんでおられる患者さんに使用したい・・・」と、参加した職員は皆、口々に感想を述べていました。


桑原先生、ありがとうございましたぺこりbubble*


企画課 遠藤豊喜


PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード