・今、日銀の政策をよく見たら、マイナス0.1%が適用される部分は、
昨年の平均残高(約250兆円くらいか)を上回る部分に関して、ということのようだ。
250兆円はプラス0.1%の適用が維持される。
どうせ金融経済にしか向かわないし意味ない
  www.boj.or.jp/announcements/…

posted at 22:34:06



・報道ステーションも信州大学の教授も、本日発表された日銀のマイナス金利政策を
民間銀行が日銀の当座預金口座に積んでいる250兆円のお金を貸出に回すための
政策だと解説。
しかし日銀の当座預金のお金は貸出には1円も使われない。
債券や証券などの資産性商品の購入に使うもの。
詐欺学としての経済学

posted at 22:08:38



・nhk7時のニュースで今日発表された日銀のマイナス金利政策について誤解させる説明。
民間銀行が日銀の当座預金口座にある250兆円の預金にマイナス0.1%の金利をつける。
手数料を取られるので貸出し増加を狙った政策だと説明。しかし当座預金は1円も貸し出し
されない。
金融経済に流れるだけ

posted at 19:30:34


・西側の対ロシア情報戦争、そろそろ負け戦に突入
なぜなら西側の「暴露的なマテリアル」に感銘を受けるのは非常に情報に暗く、
ロジカルに思考ができない大ばか者だけだからだ。
  jp.sputniknews.com/politics/20160…
ところが、マスコミ真理教信者が多い日本ではまだまだ有効だったりする

posted at 13:48:57



・ヨーロッパでイスラエルに対する嫌悪が増加  
イスラエルの高官やメディアは、イスラエルに対するヨーロッパの人々の嫌悪の
拡大を懸念しており、その事実を認めている
japanese.irib.ir/news/latest-ne…
ユダヤ教至上主義を排除し、国際銀行権力と手切れしない限り、批判は強まるだろう

posted at 12:57:29


・【ヤバイ】イタリアで取り付け騒ぎ。預金者が銀行から預金を大量に引き出す事案が発生!
xn--nyqy26a13k.jp/archives/11873
この件に関しては日本では殆ど報道されない。
しかしイタリアは経済規模がギリシャとは比較にならないくらい大きい。
気にしておくべきだろう。

posted at 01:31:47





・大機小機 成長力回復へ中小融資増加を:日本経済新聞
www.nikkei.com/article/DGKKZO…
この記事には、金融庁が90年代末から意図的に銀行の中小企業に対する検査方法を
厳しくし、融資を制限させてきたことが、書かれている。
昨年にその検査方法を転換した。不況を作り出した原因

posted at 17:16:58




・日本会議に忍び寄る秘密結社ネットワークの影 カレイドスコープ
kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-408…
この記事は、モルモン教とCIAの関係、そして安倍自民党を支える日本会議に、
統一教会やモルモン、ニューエイジ系の欧米の秘密結社のカルト・ネットワークが
入り込んでいるとのこと

posted at 13:04:32



・日本郵政社長、金融2社株の追加売却に言及:日本経済新聞
www.nikkei.com/article/DGXLAS…
出来る限り早く株を売却したい、と述べる郵政社長。
そうするとゆうちょ銀行とかんぽ生命という世界一の金融資産を
保有する金融機関が株主となる国際投機家の私物にされてしまう

posted at 12:34:50



・FRB、ペース修正も:日本経済新聞
米連邦準備理事会(FRB)は27日のFOMCで追加利上げを見送り
「海外経済や金融市場を注視する」と表明した。
www.nikkei.com/article/DGKKAS…
世界経済を振り回す利権団体のfrb。
事前に利上げをするかどうか知っている輩は市場で儲かる

posted at 11:49:42



・EU諸国でダーイシュ(IS)の訓練キャンプが稼働している  
EU警察局は欧州にはすでに大々的な過激主義者訓練システムが展開しているという。
jp.sputniknews.com/europe/2016012…
euを作っている国際銀行権力がisを作り出し、育成してきたので、
全く矛盾の無いニュース

posted at 11:08:11



・トルコ人記者、首相侮辱罪で禁固刑
トルコの反体制派の英字新聞のケネシュ元編集長は同国のダウトオール首相を
中傷した罪で裁判で14ヶ月の条件付の禁固刑を言い渡された。
jp.sputniknews.com/politics/20160…  
トルコの民主主義も危ういものがある。
ISと政権のつながりを暴露しよう

posted at 23:41:04


・ウクライナで致死性の病原体が漏れて兵士が死亡、
米政府は露国周辺に細菌兵器の施設を建設の疑い
アメリカが細菌兵器の研究や開発を進めているだけでなく、
実際に使っている疑いも持たれている
plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary… #r_blog
最悪のテロリストは米国であると

posted at 22:55:08


・新映像の世紀「世界は秘密と嘘で覆われている」を見ているが、
なかなか客観的な観点から冷戦期の諜報部分を取り上げている。
ソ連と米国の謀略合戦だが、問題は現在でもその諜報合戦は行われていること。
米国の他国の政府の転覆例で紹介されたイランのモサデク政権の例などは
現在のウクライナそっくりだ

posted at 21:33:16



・アメリカが各地で戦争を勃発するためにISISを利用
911同時多発テロ調査委員会のヴィッセル氏は
「テロ組織の多くは西側諸国の情報機関によって結成されている」
としました。
 
japanese.irib.ir/news/latest-ne…
イラン国営放送もこの件に関してはタブーなし。
ISの本当の正体

posted at 14:23:40



・イラク首相、「一部の地域諸国が、ISISを支援」
アバディ首相は、CNNに、ISISは危険なイデオロギーで結成されており、
地域の一部の国は支持している」と語った。
japanese.irib.ir/news/latest-ne…
このイラク首相の爆弾発言を報道できない日本のマスゴミとは何者なのか

posted at 14:14:16



・ルーブルの対ドルレート、記録的安値
石油価格に続き、ルーブルの下落に拍車がかかった。
98年のデノミ以来最安値の1ドル80ルーブル35コペイカを記録した。
jp.sputniknews.com/russia/2016012…
原油の意図的な暴落は、欧米によるロシアやべネスエラへの攻撃的側面も持っている。

posted at 14:09:07



・サウジアラビアの懲罰制度-「ダーイシュ(IS)」との違いはあるのか?
 サウジアラビアの司法制度は、「ダーイシュ(IS、イスラム国)」とは驚くほど似ている
jp.sputniknews.com/life/20160120/…
カルト宗教国家であるサウジを作り支援し続けた欧米。
そろそろ捨てるつもりのようだ

posted at 14:05:20



・パレスチナ政治家、「ダーイシュ(IS)を造ったのは米国、狙いはアラブ世界破壊」
 「シオニストの国家であるイスラエルの存在を正当化するために必要だったからだ」
jp.sputniknews.com/politics/20160…
こういう記事を発信できるロシア国営放送は偉大だ。
日本のNHKも見習いたまえ

posted at 13:54:12



・イスラエル国防相:ダーイシュはイランよりまし
氏によれば、ダーイシュはイスラエルにとって国家的脅威ではない、という。
jp.sputniknews.com/politics/20160…
 ISイスラム国は作られた時から現在まで欧米の銀行権力の支援を密かに受けてきた。
イスラエルもグルだから本音を述べた

posted at 13:38:34



・TPPで経済成長率は鈍化、米で0.54%、日本も0.12%
TPP加盟国全体ではなんと77万1千人の労働者が職を失うことになる。
jp.sputniknews.com/business/20160…
TPPの問題点は経済的なものとともに民主主義と国家主権の問題でもある。
多国籍企業の植民地にされてしまう

posted at 13:33:02



・どうなる原油価格?日本人専門家「サウジ王政崩壊シナリオも想定」
サウジは財政赤字問題を抱え、中期的にはサウジ王制崩壊シナリオも想定されます
jp.sputniknews.com/business/20160…
サウジは原油価格の暴落とISイスラム国の浸透で、
イスラム原理主義革命で崩壊するよる予定らしい

posted at 13:28:48



・米国メディア:ダーイシュ(IS)はシリアでの敗北後、サウジアラビアに「引っ越し」する
 jp.sputniknews.com/middle_east/20…
サウジとその背後に居る欧米の銀行権力が作り出してきたダーイシュ(isイスラム国)。
本国に帰還してサウジ政権を崩壊させるシナリオだろう。中東再編成

posted at 13:22:49



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

■今後の講演会の予定

<リンク>ヒカルランド6周年特別イベント 日本は守れるのか《世界権力者たちの素顔》




<リンク>政治経済思想理論



<動画リンク>国際銀行財閥・金融軍事権力による民主政治と人権の操作方法。その克服方法について 

 

 


<動画リンク>【動画】「国際銀行家勢力が普及させた主流経済学のペテンを暴露した、ヴェルナー理論を学ぶ」

 

 


<動画リンク>④-①国際銀行権力により破壊と改造へ誘導された日本の30年間(1985~2015)



  
 
  


 

 

<関連動画リンク>③-① 国際銀行権力の社会操作のツールとしての西洋哲学の悪用方法。市民にとって真に有効な活用方法 天野統康 


・対談版
<動画リンク>なぜ、私たちは通貨発行権を意識化しなかったのか

 

◆お金と政治と経済はどれも難しい。

日々のニュースを見ても何故そうなるのかがよくわからない。
その原因や背景を理解できるようになりたい!
そのようにお考えの方は是非、下記のリンク先の無料セブンステップメールにご登録ください。

豊富な資料図解付きで、誰にでも分かりやすく、複雑怪奇に見える現在の、お金、政治、経済、生活の仕組みの秘密をお伝えします。

毎日1回。合計7回に渡って貴方のメールボックスに送信されます。



<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■独立系ファイナンシャル・プランナーだから言える、マスコミや企業関係では言い難い、タブーの無い政治経済や生活、家計の情報を提供します。有料ブログメールマガジン詳細はこちら

<リンク>「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」



■HP

<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所

独立系FPで、商品販売は致しません。
安心してご相談ください。
初回相談は無料です。


■出版関連

【成甲書房からの内容紹介の転載】
そうだったのか!マネーと民主主義、すっきり分かる!お金の秘密、世の中のカラクリ。とっても重要なのに、あなたはなぜか知らされていません!マネーがどのように生まれ、どのように無くなるのか、どのような性質を持っているのかを理解していますか?複雑怪奇に見える金融システムがひと目でわかる図解解説版。こんなに簡単に読める金融の本は今まで見たことがない!。

本書ではどのようにしてマネーと民主主義が生まれたのか、社会派ファイナンシャルプランナーの天野氏が、マネーの支配者によって民主主義と経済が操作され、利用されてきたのか、さらにはその克服方法までを分かりやすく記述していきます
アマゾン・ランキング「一般・投資読み物」部門 第1位 

<リンク>頂いた書評一覧 

■購入→<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった 
成甲書房 1,785円 


■講演、執筆関連

<リンク>講演・執筆・ファイナンシャル・プランニングサービスの依頼や、ご相談について

■Twitter
政治経済、家計に関わる重要なニュースや分析はTwitterで随時アップしています。

<リンク>Twitter amanomotoyasu






AD