ネット起業成功10年「天野裕之流儀」!市役所→六本木IT社長へ!

市役所から六本木のIT社長になった天野裕之のネットビジネス成功の流儀を伝授します!


テーマ:

前回、せどりでは、家電量販店の全国一斉セールや大手ネットショップの大規模セールのセール品も、値下がりを見込んで仕入れることがあることについてお話ししました。


 


今回は、その値下がりを見込んで仕入れ判断するポイントをお話しします。


 


CD、DVDせどり


 


【ポイント1】


●販売スピードが早く、見込み利益が高い商品を仕入れる


 


全国一斉セール等で仕入れる場合は、値下りすることを前提として仕入れるため、通常の仕入れより仕入れる時点での利益率の許容範囲を高めに設定しておく必要があります。


 


そして、販売スピードが早い商品に限ります。


 


販売スピードが遅い商品は、値下りのスピードが加速するからです。


 


出品者全員がなかなか売れないため、どんどん値下げ合戦が行われてしまいます。


 


例えば、全国一斉セールの商品でも、販売スピードが早めで、利益率30%以上の商品なら、価格競争が起きて値下りしても、値下り途中の利益率20%や15%の金額で売れるケースは多々あります。


 


そのため、見込み利益が高く、販売スピードが早い商品だけを仕入れるようにします。


 


 


【ポイント2】


●仕入れる数量を調整する


 


店舗独自のセールや地域限定セール、品薄商品などで好条件の商品であれば、たくさん仕入れるほど利益が大きくなる場合があります。


 


ただし、全国一斉セール等で仕入れる場合、値下がりを前提で仕入れるため、あまり多くの量を仕入れると、下がり切る前に売り切れません。


 


そのため、数量を調整して仕入れます。


 


 


【ポイント3】


●できるだけ早くamazonに納品する


 


FBAを利用している場合は、amazonの倉庫にできるだけ早く納品して、出品反映されるようにすることが重要です。


 


値下がりを見込んで仕入れて、下がり切る前に売り切りたいからです。


 


理想としては、仕入れた当日、遅くても翌日には出品作業をして、amazon倉庫へできるだけ早く届くように送りましょう。


 


 


以上、今回は、全国セールなどで、値下がりを見込んで仕入れ際の仕入れ判断のポイントについてお話しさせていただきました。


 


参考になると嬉しいです!(^_^)


【クリックで応援お願いします】


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

天野裕之@六本木東京さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります