ネット起業成功10年「天野裕之流儀」!市役所→六本木IT社長へ!

市役所から六本木のIT社長になった天野裕之のネットビジネス成功の流儀を伝授します!


テーマ:

前回、「全国セール品は値下がりリスクを意識する」というお話をしました。


 


大手家電量販店やショッピングモールなどの大規模チェーン店の全国一斉セールやネットショッピングモールの大規模なセールで仕入れた場合は、在庫が少ない商品や限定品でない限り、amazon価格も大きく値下がりします。


 


ただ、だからと言って仕入れてはいけないというわけではありません。


 


「値下がりを見込んで仕入れ判断をする」ことが大切です。


 


例えば、amazonの価格が6,000円の商品が、ヤマダ電機の全国セールで3,000円で販売されていました。


 


ヤマダ電機仕入れ


 


すると、全国のせどらーが楽天スーパーセールで仕入れてamazonに出品し、価格競争が起きて、15日後には6,000円から3,500円まで値下がりします。


 


この15日後の価格が下り切ったところで販売したのでは、amazonの手数料を差し引くと赤字です。


 


でも、下がり切った価格ではなく、下がり途中の5,000円や4,500円などで売り抜ければ、利益を出すことができます。


 


そのため、値下がりすることが分かっていても、この値下りを見込んで仕入れるケースがあります。


 


重要なのは、この価格が下がり切る前に売れる商品かどうかという判断です。


 


この判断のポイントは重要なので、次回、値下がりを見込んで仕入れ判断をするときのポイントについてお話ししますね!


【クリックで応援お願いします】


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

天野裕之@六本木東京さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります