ネット起業成功10年「天野裕之流儀」!市役所→六本木IT社長へ!

市役所から六本木のIT社長になった天野裕之のネットビジネス成功の流儀を伝授します!


テーマ:

今回は、家電量販店やスーパーマーケットなどの開店セール、閉店セールで高利益仕入れを狙うことについてお話しします。


 


家電量販店などの各ショップでは、新規開店すると開店セールを開催します。


 


通常のセールよりも大きくディスカウントされた商品がたくさん販売されたり、入手困難のプレミア商品が販売されることもあります。


 


その店舗独自の大幅セール価格のため、全国チェーン店の一斉セールと違い、amazonに出品してもライバル出品者より安く仕入れているので、かなり有利です。


 


同様に、閉店セールも、通常のセールより格安価格で投げ売りされる商品があります。


 


また、閉店セールの場合、割引価格からさらに値引き交渉がしやすいのも特徴です。


 


開店セールや閉店セールは、仕入れに行けば利益を得られますが、そのセール情報をつかむことが重要になります。


 


では、その情報をどうやって事前につかむのか?


 


ツイッター検索で、「ヤマダ電機 開店」や「イオン 閉店」などと検索すると、誰かがつぶやいていることがあります。


 


ツイッター検索


 


ツイッターで検索しても良いですが、yahoo!リアルタイム検索で検索しても良いです。


 


yahoo!リアルタイム検索はツイッターから情報提供を受けているので、好きなほうを使いましょう!


 


自分の行動範囲に開店や閉店の情報を発見したら、高利益な仕入れのチャンスです!


 


そして、事前に開店や閉店セールの情報をつかんだら、シュフーやその店舗のチラシを見ておき、どんな商品がセールになるのか、事前にリサーチしてから仕入れに行くと効率的に仕入れられます!


 


開店セールや閉店セールは特別に安く仕入れられる可能性が高いので、ぜひチェックしてみてくださいね!


【クリックで応援お願いします】


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!天野です。


 


今回は、せどりの仕入れ資金についてお話しします。


 


せどりは、利益が出る商品を仕入れてamazonで転売します。


 


そのため、商品を仕入れる資金が必要になります。


 


ただ、現金が必要なわけではありません。


 


クレジットカードで仕入れて、amazonで転売します。


 


クレジットカードを利用することで、資金繰りが良くなります。


 


クレカ


 


というのも、クレジットカードには、締日と引落し日があります。


 


そして、カードによって違いますが、締日から引落し日までの間に、最短25日程度、最長64日程度の期間があります。


 


例えば、月末締めで翌月25日引落しだとすると、3月31日に仕入れた場合は翌月の4月25日の引落しになるので、約25日間の期間があります。


 


3月1日に仕入れた場合は、やはり翌月の4月25日の引落しになるので、約55日間の期間があります。


 


月末締めの翌々月4日引落しのカードもあるので、これだともう少し期間が長くなります。


 


これらの引落し日までに、amazonの入金が来れば、現金は必要なくなります。


 


amazonの入金は、14日間ごとに14日分の売上からamazon手数料等を差し引き、翌日から入金手続きが始まり、だいたい5日以内に銀行口座に振り込まれます。


 


この入金の早さがamazonの魅力であり、クレジットカードの引落し日までに入金を得て、仕入れた分の金額が引き落とされれば、現金は必要なく、利益分が増えていくことになります。


 


そのため、せどりは利益とともに販売スピードを重視して商品を仕入れて、早期に利益を得ながら資金を増やしていくことが重要なのです。


 


そして、クレジットカードには家電量販店などのポイント還元の他に、クレジットカードのポイントも付与されます。


 


このポイント付与分は、amazonギフト券や商品券などに交換できるので、これをまた仕入れに活用すれば、利益をさらにアップさせることができます。


 


これらのことから、せどりに取り組むなら、資金繰りを良くするためと、利益を大きくするためにクレジットカードで仕入れることをお勧めしています。


【クリックで応援お願いします】


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

せどりで利益を上げるためには、できるだけ安く仕入れることが基本です。


 


その一つの方法として、店員と値引き交渉することも有効です。


 


いろいろな商品をまとめて購入する時や、お店側としても早く売ってしまいたい型落ち商品などは値引きの成功率が上がります。


 


また、「他店よりも安くします」とうたっている家電量販店などでは、他店のチラシ価格や値札を見せて交渉すると、値引きしてもらいやすいです。


 


そして、値下げ交渉は、店員によって交渉に応じてくれる人と、全く応じてくれない人がいます。


 


売場の責任者やノルマがある店員は交渉に応じてくれやすく、何の権限もないパートさんなどは応じてくれないことが多いです。


 


そのため、相手を見極めて交渉するようにしましょう。


 


また、時間帯によっても差があることがあります。


 


例えば、閉店間際は、店員も早く帰りたいと思うため、交渉に応じてくれる可能性が高まります。


 


先日も、私が閉店間際の家電量販店で利益が出るセール品を見つけたとき、さらに安く仕入れるために権限のありそうな店員を選んで値引き交渉をしてみました。


 


もともと、トータル52,000円の仕入れ額でしたが、「遠くから買いに来たんですよねー」などと5分くらい話をして、値引き交渉をしました。


 


すると、2,000円の値引きをしてくれて、50,000円で仕入れることができました。


 


この1回の交渉では、2,000円の利益が上積みされただけですが、これを繰り返せば、大きな差が付いてきますよね。


 


初めのうちは、値引き交渉は恥ずかしいと感じる人もいると思いますが、一般のお客さんも普通に値引き交渉しているので、せどりで稼ぎ続けるなら、ぜひ取り入れていきたいところです。


 


おもちゃ・ゲームせどり


 


【クリックで応援お願いします】



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)