雨宮処凛(あまみやかりん)
公式サイト
1975年、北海道生まれ。
作家・活動家。
00年、自伝的エッセイ『生き地獄天国』(太田出版)を出版し、デビュー。
以来、若者の「生きづらさ」についての著作を発表する一方、イラクや北朝鮮への渡航を重ねる。
06年からは新自由主義のもと、不安定さを強いられる人々「プレカリアート」問題に取り組み、取材、執筆、運動中。
メディアなどでも積極的に発言。
著作についてはこちら。
07年に出版した『生きさせろ! 難民化する若者たち』(太田出版)はJCJ賞(日本ジャーナリスト会議賞)を受賞。
「反貧困ネットワーク」副代表、「週刊金曜日」編集委員、、フリーター全般労働組合組合員、「こわれ者の祭典」名誉会長、09年末より厚生労働省ナショナルミニマム研究会委員。

【連載】
マガジン9 「雨宮処凛がゆく!」 (毎週水曜日更新)

東京新聞 「新聞を読んで」

毎日新聞大阪版 「雨宮処凛と憲法生活」 (毎月第4金曜日掲載)

THE BIG ISSUE 「世界の当事者になる」

イミダス 「生きづらい女子たちへ」

新潟日報 「生きづらさを生きる」(毎月第2・第4金曜日掲載)

北海道新聞 「鳥の目 虫の目」

月刊創 「ドキュメント雨宮☆革命」

週刊金曜日 「らんきりゅう」

第三文明「雨宮処凛が見る世界」

月刊社会民主「世界を掴むいくつかの方法」
2012-03-14 00:34:13

無事に帰国しました!

テーマ:日記
無事にシカゴより戻りました!
ということで、シカゴ大学にて開催されたシンポジウム「What March 11 Means to Me」の写真などを。

ノーマ・フィールドさんがご招待くださったこのシンポジウムで、なぜか私は「トリ」という大役をつとめさせて頂きました。
持ち時間は90分だったのですが、通訳が入るので、やっぱり時間は全然足りなかったなーと。
でも、発表は好評で、311以降の日本の様々な動きを伝えられたことはとっても意味があると思います!

この歴史的な瞬間をシカゴで迎えられたこと、そしてシカゴの人たちにこの一年間の日本の様々な動きを伝えられたことは、本当に私にとって有意義なことでした。
そして、シカゴの方々と、本当にいろんな思いを共有することができました。
ノーマさん、本当にありがとうございます!

そしてそして、日本では311一周年のデモや集会が全国各地で大成功だったようで、そんなことも伝えさせて頂きました!

シカゴ大学があるイリノイ州には、11基の原発があるそうです。
そんなシカゴで長年反原発運動をしている方々にも会うことができました。福島の事故を、そして東北の震災を、自分のことのように胸を痛める人たちにたくさん会いました。

やっぱり他の国に行って客観的に今の日本を見つめる時間というのはとっても大切だな、と改めて思いました。

レンタルDVD店でガイガーカウンターを貸し出しているというようなことに象徴される今の日本の放射能汚染という状況が、改めて剥き出しにされます。
とてつもない状況の中で生きてるんだな、ということを改めて実感さられるというか。

そして、いろんな国の人たちが、日本に、東北に、そして福島にどれほど心を寄せてくれているかということも本当に、泣きたいくらいによくわかりました。

本当に、行ってよかった。

シカゴ大学で。
雨宮処凛オフィシャルブログ Powered by Ameba


アメリカが中東から略奪した様々なものを展示する博物館で。
雨宮処凛オフィシャルブログ Powered by Ameba

シンポジウムのポスターです。
雨宮処凛オフィシャルブログ Powered by Ameba

一日目のラウンドテーブル。日本からの出演者は、私以外には龍澤武さん、横湯園子さん、高橋哲哉さん、小森陽一さんというそうそうたるメンバー。みなさんにいっぱいお世話になりました。
雨宮処凛オフィシャルブログ Powered by Ameba


私の発表。
雨宮処凛オフィシャルブログ Powered by Ameba

同じく。通訳のヘザーさんとブライアンさんにはめちゃくちゃお世話になりました。
雨宮処凛オフィシャルブログ Powered by Ameba


シカゴ大学教授のノーマ・フィールドさんと。
雨宮処凛オフィシャルブログ Powered by Ameba


シカゴ大学には世界で初めて作られた原子炉があるそうです。日本に原爆を落とすためのマンハッタン計画絡みの。その上にある彫刻で。プラカードには「チェルノブイリ フクシマ イリノイ」の文字。
彫刻の横断幕には「for our children’s future no more nuciear power」。
雨宮処凛オフィシャルブログ Powered by Ameba

そこでも脱原発イベントが開催されました。
雨宮処凛オフィシャルブログ Powered by Ameba

シカゴのテレビ局に取材される。
雨宮処凛オフィシャルブログ Powered by Ameba


シカゴはメーデー発祥の地! それを記念するオブジェの前で。
雨宮処凛オフィシャルブログ Powered by Ameba
雨宮処凛さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み