2007年05月03日(木)

ソウ3

テーマ:映画(レンタル)
角川エンタテインメント
ソウ3 DTSエディション

* 70点 *


痛いなぁ。これはもう痛すぎよ。目を背けたくなるってのはこの事よ。
一作目は痛さよりストーリーが強かったし、裏切られた感もありまくりでかなり良かったんよ。犯人は一体誰なんやー? うわーーってな感じで。いい意味で後味が悪いってのかな。
二作目もそこそこ楽しかった。こういう映画を楽しいって言い方もどうかと思うけど。まぁ、スピーディーな展開で飽きさせなかった。
で、評判いまいちの三作目。もぅ見てらんねーくらいのグログロのぐちゃぐちゃ描写。犯人が誰とかはもう分かってるし。気になる感があまりない。ちゃんと全部見たけど、あれ映画館で途中退場者たくさんいたんじゃないかな。結局ストーリーが弱いんよ。最後はなるほどな~と思えたけど、だんだん先がよめるようになってきたし。


次回作はあるんかな。ありそうだけど、これ以上グログロなるならパスですね。大画面で見てられないもん。
ただ一作目はかなりおすすめだし、描写もまだ大丈夫な範囲。なんせストーリーがかなり◎。お暇な人は是非に!!

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年12月24日(土)

ラブアクチュアリー

テーマ:映画(レンタル)

メリークリスマス♪そんなクリスマスにおすすめな映画です☆

ラブ・アクチュアリー

* 87点 *


始まりから終わりまで泣かされる、温かい映画です。いくつかの短編的なストーリーと、最初と最後の空港での抱き合うシーンがとてもよくまとまっていて、さり気なく胸をうちます。あぁ、何度見てもいい映画だw♪

最初のシーンでね、空港で抱き合ってる絵がいくつか映るんです。そこにナレーションがはいります…『世の中に嫌気がさしたらヒースロー空港の到着ゲートへ。人はいう、現代は憎しみと欲だけと。そうだろうか?ここには愛の光景がある。崇高な愛ではなく、ニュース性もない。父と子、母と子、夫と妻、恋人同士、懐かしい友人…。9月11日の犠牲者があの時かけた電話も憎しみや復習ではなく、愛のメッセージだった…。見渡すところ、実際のところ、この世には愛が満ち溢れている』・・・

何回か見てるとね、このシーンだけでやばい。んーー最近涙腺が弱いのかなw?とにかく、ここだけでなくもちろん中のストーリーがいい。舞台はクリスマスに向け進んでいく。そこにさまざまな愛の形がある。切なくって温かい。それがとっても愛しい。今日・明日に見るとね。またいいんじゃないかな~♪♪ハグしたいーーってなるよ、きっとw。あはは。

えっと、最後に長い一言いいですかw? クリスマスだし、多少のロマンチックもいいよね。語らして下さいw。

あなたには、抱きしめたい人・抱きしめられたい人、いますか? 心の想いを伝えたい人はいますか? 大切な人にちゃんと気持ちを伝えていますか? 何が本当に大切なのか見失わないように、そして愛を忘れないように、今宵心に想い浮べてみて下さい。もしも胸が苦しくなっても、そこには温かいものがきっとあるから。その心の温もりを、手のひらに拾い上げてみて。それがあなたの大切な人。それを忘れないで。きっと、そこに愛が満ち溢れているから。。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年10月30日(日)

歓楽通り

テーマ:映画(レンタル)

歓楽通り


* 61点 *


うーーん、パトリス・ルコント不発でした。この監督は男性的(恋愛)映画って感じかなぁ。好きな監督の1人なんですけどね。これは、「うーーん」って感じでしたね。出ている女優さんは綺麗でした。で、いつものごとく主役の男がさえないのよねw。
うーーんと思ったのは、その男性に感情移入できなかったから。究極の愛を描いたつもりなんだろうけどね。好きな女性のために、その女性の運命の男を捜すなんて、馬鹿げてる。そんなの無理無理って思ったw。それが、僕には単にもどかしく移った。微妙にうじうじしてる男性にも、イライラやきもきさせられたしw。なので、この点数。愛の形なんてひとそれぞれだけどね。相手の幸せを願うのは、自分の気持ちを伝えた後でいいと思ったんですよね~。思いを告げないで、運命の男の為に愛する女性を諦めるなんて、北斗の拳の世界だよ(笑)。
あと、音楽はかなり良かったです。昨日も、タワレコでサントラ探してましたからw。マイブームなレトロなミュージック盛りだくさんで、音楽は大好きですね~♪



キャスト・スタッフ・ストーリーなどの詳細はこちら↓

THE!映画採点~o(・∀・)○』

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年10月30日(日)

恋の門

テーマ:映画(レンタル)

恋の門


* 51点 *


後から知ったけど、賛否両論系みたいね。僕は断然「否」でした。恋の門ファンには申し訳ないけど、なーんかくだらなかった。松田龍平は好きな役者なんだけどね、なんか見ててきつかった。「青い春」って映画の松田龍平はかなりよかったのになぁ~。中途に笑いに走ったら味がなくなるよ。
お洒落感もサバイブスタイル5 の方が断然あったし、後ひく良さもない。きっとこの映画をダメな人は、どこまでもダメなんじゃないかな。はまる人もたくさんいたみたいだけど。ただ僕には、笑わそうとしてるとこが、あまり面白くなかったのよね。たまに笑ってたけど、はずすとこが多いと始めから笑いなしの方がいい。最近、こういった映画って多いよね。「きょうのできごと」「茶の味」「下妻物語」 ・・・。これ系は、合うか合わないか…そんな感じがするなぁ。この3っつはどれも好きでした。
て事でして、CGとか微妙だし、テンポも悪かったし、感動もなかったし、僕にとってはつまんない映画でした。
この映画ラブな人ごめんなさい。ただの映画否定なので、気を悪くしないでね♪



キャスト・スタッフ・ストーリーなどの詳細はこちら↓

THE!映画採点~o(・∀・)○』

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年10月12日(水)

サイドウェイ

テーマ:映画(レンタル)

サイドウェイ


* 79点 *


これは公開前から見たかったんですよね。でも結構こういうの好きな人って周りにいないから、まー1人で見るか、DVDを待つことになるんだろうなって思ってました。予告みて面白そうって思う人、世間的にもそんないないだろうなって思ってたんですよね。でも、いつの間にか映画賞とりまくってるしw。びっくりだわ。
慌しい日本人向けでない淡々とした映画です。ってそんな事もないかw? すきな人はどっぷりはまりそうだし。で、性格の真逆の二人が旅をして、その中でワインを楽しみ、恋をする。悪くない作品ですね♪
基本的にネガティブで、いろんな事が空回りしてる主役のおっさん。出版の話が持ち上がるけど、やっぱりうまくいかないおっさん。落ち込んでは自暴自棄になるおっさん。その度、友人に「夢を諦めるな!小説を書き続けろ!」と励まされています。僕も作家を目指す身。自分と重ね合わしてみていたら、なんとなく気が気でなかったですw。
好きなシーンがありました。それは車が溝にはまるシーン。最高ですねココ。そうそう、人生ってこういう時はこういう風なオチが待ってるんだよね、ってさ。あとね、大切なワインを開けて飲むシーン。意外とそんなワインって、そんな飲み方するものなのかもね~て思いました。ラストも良かったです♪
この映画は、途中までダラ~っとしていて眠たいけど、後半部分はとってもいいですね~。思い返すと、もう一度見たくなるような映画です。
人生はワインのようなもの。じっくりと熟成していき、じ~っくりと味わうのが、おいしく生きるこつなのかもしれませんね。映画もまたワインのように、じわじわと胸に浸透していく、後引く良さがありました



キャスト・スタッフ・ストーリーなどの詳細はこちら↓

THE!映画採点~o(・∀・)○』

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年09月29日(木)

恋に落ちる確率

テーマ:映画(レンタル)

恋に落ちる確率


* 77点 *


これは賛否がくっきりわかれる映画ですね。むしろ否ばかりじゃないかなって思う。ていうのも、終始訳わからんから(笑)。でも僕はそれを意外に楽しむ事が出来ました。普通にストーリーを追うだけじゃ、絶対つまんないってなるから、もっと違う発想で。映画の中でおかしな世界に迷いこんだって思えたらいい。映像の作りもそんな感じですしね。そしたら、よく解らんけど胸がキュっと切なくなる。こと恋愛にかけたら、その『よく解らん』とこがイイんですよね!とまぁ褒めてますが、どっちかって言うとはっきし言ってお勧めではないです。「意味解らんかったわー!」と、否定されまくりそうだから(笑)。でもある意味見て欲しい。そんな不思議な映画です。



キャスト・スタッフ・ストーリーなどの詳細はこちら↓

THE!映画採点~o(・∀・)○』

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年09月21日(水)

SURVIVE STYLE5+

テーマ:映画(レンタル)

SURVIVE STYLE5+


* 52点 *


まぁまぁ面白いんですよ。お洒落っぽいから、この映画好きって人もいると思うな。うん、でも無駄に長いし、映画にする必要はないなと思いました。この監督たちはCMやってるだけでいいとね。だから映画もCMをつなげたみたいな感じで、内容も中途。ただ岸部一徳さんはいい!素敵な味だしてます。彼がいなかったらこの映画は大半減だと思うなぁ。
石井克人監督映画に近いかな? でも彼の映画はもっと内容もあるよね。とにかく、まぁまぁ流行りっぽい訳わからん映画って感じになってますが、何でもやればいいってもんでもないし、それを盛り込みつつ、もっと話に膨らみが欲しかったな。キャストも豪華だし、部屋の内装や小物もお洒落で可愛いので、そこはすごく好きな世界でした。まったくダメって訳でもないのね、ただクドいし、見てるのしんどかったなぁ。ぶっとんだ映画作って、してやったりって感じが伝わってきたので、採点は低いです。面白い部分は確かにあるんですが、映画として見るとやっぱ物足りない。ホント、早送りするか、見るのやめようかと思ったくらいですから。やぱCMの人たちだなぁ。



キャスト・スタッフ・ストーリーなどの詳細はこちら↓

THE!映画採点~o(・∀・)○』

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年09月09日(金)

Ray/レイ

テーマ:映画(レンタル)

Ray


* 79点 *


音楽映画て好きですね。なんかね~、歌だけで泣けちゃうんですよね。なんか嬉しくなってきて…、僕っておかしいかな?ドイツ映画の『バンディッツ』 や、今年の春くらいに上映された『コーラス』 も大好きなんです。
そんでもって、この映画。実話ですよね。レイ・チャールズの偉大さが分かったです。壮絶な過去があって、盲目で音楽を愛し、人生を生き抜いた。もー素晴らしいです。横道にもそれてましたが、生まれてから死ぬまで、彼は『生きた』んですよね。『生きる事に天才だった』ってのは、いいキャッチコピーだなぁ。
そしてそんな彼を演じた、ジェイミー・フォックス。もぅたくさんの言葉はいらないですよね。はい、最高でした!
特に悪いとこもなく、綺麗にまとまったいい映画でした。欲を言えばちょっぴり長かったかな。
幼少時代の失明したレイが、音を感じて母の居場所を指差すシーンがあるんですけど、なんだかすごく泣けたなぁ。胸がグッときました。おすすめです♪



キャスト・スタッフ・ストーリーなどの詳細はこちら↓

THE!映画採点~o(・∀・)○』

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月28日(日)

ソウ

テーマ:映画(レンタル)

ソウ


* 80点 *


やったーー!これは良かった。終始楽しませて頂きました。なんつうか好きなんですよ、これ系♪公開当時から見たかったけど、誰もいっしょに行ってくれなかったから、やっと見れて、とっても満足☆しかも、この内容!かなりツボでしたよ。もー色々話したいけど、ネタバレなるから何も話さないですけど、話したい(笑)。
細かいつっこみどころは、もーいいです。ほっときます。とにかくサイコスリラーっていうのかな、ジャンルが微妙だけど、えがったっす。
鑑賞後のあの気持ちね。劇場予告で、「ストレスを感じる映画だから、1人で見るように」って書いてるんですけどね。ストレス? いやいやものすごく気分いいですよ。痛いシーンあるけどね、うわーーって思うけどね、それが好き…って言ったら、僕が危ない子みたいになるかな? でも、かなり楽しめたんですもん。
ラストに向かい少しずつ解けていく謎。そしてラストの衝撃!!後から振り返ると、ちょろちょろ伏線はってるんですけどね、これはきっとあなたもやられますw。まだな人は、見てーー!でも痛いの駄目なよい子ちゃんは、見ちゃ駄目よ~~。絶対見ちゃダメ!! 悪い子だけ見てね♪
「ソウ2」もあるんですね。まだ公開してないけど、楽しみだなぁ~。なんかこけそうだけどw、見に行きたい♪ でも絶対「ソウ1」の方がいいんだろうな。・・・あ、これね、前から気になっていたんだけど、「2」がでると一作目は「1(ワン)」って言い方してしまうけど、こうゆう場合なんて言えばいいのw? 普通に「ソウ」ていうのか、「ソウ」の始めのやつ、とか言うのかな? ってどうだっていいかぁ~(笑)。 ただ、「これこれこういう風に言えばいいのよ」って言われたら、「あっ、ソウかぁ~」って言わないといけないのだけは心得ています(ブハッ)。



キャスト・スタッフ・ストーリーなどの詳細はこちら↓

THE!映画採点~o(・∀・)○』


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月27日(土)

父、帰る

テーマ:映画(レンタル)

父、帰る


* 69点 *


家族愛…なのかなぁ。なんだかよく分からんかったです。愛があるなら、12年の余白はなんなんだって思うし。本当に愛があれば、離ればなれにならないとか思ってしまう。これが、率直な感想です。ただ、この映画はそういった部分を想像で補っていくような感じですね。
父と2人の息子で旅行に行くんですけどね、まぁ厳格な父親愛みたいなものも感じます。息子を愛称「ワーニャ」と呼んだりね。でもね、なんか入り込めなかった。途中で出てきた箱の中身も分からないし、消化不良です。オチも借りる前から読めていたし。といっても、ありきたりの家族愛な映画ではないですね。もっと深い、言葉じゃない部分を終始見せてくれます素晴らしい映画です、ただ入り込めなかっただけで。
淡々とした映画なので、僕は好き系だと思っていたんですけどね、駄目だったなこれは。まったく駄目って訳でもないけど、評判もよかったから期待してたぶん、物足りなかった。同じ点数の他の映画よりは断然いいんですけどねー。とにかくしっくりこない部分があったからこの点数。
ただね、海や空。自然の風景の素晴らしいこと。カメラアングルっていうのかな。美しい映像を、より美しく見せるアングルで撮影されていて、目を見張るものがありましたノスタルジックでほんっとに綺麗でした。



キャスト・スタッフ・ストーリーなどの詳細はこちら↓

THE!映画採点~o(・∀・)○』


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。