なんとほとんどの部屋が埋まってるとのことで

いてて見せていただけたのは、一番高い「プレミアム」(\36,750~)
「コンフォート」(¥29,400~)のみ。


知らなかったのですが、ここのホテルはミシュランの屋根マークをふたつ、
持っているんですね。
立地的に、ビジネスホテルに毛が生えた程度かと・・・


晩御飯、これでどうよ!

コンフォート・
30㎡ですが、窓が広いためずっと広く感じます。

ホテル家具っぽくない感じが、好き。

友達と

「二期倶楽部本館みたいじゃないーー?」

とウキウキ。


晩御飯、これでどうよ!

和のテイストが押し付けがましくなくて、いい感じ。


晩御飯、これでどうよ!

晩御飯、これでどうよ!

カーペットは畳をイメージてたり


晩御飯、これでどうよ!

ヘットボードの後ろに和紙を使ってやわらかい光をあてていたり。


晩御飯、これでどうよ!


このベッドも、日本人向けのちょうどいい高さで、
寝心地よさそう。


晩御飯、これでどうよ!

読書灯はLED.

晩御飯、これでどうよ!

シャワーカーテンがバスタブにはりつくのを防ぐために
レールがRになっています。

こういう細かい気配りがすばらしい。

晩御飯、これでどうよ!

高いほうの部屋にはアイロン台が常備されていますが、
各階の廊下にもアイロンコーナーがあるので
普通の部屋でもアイロンがけができます。

晩御飯、これでどうよ!

プレミアム(36㎡)。

ああこのソファと椅子、好き。

晩御飯、これでどうよ!

晩御飯、これでどうよ!

何しろ、展望がいいわけです。

晩御飯、これでどうよ!

モーニングコールとか。いろんな操作がこのテレビでできるので

あの分厚い説明書がありません。


晩御飯、これでどうよ!

遠くに東京タワーが見えます。
夜はきれいだろうな。

晩御飯、これでどうよ!

こちらの部屋はコンフォートと違って障子がないので
こういう飾りで雰囲気を出しているとか。

あとこの部屋でいいのは

晩御飯、これでどうよ!

ビューバス。

晩御飯、これでどうよ!

ジェット式で

晩御飯、これでどうよ!

バスピローもテレビも完備。

ここでお風呂に入りながらテレビを見ながら本を読んだり
景色を眺めたりしてたいわあ。


晩御飯、これでどうよ!

タオルがまた特注で、毛足が長くてとっても肌ざわりがいいんです。

タオルでがっかりする宿って時々ありますよね。
ここのは触った瞬間に、いいってわかった。


晩御飯、これでどうよ!

時計とかピアスは灰皿に入れたりしてるけど
ちゃんと小物入れがあって嬉しい。

晩御飯、これでどうよ!

PC用の接続のは、机の前に。

続いて、リフレッシュラウンジに案内してくれた。

晩御飯、これでどうよ!

廊下のすみにある、アイロンコーナー。
表示がかわいい。

晩御飯、これでどうよ!


こんなふうに収納されているので、部屋に持っていって使えるのです。
合理的で、かゆいところに手が届く気配り。

そしてリフレッシュラウンジ。

決して広くはないのですが

晩御飯、これでどうよ!

マッサージチェアあり

晩御飯、これでどうよ!

自販機は、外で買うのと同じ価格。
心意気ですね。

晩御飯、これでどうよ!

ベランダ。

晩御飯、これでどうよ!

シェフが育てているハーブ畑。
レストランで使うそうです。

晩御飯、これでどうよ!

なんとコインランドリーが!
「海外のお客様は長期滞在の方が多いので・・・」

晩御飯、これでどうよ!

ちっちゃいけど、ジムもある。

最後にお庭を案内してくれた。

晩御飯、これでどうよ!

「流」のほうから見ると、
滝が流れているワイルドな感じの庭ですが


晩御飯、これでどうよ!

日本料理店のほうから見ると日本庭園。

でもひとつの庭なんです。

さらに

晩御飯、これでどうよ!


わかりにくいですが、壁の間にすきまがあり、免振構造になっていて
関東大震災レベルの地震にも耐えられるそうです。

・・・とまあ、
とってもいいホテルであることが判明したのですが
なにより私と友達がやられたのが
案内してくれた若い男性スタッフの感じのよさ。

単にサービスマンとして行き届いている、というだけでなく
言葉のひとつひとつにこのホテルへの愛がにじみ出ていて


友達によると、
私がキャーキャー言いながら写真を撮っている様子を
とっても嬉しそうに、ニコニコして眺めていたそうで。


友達は
「家出したら絶対にここに泊まる」
と言ってました。

以上、かけあしで紹介してみました。

AD

コメント(4)