1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-05-31 20:31:15

『星球大戦前伝3』 その2

テーマ:テレビ・映画

垂れ幕


さて、腹ごしらえも終わり、再び映画館へ。
私の見る回は、5号庁(第5ホール)で1時半から。
10分前から、ホール入れるようです。


ホール前には、ポップコーンやら、コーラやらが売ってます。
これは、どこの国でも一緒ですね。
ただし、中国のポップコーンは、ほぼ例外なく甘いので、ご注意を。
たぶん、ここのも、甘いことでしょう。


残念ながら、パンフレットやグッズの類は、売ってないない模様。
(別の場所に売ってるのかな?)
コーラだけ買って、中に入りました。


ホールの様子は、ちょっと小さいですが、とてもきれいです。


館内の様子


去年の春に、できたばかりみたいですからね。


日曜の昼間というのに、観客は、かなり少なめ。
座席の半分も埋まってないんじゃないでしょうか?
やはり、チケットが高いからかな?
でも、観客は、学生さんのような若者ばかりでした。


さて、いよいよ上映開始


……みんな話すのをやめません。
気が散る…
隣のカップルが、瓜子(瓜の種)をカリカリかじってるのも気になる…
携帯も、ちょくちょく鳴ってます。
まあ…ここは日本じゃないですから、仕方ないですか…
人が少ないのが、まだ救いです。


それでも、集中!
しかし、英語音声に、中国語字幕。
正直、分からない部分多し。
でも、スターウォーズシリーズは、全部見てますので、展開はなんとなく読めますが。


細かい内容を、ここで言うのは、やめておきましょう。
感想は、「なるほどね!」って感じでしょうか。

何はともあれ、「ダース・ベイダー」誕生!
堪能できました。
日本語字幕で、細かいところを、もう一度見たいものです。


Yahoo!ムービー - 『スター・ウォーズ エピソード3-シスの復讐』特集


人気blogランキング 地域情報(アジア)
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします! 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005-05-30 20:43:11

『星球大戦前伝3』 その1

テーマ:テレビ・映画

行ってきちゃいました~!
星球大戦前伝3』。


スターウォーズTシャツ


スター・ウォーズ エピソード3』です!


外国にいる特権ということで…お先に失礼します。
しかし、日本って、洋画の公開遅いですよね。
しかも、高いし。


天津では、「華納電影城」(ワーナー映画館)で見ることができます。
場所は、和平路の西端(福安大街交差点あたり)。


ワーナー映画館


バックス・バニー


中には、シアターホールが10あります。
そのうちの、半分ほど(6つだったかな)で、スターウォーズを上映しています。
なので、そんなに待つことはありません。

ただし、英語音声(中国語字幕)と、中国語吹き替え(字幕なし)に分かれているので、ご注意を。
チケットを買うときに、ちゃんと指定しましょう。

西洋人の方も何人かいたので、英語も通じるかもしれません。


チケットは40~50元(約600円)です。
日本の半額ほどですが、それでも中国の物価にしたら、結構な値段です。
私は、会社の団体前売り券(25元)を購入していました。
だたし、座席が指定されるので、前売り券も、窓口で上映チケットと引き換える必要があります。


さて、私の見る回は、午後1時半から。
上映まで1時間ほどあります。
まずは、腹ごしらえ…

(つづく)


人気blogランキング 地域情報(アジア)
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします! 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-29 18:56:20

楊柳青年画

テーマ:天津の観光・遊び

年画」とは、春節(旧正月)などに飾られる絵のことです。
中国各地にで描かれていますが、天津の「楊柳青」という場所で作られる「年画」は、その中でも特に有名です。


2年前、実際に楊柳青に行きました。
天津市内から1、2時間ほど行った、西青区にあります。
これは、楊柳青年画を作成している工房で、売店が隣接されています。


工房


お土産に、絵葉書を買いました。
こちらは、そのうちの一枚。


絵葉書


こちらの記事 にも、一枚写真があります。

子供、桃、牡丹、魚など、中国では、おめでたいものが図柄になっています。

楊柳青にある、「石家大院」(富豪の旧居)の一部に、この「楊柳青年画」にちなんだ展示がされています。
昨日ご紹介した「泥人」で、昔の年画の作成工程が再現されていますね。


石家大院の泥人


右の人が、版画を彫っています。
左の人は、色をつけているのでしょうか。
このように、版画で輪郭を刷った後、筆で色付けするのが、特徴といえるでしょうか。


この「楊柳青年画」も、古文化街などで、見ることができます。
興味のある方は、実際に楊柳青に行ってみるのも、良いかもしれません。


人気blogランキング 地域情報(アジア)
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします! 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-28 18:59:14

泥人

テーマ:天津の観光・遊び

泥人」は、天津を代表する工芸品の一つ。
泥人形のことです。


泥人形の数々


泥人形というと、なんだか子供が遊びで作ったような感じもしますが、そんなことはありません。
天津近郊で採れる、専用の粘土を使って作ります。
細工も非常に細かく、驚くほどリアルに作られている物も少なくありません。


釣りをするおじいさん


題材も、さまざま。
三国志に出てくる武将や、街中で普通に暮らしている人々の生活を再現したものまであります。


この「泥人」を天津で作り初めて、芸術品の域まで到達させたのは、19世紀の張長林さんと言う人です。
その後も、この張さん一族が、代々その技術を伝えており、天津の「泥人」は、「泥人張」とも言われています。


この「泥人」も、古文化街で買うことができます。
100円程度のものから、何十万もする芸術品まで売っています。
見ているだけでも楽しいので、天津にお越しの際には、ぜひ寄ってみてください。


人気blogランキング 地域情報(アジア)
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします! 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-27 18:40:33

飲み会続き

テーマ:仕事・生活

なんか、家のLANの調子が悪いらしく、ブログのアップに問題がありそうです。

今は、別の場所から書いています。


しかも、今週は、飲み会続き。

今日も、これから飲んできます。

手抜きの内容で、すみません。


LANと体の調子が直ったら、ちゃんと上げようかと思っております。

飲み会の様子は、また後ほど…

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-26 01:44:19

面人

テーマ:天津の観光・遊び

今日は、「面人」をご紹介します。

「粘土のようなもの」をこねて、人形を作っていきます。


面人


キャラクターものから、動物、歴史上の人物など、形も様々。


関羽?


かなり精巧にできた、小さい人形もあります。


この「粘土のようなもの」、実は、小麦粉やもち米の粉が原料らしいです。
面人」と言うだけあります。
(中国では、小麦粉を「面粉」と言います。)


食べて食べられないことも、ないらしいのですが…
やめておいたほうが良さげですかね。


人気blogランキング 地域情報(アジア)
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします! 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-24 20:09:14

画糖人

テーマ:天津の観光・遊び

今日は、「画糖人」を、ご紹介しましょう。
こちらも、飴細工です。


溶かした飴を、石版にたらしながら固めて、画を描いていきます。


画糖人(鳳凰)


こちらは、鳳凰でしょうか。
このような、平面的なものと、立体的なものがあります。


私もリクエストして、自転車を作ってもらうことにしました。

まずは、パーツを作っていきます。


自転車のパーツ


それを、プラモデルのように組み立てると…


自転車完成


立体的な自転車の出来上がり。
なかなか、見事な腕前ですね。


ちなみに、こちらも、普通は食べないそうです…


人気blogランキング 地域情報(アジア)
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします! 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-23 20:50:42

吹糖人

テーマ:天津の観光・遊び

今週は、天津の伝統工芸(職人芸)を、ご紹介したいと思います。


今日ご紹介するのは、「吹糖人」。
飴細工です。


溶かした飴を少し固めて、そこに空気を吹き込んで、動物などの形を作っていきます。


吹糖人


最後に、色付けして、出来上がり。


色づけ中


こちらは、鶴でしょうか。
出来上がりを、撮ってませんでした…
すみません。


天津では、古文化街などで、見ることができます。


なんだか、日本のお祭りを思い出しますね。
懐かしい感じがします。


ちなみに、このような飴細工ですが、こちらの人は、食べないそうです。
飾り専門でしょうか。
我々も、見るだけにしておいたほうが良いでしょう。
まあ、これは特に、食べるのに抵抗がありますが…


人気blogランキング 地域情報(アジア)
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします! 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-22 17:02:39

全国書市

テーマ:天津の観光・遊び

第十五届全国書市」へ行ってまいりました。

中国全土の出版社が一同に会する、出版物の展示即売会です。

天津幸福飯店さまのブログ でも、取り上げられておりますね。


「攀登知識高峰從讀書開始」(知識の頂点への到達は、読書から始まる)

「図書架起智慧的橋樑」(本棚は、知恵への架け橋である)

などという標語が書かれた幕が、市内のあちこちに掛けられています。


チケットは、3元。

なぜか、入り口近くに止めてある、数台のワゴン車の中で販売しています。

分かりづらい…


書市内部


予想はしてましたが、すごい人。

本を見に来たんだか、人を見に来たんだか、わかりません。


1階も2階も、本であふれています。

しかし、みんな本がお好きなようで。

熱心に立ち読み(or  座り読み)しています。

大量の本をワゴンに入れた人も、ちらほら。

小さい子供も、本を抱えて、駆け回っていました。


天津には、図書大厦(中国国内最大級の図書店ビル)があるので、わざわざここで買わなくてもいいと思うんですけど。

とか言いながら、雰囲気に圧倒されて、私も何冊か買ってしまいました。


5/28(土)まで、開催されております。


人気blogランキング 地域情報(アジア)
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします! 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-21 20:04:49

福[火宣]酒楼 (湖南料理)

テーマ:天津のレストラン、居酒屋

一番辛い、中国料理。


川菜(四川料理)…


ではありません。


湘菜(湖南料理)です。


湖南省は、中国の内陸部、南寄りにある省で、省都は長沙市。
毛沢東の出身地ですね。


川菜(四川料理)は、唐辛子と山椒を使った、ピリ辛(麻辣)という感じです。
それに対し、湘菜(湖南料理)は、唐辛子を主に使った、まさに「辣!(辛い!)」という感じでしょう。


昨日行ったお店は、「福[火宣]酒楼」という、湘菜(湖南料理)のお店。


福[火宣]酒楼


私が良く行く、永安道にあります。(会社のそばなので…)
いろいろ頼んで、それをつまみに、冷たいビールを、グビグビ飲んでおりました。


つまみの一部


写真手前の肉は、ウサギ
1羽2羽と数えますが、本当に鶏肉に似ています。
今の日本人には、ウサギを食べることにちょっと抵抗がありますけど…
おいしいです。


写真奥は、先日もご紹介した 、「凉皮 」。
先日の凉皮は、小麦でしたが、こちらは、お米が原料の凉皮です。
やはり、お米のも、ありました。
小麦の凉皮は、もちもちした食感ですが、お米のほうは、ツルツルしています。
うまい!
辛いけど…


まあ、全てが激辛というわけではありませんので、辛いのがちょっと苦手という方も、お試しください。

辛いのが、全然ダメな方には、おすすめできません…


人気blogランキング 地域情報(アジア)
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします!

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。