1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-01-31 13:50:36

天津のコンビニ

テーマ:仕事・生活
今の日本人にとって、コンビニは重要な存在ですよね。
コンビニなしでは、暮らしていけない人もいるのではないでしょうか。
私は、そこまでではないものの、やはりコンビニは必要です。

台湾、上海、広州などは、日本並みにコンビニが存在しています。
旅行中は、かなりお世話になりました。

でも、なぜか北京は少ないですよね。
外資系のコンビニも、進出して、まだ日が浅いみたいです。

北京ですらそういう状況ですから、天津は言わずと知れています。
果たして、コンビニがあるのか…
来る前から不安でした。

こちらに来て数日後、発見しました。

大方便利

「大方便利」というコンビニです。(コンビニ=便利商店)
天津の会社が経営しているコンビニのようです。
高級住宅街の近くを中心に、よく見かけます。

大抵の品物はそろっているのですが…
私の望んでいた、弁当の類はありません。
なのに、台湾のコンビニに必ずある、「茶葉蛋(お茶で煮込んだ卵)」は、なぜかあります。
台湾のコンビニが、モデルなんでしょうか?

店員の態度も、悪いです。
まあ、中国で、態度の良い店員を見つけるほうが、難しいかも知れませんが。
支払い後に、「カゴを自分で戻してくれ。」と、ぶっきら棒に言われたときには、さすがにムッとしました。

セブンイレブンさん。
早く天津にも来てください。

人気blogランキング 海外旅行
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005-01-30 12:29:27

日式面館 有楽 (ラーメン)

テーマ:天津のレストラン、居酒屋
さて、「金河購物広場」の偵察ついでに、食事をして帰ることにしました。

有楽

まずは、やはりラーメンでしょう。
金河購物広場の2階、「日式面館 有楽」です。
正直、少し恐ろしいですが。
ラーメンと呼べるものが出てきてくれれば、まずはOKです。

表の看板を見ると、ラーメンの横に、キムチが添えられた写真が、でかでかと写っています。
ラーメンにキムチね…
期待度、さらに減です。

レジの後ろのメニューを見ました。
ラーメンらしきものは、6種類あります。
そのほか、チャーシュー丼や、カレー、マーボ豆腐丼も。
小皿料理もおすすめのようです。
やはり、キムチもありますね…

一番ノーマルっぽい、12.8元の「正油の面」というのを頼みました。

正油の面

まずは、スープを一口。
………。
お?
およよ?

麺も一口。
これは……正しく日本のラーメン。
しかも、結構いけるのでは?

薄味ですが、私は好きです。
トンコツではなく、正油を頼んだのが正解だったのかもしれません。
今度は、トンコツもチャレンジしてみようという、勇気もわいてきました。
菊水 」よりも近いし、こちらの方を、ひいきにしてしまうかも知れません。

でも、最近まともな日本料理を食べていないので、舌に自信が無いのも事実です。
日本から友人が遊びに来たら、食べさせてみたいと思います。
在住の方で、食べられた方がいらっしゃれば、感想をお聞かせください。

人気blogランキング 海外旅行
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-29 15:38:43

名鍋貼 (焼き餃子)

テーマ:天津のレストラン、居酒屋
昨日は、部署の宴会でした。
月一で開かれます。

名鍋貼

名鍋貼」というお店でした。
以前紹介したお店 の近く、永安道にあります。
鍋貼(guo1tie1 グオティエ)とは、いわゆる焼き餃子ですね。
中国では、餃子というと、通常、水餃子を指します。

日本で、水餃子を頼むと、たまにスープにぷかぷか浮かんだ餃子が出てきますが、あれは違います。
水餃子は、ゆでた後、ちゃんと湯切りした餃子です。

ちょっとした料理数品のあと、鍋貼の登場…
と思いきや、出てくる出てくる。
ものすごい量の料理です。

食い切れるんか?

テーブルに乗り切ってません。
食っても食っても、後からどんどん出てきます。

大量の料理と、大量の酒。
春節(旧正月)前ということで、いつにも増して激しい乾杯攻撃。
この後、阿鼻叫喚の世界が繰り広げられられた…はずです。
あまり良く覚えていません。

えっと…、何でしたっけ?
そうそう、鍋貼でした。

そろそろ出てくるはず…
写真撮るから、まだ食うなよー。

あー!

鍋貼の残骸

遅かった…

人気blogランキング 海外旅行
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-28 13:40:07

金河購物広場オープン

テーマ:仕事・生活
金河購物広場

友誼北路に、大型ショッピングモール「金河購物広場」が、昨日オープンしました。
3階の食品売り場と、4階の雑貨売り場は、数日後開始予定なので、プレオープンと言ったほうが良いかもしれません。

友誼北路は、私が毎日通る道ですが、食品や日曜雑貨を扱う店がありませんでした。
会社の帰りに、食品を買おうとすると、遠回りしなくてはなりません。
なので、この店のオープンを待ち望んでいたのです。

早速、会社帰りに、偵察に行ってみました。

全体的に、広々とした造りになっています。
通路も広くとってあります。

1階は、主に女性向けの服や、雑貨売り場です。
ご多分にもれず、やはり女性物が幅を利かせているようです。

ミズノショップ

2階は、スポーツブランドショップが目立っていました。
アディダス、ナイキ、ミズノなどの専門店があります。
これは、男性にはうれしいですね。

「津楽園」という、パンとケーキのお店もありました。
レストランも、多く入っています。
天津で、よく見かけるチェーン店もあります。
そんな中に、「日本」の文字が付いた2軒が並んでいました。

一軒は、日本料理「武蔵」。
もう一軒は、日式ラーメン「有楽」。

さて、お味の方は、いかがでしょうか…

金河購物広場ホームページ
音が出るので、注意してください。

(春節休暇期間も、休まず営業しているようです。
使えるかもしれません。)

人気blogランキング 海外旅行
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします!

感想なども、どうぞよろしく!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-27 13:35:25

バスなのね

テーマ:交通
バスのイメージが、悪くなることばかり書いてしまいました。
でも、そんなに、すてたものでもありません。

すべての人が、自転車で楽に通える場所に住んでいるわけではありません。
電車の普及していない中国にとって、バスは重要な交通手段のひとつです。

バスの中も、最近は随分きれいになりました。
たまに、ラジオやBGMを流してくれるバスもあります。

車体もバリエーション豊富で、見ているだけでも、飽きません。

主に走っているバスは、日本でも見られる大型タイプですが、日本のように画一化されていません。
「中巴」と呼ばれる、マイクロバスタイプも、れっきとした公共バスです。

二階建てバス

これは二階建てバスです。
2階に座れば、ちょっとした旅行気分が味わえるかも知れません。
これも、1元で乗ることができます。

連結バス

これは、ちょっと古いタイプ。
電車のように、2両が連結されています。
10年ほど前は、よく走っていたそうでが、最近は少なくなりました。
乗られた方は、ラッキーかも知れませんね。
曲がるときに、交差点をふさいでしまうので、ちょっと邪魔ですが。

天津以外の都市にも、さまざまなバスが走っています。
中国においでの際は、タクシーばかり乗らないで、たまにはバスに乗ってみてください。
その都市の縮図が、そこにはあります。

天津のバスについては、ケマル・カイセリさまの記事もご覧ください。

人気blogランキング 海外旅行
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします!

感想なども、どうぞよろしく!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-26 13:40:49

バスなのに

テーマ:交通
バスの事故

言ってるそばから、事故ってます。

タクシーの中から、発見しました。
野次馬連中が、邪魔くさいですね。

でも、しっかりめり込んでいます。
ご覧の通り、追い抜こうとした車に突っ込んだようです。

こんな単純ミス、日本では、なかなかお目にかかれません。
ましてや、バスの運転手。
ありえません。

あんた、プロでしょ…
(無理に追い抜こうとするほうも、悪いですが。
乗用車が勝手に突っ込んだようにも見えますね。)

まあ、中国のバスの運転手は、とてもプロの格好には見えません。
普通のおっさんです。

運転中にタバコを吸ったり、窓から痰を吐くなど当たり前。
携帯で話したり、大声で歌ったり、しまいには、客と喧嘩を始めちゃったりもします。
やりたい放題。
(もちろん、すべての人が、そうではありませんが。)

狭い道を、巧みにドライブする日本のバスが懐かしい。
中国に来て、日本の良さを、またひとつ認識しました。

日本のバスの運転手は、カッコイイ。

人気blogランキング 海外旅行
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします!

感想なども、どうぞよろしく!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-25 13:31:36

バスのなか

テーマ:交通
普段は自転車で通勤しています。
先日は、飲みすぎで、自転車を会社に置いてきてしまったので、久々にバスで会社まで行きました。

バスの中

天津のバスは、市内1路線であれば、どこで乗って、どこで降りても、1元でOKです。
乗るときに、運転席の横にある集金箱に、1元を入れましょう。
チャージ式の磁気カードも使えます。
箱の横にカードを当てるだけで、運賃を払うことができます。

たまにはバスもいいですね。
寒くないし、疲れません。

では、なぜ普段バスで通わないかというと、自転車の方が早いからです。
特に、朝夕のラッシュ時には、必ず渋滞するので、時間の計算ができません。

自転車だと、15分前後で会社に着きます。
バスだと、道が空いていても、15~30分ほど。
待ち時間もありますし。
道が込んでいると、30分から、ひどいときには1時間以上かかるときもあります。

交差点にかかると、車体の大きさがネックになります。
曲がろうとしても、隙間に、車やら自転車が割り込んでくるので、なかなか曲がれません。
バスだからといって、道を譲ってくれる車など、皆無です。

でも、運転手も乗客も、あからさまに文句を言うわけでもなく、おとなしくしています。
私ひとり、日本語でぶちぶち文句をたれてたら、周りの人にじろじろ見られました。

天津では、やっぱり自転車が一番です。
事故が怖いですけど。

まあ、バスでも、油断はできません…

前に紹介した、『巴黎恋人(パリの恋人)』が、いよいよクライマックス。
楽しく見ております。
そして次週、いよいよ”アレ”が始まります…)

人気blogランキング 海外旅行
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします!

感想なども、どうぞよろしく!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-24 13:40:54

天津の天津丼

テーマ:飲み食いその他
天津甘栗…とくれば、あとは、天津丼ですね。

でも、天津丼(天津飯)は、中国の料理ではありません。

NHKテレビ中国語講座でおなじみ、天津出身の陳淑梅先生も、中国語ジャーナル11月号で述べておられます。
間違いないでしょう。

なので、もちろん、中国にはありません。

…いや、ありました。

そうです。
日本料理屋にあります。

「櫻花(さくら)日本料理」。
紫金山路、シェラトンホテルから、天塔方向に歩いて、5分くらいの所です。

さくら

私が、天津で天津丼を確認したのは、まだ、この1軒だけです。

お待たせしました。
ブログタイトルにもある、天津丼の登場です。

じゃーん!

天津の天津丼

…普通です。
天津丼自体が珍しいのに、わざわざ変わり天津丼が出てくるはずがありません。

でも、本場(?)天津で天津丼を食るなんて、ちょっと貴重な体験です。

皆さんも、話の種に、ひとつどうぞ。

もし中国で、天津丼を発見したら、ご一報を!

ハリセン太郎さまの情報です。
北京にも、天津丼がありました!
そのお店、「来来軒」さまのブログもあります!

人気blogランキング 海外旅行
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします!

感想なども、どうぞよろしく!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-23 11:40:21

天津の天津甘栗

テーマ:飲み食いその他

昨日、また街をぶらぶらしていると、行列ができておりました。

行列を見たら、並ばなくてはならない。
中国には、鉄の掟があります。

掟に従い、私も並んでみると、そこは甘栗屋さんでした。
大沽南路の「小宝栗子」というお店です。

小宝栗子

さあ、皆さんお待ちかね、ブログタイトルにもある、天津甘栗の登場です。
天津がどこにあるか分からない日本人でも、天津甘栗を知らぬ者は、いないでしょう。

「10塊(10元)!」と店員さんに言うと、10元分、約1斤(500g)の甘栗が出てきました。

中国では、「甘栗」とは言わず、普通は「糖炒栗子」と言います。

原料である栗は、天津の特産品ではありません。
天津は、輸出されるときなどの、集積地です。
名産地は、河北省 の遵化、遷西、興隆あたりになります。
昨日買った栗の産地は、遵化の燕山山脈、と袋に書いてありました。

天津の甘栗には、時期があって、秋から初春までしか売っていないそうです。
本当なんでしょうか?
夏に天津にいたことがないから、わかりません。
屋台ならまだしも、店舗で売っているところは、夏にはどうなってしまうんでしょうか?
謎です。

買いたて甘栗

さて、家に帰り、早速食してみました。
栗の質は、確かに良さそうです。
前に買った事のある栗よりも、皮が薄くて、剥き易い。
味も中までしっかり染みています。

袋には、さらに、「べたべたせずに、手も黒くならない」などとも書いてありました。
確かに、それほど黒くはなりませんが、べとべとです。
まあ、甘栗を食べるとは、こういうものでしょう。
「甘栗むいちゃいました」なんて、出来上がったプラモデルと一緒です。
甘栗は、自分の手で剥いてこそ、ひとつの作品として、完成するのです!

でも、所詮は甘い栗。
酒のアテには、向きません。
私は、ピスタチオのほうが好きです。


日本へ|天津甘栗丼@中国

甘栗むいちゃいました|天津甘栗丼@中国

人気blogランキング 海外旅行
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします!

感想など も、どうぞよろしく!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-22 12:14:27

古文化街 今昔

テーマ:天津の観光・遊び
古文化街」周辺は、東京で言えば、浅草のような場所でしょうか。
「文廟」が「浅草寺」、そこから伸びる「古文化街」は、「仲見世通り」のような感じですかね。
おみやげ屋満載の、観光スポットです。

私も2年前、初めて天津を訪れたときに、真っ先に連れて行かれました。

その頃の写真が、これです。

古文化街 昔

狭い通りの両サイドを、屋台が埋め尽くしています。
観光客は、わずかな隙間を、縫うようにして、歩かなくてはいけません。

「狭いな~。
こんなんじゃ、観光客も来なくなっちゃうんじゃない?
何とかならんものかね?」

(おらおらっ!てめェら、誰の許可得てここに屋台開いてんだ!?
あァ?…)

何とかなりました。

これが、現在の、同じ通りです。

古文化街 今

スッキリしすぎです。
こうなると、逆に味気ないですね。

人間なんて、勝手なものです。

(去年秋まで、改装工事をやってました。)

人気blogランキング 海外旅行
↑毎日ワンクリック!
ご協力、お願いします!

感想なども、どうぞよろしく!
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。