ぶーぶー あ~、もう月末。

小学校の図書館展示の9月のテーマは「動物愛護」

もうひとつがパラリンピックにちなんで、「体の不自由な人」

が書いたりテーマのノンフィクションを集めたコーナー。

あわせてユニバーサルデザインとか介助犬の資料も。

いろいろあるけど、乙武君にも「五体不満足」で登場しても

らった。

青い鳥文庫だったので、表紙の乙武君は電動車いすに乗っ

て全身を見せている。

子どもたちには、はじめての人らしく「えっ!」「どうして?」

の声。

 

そこでいろいろな補助や介助器具を紹介した本も並べることになった。

中休み、子どもたちの声をきくことはとても大事。

 

ぶーぶー 取りあえず10月のテーマはミステリーとし準備を始めた。

ところが10/7がエドガー・アラン・ポーの亡くなった日にもかかわら

ず蔵書が一冊もない。

江戸川乱歩もない。

他の作家のものは結構あるのに。あ~あ。

とりあえず有名な作品(タイトルだけでも)と低学年むけも並べてみた。

どちらのエドガーさんも市立図書館から借りてくることにする。

 

ぶーぶー 今日は中学校の図書委員さんへのビブリアバトルのお披露目。

結局「日本でいちばん大切にしたい会社」にした。

物語の紹介はいつでも出来るような気がしたし、丸テーブルの

キャリア教育のコーナーでは手にとった様子がないので。

 

 

これも親子で読んで欲しい。校内には4巻まで。

 

ではこれから一人リハーサル。

伯母の遺品の端切れで作った雉と小梅

 

AD