先日、うちのむすめが生まれて初めて


お友達のお誕生会というものに招待されまして。



その初のお誕生会に招待してくれた子が


男の子男の子だったんですよ!




いやあ、何が困るって、プレゼントに何を持たせたらいいのやら。


混乱して思わず、靴下とおもちゃが出てくる入浴剤なんて


持たせちゃったけど・・・。


よかったのかしら???


何日も前から、いろんなお店をうろついて探し回って、


それでも何がいいやら思いつかず、


一人ブチ切れそうになりました・・・


でも何に対してブチ切れたらいいのやら・・・・(/TДT)/





でね、誕生会場がカラオケ屋さんだったの!


時代は変わったね~~~。


小1がカラオケ屋でパーティーですよ!!




男の子たち、「翼をください」とか歌ったんだって!


点数入れたらみんな軒並み「37点」とかで


くやしがってたんだって!!


かわいいでしょ~~~~ラブラブ





場慣れしていないむすめは一曲も歌わずに帰ってきましたが・・・


それでもとっても楽しかったようですドキドキ晴れチューリップピンク


よかったよかった。




男の子のお母さんは大変だったと思います。


準備もずいぶん前からがんばってくれたと思うし、


訳のわからん子達7人も集めて3時間付き合ってくれましたから・・・ブーケ1



我が家だけではさせてやれないいい経験をさせてもらいました。





今月はむすめの誕生日が・・・うちはどうするのか???

AD

長らくお休みしていました。


その間、いろんなことがありました~~。



1年生になって、むすめが通い始めた学童保育を、


「いや~~!!!」と拒否し、


仕事をセーブすることになった5月・・・。



学校だけは楽しくいってくれるのだから、ありがたいことですわ・・・。




初めて、わたしと子ども二人だけで行った一泊旅行は、


シルバー・ウイークでした。


タイド・プールで磯遊び、楽しゅうございました。


息子をおんぶしたまま岩場で足を滑らせ、顔面を岩に強打したけれど、


歯は折れなかったし、背中の息子は無傷。


ありがたいことです。



この秋はなにしましょうか!





AD

そういえば、えっらい前の話になっちゃうんだけど。


今年の夏、うちのむすめは「あたまじらみ」のえじきになったんでした・・・叫び




保育園の夏祭りの日、


浴衣を着せて、さあ髪を久々に上げてみましょうと


もちあげてみると、なんだか白いものがパラパラ。


「ほこりっぽいな~」


と思いつつ、園に向かい、着いてから改めて髪を見てみると、


なんだかびっちりと白いものがむすめの髪の根元にしがみついてます。



やっとピーんときました。


これはやつドクロじゃなかろうかと。


そういえば、「アタマジラミ発生しました」の張り紙がクラスにあったな。


近頃やたら頭を掻いていたな・・・・




早速先生に相談。


「スミスリン」という特効薬を買いました。


シャンプーするだけで全滅させられるんだそうです。


それについてる目の細かい櫛ですいてみると、


ぴょんぴょん成虫が飛び出しました!!!



そして、もしやと不安になり私もすいてみると、



またもぴょんぴょんと成虫が!!!爆弾



結局私と子供二人、3人ともやられてました・・・

AD

午後から出かけようと思ったら、


子どもが、時間差で次々お昼寝してしまい、


気付いたら夜だった・・・ってことありませんか?




まさしくそんな日曜日でした、今日。


今もまだ、ご長男お昼寝から目覚めません・・・・


ただいま午後七時を過ぎました・・・。


温泉はいりに行くって言ってたじゃないか~~354354




うちの長男君の成長をメモっておこうと思います。


昨日くらいから良くなったのですが、

口唇ヘルペスらしきものをやり、大変でした・・・



食べるたびに痛がってなくし、

歯を磨けば大出血。

超機嫌悪くて、抱っこ抱っこ。

病院で帰りたがる子を何とかなだめて

2時間点滴してもらったのも、きつかった・・・・


その3週間くらい前に、卒乳したんですよ。

おっぱい赤く塗って、

「かあさんこうなっちゃったから、パイやめにしようか」

といったら、

「赤くなっちゃったの?」って

何回もつぶやいてました・・・

「いたいの?」って。


1週間くらいぐずって、落ち着いてきたんだけど、

その後ちょっと情緒不安定で、

お昼寝とか、一人で寝てくれなくて。


そしたら、実家に止まりに行った日に出ました!

高熱が!



卒乳 → 口唇欲求の不満 → 口唇ヘルペス


って流れきれい過ぎないか!?

そのまんまじゃん!!


口の腫れが治ったら、さっぱり元気な子になりました。

やっぱりお昼寝一人じゃできんけどね!




彼のこの頃のお気に入りはひらがな。


五十音の表をみたり、

五十音のボタンを押すと、

その音を言ってくれるおもちゃを触ったり、

あいうえおの積み木で遊んだりしてます。


「や」「は」などは、読めるようです。


上の子も言葉への興味が早かったけど、

この子もそうらしい。

わたしも、知能検査とかやると

言語のところだけ高かったからな。

遺伝だろうか。



あと二月で、保育園。

待ち遠しいような、寂しいような。


反抗期

おとうとのほうが、反抗期の真っ最中ですプンプン


現在、2歳5ヶ月



お姉ちゃんのときには、1歳半くらいが

一番手がつけられず、

わたしが大荒れに荒れました・・・。


でも、何がそんなに頭にきていたのか、

思い出せない・・・・・。

子育てってそんなもんね・・・・。

過ぎてしまえば、霧のかなた。



でも、じゃあ大したことではなかったかと言えば、

全くそんなことはなく、

大変だったのです。

だんなにも一日二日、仕事を休ませたこともありました。

(それで、わたしに奉仕させた。)




今回のおとうと君は、

お姉ちゃんよりだいぶ遅れて来ました。

(男の子ってやっぱ、オクテ)



今回は・・・、


どこでもかしこでも気に入らないと大声で泣く!!


イヤとなったら、どこでも寝転んで動かない!!


言うこと聞いてもらえれば、ケロリと回復!


と言うパターンで来ました・・・。


とにかく頑固、頑固、頑固・・・。


本当にくだらないことが譲れないので、勘弁して欲しい。

ズボンをいくつ代えても気に入らないとか。

お出かけにこれを絶対もっていくとか。

この前人形劇を見に行った時も、

うるさくなったら聞かないので、三回の公演を

三回とも途中退場しました・・・・



もうどんな大人になるのやら、

想像すると怖いので、しないことにします。




ただねー。

よく、反抗期は順調に育ってる証拠、

ないと良くないよ~とか言われますが、

確かに、コレだけのエネルギーが出されずに

蓄積され、抑圧されると考えると、恐ろしいです。

(私も反抗期のない子だったらしい・・・・

だからこんな欠陥人間に・・・・ガーン


めえいっぱい自己主張していただいて、

ここをやり過ごすしかないのでしょう。

荒修行だな。

私、悟りが開けるかも。









今日、保育園のクリスマス会の劇の発表が終わって、

夜、むすめが発熱した・・・。



昨日までも、日々状態が悪くなっていくのが

はっきり分かってて、

咳がはじまって、肌がざらついて、

昨夜は元気がなくなり、今朝は吐いた。



それでも、せっかく練習した成果だしと、

今日一日がんばった。何とか終わった・・・。




彼女なりに緊張していたんだよね。


と言うか、緊張してたのはわたしら夫婦と、

保育園の先生たちなど、大人のほうで。


子どもにとって見れば、

何に対して緊張すべきなんて知恵はないわけで、

全て大人の様子を見て、

これは緊張しなきゃいけない自体なんだなと

無意識にからだが反応するのでしょう。



それにしても、一年でよく成長した。

去年は半べそでオロオロしてたのに、

今年はみんなの中で楽しそうにやれてたよ。


たった一年でこんなに成長しなきゃいけないんだから、

子ども稼業はホント大変だなあと思う。


おとなは毎年が大体おんなじでよくって、

ホント楽だな~得意げ


だんなが、


「ミミズにおしっこかけると本当にちんちんが腫れる!」


と断言しています。


「だって、実際自分がなったもん」

だそうです。


いじめられるとミミズは毒を出すのだそうです。

それが、ちんこまでの距離が短い幼い子どもは、ちんこに到達してしまう

のだそうです(だんな説)。


「だから、背が高くなってからなら、いくらかけてもはれない!!」

のだそうです。


ホントかね~~???


うそっぽいな~~。

070408_1140~0001.jpg
先週むすこのちんこがはれました。
おむつに膿っぽいのが付いたりして、ぎょっとなりました。

赤くなってて、腫れてて、大きさも普段の5割り増しくらいに見えるう!?とビビりました。実際は1、1倍くらいのもんでしょうが。

自分の子のちんちんの大きさなんて把握してないもんですね。
毎日見てるのに。

よく洗ってうちにあった薬塗ってたら2日で治りました。

男の子を持ってこその経験ですね。

先週末から、子どもが二人して風邪ひいてました。


むすめのほうは、ずっと前からの咳風邪が、

お腹にもちょっと入って痛がったり、熱が38度出たり(すぐ下がっちゃった)。


期待したけれど、すぐ下がっちゃうし、咳はきれいに治らなかった。


結局病院を変えたら、抗生物質を出され、

一つ目では効かなかったけど、2種類目ので効いたようで、

今朝から咳が消えた。


やはり、抗生剤の威力はすごい。

飲んだ翌朝には症状が消えていた。


ここ一月二月、むすめはどれだけの薬を飲んできたことか。


わたしの気持ちもどれだけ揺れたか。


それでも、喘息じゃあなかったというのがありがたい。


慢性病のお子さんを持つお母さんのつらさというのは、

大変なものだろうなあと、身にしみた。




さて、おとうとクンのほうは、嘔吐下痢でした。

熱も結構上がったし、

10日間下痢をし続けて、今日めでたく硬いウンコになりました。


彼のお腹は今きれいに洗い流されて、ピッカピカなことでしょう!


発熱の1週間前から、足の指先の皮がむけ、

がさがさになってきていました。

ひざっこぞうもカサついていました。


それが、今日見たらちょっといいような気がしました。

きれいに治るか観察したいと思います。