前に野菜のナムルを紹介しましたが、

今日作ったのもそれに似てて、でもまた一味違って

おいしかったので書きます。


菜の花の胡桃あえ

「菜の花の胡桃あえ」です。


菜の花はゆでて。


そして胡桃一握りをビニール袋にいれ、

擂り粉木とか硬いもので、がんがん砕きます。


そこへ菜の花投入。
塩少々と、レモン汁も投入。


袋ごともみます。




これ、塩味だけなんだけど、胡桃の甘みがじわーっときて

おいしい! 病み付きです。

レモンは入れるとさっぱり、無くてもおいしいと思う。

今回は半分ほうれん草にしたけど、大丈夫。

青いものなら何でもよさそうです。



元は寺門琢己先生の本のレシピを、

わたしなりに簡単にしたものです。

先生ありがとう!


寺門 琢己
かわいいからだのメニューブック―食べることからキレイになる40のレシピ




AD

今日は昼間は子ども二人を預け、

むすめは明日の昼ごろまで帰って来ない。


で、健康・自然食品のお店へ行ってきました!



大事な休暇にこういうところへ行くわたしって・・・・

こういうところで一番ワクワクしてしまうのって、どうなのか・・・・



で、いろいろ買ってきちゃいました。


それがこちら!


たべもの

なんか、インスタントっぽいものばかりですね・・・・


イヤ、時間のあるときには、何を使ってもそこそこ

体に良いものが作れるわけですよ。

お野菜とかいっぱい使って、手間かけて。


しかし、疲れてたり、時間がないときって、

つい変なジャンキーなもの食べちゃうじゃないですか。

ほんとはそういう時こそ、良い物食べないといけないのにね。

だから、こういうものの買い置きは大事なのです。


なんて言い訳しつつ。



そして、目玉はこれ!!


いぐさ草履

有機いぐさの草履です!!


あまりのシンプルなデザインに、買うのを躊躇しましたが。


足の裏にぺたっと馴染みますよ。


しばらくは室内で、スリッパ代わりに使うことにしましょう。

夏になったら、お外に出しましょう。

気に入ったら、むすめにも一つ買ってあげよう。

(これを外履きにしてる保育園もあるようです。

子どもが健康になり、精神も安定した、と書いてありました)




計、5600円も使ってしまいました。

AD

一人張り切り。

テーマ:

昨日、だんなが夜赤ちゃんを見てくれたので、

一晩ぐーっすり寝られた。


だんなは何度も起きる赤ちゃんと大変だった様。

ご苦労。

キミはいいやつだよ。



で、張り切ってリズムの親子サークルへ。

腰を落としてアヒルさん歩きなどを思いっきりやっていると、

先生に

「まー、あまえびさん。上体がおきてていいわ。」

と、褒められた。


周りを見ると、他のお母さんは体が硬そうだし、

キビキビ動かない。

っていうか、子どものリズム教室に、そんな全力注ぎ込んでる

母親なんていないのである。

みんな適当にこなしている。

当然だ。


わたし一人、ちゃんと体動かせるいいチャンスとばかり、

張り切っちゃっているのだ。


しかし、それでも、

ずっと運動では劣等感しか感じたことのなかった、

人から貶されはしても、褒めらたことのなかった私には

なんだか嬉しい。



子どもの頃駄目だったとしても、

こっからの日々の積み重ねが、

後半の人生の充実度を支えるのだ!

老後だって寝たきりなんてならず、ぴんぴん生きるのだ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


といいつつ、夕方からは調子がおかしい。

夕食の段取りももたもたしてうまくいかない。

アサリと菜の花のスパゲッティーも今ひとつのお味。

子どもには当たるし、寝かしつけも時間が遅くなった。


風邪っぽいし、今夜はあったかくして、

しばらく止めてた湯たんぽ入れて寝よう。


AD

さて、我が家の赤ちゃん、7ヶ月になりました。


やけど事件の翌々朝、

家族全員がいる台所の床で、初めて寝返りを決めてくれました!


誰も、その瞬間を見てなかったのですが、

気づいたらうつ伏せに!



おおーっ!びっくりしたのもつかの間、

しばらくしたら今度は、またうつぶせに戻ってました!


両方を一日のうちにマスター。


ちょっとブルーだった我が家の雰囲気を、

一気に吹っ飛ばしてくれた、赤ちゃんの寝返りでした。


昨日、はじめてマグマグにストローつけてみました。

前の日にストローにジュース含ませて吸わせたら、

吸い込んでるようだったので、トライしました。


一回で成功!

イオン飲料が入れてあったので、

おいしくってあっという間に飲んでしまいました。



日々、いろんなことができて行きます。


後は、夜続けて長く寝てほしいんだけどねー。

これだけはなかなか難しいよ。


先日のやけど事件で、わたしが反省したことのメモ。

救急車は誰かに呼んでもらわず、そばにいる人が呼ぶほうがいい。



どっかで聞いたことがあったんだけど、忘れてた。

そばの人なら救急の人に現状を伝え、救急車が来るまでに

できることを教えてもらえる。


やけどは服のまま水をかけて冷やすものだそう。

そして、そのまま病院まで運ばないといけない。

でも、薬品やけどの時とか、脱がさないといけない時もある。

この判断は素人には難しい。


119の方に相談すれば、その辺間違えずにすんだんだけど。




その後・・・

テーマ:

病院から帰っても、もちろん気が高ぶって

これからのことが不安で、どうかなりそうだったわたし。


だんなはわたしを怒らなかったのはもちろん、

「きっと良くなるよ」といってくれました。

これでちょっと復活。


むすめと赤ちゃんは布団に入り、

ちょっとお話していると、スーッと眠ってくれました。

痛がりもせず、もらった痛み止めもいりませんでした。

(ほんとに偉いよ、お前は)



とりあえずその辺をかたずけ、お皿を洗い、

お風呂にもゆっくり入ることに。


その後、お茶を飲んで、ゆっくりしようとテレビをつけると、

ちょうど、深夜、NHK教育「今日の料理」で

辰巳芳子先生の「四季のスープ」をまとめて放送していました。

先生のお話、料理を丁寧に作る姿、

先生のご自宅のお庭の花々の美しさに癒されました・・・・


ああ、こういう姿勢でやっていけばいいんだ。

そう思いました。



後藤アナウンサーのお人柄も素晴らしいです。

後藤アナウンサーがいることで、

「今日の料理」はみごとな癒しの番組になってます。



このタイミングで、この番組が放送されるなんて、

神様がご苦労様といってくれてるんだと思いました。




あ、あと、そういえば。


救急車に乗りながら便意がきて、

うちについてものすごくお通じがありました・・・


突然、すごい緊張に襲われて、

骨盤が限界まできゆーっと閉まったんだなあとおもいました。


常に、いかにだらけた生活をしているかを、

再確認いたしました・・・


ちゃんと適度に緊張して、骨盤閉めて、

ちゃんと出すものは出さなければ・・・・^^


おそらく、今年の年末に今年の10大ニュースをあげたら、

トップになるだろうということが、起きてしまいました!




救急車に乗ってしまったのです!!!



おとといの夜、むすめは早くお腹がすいて先に済ませてましたが、

わたしは8時頃晩ご飯を食べようと、

アサリのお味噌汁を温めなおしました。

わたしはお味噌汁はあっつあつが大好きです。


それをテーブルにもって行き、さてご飯、という時、

もっていたお椀とむすめの手がぶつかり、

お味噌汁がむすめの腿にどばーっと!


むすめはギャーッ!!!と泣き叫びました。



もうパニックになりながら、どうしたらいいのかとオロオロ。


お風呂場で冷水をかけてやったまではしたのですが、

その後どうすべきか途方にくれました。


まず、仕事中のだんなに電話。

「救急車を呼んでいいか」と聞きました。

自分じゃ呼んでいいのかわかんなくて。


次に隣のご夫婦の家にも電話。

結局、このおうちの方と、だんなが電話した近くに住む親戚が

救急車に電話してくれました。


お隣さんと親戚の方も駆けつけてくれ、

救急車はあっという間に来ました。

むすめは、痛みがそれほどでもないのか、

あまりの事体に呆然としているのか、

泣き止んでました。

しかし、救急隊員さんの処置で、また泣き出しました。



そのご、救急車に乗って、病院へ。

赤ちゃんは親戚の方に抱っこしてもらいお留守番です。


ああ、わたしの人生の中で、救急車に乗るなんてことが

起こるなんて。

信じられない気分でした。


やけどはちゃんときれいに治るだろうか。

この後どうなちゃうんだろうと、そればっかり考えてました。



病院に着くと、処置が始まりました。

周りには具合の悪そうなご老人が大勢ごろごろしていました。

ほんとにERの世界でした。


若い先生が着いてくれ、

落ち着いてみてもらうと、案外傷は深くなく、

ほとんどは熱傷1度、ところどころ2度との話でした。


その後は、普通に家に帰れました。


でも慌てていて、お財布もケータイも置いてきてしまい、

(隊員さんに保健証だけは持って言ってといわれ、

それだけは持っていた)

治療費も払えず、電話も出来ず、

だんなが車でやってくるのを、待合で待つことになってしまいました。



というわけで、むすめの太ももには大きなやけどが

出来ていますが、

幸いひどいことにならず、

むすめは非常に元気です。


はあ~~~~~~。

こわかったよ~~~~。

「非常に多い」

テーマ:

いよいよ、うちの地域の花粉の飛びっぷりが


「非常に多い」


と、発表されるようになりました。


ひーー!!



確かに、家から出たとたん、花粘膜に不快感がきます。



去年よりはずいぶんまだいいけどね。



鼻うがい、一年ぶりにやってみました。

ちゃんと上手に出来ました。

自転車みたいなもんだね、一回できるようになれば、ずーっとできるみたい

仕事の打ち合わせに

テーマ:

4月から再開の職場に、

前任の人からの申し送りを受けに行く。


久々に仕事っぽい服を着た。

いっつもフリースとかジーパンばかりだったなあ、そういえば。



いろいろ難問はありそうだったけれど、基本的には

前のような感じで出来そうで、良かった。



ところで、この職場のわたしの戻るポジションは

4年くらい前わたしが来て初めて出来たもので、

今まで3回人が代わっている。


その全てが、妊娠→産休のための交代だ。


そして今回も、わたしが産休中お願いしてあった人が、

妊娠して4月に赤ちゃんが生まれる。

短期間に4人の赤ちゃんが産まれたポジションなのだ。


もう、不妊で悩んでいる人にはぜひお勧めしたい仕事なんである。



これで、わたしがそこに戻っちゃったら、

また1年後くらいには第3子ご懐妊だったりして!

(まあ、そりゃあないでしょうが)



姉弟

弟って言うのは、なんてけなげにおねえちゃんのことを

慕うものなのでしょうか。



別に赤ちゃんに何のお世話もしない、3歳の姉ですが、

弟はおえねちゃんが大好きです。


姉ちゃんがそばでばたばた遊んでいるのを、

ニコニコで見ています。飽きません。


たたかれても蹴られても、ニターっと笑ってます。


下の子ってのは、こんな小さい時から、

うえの子を大好きでいるもんなんだと、初めて知りました。




わたしの弟と妹も、わたしにこんな風に慕ってた時期が

あったのかな~。


全然気づいてやれなかったよ。悪かったなあ。