破水の後・・・

破水して始まった出産でしたが、その後のことを書きます。


結局、だんなと娘がいると陣痛がつかないんで、

実家の親を呼んでむすめを預かってもらいました。

むすめはばあばの登場に、大喜びで出かけていきました。


わたしとだんなは、4時頃から助産院のお部屋で

テレビで関東地方の地震のニュースを見ながら、

陣痛が強くなるのを待ちました。

おもしろいもんで、むすめがいなくなったとたん、

定期的にやってきてくれるようになりました。


そして6時頃にはかなりきつくなって、それでも至急口は

5センチくらい。

このころにはでも、余裕がありました。

「8時頃には生まれるかねえ」と先生。


7時なるともう余裕がなくなり、

「いたーい!」と叫びだしました。

これがいつまで続くの?と心細くなりました。

内診の為仰向けにされると、お腹が痛くてたまらんので、

強引に横を向いてしまい、先生を困らせました。

このころ、やっと子宮口は8センチを超えて、「極期です」と言ってもらえました。


ただ、陣痛が3~5分おきにしかならず、

痛い時と、それほどでない時とばらばらなので、

もひとつ進まないことを先生はしきりに気にしていました。

先生は提携先の病院のドクターと連絡して、

促進剤を飲むか?と聞いてくれましたが、

私は、このことに関しては先生のようにあせる気持ちには

全くならず、前回のむすめの時もこうだったなあと思い、

「いらないです」と即答しました。

そして、寝たり座ったりいろんな姿勢をとるようにしました。

姿勢を変えるたび、強い陣痛がグーっとやってきました。


このころにはもう、痛みがすごくて、イタイイタイといいまくり。

付いていただんなはほんとに辛かったでしょう。

だんなが背中を貸してくれたので、

それにしがみついて耐えました。

後で先生は「あんなにしてくれて、素敵なだんなさんねー」と

誉めてくれました。


いきみたいでしょう?と聞かれるんだけど、

わたしはいつもその感覚が良く分からない。

いきみたいなら、いきんでみてと言われるんだけど、

いきみかたも良く分からなくて、こっちに力をいれるんだと

何度言われても、ヘンなところに入れてしまう。

これにはすごく困りました。


8時半、じゃあと分娩室に行き、内診。

「ああー、頭がはずれないねえ」と、先生は

手を突っ込んでぐぐっと何かして、わたしは「いたーい!」

と叫ぶと、それで子宮口でつかえてた頭がはずれたようでした。


さあいきみましょう、と脚を持ち上げられていきむと、

このかたちだとすっごく上手ににいきめました。

予想外にそこからの進みが速かった様で、

「こりゃあ産まれる!脚袋して!おとうさんよんで!」

と先生が叫んで、わたしは張り切っていきみました。

2回目には頭が挟まった感覚があって、

ものすごーく痛くて変な感じで、

先生が「会陰の伸びが悪いわあ」と思わず言い、

3回目のいきみで苦労して頭を出してくれ、

午後8時40分、長男が産まれました。


分娩室に入ってからは、たった10分でした。


この瞬間の、爽快感と達成感のすばらしいこと。



だんなも涙ぐみ、前回は怖がって絶対やらなかったのですが、

今回は「やります」と、へその緒を切ってくれました。






AD

ただいまー。

テーマ:

ただいま帰って参りました。

7月23日午後8時40分に、3550gの男の子が

無事生まれました。

ご心配いただいていた皆さん、ほんとにありがとうございました。

まあ安産だったのだと思います。

産後の回復も驚異的に良いです。

ちょっとだけからだに気をつけてたかいがあったかしら?

産まれた赤ちゃんはなかなかご機嫌の良い方で、

今は居間で一人ぐっすりお休み中です。

ありがたいー。

詳しくはまたゆっくりご報告します。

あー、久々のパソコン、目がちかちかするう。

産後は目を使うのはやっぱりダメね。

AD

そわそわ

午後になりましたが、なかなか陣痛が強くなってきません。


時間間隔も狭くなりません。


だんながそわそわして、むすめもぐずぐずして、

こっちまで落ち着かないんで、車で出かけてもらいました。


そしたらちょっと波が戻ってきてる感じです。


AD

破水!!!!

今朝、8時頃起きたときに、破水しました。

というか、破水に起こされた感じ。


ばしゃーんと一気に出たのでなく、ちょっとずつだったので、

尿漏れか?と思い一度はほっておきましたが、

その後も流れで続けたので、

ああ、破水だわと思いました。


さっき、助産院で見てもらうと、

破水です、子宮口も2センチくらい開いてるといわれました。


でも、まだほとんど痛くないの。

10分おきくらいにおなかが張るけれど、

まだまだ平気、こんなの書いてます。


でも、ドキドキあたふたして、全然気持ちは落ち着きません。

はああー。緊張するよう。

何してたらいいのかな。



というわけで、しばらく更新が出来なくなります。

明日の朝までには産まれていると思っていてくださいまし。


ではでは~。

どんどんでかくなる

テーマ:

ここ3日くらいで、またぐっとお腹が大きくなってるわ、きっと。


10ヶ月に入って、子どもが下がったから、

かなり胃が楽になって気分が良かったけれど、

また、その空いた空白を埋めるかのように、

胎児君は成長してくれちゃったらしい。


苦しい・・・・。

食後は倒れそう・・・・。



昨日は夫婦で、助産院の母親学級へ行った。

陣痛が来たときの呼吸と、補助動作をやった。


だんなは腰のさすり方とかを教わっていたが、

彼は人のからだをマッサージするのが非常に苦手である。

自分がされて気持ちがいいという感覚がないらしい。

子どもの頃に、親に痛い所をさすってもらった記憶も

ないと言い張る。


うーん、また練習させないといけないな。

本番は、家にいる間はあなただけが頼りですから。

いよいよ出産が迫り、

お姉ちゃんになるむすめは、複雑な心境になってきています。


お腹に向かって、

「赤ちゃん、出ておいで!

出てきたら、オムツ替えてあげるよ!」

「はやくうまれてほしいよ~」といい子モードで言うこともありますが。



せんじつ、赤ちゃんが産まれたら、

かあさん、しばらくビョウインにお泊りするから、とおちと待っててね、

という話をしたら、がっくりしてしまい、

「赤ちゃんなんて来ないほうがいい。

 ○○チャン(むすめの友達)ちに来ればいい。」

と言い出しました。

そして、その晩、久々に夜泣きしました。


また、別の日、とおさんが

「赤ちゃんが産まれたら、とおちはあかちゃんを抱っこしないといけないから、

 おねえちゃんはちゃんとあんよできるようになってよ」

と、言わなくてもいいのに言ってしまい、

その後、あわてて訂正してましたが、

(とおちは強いから、両方の手に二人とも抱っこできるから大丈夫

と説明したらしい)

未だに、

「あかちゃんが産まれたらこうやって抱っこするの?」

と両手に一人ずつ抱えたポーズをして、聞いてきます。


「赤ちゃんはねんねしてるだけだから、

 かあさんはあんたをいっぱい抱っこするよ~」

といってやると一旦はちょっと安心しますが、

まあ、やっぱり不安なようです。


昨日は、安西水丸「がたんごとん」という絵本を読んでいたら、

最初に哺乳瓶が電車にのって行くシーンがあるのだけど、

「ちゅーちゅーはお仕事に行っちゃうの?」

「他の子のところに行っちゃうの?」

と聞いてきて、そこから先に進めなくなりました。

哺乳瓶が自分から遠いところに消えてしまう寂しさが、

なんだか急に襲ってきたようです。


「ちゅーちゅーは電車にのってすぐ戻ってくるよ」

といってやっても納得せず、

絵本の哺乳瓶を口に持ってきて、

「おいしー。甘い味。かあさんの味」とやっとニコニコしました。

「かあさんの味」なんて、教えてもいないのに

2歳のくせになんてしゃれた言い回しをするのかしら。



それにしても、下の子ができる2、3歳の子って皆こんな感じ?

うちの子が特別多感なんだろうか?

私がそういう発言に妙に敏感だから?

お腹の張りは、あの後夜になってすっかり治まりました。


翌日の検診では、子宮口もまだ全く開いてないそうで、

すぐに産まれる感じはないそうです。


どんどん動いてください、とのこと。

子どもと散歩したり、草取りしたり、蒲団干したり、

やらないとな~。


やっぱし、ギリギリまで粘るんだな、この子は。

まあ、いいさ。

一回出たら、もう二度と戻れないところなんだから。


腹囲は94センチ、子宮底長は34センチになりました。

でかいな~。

体重はここ2ヶ月以上、60、5~61、5キロ辺りを行ったりきたり。

お腹は成長しているので、他の部分が痩せているのか、

顔が小さくなった気がします。

でもなんかブサイク顔です。

とげとげしい顔をしてるような気もします。

寝てる姿勢が悪いせいだろうけれど(横向きしか出来ない)、

首の周りにしわがくっきり増えちゃったし。

なんかシミも多いなあ。

おなかが張るよお

テーマ:

今日から37週、正期産です。


と思ってたら、夕方からおなかが張る張る。

まさか陣痛じゃないよねえ。


お隣のご夫婦の娘さんが、同じころに出産予定だったんだけど、

その方が今朝分娩室に入ったと聞きました。

そんなの聞くとちょっとその気になってしまう。

わたしまで。


いちおう、そういえば入院準備がいまいち終わってなかった、

と焦りだし、今頃になってやっております。

おそーい。



この時期に、風邪

テーマ:

風邪ひきましたー。


水曜日、ほんとのほんとにお仕事が終わりました。

さて、産休。

と思った夜から、おかしくなりました。


鼻水がまた止まらず、のどが痛く、たんが酷く、

微熱がありました。


暑いのに、部分的に冷えてて、寒気もしたので、

まあ、風邪ひいてもおかしくないです。

冷たいものや果物止められないし。

夜中扇風機をかけてしまうし。

おしりあたりだけ、ひやーっと冷たいんです。



レモンのはちみつ漬けを食べてみたり(効くのか?)、

足湯をしてみたりして、

今朝にはやっとまずまず正常に近くなりましたが。

足湯は風邪にはやっぱり効くみたい。



今日でついに10ヶ月目に突入です。


いやあ、感慨深いなあ。

長かったけど、やっぱりあっという間だった。

(と、意味の分からない文章)



検診にもいってきた。

これから毎週になるのだ。

あと何回行けるかな、妊婦検診。


体重は、前回より1キロ減っていた。

ここんとこけっこう食べたのにな。

行く前にうんこして行ったからだろうか。


お腹の子は、まだめちゃくちゃ大きいと言う訳ではないらしい。

でも、上の子が3900gもあったので、

いつも話題は「また大きいかねえ」というところに集中する。

「37週くらいで生まれるといいけどねえ」

と先生は言うが、それって来週のことじゃん!



さて、昨日、こんな本を読んだ。

大葉 ナナコ
えらぶお産
なかなか面白く、一気に読んだ。
けっこう知らなかったことも載っていた。
なにより、著者の方のパワフルな生き方に圧倒された。
(15年間に5人の子どもを産み、今もとってもスリムできれい。
バース・コーディネーターとしてバリバリ活動中)

この中で、こういうお産がしたい、という希望があれば、

どんどん施設側に伝えていった方が良いと言う文章があった。


なるほどー。


そう思って、今日助産院の先生にちょっと話をしてみた。

うちの先生は、基本的に仰向けで赤ちゃんを取り上げるが、

フリースタイルでは出来ないのかと。


先生は「ワタシ器用じゃないから、これが一番やり易いんだけどー」

と言いつつ、

ギリギリまで好きな姿勢でいさせてあげる、

他にも気になることあったら言って頂戴と、言ってくれた。


かなりすっきりした。


2500g位の小さい子なら、どんな姿勢でも簡単に生まれるらしい。

でも、3500g以上とかの大きい子になると、

如何に肩を出すかとか、難しい技術があって、

そうなると仰向けになっていないと出てきにくいと説明があった。


何でもちゃんと聞いてみるもんだ。

できたら小さいといいなあ、ほんとに。


お腹の中のキミー、聞いてますかー。

やっぱり小さいほうがお互い楽だそうですよー。